こうべ っ 子 家庭 学習 の ページ。 おうちで学ぼう!NHK for School

おうちで学ぼう!NHK for School

こうべ っ 子 家庭 学習 の ページ

絶対にやってはいけない家庭学習の方法とは? 家庭学習は多くの学校が ノートにまとめる方式を取っていると思います。 ノートに書くという行為は、中学生にとって 授業の内容をノートにまとめるのと同じ行動です。 つまり、家庭学習も、ノートに必要事項をまとめる という方法を取ってしまいます。 これは実はNGです。 例えば教科書を綺麗に 家庭学習ノートにまとめたとします。 これをしても、自分の中で上手くまとまった という満足感を得られるだけです。 頭の中には何もはいってきません。 でも綺麗にまとまったら、 家庭学習の点数が上がるんじゃ・・・と思いそうですが、 家庭学習を頑張っても あまり点数としては還元されません。 ですので、こういった勉強はやめましょう。 テストの点数を上げるために家庭学習を活用する方法 ではどうやって 家庭学習をするのが良いのかというと、 一番良いのは、暗記に使用することです。 中学生の勉強というのは、 90%以上が暗記です。 ですので、とにかく覚えれば覚えるほど 点数が取れる仕組みになっています。 テストで点数を取るために、 家庭学習を使って暗記をしようということです。 例えば、数学なら、 ワークの問題を家庭学習に書き写して、 もう一度解いてみる。 理科なら、ワークの答えの部分を隠して、 その答えを家庭学習のノートに 書きながら覚えていくということです。 国語なら漢字を書くノートとして使っても負いと思います。 なお効率よくテスト勉強を進める方法については、 この記事の最後で紹介しているでも 解説しているのでよかったらこちらも参考にしてみてください。 綺麗にまとめることと答えを写すのは時間の無駄 家庭学習をやりたくないけど、 先生に怒られるからとりあえず出す。 こういった気持ちの子どもは、 とりあえずワークの答えを写して提出したり、 ノートを 綺麗にまとめて提出をします。 これは結局その場しのぎの行動で、 時間の無駄です。 人間には1日24時間しかありません。 それは中学生も同じです。 家庭学習に使う30分を その場しのぎの方法で 使ってしまうのはとてももったいないです。 この時間を上手に使って暗記をしていくと、 その分テスト前の時間が少なくて済みます。 空いた時間を他の勉強に当てるとか、 勉強が嫌いであれば部活や遊びに使えます。 無駄な勉強をするのはやめましょう。 つまり、記憶を定着させるためには繰り返し学習が必要なのです。 仮に、テストに出題される内容を家庭学習で勉強しておけば、 テスト前に復習するだけで自然に繰り返し学習をしたことになります。 その結果成績が伸びるのです。 つまり、今覚えた知識は何ヶ月も先に必要な知識です。 テスト前に一気に覚えた知識は、すぐに忘れます。 これを防ぐためには、家庭学習を上手く使って、 長い時間をかけて暗記していったほうがいいのです。 【悲報】勉強しても成績が上がらない中学生3つの特徴 ここまでお伝えした方法で、 家庭学習を進めていけば、 何も考えずに行うときに比べ、 2~3倍成績が上がりやすくなります。 その結果3か月後のテストでは、 今よりも高得点が取れること間違いなしです。 ただ ここで一つ悲報があります。 それは、 どれだけ勉強を頑張っても、 成績が上がらない中学生がいる ということです。 そして私が 年間3000組の 親子をサポートした結果、 1日2時間3時間勉強を頑張っても なかなか成績が上がらない子には、 3つの特徴があるということもわかりました。 もしお子さんがこのパターンに陥ると、 努力が全て水の泡になります。 そうなってからでは遅いですよね? そこで一度この特徴に当てはまっていないか チェックしてみると良いと思います。 【重要】自宅学習でオール5を取る方法 ここまでお話しした方法で、 家庭学習を行っていけば、 定期テスト対策も同時に進められるので、 成績もグングン上昇すると思います。 ただ、もっと効率よく、 定期テストの点数を上げられたら、 うれしいと思いませんか? またお父さんお母さんの立場なら、 子どもが自らの意思で勉強を進め、 高得点を取ってくれたらうれしくないですか? 実はそんな魔法のような方法が、 「道山流学習法」です。 私はこの方法を 年間3000組の親子に 伝えているのですが、• 次のテストで5教科の合計点が117点UP• 翌日から子どものやる気が急上昇• 内申点でオール5獲得 など毎月たくさんの成果報告をいただいています。 今なら道山流学習法が学べるメール講座を、 無料で受講できますのでよかったら親子で、 参考にしていただけると嬉しく思います。 動画で解説!! 正しい家庭学習の正しいやり方とは!? 道山ケイ 思春期の子育てアドバイザー 親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。 年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。 反抗期が激しく親と食事すらとらない子が、5教科合計481点獲得• 勉強嫌いでスマホ依存の子が、次のテストで5教科合計113点UP• 不登校だった子が学校に行けるようになり、5教科合計462点獲得 など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。 元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。 この体験から思春期子育て法を確立。 子どもが自ら勉強するようになる方法を解説する「7日間で成績UP無料講座」には、これまで5万人以上の方が参加し、次のテストで5教科合計100点以上UPした子が続出している。

次の

学習ページ

こうべ っ 子 家庭 学習 の ページ

学習に活用したい場合は, (1) まず,下の「こちら」をクリックしてください。 (2) 次に,ユーザー名,パスワードを入力してください ( ユーザー名,パスワードは,5月15日のお手紙・旭東一斉メールをご確認ください。 ) (3) 動画を選んで視聴しましょう。 新しいウィンドウで外部サイトを開きます ・ユーザー名,パスワードの入力欄が表示されない場合は,他のブラウザソフトでお試しください。 ・サイト,動画等を学校外で視聴する場合の通信費は利用者負担となります。 study 家庭学習支援 新型コロナウイルス感染拡大防止のため,現在,学校の臨時休業が続いています。 高知県教育委員会では,児童生徒の皆さんが家庭学習を行うときに視聴(見ることが)できる動画を作成しています。 学習に活用したい場合は, (1) まず,下の「こちら」をクリックしてください。 (2) 次に,ユーザー名,パスワードを入力してください (ユーザー名,パスワードは,旭東一斉メールをご確認ください。 ) (3) 動画を選んで視聴しましょう。 新しいウィンドウで外部サイトを開きます ・ユーザー名,パスワードの入力欄が表示されない場合は,他のブラウザソフトでお試しください。 ・サイト,動画等を学校外で視聴する場合の通信費は利用者負担となります。

次の

学習ページ

こうべ っ 子 家庭 学習 の ページ

番組 ばんぐみ を見て、 楽 たの しく学びましょう!• Eテレで 平日 へいじつ の 午前 ごぜん 中に 放送 ほうそう されている 番組 ばんぐみ は、学校の 授業 じゅぎょう で 視聴 しちょう する 番組 ばんぐみ です。 教科 きょうか や学年ごとに 番組 ばんぐみ が 用意 ようい されています。 家庭 かてい で 学習 がくしゅう をするのに、こんなに 適 てき したものはありません。 「 家庭 かてい 学習 がくしゅう のノート」を 用意 ようい する 日付 ひづけ などを 書 か いておくとよいでしょう• インターネットでNHK for Schoolにアクセス 「ばんぐみを 選 えら ぶ」をつかってみる 番組 ばんぐみ をきめます• みる 前 まえ に! どんな 番組 ばんぐみ だろう?タイトルをもとに、こんな 番組 ばんぐみ かなと 予想 よそう してみる 1 行 ぎょう でいいから、 予想 よそう をノートに 書 か いておきましょう• 番組 ばんぐみ をみる• ノートに「どんな 番組 ばんぐみ だったか」その 内容 ないよう をまとめる 内容 ないよう だけでなく 自分 じぶん なりの 感想 かんそう も 書 か いておきましょう• ノートを見せながら、 だれかに 話 はな す 友 とも だちにあったときでもいいし、先生に 報告 ほうこく してもいい。 おうちの人に 教 おし えてあげるのもよいでしょう。 みるだけじゃなくて「だれかに 伝 つた える」と、もっとよく 理解 りかい できます NHK for Schoolは、学校の 授業 じゅぎょう で学ぶ 内容 ないよう を、わかりやすくコンパクトに 家庭 かてい 学習 がくしゅう で 活用 かつよう できます。 1つ1つの 番組 ばんぐみ は10 分 ふん 程度 ていど なので、 気軽 きがる に見ることができるのです。 さらに、 予習 よしゅう 、 復習 ふくしゅう や学びを 広 ひろ げるのに 最適 さいてき です。 10min. ボックス、アクティブ10をはじめ、 理科 りか 、 社会 しゃかい 、 国語 こくご 、 外国語 がいこくご 、 道徳 どうとく 、 特活 とっかつ 、 情報 じょうほう 活用 かつよう スキルアップ、キャリア 教育 きょういく など 内容 ないよう もジャンルも 多彩 たさい です。 ミライのしごとーく• 情報活用番組を見て 「目星」をつけよう まず、「しまった!」や「プロのプロセス」を見てみましょう。 ここには、課題を見つける、情報を収集する、情報を整理・編集する、 情報を発信・表現することの「コツ」がたくさん紹介されていますよ。 まずはコツを身につけましょう。 調べたい何かを追究しよう 次に、教科の番組が充実しているアクティブ10や10minボックスを見てみましょう。 今日はどの教科にしますか?• 調べたことをまとめて、 誰かに伝えてみよう 調べたことは言葉や文章にしてみましょう。 何が変わって何がわかっていないかを確認できますよ。 また、連絡を取り合っている友達や、大人の人に、調べたことを伝えてみましょう。 みてもらうと、モチベーションもアップします。 そのときに、調べ方・まとめ方・伝え方をもう少し知りたいなと思ったら、 また「しまった!」や「プロのプロセス」を見てみよう。 見方が最初と変わってくると思いますよ!.

次の