黄門 ちゃ ま 喝 撤去。 【黄門ちゃま喝】家康降臨で最高上乗せ!?目指せ4桁乗せ!|スロかっつ!

【黄門ちゃま喝】怒髪天粘る気持ちは大事。沖ドキ2スルー、マイジャグなど

黄門 ちゃ ま 喝 撤去

黄門ちゃま喝 返り咲き解説 AT当選時の0. 当選時はAT終了後にATで消化したゲーム数が そのまま上乗せゲーム数となって復活します。 ATが2000G継続していれば、AT終了時に2000G上乗せされます。 展開次第では万枚も狙える激熱フラグになってますね。 しかし返り咲き当選のATが100G以内で終了した場合は 返り咲きは9回2死満塁チャンスに変換されます。 ここから当選した印籠チャンスはすべてゲーム数が2倍です。 しかし返り咲きが確定してから印籠チャンスは失速・・・ 無念の9100枚で終了でした。 最後にサラッと9回2死満塁チャンスで50Gだけ乗せたので 消化ゲーム数101Gで獲得枚数が9000枚とアンバランスになりましたねw お銀ボーナスでもう少し頑張れたら万枚だっただけに無念です。 感想・まとめ とりあえず返り咲きが超強力だということは伝わりましたねw しかしタイミング次第では100G程度しか乗せれないので、 返り咲きに当選したタイミングで如何に頑張れるかが重要です。 今回は返り咲き当選時にロンフリっていう最高の展開でしたね。 基本的に表堅実しか選ばないので大事故と無縁でしたので 9000枚オーバーを出せたのは本当に良かったです。 黄門ちゃま喝は早ければ来年の2月には撤去の可能性があるみたいです。

次の

【黄門ちゃま 喝】天井での裏挑戦は損をする??

黄門 ちゃ ま 喝 撤去

前回の記事はコチラ そういえば、コロナウイルスの助成金10万円の話ってどうなっているんだろうと思って、改めて調べてみましたが、始まっているようですが、優先順位的にサラリーマンらへんにいろいろと書類が届くのは大分先になりそうですね。 当面の間は節約してコスパよく生活していくように心がけるようにしましょうかね、、、 僕はリーマンショックのときは子どもだったのでよく知らないですが、そのときよりひどいことになるんではないかと先輩が言っていたので少し不安ですね、、、 なんくるないさの精神で頑張っていきましょう。 では本題です。 今日は 裏挑戦で有名?なあの機種を打った期待値稼働のお話です。 それではスタート! 目次• 笑ゥせぇるすまん3 ゾーン狙い 仕事終わり18時半頃からの稼働です。 この日、最初に発見した台は 笑ゥせぇるすまん3でした。 ゲーム数:241G 打つ価値があるかは微妙なところですが、、、 とりあえず福ゾーン(CZ)に1回ぐらいは入ってくれるかとは思うので頑張ってみます。 福ゾーン2回突入しましたが、失敗。。。 副都心抜けでサヨナラです。 ただお手軽にチャンスがもらえるのはありがたいんですが、 恩恵はほぼもらえてません(笑) 投資:100枚 回収:0枚 差枚数:-100枚 ラブ嬢2 天井狙い 次に発見した台はラブ嬢2でした。 ゲーム数:427G 周期:? 周期のメモが残ってなかったのでわかりませんが、427Gあれば天井狙いで多分大丈夫でしょう(笑) 500G後半ぐらいで当たって単発。 この台はそこまでの回数打ってないので、気のせいかもしれませんが、、、 6号機の場合に回りが悪いように感じます。 多分気のせいでしょう。 投資:200枚 回収:100枚 差枚数:-100枚 ミリオンゴッド凱旋 天井狙い 次に発見した台は ミリオンゴッド凱旋でした。 ゲーム数:790G ミリオンゴッド凱旋なんて、最近はまったく打てなくなりましたね。。。 ほんとに全然落ちてません。 撤去までに打ち込んでおこうというドリーマーとガチ勢の方々にほとんど持っていかれていたので、 なんちゃって稼働の僕が拾うことはほぼなかったんですが、この日は奇跡的に巡り合うことができました。 当たりは900Gぐらいでした。 なので、もう一つのお約束天井手前での当たりは回避できました。 ミリオンゴッド凱旋でこのぐらいの傷で済めば上出来でしょう(笑) 投資:300枚 回収:300枚 差枚数:0枚 黄門ちゃま喝 印籠箱狙い 次に発見した台は 黄門ちゃま喝でした。 ゲーム数:??? 印籠箱:288 ゲーム数はメモがなくて分かりませんが、印籠箱288溜まっていれば十分でしょう。 100枚の投資で印籠箱を貯めて当てることができました。 全国のスロッターみなさんはいったいどの特化ゾーンを選択しているのでしょうかね。 僕は下記のパターン以外は 裏挑戦薬を選択しています。 8%で勧善懲悪アタック) 裏挑戦薬は、70%は上乗せなしですが、残りの30%は家康降臨(最低保証100G乗)です。 この当たりを引いた時間は20:00も回っていませんでした。 毎ルールにより、 裏挑戦薬1択です(笑) 裏挑戦薬の結果は、、、 家康降臨! これで100Gの上乗せは補償されました。 つまりは勝ち確定です。 あわよくば、200G以上乗せて閉店ギリギリでフィニッシュするという理想的な展開にしたいところ! 結果は、、、 100G! 最低保証です(悲) 気を取り直して、投資が軽いので少しでも上乗せして出玉を増やしたいとこでしたが、 颯爽と駆け抜ける~ まあ勝てたので良しとしましょう。 スルー回数:3スルー 前回の当たり:245G ゲーム数:116G 世紀末ポイント:570p 昇舞:1個 最後にこの台でATをゲットしてさらに勝ちを増やして帰りましょう。 強欲に勝ちに行きます! と思ったのも束の間、、、 600Gの断末魔ゾーンで当たりました。 おっとと、、、600Gのゾーンまで持っていかれてしまいました。 ここでATに入れれなければ負けです。 昇舞は5個です。 600Gハマった割には少ないです。 昇舞の割り振りは、子役レベル3・バトルレベル4でした。 バトルの結果は、、、 1戦負けでした。 最後に欲張った結果がこれです、、、 投資:500枚 回収:50枚 差枚数:-450枚 最終結果 総投資:1200枚 総回収:850枚 総差枚数:-350枚 最後にマイナスへ転落してしまいましたね。 黄門ちゃま喝でもう少し頑張れればよかったんですが、そううまくは行かないもです。 人生楽ありゃ苦もあるさ! それではまた! 次回の記事はコチラ.

次の

男は黙って裏挑戦でしょ!【黄門ちゃま喝など】

黄門 ちゃ ま 喝 撤去

AT関連 AT突入時は上乗せ特化ゾーンである「印籠チャンス」で初期ゲーム数を決定。 裏モードはMAXベットを長押しする事で切り替わる。 各モードの特化ゾーン選択率は以下の通り。 更に… 印籠チャンス終了後に「倍ちゃん」が登場し、これを見事捕まえる事が出来れば、獲得したゲーム数が倍になるとか。 4倍キャラの倍々ちゃん?も存在し、「家康降臨」の最大ゲーム数が2000Gという噂なので、これの4倍という事は一撃8,000ゲームの上乗せも可能という事に。 AT中 朝イチリセット恩恵 「黄門ちゃま渇」は、リセット(設定変更)がされた場合、天井ゲーム数が777Gとなります。 これ以外にも、高確スタートなどといった恩恵が存在する可能性もあるので、朝イチは積極的に狙っていけそうです。 ただし、倍ちゃんっすが発生しても成功とは限らない点に注意が必要。 倍ちゃんを捕まえる事が出来れば、初期ゲーム数が2倍に。 失敗した場合は通常通りのATスタートとなります。 「以上」という表現を使ったのは、倍ちゃんっすの上、倍倍ちゃんっすも存在し、そちらならなんと初期ゲーム数が4倍になります。 初期ゲーム数は、特化ゾーン当選率の異なる6種類のタイプから選べますが、天井時は更に悩みそうですね…。 ハマリ台シミュレート 打ち始め バランス 表 期待収支 勝率 400G -19枚 36. 特に設定差が大きい部分としては、CZルーレットからのAT当選。 分母が大きいですが、設定1なら0. 高確移行率にも設定差 ステップアップフリーズは発生しただけで強レア小役以上が確定。 3段階目でも印籠チャンスが平均4個獲得出来る「運命の分かれ道」なので、十分その後の展開に期待出来ると思います。 こちらは約1. なんの根拠もありませんが…(汗) ステップアップフリーズ動画 印籠チャンスから突入する可能性のある「家康降臨」。 こちらはフリーズした秒数に応じて、上乗せゲーム数を決定。 1秒毎に99. 最大2,000ゲームまでありえるという話。 「土下座フリーズ」から全ての印籠チャンスを「裏・挑戦」で挑めば2〜3回は「家康降臨」に当選しますからね。 こういった自分で波を選べるというのは、打てる残り時間によって選択を変えたり出来るので、良い仕様ですね! 最近では、閉店間際に数千ゲーム乗ったという話もよく聞きますからね…。 紅炎モード中に選ぶのは損に見える堅実は… この表だけで見ると、表の「堅実」は通常時と紅炎モード中とで確率が変わりません。 しかし、その点は、上乗せのゲーム数が優遇されているので心配は無用。 同様に「表・バランス」や「表・挑戦」で「上乗せ」が選ばれた際にも、紅炎モード中なら獲得出来るゲーム数が優遇されてます。 全ての解析が出ていないのでどれが良いというのは断定する事は出来ませんが、過去のスロットの例から、一番期待値が高くなるのは「一発狙う系」で「堅実に乗せる」タイプは低めされていた事がほとんど。 閉店時間や財布と相談しながら選ぶのが一番だと思いますが、個人的には、迷ったら家康を狙っておけば良いのかなと思います。 どちらも発生時は大量上乗せに期待 返り咲きは100G以上継続したATの0. ゲーム数巻き戻しは「鬼の城」でもありましたね。 もう1つの引き戻しゾーンである「9回裏2死満塁チャンス」については、AT終了時の16. 場外ホームランならループ率に基づいて上乗せゲーム数が決定されるので3桁も十分狙えます。 バッターがリアル黄門ちゃま• 赤・金セリフ これらの演出が発生した際は、場外ホームランのチャンス。 初打ち感想 いきなりですが黄門ちゃま喝の天井は999Gです。 (特化ゾーンで得た初期ゲーム数が倍になる) それを踏まえた上で、この画像を見てください。 この後ガッチャガッシャと演出が繰り広げられ…。 980ゲームで… 印籠チャンス(AT)… 100ゲームほどから打ち始め、Wルーレット2回、CZ7回と全てをハズし続け、「天井の家康から倍チャンスで一発狙うしかねえ!」と思っていた矢先の出来事。 しかもこの天井間際に当選したATが、「裏・挑戦」で家康を狙ったつもりなのに、何故かスタートする「怒髪天」。 あまりのショックに「裏・バランス」を間違えて選択していたようです。 これが50Gで…。 100枚ほどのメダルを得て終了。 AT中は、強チェリーやらレア小役高確やら色々と引けたんですが、いずれもスルー…! さようなら、黄門ちゃま。 というのが主観で、客観的に且つ冷静に台を分析すると… 特化ゾーンからスタートするという事は、そこが最大の盛り上がり所であり、その後は消化ゲームに近いものがあります。 肝心のAT消化中のワクワク感が無くなってしまいます。 仮に初期ゲーム数をガッツリ乗せてる事が出来ても、そのゲーム数のまま対して乗らずに駆け抜ける割合が、他の台に比べ非常に高いと思います。 というのも、「黄門ちゃま喝」は、強力な引き戻しゾーンを2つも搭載し、印籠チャンスを複数獲得出来るチャンスもあります。 通常時の初当たり確率も重くはありません。 良い面だけを見れば勝てそうですが、結局の所、出玉率は決まった範囲に収めなければいけないので、強力な恩恵があればあるほど、他の部分で割を食う部分が必ず出来てきます。 「黄門ちゃま喝」においては、その割を食っている部分が、「AT消化中」かなと感じました。 強レア役などを立て続けに引いても余裕でスルーして駆け抜けましたから…。 どちらかと言えば、AT中に乗せたり、ボーナスを引いたりで出玉を増やしていく台が好きな自分にとってはちょっと合わないかも…。 初打ちの展開の悪さもあり、また打ちたいとは思えませんでした。

次の