青 しそ ジュース 作り方。 赤しそジュースのレシピ/作り方:白ごはん.com

赤紫蘇酢の効能は?赤紫蘇酢ジュースの作り方と残った葉の活用法 [家事] All About

青 しそ ジュース 作り方

煮出して絞った後のしその葉は、少量ずつ広げて電子レンジで乾燥させ、カラカラに乾かして塩やごまと合わせれば、しそのふりかけができますよ。 でき上がったしそシロップは、冷蔵庫で冷やして割れば、すぐにジュースとして飲むことができます。 保存する場合は、煮沸消毒した瓶に入れ、密閉して冷蔵庫へ。 保存期間の目安は6カ月ほどです。 簡単でおいしい!しそシロップの使い方いろいろ でき上がったしそシロップは、濃縮された原液なので、割ってジュースとして飲むのはもちろん、シロップとしてそのままかけるなど、いろいろな楽しみ方ができます。 割って楽しむ 水やソーダで4~5倍に割るだけで、見た目も涼しげなドリンクに変身。 さわやかな風味が広がります。 このとき、レモン汁を入れても良いでしょう。 ほんのり酸味が加わり、さっぱりとした味わいになります。 そのままかける プレーンヨーグルトやかき氷にかければ、さわやかなアクセントに。 ひんやりおやつにアレンジ 水としそシロップを2:1の割合で寒天で固めれば、暑さも和らぐ冷たいおやつに(下の写真)。 アイスクリームを添えたり、ソーダをかけたりしてもおいしくいただけます。 また、水で好みの濃さに割り、アイスキャンディーの型に注いでそのまま冷凍庫で固めれば、さっぱり風味の氷菓のできあがり。 しそシロップは保存が利くので、一度作っておけば、長い間使うことができます。 定番のジュースはもちろん、デザートの材料としても活用できて、なにかと便利。 さわやかな味わいをいろいろな方法で楽しみながら、暑い夏を乗り切りましょう。

次の

赤紫蘇酢の効能は?赤紫蘇酢ジュースの作り方と残った葉の活用法 [家事] All About

青 しそ ジュース 作り方

青しそは、茎・葉ともに緑色をしたもので、味と香りが良いために食用として使用されます。 また、栄養面においても非常に優れており、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。 この栄養素は、身体の粘膜や皮膚を正常に保ち、免疫機能を向上させる作用があります。 また、体内で必要に応じてビタミンAに変化するので、健康を維持する為の役割を担っています。 特に、強い骨を作るサポートをするなどの成長を促進する作用があるので、成長期の子供にとっては身体を大きくするために欠かすことは出来ません。 ただし、青しそから必要栄養素を補給する為には、かなりの量が必要となります。 そこでおすすめなのが、青しそジュースです。 青しそが持つ栄養素を丸ごと補給できるので、簡単に栄養素を摂取できます。 また、手間もかからないということも魅力であり、長期的に継続することが可能となります。 食品からの栄養補給は健康をキープする為に非常に効果的ですが、薬ではないので急激な変化は起こりません。 このために、出来るだけ長く続けることが必要となるので、簡単であるということは重要な意味を持ちます。 青しその栄養を効率的に補給できるということが、青しそジュースのメリットです。 発育をサポートする栄養素を豊富に含んでいるので、10代の子供には特に効果的です。 ただし、それ以外にも多様な栄養素を含有しており、様々な効果を期待できます。 その中でも女性にとってメリットとなるのが、美容の大敵である便秘を解消する食物繊維を豊富に含んでいることです。 食物繊維は、植物由来の食品の細胞壁により構成されている成分で、栄養素として吸収できないので食品の残りかすの部分と考えられていました。 しかし、大腸の働きを活性化する作用があることが判明したために、現在では厚生労働省により1日の必要摂取量も規定されています。 大腸の働きを活性化することにより、不要な老廃物や毒素により構成されている便をスムーズに体外へと排出することが可能となります。 吹き出物や体臭に悩んでいる人にとっては、問題を根本的に解消することができます。 この様に、青しそジュースを飲むことにより、健康状態の改善と美容の向上の両方が期待できます。 作り方は、非常に簡単であり、楽しみながら続けることができます。 用意しなくてはならないのは、青しそと水、そして砂糖です。 青しそは以前から香味野菜として刺身のつまや薬味などに利用されていましたが、近年は青しそそのものに注目が高まっています。 揚げ物と一緒に食べるとさっぱりしますし、食欲増進が消化促進の効果が期待できます。 そんな青しそを使った青しそジュースは、簡単に自宅でも作ることができます。 青しそジュースを作る際に用意するものは、青しそと水、砂糖とリンゴ酢、クエン酸だけです。 氷砂糖やグラニュー糖、ハチミツでも代用が可能です。 リンゴ酢はそのものがフルーティーなので青しそを一緒に漬けるとよりおいしくなっておすすめですが、りんご酢を使わない場合は、一般的な酢でかまいません。 酢とクエン酸は、青しそジュースの酸味になるものですから、酸っぱいのが苦手な方はリンゴ酢を使いクエン酸を少なめにし、さっぱりした青しそジュースが飲みたい方にはリンゴ酢を少なめにしてクエン酸を多めに使用するのをおすすめします。 青しそは家庭菜園やプランターでも簡単に作れる野菜ですから、家で育てた青しそを使って青しそジュースを作るのもおすすめです。 青しそには風邪予防の効果もありますし、クエン酸は疲労回復に効果がありますから、青しそジュースは健康に良い飲み物です。 青しそジュースの手作り方法は、青しその葉を茎から取ることから始めます。 土の汚れや虫を水でしっかりと洗い流しましょう。 汚れがついていると、濁った青しそジュースになってしまうので、1枚1枚丁寧に洗います。 大き目のお鍋に水を入れて沸騰させたら、そこに青しそを入れて15分程度煮だします。 水1リットルに対し、青しその葉は50枚程度が目安になります。 煮出したら、青しろを全て引き上げます。 青しそをふきんなどで濾して、成分を一滴残らず絞り出しましょう。 青しそを引き上げたら、再び火にかけてリンゴ酢と砂糖を加えます。 混ぜながら砂糖が完全に溶けたら火を止めて、粗熱を取ります。 粗熱が取れたらクエン酸を入れて出来上がりです。 煮沸消毒したガラス瓶に入れて、冷蔵庫に保存しましょう。 酢が入っているので長持ちしますが、無添加で保存料が入っていませんから、なるべく早く飲むようにしましょう。 青しそジュースは水割りやソーダ割りだけでなく、お湯割りにしてもおいしいので、一年中楽しめる飲み物です。 また、青しそジュースを作るときに、青しそだけを使うのでなく、青しその半分ほどを赤しそに代えれば、きれいな赤いしそジュースを作ることができます。 青しそジュースの手作り方法は、まず青しそをしっかりと洗って煮詰めることからスタートします。 10分程度沸騰させた後に、青しそを中から取り出します。 これに、砂糖を入れて溶かします。 砂糖の量が少ないと、保存できる期間が短くなります。 このために、すぐに飲んでしまうという場合は、少なめでも構いません。 出来あがったものには、好みでリンゴ酢を加えるなどで味を調えることも可能です。 青しそジュースは、それほど綺麗に色が出ない場合もあるのが特徴で、見た目は薄く感じても味はしっかりと出ています。 氷を浮かべて飲めば夏の飲み物としてピッタリであり、炭酸や焼酎で割るという飲み方も楽しむことができます。 保存方法は、冷蔵庫に入れるのが無難で、常温で放置するとカビが生えることがあります。 なお、冷凍保存であれば長期間の使用も可能となります。 ただし、栄養補給ということを目的にしているのであれば、必要に応じて新たに製造した方が適当です。 また、ダイエットを目的としている場合は、リンゴ酢ではなくクエン酸を加える方が良好です。

次の

[かんたん!しそジュースの作り方]味わい方、保存のコツも紹介

青 しそ ジュース 作り方

お好きなところからどうぞ• 青しそジュース(砂糖なし)の簡単な作り方 栄養が豊富で、アレルギーにも効果のある青しそ。 でも、子供にはあまり好まれない食材かもしれませんね…。 そこで、冷やして美味しく飲める簡単な青しそジュースのレシピをご紹介します! ジュースにする、しそを選ぶ際には、 香りが強い物を選ぶと良いでしょう。 葉が先までピンとしていて瑞々しい物が望ましいです。 表面が乾燥していたり、傷があったり葉が茶色くなったもの、軸の切り口が黒くなったものや葉に黒点が出ているものは鮮度が落ちていて香りも弱くなっていますので、避けてくださいね。 そのまま飲む青しそのジュース(砂糖なし) 【材料】• 青しそ:40枚ほど(ピッタリの枚数でなくても大丈夫です)• 水:1リットル• レモン果汁:小さじ1(または、りんご酢、クエン酸でも) 【作り方】• 青しそを、よく水洗いし細かなゴミなどを取り除きます。 鍋に1リットルのお湯を沸騰させ、青しそを入れて 3~4分ほど、じっくりと煮出します。 青しそが煮出せたら、青しそだけを取り出し、しっかり煮汁をしぼり出し、冷まします。 粗熱が取れたら レモン果汁(またはリンゴ酢)を加えて混ぜ合わせます。 味見をして、酸味が足りなければレモン果汁(または、りんご酢やクエン酸)を足し入れます。 茶こしなどを通して保存瓶などに移し入れ、冷蔵庫で保存します。 *必ず、冷蔵庫で保存し、2~3日程度までに飲み切きると良いでしょう。 *青しそは、形が悪かったり、多少固い物でも問題なくジュースにできます。 *赤紫蘇でも、同様の方法でジュースが作れます。 両方作っても! *レモン果汁は、市販品でも大丈夫です。 *甘みが欲しいときは、ガムシロップなどを加えてください。 *甘みを加えて、シャーベットやゼリーなどにも。 *絞った残りの青しそは、料理に混ぜるなどして活用できますから、捨てないで使ってくださいね。 栄養成分に子供のアレルギーに効能効果が! 青しそには、豊富な栄養が含まれているそうですが、どのような効能効果があるのでしょうか? また、アレルギーに効く成分とは、どのようなものなのでしょうか?• 青しその基本データ(100gあたり) エネルギー:37kcal(青しそ10枚でおよそ5g、2 kcal弱となります) 水分:86. 7g たんぱく質:3. 9g 脂質:0. 1g 炭水化物:7. 5g(糖質:0. 2g食物繊維:7. 3g) 青しそは、野菜だけあって低カロリー、しかも、糖質がほとんど含まれていない為、糖質ダイエット時でも安心して食べることができる食材です。 青しその栄養成分と効能効果• ロズマリン酸 青しそに含まれているポリフェノールのひとつロズマリン酸は、花粉症などのアレルギー免疫システムの過剰な作用を抑えると言われています。 また、ロズマリン酸は摂取された炭水化物をブドウ糖に分解するのを阻止する働きがあるため、血糖値の急上昇が抑えられることから糖尿病の予防や、脂肪を溜めにくくなるのでダイエット効果にも期待できます。 さらに、2006年にはロズマリン酸など植物由来のポリフェノールが、パーキンソン病を未然に防ぐ効果があることを金沢大学が発表したことから、 アレルギー諸症状だけではなく、その他の病気の予防をすることが期待されている注目の成分です。 ルテオリン フラボノイドの中で、 最も強い抗アレルギー・抗炎症作用を持つといわれるルテオリンは、花粉症やアトピーといったアレルギー症状を押さえる効果を発揮します。 また、ルテオリンは、抗ガン作用が期待されていますし、さらに肝臓での解毒作用を促進させることでシミやソバカスの予防などの効果も期待されています。 ペリラアルデヒド 青しその香り成分、ペリラアルデヒド(シソアルデヒド)」と呼ばれ、体内に侵入した食中毒の細菌や、風邪や病気のウィルスなどを撃退することができる、 強力な抗菌作用や 防腐効果を持っています。 同時に、消化酵素の分泌促進や食欲増進、整腸作用などの効果も期待できます。 食物繊維 青しその炭水化物は、そのほとんどが食物繊維です。 食物繊維の大きな働きとして、 便秘解消効果があげられますし、腸内環境の改善による免疫力のアップや肌荒れ改善、便秘解消によってダイエット効果も期待できるでしょう。 ビタミンB1 糖質の代謝を助け、エネルギーをつくり出すビタミンB1 は、 疲労回復に役立ち、脳や神経の機能を維持する効果があります。 ビタミンB1が不足すると夏バテしやすいと言われています。 ビタミンB2 細胞の新陳代謝をスムーズにし脂肪を燃焼させる効果がある他、高血圧や脳卒中などの 生活習慣病予防の効果が期待できます。 また、粘膜や皮膚の機能維持などの効果があります。 ビタミンC 抗酸化ビタミンと言われるビタミンCには、老化の原因となる活性酸素を除去する働きから、老化を防ぐ アンチエイジング効果があります。 また、メラニン色素の生成を抑えコラーゲンの合成を助けるなどの美肌効果が期待できます。 葉酸 貧血の予防をしてくれる葉酸は、胎児の先天的な異常を予防する効果がありますから、妊婦さんには欠かせない栄養素の1つです。 カルシウム 骨や歯を作るの欠かせない大事な成分のカルシウムには、精神を安定させる効果もあります。 骨粗しょう症対策に、ぜひ摂りたい栄養成分です。 カリウム 体内の水分や塩分を調整し、 高血圧抑制の効果が期待できます。 また、むくみの防止や改善に効果があるのでダイエット効果も。 鉄分 貧血を予防してくれる鉄分には、酸素を全身に運ぶ効果があります。 鉄分は体内に吸収されにくい成分ですが、ビタミンCと一緒に摂ると鉄分を吸収しやすい形にしてくれます。 梅ジュースに風邪予防の効能効果!冷凍で漬ける期間1日の簡単な作り方 さいごに 青しそには、花粉症などのアレルギーに効果のある、ロズマリン酸とルテオリンの2つの成分が含まれています。 また、各種の栄養成分が豊富なため、さまざまな効能効果が期待できます。 青しそが苦手でも、それらの効果を得ることができる青しそジュースのレシピをご紹介しました。 砂糖不使用なので、お好みで甘みを加えたり、お菓子作りにも活用していただけたらと思います。

次の