ライトショアジギング リール おすすめ。 スーパーライトショアジギングに適したリールとは?おすすめモデルも!|TSURI HACK[釣りハック]

ライトショアジギングリールの選び方!おすすめリールを厳選してご紹介!

ライトショアジギング リール おすすめ

スピニングリールの番手は2500~4000と番手(数字)が大きくなるにつれてリールサイズが大きくなります。 一般的には3000番程度がいいといわれてますが、メーカーによって大きさが違いますので慎重にスペックを見てくださいね。 釣り具では有名なシマノですと、番手は2500番・PE1号320m。 3000番・PE1. 5号270m。 4000番・PE2号200m。 5000番・PE2号350m。 6000番・PE3号300m。 8000番・PE4号300mまでのサイズがあり、4000番ぐらいが理想とされています。 ライトショアジギング・リールにおけるダイワの番手とは ダイワも釣り具では代表的なメーカーです。 番手をザックリ言いますと、2510番・PE1号200m。 3012番・PE1. 5号200m。 3500番・PE2号300m。 4000番・PE3号300m。 4500番・PE4号300mと、シマノとは大分違う事が分かると思います。 そしてダイワの理想の番手は3000番ぐらいです。 スピニングリール15レブロス3012Hの魅力 初心者や釣り上級者の方など幅広い釣り方に対応でき、洗練されたテクノロジーを投入しています。 ボディーは軽いアルミスプールを採用し、特殊強化のプラスチック(DS4)で作られています。 防水のカプセルボディーとなっていて文句なしのリールです! ライトジギング用に購入1. 2号PEを巻いてます メジャークラフトのソルパラ9フィートロッドに使っています。 6千円程度のリールですが巻き心地も良く買って良かった。 小~中型 青物シーズンに活躍しそうです (引用:Amazon) ライトショアジギング・リールおすすめランキング20!2位ダイワ スピニングリール16 EM MS3012H ダイワ スピニングリール16EM MS3012Hのスペック.

次の

スーパーライトショアジギングに適したリールとは?おすすめモデルも!|TSURI HACK[釣りハック]

ライトショアジギング リール おすすめ

キャスト時のテンポの良さや巻き上げやすさを重視するなら、ベイトリールがおすすめ。 こちらは 親指でクラッチを押すだけなので、テンポ良く投げられるのがポイント。 スピニングリールと違って、ベールを倒す必要がありません。 また、構造的に複数のギアにより効率よく力をスプールに伝えられるため、巻き上げやすいのが特徴です。 ベイトリールは着水する直前に、サミングといってスプールの回転を親指で止める動作が必要になります。 これをしないと、ラインが絡まってしまうことに。 ただし、慣れれば簡単にできるようになるため、そこまで問題はないでしょう。 スピニングリールについてはハンドルの位置を左右に付け替えられるタイプが多いものの、ベイトリールの場合は、どちらかに固定されています。 そのため、左利きの方は、左ハンドルのベイトリールを購入してくださいね。 グローブライド 商品名 ツインパワー C5000XG ナスキー ブラスト 3500H サハラ 4000XG ストラディックSW 4000XG レガリス LT4000D-C レグザ LT4000D-CXH ソルティガ 4500H レブロス LT 5000D-CH キャタリナ 5000H 特徴 30年の歴史を積んだモデル。 洗練されたキャスト感覚が得られる X-SHIP搭載で釣り上げが楽!ライトショアジギングに... 優秀な防水加工によって、丸洗いメンテナンスが可能 軽いボディーによって、繊細な操作が可能に! 大物との戦いにも力負けしない、耐久性が高いモデル 釣り糸が扱いやすい優しい設計。 リールの修理にも対応 海水の塩や埃などの異物の侵入に強い、大物対応リール 最大ドラグ力15kgで、大物との格闘も楽になる! スムーズなドラグをサポートする、軽量化リール パワーのある巻き上げ力が自慢のリール 最安値 タイプ スピニングリール スピニングリール スピニングリール スピニングリール スピニングリール スピニングリール スピニングリール スピニングリール スピニングリール スピニングリール 番手 5000 4000 3500 4000 4000 4000 4000 4500 5000 5000 最大ドラグ力 11kg 11kg 8kg 11kg 11kg 12kg 12kg 15kg 12kg 15kg ボディー メタル メタル メタル メタル メタル メタル メタル メタル メタル メタル 重量 260g 295g 415g 295g 305g 245g 275g 610g 260g 605g 商品リンク•

次の

ライトショアジギング用リールのおすすめランキングベスト8!ダイワやシマノか?安いのは?番手やサイズも!

ライトショアジギング リール おすすめ

アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部 ライトショアジギングに適したリールとは 堤防などを中心に青物やサワラといった大型魚を狙うライトショアジギング。 その手軽さから、近年では海のルアーフィッシングの中でも1、2を争う人気ぶりです。 本記事では、ライトショアジギングに使うリールの選び方と厳選したおすすめのリールを元釣具屋の筆者が紹介します。 これからライトショアジギングを始めようと思っている方や、リールの買い替えを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。 ライトショアジギングリールの選び方1. 2号〜1. 5号を200m以上巻けるサイズであれば問題はありませんが、リールのサイズによって操作性やパワーが異なります。 ターゲットのサイズによって適したリールの番手は異なるので、釣行するエリアでどのような魚が釣れるのかを考えて選びましょう。 小型回遊魚には3000番 ハマチクラス(50cm前後)やサバ、タチウオなどの小型回遊魚を狙う場合は、3000番程度のスピニングリールを選びましょう。 コンパクトで軽量なため、操作性が良くて疲れにくいのがメリット。 また、汎用性が高く、シーバスやエギングなどに流用しやすいことも魅力です。 大型狙いは4000〜5000番 魚の平均サイズが大きく、80cm前後のブリクラスも混ざる釣り場では、4000〜5000番サイズを選びましょう。 リールの重量は重たくなりますが、巻き上げる力が強く、大型魚とのやりとりや重ためのジグのシャクリが楽に行えます。 また、大きいサイズのリールほど飛距離が伸びるので、3000番サイズよりもルアーを遠投することができます。 ライトショアジギングリールの選び方2. 重量と剛性 各社から発売されているスピニングリールは、軽量な機種と高剛性な機種の2種類に大別されます。 ショアジギングには高剛性なリールだけが適しているように思うかもしれませんが、実は軽いリールにもメリットがあるのです。 それぞれの特徴を確認しておきましょう。 軽いリールのメリット 軽量なリールは軽さを最優先して設計されているため、剛性重視のリールと比べればやや弱くなります。 しかし、タックル全体の重さが軽くなるのでキャストやシャクリを軽快に行え、体への負担が軽減されます。 ライトショアジギングは投げ続けてシャクり続ける釣りなので、慣れていない初心者の方や女性の方には軽量なリールがおすすめです。 高剛性なリールのメリット 高剛性なリールは金属製のボディや高強度なローターなどが採用されており、重量が重たい代わりに、負荷がかかった状態でも力強く巻き上げられます。 パワーロスが少ないので、重めのジグでも楽にシャクることができ、大物とも安心してやりとりが可能です。 また、ショアジギングは負荷が大きな釣りなので、高剛性なリールの方がパーツの破損などのトラブルも少なく、長期間使用できます。 ライトショアジギングリールの選び方3. ギア比 多くのリールにはノーマルギアモデルとハイギアモデルがラインナップされていますが、おすすめはハイギア(エクストラハイギア)です。 ライトショアジギングは飛距離がでるメタルジグを使用し、広い範囲を探る釣りなので、巻き取り量が多いハイギアモデルの方が効率的に釣りができます。 また、青物は速い動きに反応することが多く、ノーマルギアよりも速く巻けることもおすすめの理由です。 ライトショアジギングリールの選び方4. ドラグ力 5kg以上のドラグ力があれば80cm程度のブリでも楽に対応することができます。 5kg以下でもやりとりは可能ですが、魚の走りを止めにくいので、大型を狙う場合にはドラグ力も確認しておきましょう。 4000〜5000番のリールは大半が5kg以上のドラグ力を備えていますが、それよりも小型なリールや安価なリールの中にはドラグ力が弱いものもあります。 おすすめのエントリーモデル(1万円前後) 1万円前後の入門モデルの中から、これからライトショアジギングを始める方におすすめしたいリールを選びました。 レガリス LT4000D-CXH(ダイワ) 滑らかにラインが出るATD(オートマチックドラグシステム)が採用され、負荷が掛かりやすいライトショアジギングでもラインブレイクのリスクが軽減されています。 軽量ながら強度も十分にあり、はじめてライトショアジギングをする方でも快適にシャクり続けられるリールです。 購入してから週1回の釣行を約2年続けています。 不具合なく使用できており、耐久性に申し分はありません。 価格は1万円台ですが、機能的にもHAGANEギア、コアプロテクトが導入されておりタフな環境でも安心して使用しています。 このリールでの最大の釣果は72センチのメジロを釣り上げましたが、まだまだ余裕がありました。 出典: レグザ LT4000D-CXH(ダイワ) 高剛性の金属ボディを搭載しており、負荷が掛かってもたわみが少なく、安定した巻き取りができる高剛性なリールです。 独自の防水機構であるマグシールドも搭載され、同価格帯では耐久性も抜群。 金属ボディながらも軽量に設計されているので操作性も良く、リーズナブルな価格で軽さと剛性を求める方におすすめです。 軽い巻心地、自重もしっくりくる重さ。 なんといってもデザインがかっこよすぎる。 リールて飽きがきたりしますがサステインはデザイン共に巻き心地がいいのですごく長く使えると思います。 出典: おすすめのハイクラスモデル(3万円以上) 3万円以上のハイクラスモデルの中から、ライトショアジギング極めたい方におすすめのリールを集めました。 ルビアス LT4000-CXH(ダイワ) 軽量化に重点をおいた最新モデルで、ボディ全体はもちろんローター部も軽量化され、巻き出しが非常に軽くなっています。 それでいて、モノコックボディが採用されたことによって大型のギアが搭載され、巻き上げもパワフル。 軽さにこだわりたい方におすすめのリールです。 荒磯からのハードロックやショアジギングを大好物としていますが、これまた根魚を根に潜らせず、一気に、ぶっこ抜く強さを持ち合わせてます。 更にさらに1m10kgのブリを掛けた時も、ドラグを上手く活用してキャッチすることが出来ました。 まさにステラのパワー王者であり、剛性も併せ持つ無敵の番手と思っています。 出典: ライトショアジギングはリールにこだわろう! ショアジギングは他の釣りと比較してもアクションが多く、負荷も大きい釣りです。 それゆえにリール選びが大切で、しっかりとした性能を持つリールを選ぶことで、安心して快適に釣りができます。 ぜひ、リール選びにはこだわってみて、ライトショアジギングを楽しんでください。 createElement 'script' ; tag. youtube. getElementsByTagName 'script' [0]; firstScriptTag. parentNode.

次の