おとな の ジャンプ 酒場。 おとなのジャンプ酒場:新宿歌舞伎町に7月11日オープン 80年代作品集結の“夢の店”

おとなのジャンプ酒場:新宿歌舞伎町に7月11日オープン 80年代作品集結の“夢の店”

おとな の ジャンプ 酒場

大手出版社の集英社が、実は「居酒屋」ビジネスを展開している……恐らく多くの読者が聞いたことがないのではないか。 グラビアアイドルに会える「居酒屋」として、「週プレ酒場」を2017年6月から19年5月までの2年あまり運営していたのだ。 『週刊プレイボーイ』創刊50周年の記念事業として運営されたもの。 店舗は新宿・歌舞伎町に位置し、完全予約制だった。 人気アイドルが登場する日になると、予約が瞬時に埋まってしまう日もあったという。 そして集英社には、『プレイボーイ』に続き、18年にもう一つ50周年を迎えた大雑誌がある。 『週刊少年ジャンプ』だ。 「週プレ酒場」が5月末で閉店して約1カ月半、今度は「おとなのジャンプ酒場」が7月11日から1年間限定で同じ場所にオープンした。 開店イベントの司会を務めた『週刊プレイボーイ』編集部の金髪りさ氏 歴代編集者ベスト3は? 筆者が店に足を踏み入れると、「80年代スーパーヒーロー揃い踏み!!」と謳(うた)っている通り、店内は「キン肉マン」「聖闘士星矢」「北斗の拳」「シティーハンター」「魁!!男塾」「DRAGON BALL(ドラゴンボール)」「ろくでなしBLUES」といった80年代のジャンプ作品一色になっていた。 店の奥の棚には、84年から88年に発売された『ジャンプ』250冊を手に取ることもできる。 オープンに先立ち、メディア向けの内覧会が7月9日に開かれた。 内覧会では、80年代を代表する3人の編集者がトークショーに登壇した。 現在、集英社で常務取締役を努める鈴木晴彦氏と茨木政彦氏、そして『ジャンプ』の第5代編集長を務めた堀江信彦氏(現在はノース・スターズ・ピクチャーズ代表取締役)の3氏だ。 鈴木氏は「キャプテン翼」、茨木氏は「ろくでなしBLUES」、堀江氏は「北斗の拳」「シティーハンター」などのヒット作を担当した「レジェンド編集者」だ。 集英社で常務取締役を努める鈴木晴彦氏(左)と茨木政彦氏(右)。 真ん中が『ジャンプ』の第5代編集長を務めた堀江信彦氏(現在はノース・スターズ・ピクチャーズの代表取締役)の3氏だ。 鈴木氏は「キャプテン翼」、茨木氏は「ろくでなしBLUES」、堀江氏は「北斗の拳」「シティーハンター」などのヒット作を担当した「レジェンド編集者」だ トークショーでは黄金期のジャンプ編集部の舞台裏が次々と明かされた。 鈴木氏が、某漫画家を怒らせ、関係修復のために何時間も土下座した話や、当時の編集部は飲みに行った時であっても、ずっと仕事の話をしていたことなどを披露。 また、ジャンプの3大原則である「友情・努力・勝利」についても語られ、鈴木氏は「友情と勝利は少年漫画として当たり前の要素である一方、努力を前に出してしまうと10週間で打ち切りになってしまう。 むしろ『友情・個性・勝利』ではないか」と持論を述べた。 このほか、「ジャンプ編集部で歴代ベスト3に入る編集者は誰か」という話題もあった。 鈴木氏と茨木氏は堀江氏の名前を挙げたが、鈴木氏は「Dr. スランプ」や「DRAGON BALL」を担当した鳥嶋和彦氏、「キン肉マン」を手掛けた松井栄元氏を挙げた。 いずれも80年代のジャンプ編集部を支えた編集者であり、堀江氏も「あのときのジャンプの編集者は最強だった」と締めくくった。

次の

おとなのジャンプ酒場

おとな の ジャンプ 酒場

場所 : WaMall歌舞伎町5F 週刊少年ジャンプ(集英社)作品にスポットを当てた「おとなのジャンプ酒場」が、7月11日に東京・WaMall歌舞伎町5階にオープンする。 【写真】「おとなのジャンプ酒場」のメニューイメージ。 男塾」、北条司「シティーハンター」、車田正美「聖闘士星矢」、鳥山明「DRAGON BALL」、武論尊原作による原哲夫「北斗の拳」、森田まさのり「ろくでなしBLUES」といった、1980年代のジャンプ読者に馴染み深いタイトルで店内を装飾。 巨大壁画や、表紙ウォール、巨大フィギュア、フィギュアコレクション、マンガ家のお宝グッズ、80年代のジャンプ本誌などが店内に並ぶ。 このほか各作品にフォーカスしたコラボメニューも販売。 営業期間は1年限定を予定しているので、気になる人は早めに足を運ぼう。 男塾』『ろくでなしBLUES』『北斗の拳』『シティーハンター』『ドラゴンボール』 — シールド shield7db 女優の剛力彩芽さんが、自身のInstagramにて ショートヘアにイメチェ 2010年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、2014年に出所した 元タレントの田代まさしさん CMで軽々と校舎の壁を登り、『校舎をよじ登る女子高生』として話題になった、大場美和さん。 クラ 相武紗季さんが、髪バッサリのショートヘアにし、 自身のインスタグラムに投稿 METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE ゆとりの美学。 力を抜くこと、サボることを恐れない【電子書籍】 お正月休みも終わり、という人も多いかと思います。 そんな中、正月病とその対 平愛梨さんが、家族集合ショットを自身の インスタグラムに投稿し、話題となっ 相葉雅紀さん、週刊文春にて、 交際中の彼女の父親が、取材を受けた事が、話題 俳優の武田真治さんが、ドラマ「凪のお暇」にて、オネエ役を演じる事が決定。 このサイトを運営しているニャコニャルです。 このサイトでは会話に役立つコツや情報、またネタになる最新話題などをお届けします。 日々の会話に少しでもお役立てください!• 最近の投稿• 人気の記事• 336ビュー• 206ビュー• 201ビュー• 106ビュー• 104ビュー• 99ビュー• 78ビュー• 50ビュー• 47ビュー• 44ビュー• アーカイブ• カテゴリー• 最近のコメント• に より• に naykoron5656 より• に 昭和のドラッカー より• に naykoron5656 より• に より.

次の

おとなのジャンプ酒場

おとな の ジャンプ 酒場

大手出版社の集英社が、実は「居酒屋」ビジネスを展開している……恐らく多くの読者が聞いたことがないのではないか。 グラビアアイドルに会える「居酒屋」として、「週プレ酒場」を2017年6月から19年5月までの2年あまり運営していたのだ。 『週刊プレイボーイ』創刊50周年の記念事業として運営されたもの。 店舗は新宿・歌舞伎町に位置し、完全予約制だった。 人気アイドルが登場する日になると、予約が瞬時に埋まってしまう日もあったという。 そして集英社には、『プレイボーイ』に続き、18年にもう一つ50周年を迎えた大雑誌がある。 『週刊少年ジャンプ』だ。 「週プレ酒場」が5月末で閉店して約1カ月半、今度は「おとなのジャンプ酒場」が7月11日から1年間限定で同じ場所にオープンした。 開店イベントの司会を務めた『週刊プレイボーイ』編集部の金髪りさ氏 歴代編集者ベスト3は? 筆者が店に足を踏み入れると、「80年代スーパーヒーロー揃い踏み!!」と謳(うた)っている通り、店内は「キン肉マン」「聖闘士星矢」「北斗の拳」「シティーハンター」「魁!!男塾」「DRAGON BALL(ドラゴンボール)」「ろくでなしBLUES」といった80年代のジャンプ作品一色になっていた。 店の奥の棚には、84年から88年に発売された『ジャンプ』250冊を手に取ることもできる。 オープンに先立ち、メディア向けの内覧会が7月9日に開かれた。 内覧会では、80年代を代表する3人の編集者がトークショーに登壇した。 現在、集英社で常務取締役を努める鈴木晴彦氏と茨木政彦氏、そして『ジャンプ』の第5代編集長を務めた堀江信彦氏(現在はノース・スターズ・ピクチャーズ代表取締役)の3氏だ。 鈴木氏は「キャプテン翼」、茨木氏は「ろくでなしBLUES」、堀江氏は「北斗の拳」「シティーハンター」などのヒット作を担当した「レジェンド編集者」だ。 集英社で常務取締役を努める鈴木晴彦氏(左)と茨木政彦氏(右)。 真ん中が『ジャンプ』の第5代編集長を務めた堀江信彦氏(現在はノース・スターズ・ピクチャーズの代表取締役)の3氏だ。 鈴木氏は「キャプテン翼」、茨木氏は「ろくでなしBLUES」、堀江氏は「北斗の拳」「シティーハンター」などのヒット作を担当した「レジェンド編集者」だ トークショーでは黄金期のジャンプ編集部の舞台裏が次々と明かされた。 鈴木氏が、某漫画家を怒らせ、関係修復のために何時間も土下座した話や、当時の編集部は飲みに行った時であっても、ずっと仕事の話をしていたことなどを披露。 また、ジャンプの3大原則である「友情・努力・勝利」についても語られ、鈴木氏は「友情と勝利は少年漫画として当たり前の要素である一方、努力を前に出してしまうと10週間で打ち切りになってしまう。 むしろ『友情・個性・勝利』ではないか」と持論を述べた。 このほか、「ジャンプ編集部で歴代ベスト3に入る編集者は誰か」という話題もあった。 鈴木氏と茨木氏は堀江氏の名前を挙げたが、鈴木氏は「Dr. スランプ」や「DRAGON BALL」を担当した鳥嶋和彦氏、「キン肉マン」を手掛けた松井栄元氏を挙げた。 いずれも80年代のジャンプ編集部を支えた編集者であり、堀江氏も「あのときのジャンプの編集者は最強だった」と締めくくった。

次の