ゼットスケーラー株価。 ZS

注目のITセキュリティ企業「クラウドストライク」がナスダックにIPO(新規上場)! 競合の「ズィースケーラー」も堅調なので、人気化する可能性は高い!|世界投資へのパスポート|ザイ・オンライン

ゼットスケーラー株価

アプリケーションサービスのクラウド化により、どこからでも社内システムを利用することが容易になりました。 タブレットやスマートフォンから素早く利用できるものクラウドのメリットです。 ところがセキュリティーを考慮すると、社内・社外に関係なくセキュアで便利な環境を作る必要があるため、そのように自由に利用できるわけではありません。 Zscalerはクラウド上でセキュリティーサービスを提供することで、この課題を解決します。 クラウドセキュリティーの概念図 昨今の課題• Office 365の動作が遅い• インターネットブレークアウトしたい• モバイルPC環境でのURLフィルターを効かせたい• グローバルで共通のセキュリティー環境を構築したい• グループ企業向けに簡単にアプリケーションを公開したい• モバイルPCから社内アプリケーションを簡単に利用したい Zscalerが解決します• オンプレミスのプロキシーやURLフィルターをボトルネックのないクラウドに置き換え• クライアントPCからでもクラウドプロキシーを経由して安全にインターネットが利用可能• アウトバウンド通信のみで社内アプリケーションとモバイルPCをトンネリング 特徴 Zscalerは2つのサービスを提供します。 1)Zscaler Internet Access(ZIA) 従来、オンプレミスで構築していたプロキシーやURLフィルター、フィッシング対策などのゲートウェイセキュリティーソリューションは、社外に持ち出したPCには何の影響力もありませんでした。 また、昨今はSaaSの利用が大幅に増加し、このセキュリティーゲートウェイがボトルネックになって通信の遅延を発生させていました。 ZIAはクラウド上でセキュリティーゲートウェイ機能を提供するため、インターネットにつながれば、どこからでもセキュリティーゲートウェイ機能が利用できます。 また、クラウドサービスのためオンプレミスのようなボトルネックが発生せず、快適にインターネットサービスを利用することができます。 2)Zscaler Private Access(ZPA) モバイルPCやスマートフォンのような社外でのデバイス利用において、従来はSSL-VPNによって社内リソースにトンネルを張り、社内のアプリケーションを利用していました。 そのためには、DMZ上にグローバルIPアドレスを取得して公開する必要があり、攻撃の対象となっていました。 また、ユーザーがVPN接続状態でインターネットにアクセスするには、社内の中を通って再びインターネットに出るか、VPNを切断するかの操作を必要としていたため、タブレットで利用するには操作性がそれほど良いものではありませんでした。 ZPAは、社内のアプリケーションにつなぐためのZ-ConnectorとクライアントソフトのZ-Appを利用することで、クライアントとアプリケーションサーバーを接続します。 Z-Appでユーザー認証を行うとユーザーにポリシーが割り当てられます。 そこにはアプリケーションのリストが用意されており、社内リソースのアプリケーションの接続要求があれば、Zscalerのクラウドに接続します。 同時にZ-ConnectorもZscalerクラウドに接続されます。 そしてZscalerクラウド上で両者を結びつけることでトンネルが張られます。 Z-Connectorは、社内からZscalerクラウドに対しHTTPSのアウトバウンド通信により接続しますので、IPアドレスを公開する必要がありません。 ユーザーは、社内のアプリケーションに接続した状態でもインターネット上のアプリケーションに接続に行けば、Z-Appを接続することなく利用可能です。 ユーザーは、社内外の概念なしにアプリケーションを利用することができます。 Why ユニアデックス? ユニアデックスは、クラウドセキュリティーソリューションとしてMcAfee MVISION Cloudを取り扱っており、Zscalerから出力されたログをMcAfeeで分析することで脅威の分析を容易にする連携の提案・設計が可能です。 また、認証連携においてもOktaなどのサービスと組み合わせた提案が可能です。 ZscalerとOktaによるリモートワーク環境 1)Zscaler Internet Access(ZIA) ・グローバル規模のデータセンター 世界中にZscalerのデータセンターがあるため、グローバル企業は高速な通信が確保できます。 日本にも設置されているので、高速通信の恩恵が受けられます。 ・高速パケットスキャン技術 パケットインメモリ方式により、1度のスキャンでアンチマルウエア、URLフィルタリング、サンドボックス、DLPなどをチェック。 高速にスキャンが可能です。 ・モバイルアプリ 専用モバイルアプリを利用することで社内のアプリケーションはZPAを通じて社内に接続。 それ以外はZIAのクラウドゲートウェイを経由するため、クライアントPCを安全に利用できます。 ・ユーザー情報 ZIAはユーザー情報を保持します。 Active Directoryとの連携を容易にする中継サーバーを用意しています。 ・ユーザー認証 ZIAで直接認証を行うか、AD連携もしくはSAML認証連携が可能です。 ・接続方法 Z-Appの利用、PACファイルの配布、GREによる接続、IPSecによる接続が可能です。 ・インターネットブレイクアウト 拠点からのインターネットブレイクアウトした通信をZIAで受けることで、ゲートウェイに必要なセキュリティー機能を利用できます。 SDーWANとの組み合わせも可能です。 またFQDNベースで接続するため、会社間でIPアドレスが重複しても接続を切り分けできます。 ・IDaaSで認証 認証はIDaaS(SAML IDP に委ねており、多要素認証などについてはIDaaS側で処理を行います。 グループなどの属性情報もIDaaSから取得します。

次の

ゼット(株)【8135】:株式/株価

ゼットスケーラー株価

Zスケーラー ZS の株価・配当・評判 ナスダックに上場している海外株の銘柄、Zスケーラー ZS の株価・配当・評判・チャート・最新ニュースから、国内証券での取り扱いまで紹介します。 セキュリティをクラウド型で提供するIT企業です。 menu f Zスケーラーとは? fE インターネットアクセス、プライベートアクセスなどで、ウェブトラフィックを監視するネットセキュリティをSAAS型で提供しています。 WebトラフィックをZscalerに転送するだけで利用できるため、サービス活用の敷居が低いのがメリットの一つです。 2007年、カリフォ... スポンサーリンク ティッカー: ティッカー検索 Zスケーラーの株価 スポンサーリンク Zスケーラーとは?インターネットアクセス、プライベートアクセスなどで、ウェブトラフィックを監視するネットセキュリティをSAAS型で提供しています。 WebトラフィックをZscalerに転送するだけで利用できるため、サービス活用の敷居が低いのがメリットの一つです。 2007年、カリフォルニアで設立されています。 Zスケーラーは買い?このZスケーラーは、日本でも活躍しています。 「Zscaler with KDDI」としてKDDIが同社サービスを提供しています。 日本法人自体も存在します。 今後ともウェブ関連のセキュリティは注目される分野です。 バリエーションの評価はさておき、株価動向についてはチェックしておいても面白そうです。 Zスケーラーの最新ニュース.

次の

期待の米国銘柄ゼットスケーラー【ZS】│株式投資(米国株+α)で資産1億円を目指すブログ

ゼットスケーラー株価

半年で株価が2〜3倍増の銘柄も 昨年末の株価との比較で3. 2倍となったズーム・ビデオを筆頭に、 ゼットスケーラー(ZS)が2. 2倍、データドッグや ドキュサイン(DOCU)も2倍を超えている。 ゼットスケーラーは、クラウドやモバイル向けにセキュリティプラットフォームを提供。 100%クラウドベースで提供しており、ユーザーがどこにいても、どのデバイスからアクセスしても、安全に接続できるという点が売りだ。 在宅ワークなどの増加を背景に、同社の主要なサービスの1つである「Zscaler Private Accessソリューション」のトラフィックは2月以降、それまでの10倍に増加したことが明らかになっている。 また、ドキュサインは電子署名技術の先駆者で、クラウド活用で展開する同社のアプリケーションは350以上のビジネスアプリに対応。 それらのアプリに組み込むことによって、準備から署名、管理まで、契約にかかわるプロセスを自動化・効率化できると謳っている。 2020年4月末時点の顧客数は66万件で、前年の50万件から32%増加した。 6月に入り、日本でも欧米でも、新型コロナに絡んだ各種の規制が緩和され、経済活動を復活させる動きが活発になってきた。 一方で、こうした国や都市では感染者数が再び増加に転じたところもあり、第2波の懸念も高まっている。 こうした不安定な環境は当分続くことが予想される。 コロナ禍を機に、業務のあり方や進め方、働き方などを大きく変えようという企業も少なくないはずだ。 クラウドやDX関連企業が展開するビジネスへのニーズは、しばらく衰えることはないだろう。

次の