神戸 市バス 9 系統。 神戸駅前のバス時刻表とバスのりば地図|神戸市交通局|路線バス情報

散歩なう: [メモ]神戸市バス案内 1984.4

神戸 市バス 9 系統

神戸市バス 神戸市バス(こうべしバス)は、が運営するバス()事業である。 昭和50年代までは他都市にならって「神戸市営バス」と表現していたが、市民の間では(「営」を付けない)「神戸市バス」の名が定着し、現在では「 神戸市バス」で統一されている。 これは、市街地路線を中心に、「」の廃止路線に代わって「神戸市 バス」路線を開設してきたことによる。 なお、かつて神戸市交通局は事業も運営していたことがあり、これについては「神戸市営観光バス」と(すなわち、「営」を付けて)称していた。 しかし、経営改善を理由に廃止された。 現在、が営業している神戸市内定期観光バスは、神戸市交通局の観光バス事業廃止と同時に運行を開始したものである。 神戸市バスにはオリジナルキャラクターが存在する。 名前は「ばっしー君」。 概要 [ ] の広域に路線を持ち、単独運行路線のほかに・・と共同運行を行っている路線がある。 なお、の大部分は山陽バスが、南部の大部分は阪急バスが、北区北部との大部分は神姫バスがそれぞれ主として運行を行っている。 これは、戦後市域を拡張した際に、このエリアが既に民営バスの営業エリアとなっていたことによるものである。 交通局では、市域拡張の際にこれらのエリアにもバス路線を開設したが、近年、赤字経営が続いていた神戸市交通局・市営バス事業の経営改善策の一環として、一部路線(主に、垂水区・西区から、明石駅 ・西明石駅・大久保駅に乗り入れていた路線)を神姫バスや山陽バスに譲渡した結果、現在の営業エリアとなっている(この結果、明石市内への乗り入れは明舞線 の一部区間のみとなった)。 近年、市バス事業および交通局全体の赤字経営体質や累積赤字の増加などが問題となっていることから、様々な経営改善策を実施している。 前述の神姫バスや山陽バスへの路線譲渡のほかに、不採算路線の減便・廃止や一部営業所の民間へのなどによるコスト削減、小型バスを用いたコミュニティ路線の開設による新たな需要の開拓や、市バス停留所の副呼称の売却(例えば「鷹取町(マルアイ前)」の場合、年間36万円で3年契約を結んでいる。 )などによる収入確保が、経営改善策の主な柱となっている。 2009年3月の新聞報道によれば、神戸市バスの運転手の平均年収は980万円であり、「バス事業の累積赤字の拡大も人件費の掛かり過ぎによる一因ではないか」と指摘する声もある。 2014年度の平均年収は800万円程度に落ち着いたが、これは平成20年度以降に新規採用された職員のみに20%の給与カットを実施しており人件費削減に一定の成果が出た結果である。 料金制度と乗降方法 [ ] 神戸市では「 運賃」ではなく「 料金」と呼んでいる。 すべての路線・車両で、乗降方式は後(中)乗り前降りである。 料金は後払いで下車時に支払う。 料金箱は、後述する「普通区」「近郊区」の区別に関わらず両替方式のため、ちょうどの料金がない場合は、事前に料金箱に備え付けられている両替機で両替する必要がある。 これは1973年2月25日に、前乗り(車掌添乗車を除く)後(中)降り先払いを基本とする方式から変更されたものである。 料金体系は、「 普通区」と「 近郊区」に大きく分けられる。 前者は、大人料金210円の均一運賃だが、後者は乗車区間により料金が異なる。 近郊区と普通区をまたがって運行するバスは、境界停留所より普通区寄りの区間のみを利用する場合、大人料金は210円の普通区料金となる。 普通区のみで使用できる乗車カード・定期券類も利用できる。 なお、近郊区から普通区に乗り入れてくるバスは、整理券が発行されているので、近郊区のみの乗車でも受け取る必要がある(逆に普通区から近郊区に乗り入れるバスの場合、近郊区に入ってからの料金境界の関係で、普通区内でも整理券を発行する区間と発行しない区間がある)。 近郊区は、均一運賃制をとらないバス会社と共同運行を行っていることや、共同運行ではないものの、それらのバス会社がメインで運行しているエリアに乗り入れるバス、また比較的長距離を走行するバスが該当する。 また、近郊区の1つとして山陽バス共用区間である「山陽均一区」がある。 主に垂水営業所が担当している。 当該地区で運用される垂水営業所所属車両すべてと、15系統で運行する落合営業所所属の一部車両は、2014年11月30日まで「 つり銭方式」だったが、2014年12月1日より他系統に併せ、「 両替方式」に統一された。 山陽共同区を含む近郊区を走行するバスには、整理券発行機、乗車用カードリーダライター(磁気カード・ICカード)を備えた車両が使用される。 なお、普通区でも、これら装備を備えた車両が運用されることもある。 なお、停留所案内装置は、近郊区で運用されるときには整理券番号ごとの料金が表示できるように対応されていたり、垂水営業所所属車両は一般的な整理券番号式料金表示を備えるなど、それぞれの料金制度に対応した機器が搭載されていたが、2008年の機器更新で全車両がLCDパネル式に置き換えられ、機器統一が図られるとともに、近郊区運用時の料金表示欄が拡大し、見やすくなった。 均一区運用のときは、料金表示欄は「大人210円・小児110円」で固定表示となる。 さらに、系統によって無料となる幼児料金の人数が異なる。 原則は、普通区・近郊区ともに大人または小児1人につき2人まで無料となるが、1人のみ無料とするバス会社と共同運行系統している系統は、これに合わせる形で、幼児1人のみ無料となる。 小児料金は、大人料金の半額で、5円の端数は10円に切り上げる。 市バス向けの乗車カードとしては、「市バス専用カード」と「市バス昼間専用カード」の2種類がある。 ここでの市バス専用の意味としては「(市営交通でも)地下鉄では利用できないバス専用(のカード)」の意が強い。 両者の大きな違いとしては、前者が時間帯を問わず利用できるのに対し、後者は利用できる額が前者に比べて多いものの、利用できる時間帯が「昼間時」に限定されており 、この時間帯以外に使用することはできない。 それ以外の部分については専用カード・昼間専用カード共に基本的にシステムは同じであり、普通区・近郊区全線で使用できるほか、山陽バスでも共通利用が可能である。 現在交通局が発行している市バス専用カードおよび市バス昼間専用カードには、市バス専用カードが1,000円券(1,100円分利用可能)と2,000円券(2,200円分利用可能)および小児専用カード1,000円券(1,100円分利用可能)の3種類、昼間専用カードが1,000円券(1,300円分利用可能)と2,000円券(2,600円分利用可能)の2種類がそれぞれ存在する。 なお、かつてはより高額なカード(4,000円券)も発行されていたが、2008年12月に大阪市交通局発行のカードについて偽造カードが発見されて以来、多くの偽造カードが発見されたことから、偽造カードによる損害拡大を防止するために、2010年4月1日付で他の種類の高額カードと共に発売が中止されている。 他に、地下鉄と共通利用できるカードとして、「NEW Uラインカード 」や、「市バス・地下鉄共通1日乗車券」がある。 前者は、地下鉄と市バスを同一日内に乗り継ぐと割引が適用される。 その代わり、プレミアムが「市バス専用カード」に比べて少ない(3000円券は3200円分利用可能、1000円券にはプレミアムがない)。 スルッとKANSAI協議会に参加しており、発行のカード類も利用できる。 また、2008年から、ICカード、での料金支払いに対応した。 PiTaPaでは、利用額割引が受けられるが、近隣で地下鉄・市バスともに運営する事業者としては、先にICカードシステムを導入したの利用額割引(フリースタイル)と異なり、 地下鉄とバスは別々に利用額が計算される。 近郊区・山陽共用区でカードを使用する場合、整理券が発行されていなくても、カードリーダライターにカードを通すかかざす必要がある。 また、地下鉄と異なり、には当初不参加であったが、より対応を開始した。 またICカード利用時には1乗車目の降車から2乗車目の降車まで60分以内に連続して市バスを乗り継ぐ場合に最大210円の割引が適用される制度がある。 2乗車目が同一系統や逆方向への利用でも適用され、短時間の用務や買い物であれば片道運賃で往復が可能である。 普通区の定期券は、から、普通区全線で共通利用が可能になった(それまでは単一系統全区間のみ利用可能で、複数系統利用の定期券にする場合は割増されていた)。 また、特に記載はなされていないが、普通区の通勤定期券は、阪急バス(普通区相互間の利用に限る)との山手線でも利用が可能である(山手線以外の神戸交通振興の路線には、この定期券は利用できない。 これは、山手線が、まで営業していた市バス91系統の復活を望む市民の声を受けて誕生したためである。 しかし、神戸市交通局ではなく神戸交通振興による運行となったのは、市の財政へ直接に影響を与えないことや、経営状況を透明化しやすく採算性を検討しやすいことなどがねらいにある)。 このように料金体系は大変複雑である。 神戸市敬老福祉乗車証 [ ] 高齢者人口と発行枚数の増加による現役世代への負担増大から、「神戸市敬老優待乗車制度検討懇話会」で話し合いが持たれ、がまとめられた。 これを受け、市バスにおいても、から、原則として、利用ごとに割引料金を収受することとなり、敬老福祉乗車証のチェックおよび利用実績集計と、割引料金の引き去りが同時におこなえるPiTaPa仕様のプリペイド式非接触ICカード採用された。 現在、市バス利用者は、1回につき普通区・近郊区とも、大人普通料金とは関係なく、50円がカードのプリペイド分より引き落とされる。 このシステム導入にあわせて、すでにICカードシステム導入済みの神姫バスに加え、新たに阪急バス唐櫃営業所と神鉄バス、が、2008年10月1日よりPiTaPaを導入した。 なおでも、2009年4月1日にPiTaPaが導入されたことにより、福祉乗車証をタッチすれば、50円分の運賃が自動的に徴収されるようになった(二見線については、通常運賃が徴収される)。 なお2010年10月1日より 小児料金または100円のどちらか安い方の料金が引き去られるようになった。 エコファミリー制度 [ ] 神戸市の環境政策の一環として、バス路線については、市バス全線ならびに神戸交通振興山手線において、エコファミリー制度が制定されている。 適用日は、土・日・祝日と、年末年始(からまで)およびお盆休み(からまで)。 適用日には、料金箱に、適用日であることを知らせるフラグが立てられている。 なお、共同運行路線では、市バスのみ適用となり、阪急バス・山陽バス・神姫バスに乗車した場合は、この制度は利用できない。 但し山陽バス「特15系統」は、北須磨高校・土池公園を経由するため、この制度が適用される。 この制度とは、大人1人と同伴する小学生以下が2人まで料金無料となるものである。 大人1人の支払いは、現金・市バス専用カード・NewUラインカード・スルッとKANSAIカード・定期券いずれも可能。 利用時には、運賃支払い時(すなわち下車時)に、乗務員である運転手に「エコファミリーです」と申告する必要がある。 この制度については、から1年間の実験として行われ、10月には実験が1年延長された末、10月から本格導入となった。 営業所 [ ] 現行営業所・操車場 [ ]• (に業務委託)• 場所…神戸市32-2• 開設年月…• 担当系統…16、19、30、31、33、34、35、36、38、39、43、100、102、103• 場所…神戸市弓木町1丁目2-1• 開設年月…• 担当系統…16、19、26、30、31、32、33、34、35、36、37、38、39、43、45、90、92、106• 場所…神戸市小野浜町7-65• 開設年月…• 担当系統…2、7、18、29、64、101、111• 中央営業所神戸北町操車場• 場所…神戸市大原3丁目20-1• 担当系統…29、64、111• (に業務委託)• 場所…神戸市中央区港島4丁目6-3(神姫バス神戸営業所内)• 開設年月…2018年8月1日• 担当系統…2• (に業務委託)• 場所…神戸市芦原通5丁目1-31• 開設年月…• 担当系統…2、3、4、6、7、9、10、11、13、25、40、80、81、95、96、110、112• (神姫バスに業務委託)• 場所…神戸市東落合1丁目1-5• 開設年月…• 担当系統…5、11、15、17、65、66、70、71、72、73、74、75、76、77、78、79、83、84、87、88、110、112、120、125• 場所…神戸市本多聞3丁目10-1• 開設年月…• 担当系統…50、51、52、53、54、55、56、57、59、121、161、171• (神姫バスに業務委託)• 場所…神戸市竹の台1丁目407-2• 開設年月…• 担当系統…21、22、23、24、28、41、46、47、50、51、52、53、54、55、56、58、161 廃止営業所 [ ]• 1983年 廃止。 車種…三菱• 2005年 廃止。 車種…いすゞ• (2004年から2011年3月末までは神戸交通振興に業務委託、2011年4月1日より廃止までは阪急バスに業務委託)• 2013年4月限り廃止。 路線 [ ] 神戸市バスは、1930(昭和5)年創業時の路線である須磨 - 桜口 がそうであったように、そもそもは神戸市電よりも速達性を帯びた輸送を行うべく発足したものである。 これは、東西に細長い神戸市街にあって、東西の往来が路面電車では時間がかかりすぎる、という問題があったことによる。 この発展形が、戦後の急行系統である。 市電よりも停車する停留所を少なくし、適宜市電を追い抜いて運行する必要からも、急行系統は市バスで開設された(市電相互の追い抜きには待避線の増設などが必要であり、現実的でない)のである。 たとえば、2001年以来欠番となっている1系統は、石屋川 - 布引 - 三宮 - 海岸 - 兵庫駅 - 板宿という長距離を結ぶ急行1系統として長年運行されていた。 また、浜手側の1系統に対し、山手側の急行として、三宮 - 山手 - 上沢 - 須磨というやはり長距離を結ぶ旧・急行9系統もあった(1985(昭和60)年の全通に伴い廃止。 廃止時の区間は三宮貿易センター前 - 山手 - 上沢 - 新長田駅)。 このほか、1977(昭和52)年には、短縮された急行1系統に代わって浜手側を運行する旧・急行10系統(吉田町一丁目 - 神戸駅 - 栄町 - 三宮)も新設されている(その後急行運転をやめ、現在は廃止)も存在した。 近年になって急行系統が廃れていったのは、神戸高速鉄道や市営地下鉄の開通により、市街東西方向の迅速な輸送手段が確保されたためである。 現在、急行系統として運転されているのは、急行64系統(三宮 - 箕谷駅 - 神戸北町)のみとなっているが、これは新神戸トンネルを経由することで新神戸駅 - 箕谷という長距離が無停車となることを強調するため急行と表示しているもので、開設も市電全廃後である。 ただし、創業時の路線のうち、三宮 - 桜口の区間は、市電と並行していなかった。 1994(平成6)年まで運行されていたこの区間(廃止時にここを経由していた系統は、三宮地区ととを結ぶ旧・17系統であった)は、を走っていた。 当初市電もこの区間に路線を延伸するべく出願していたが、競願となった民間の軌道線()が認可されて開通し、市電路線を敷設できなくなったため、市営交通をバスによって提供せざるをえなかった。 同じような事情により市電でなく市バスとして開設された路線に、兵庫駅と西代とを結ぶ区間(現在81系統などが運行。 こちらも、当時はが併用軌道で走っていた)がある。 加えて、距離や勾配の制約から市電路線ネットワークを拡げることが難しい郊外や山麓・山岳地域に交通手段をもたらすため、路線延長がなされることになる。 現在10未満の番号が付されている系統の多くが市街地の山麓部すなわち鉄道車両では往来できない急傾斜の道路を運行しており、神戸市バスの歴史および神戸市街地の歴史をうかがうことができる(神戸市バスの系統番号は、当初、路線開設順に付与していた。 2・3・4・5・16・25系統は、1930年代に開設されて以来廃止されずに運行されている歴史ある路線で、いずれも、市街地山麓部と繁華街を結ぶ路線である。 また、71系統も、何度かの改番(6系統など)や路線延長・変更を経てはいるが、これに該当する。 なお、時代がくだるにつれ、系統番号は地区別に付けられる傾向が強くなり、新設された系統に、過去の廃止によって欠番となっていた番号が付与されることもしばしばみられる。 これらの系統も、海に山が迫る神戸市街にあって、山地に阻まれて市電路線の延伸が困難であったために出現したもので、神戸らしい路線設定と言えよう。 また、60番台は欠番が多く、64・65・66系統しか残っていないが、これは60番台のほとんどが2013年5月に廃止された有野営業所が担当していた路線(60・62・63・67・68・69系統)だったから。 同時に阪急バスと共同運行で松原営業所担当の61系統も阪急バスの単独運行化で廃止された。 昭和40年代に市電路線が順次廃止されていくと、当然その代替系統が多数設定され、それらが中心市街をくまなく運行することとなった。 このため、神戸市バスは神戸市電の廃止に伴う代替輸送機関、という印象をもつ人も少なくない。 しかし、上述のように、市バスは四十年以上にわたって、輸送力の電車・速達と機動性のバス、というかたちで、市電と相互に補完しあいながら共存してきたのである。 また、から大型車については多くが高出力車(270ps - 300ps級)で導入している。 車体は、かつては様々なメーカーが担当しており、車体は全てのメーカーで採用された他、ふそう車といすゞ車については、三菱、呉羽または川崎の車体を多く採用していたのに対し、日野車については、帝国、金沢車体の純正車体の他、やなど、様々なメーカーの車体を採用していた。 その後、1975年度から2000年度までは、一部の特殊車両(など)を除き、営業所ごとに導入する車両メーカーが整理され、魚崎・石屋川・落合 が(車体)、中央・須磨が(純正車体)、松原が()、垂水・西神が日野(純正車体)をそれぞれ導入し、その後は松原のCNG車を皮切りに(または西工)の導入が始まり、以後UDは特殊車両(ノンステップバスなど)を担当するという方式が長らく続いた。 しかし入札制度の改革により、2001年度より東部地区・西部地区ごと 、さらに2008年度からは直営・委託ごとの入札に改められたため、これまでの営業所ごとに特定メーカーから固定的に購入していた時とは異なり他メーカーの車輌が導入されるようになった為、車両だけでは所属営業所を判断できなくなった。 この入札制度は2011年にさらに変更がなされ、大型その1(中央・垂水)・大型その2(魚崎・石屋川・有野)・大型その3(落合・松原・西神)と3回に分けられており、再び直営・委託の別による分類が破られている。 代前半まで61系統がツーマン路線として運行されていた為、須磨所属車には、前中扉のワンマン・ツーマン兼用車が配置されていたほか、ツーマン専用車の乗降扉を移設・追加して、ワンマン専用車に改造した車両も存在した。 この他、「」が在籍している。 もともと神戸市が保有していたボンネットバス「こべっこ号」が排ガス規制の関係で運行出来なくなったため、のシャーシを使用した、ほぼ同じ形状のバスをに特注で作らせ、イベントなどで使用している。 詳細はを参照のこと。 塗装 [ ] 塗装については、代末より白と濃緑色 のツートン塗装が採用されている。 この白と濃緑色の2色は、白が神戸市街の清潔感を、濃緑色はなどのいわゆる「背山」の緑がしたたる様子をそれぞれ表現・イメージしたものである。 また、塗り分け方にも特徴があり、車体前面および後面には神戸市章を構成する2個の半円をアレンジしたデザインが、車体の両側面には神戸市に縁の深い(大楠公)の旗印であった「菊水紋」()の水の流れのデザインがそれぞれ採用されている。 この塗装は採用以来、車体後部の塗分けが多少変更になり、緑色が少し薄くなった程度の変更を除き大規模な変更はされてこなかった。 しかし(平成10年)にノンステップバスが導入されたのを契機に、ノンステップ車両について、乗客に一目でノンステップバスが来たことが解るようにするなどの目的から、従来は濃緑色だった緑色が明るい(ライト・グリーン)に変更された。 現在は車両の更新が進んでノンステップ車両が増加していることもあり、この「ノンステップバス色」をまとった車両が増加している。 この他、数台規模の小規模な変更ではあるが、独自塗装が導入されたこともある。 例えば、61系統専用車は山間部の狭隘路を通るため、対向車からの視認性を向上させる目的で、前面に警戒色のオレンジを入れたデザインが採用されていたほか、2001年7月まで運行されていた10系統「かもめライン」(導入路線)専用車では、白・ライトグリーン・スカイブルーの3色を使用した塗装が施されていた(いずれも現在は廃止・消滅)。 また、現在でも37、64系統などの一部路線で専用される車両ではオリジナルの塗装を施したものがある。 ハイブリッドバス 松原営業所708 局番について [ ] 神戸市バスの車両には、1台ごとに局番と呼ばれる番号が付与されている。 漢字は営業所を表す。 魚:魚崎営業所• 灘:灘営業所 1983年閉所• 石:石屋川営業所• 布:布引営業所 1993年閉所• 中:中央営業所• 南:中央南営業所• 有:有野営業所 2013年閉所• 松:松原営業所• 須:須磨営業所 2005年閉所• 落:落合営業所• 垂:垂水営業所• 西:西神営業所 番号については、以下のルールにより付与されている。 までは、陸運局に車両登録した際のの下3桁を局番として使用していた。 からは、予め車両メーカー毎に登録番号が割り当てられる様になり、いすゞ車は「神戸2き・・・1」、日野車は「神戸2き・701」、ふそう車は「神戸2き11-01」からの番号が割り当てられ、局番も新車から新たなルールで付与 される様になった。 、車両登録番号の割り当て制度は廃止されたが、局番は、車両メーカーごとにそれまでの番号を継続して付与された。 、ふそう車の局番のみ1001番台(のち001番台)からの付与に変更され、2001年に車両購入ルールが変更されて入札制になるまで、以下の様に局番を使用していた。 またかつては営業所ごとに所属する車両メーカーが分けられていた為、局番を見れば車両メーカーの区別を付ける事が出来た。 000番,100番,200番台:三菱ふそう(魚崎・石屋川・落合・灘)• 300番,400番,500番台:いすゞ(中央・須磨・有野)• 700番,800番,900番台:日野(松原・垂水・西神[玉津]) 2001年度より入札制度による車両購入に変更されてからは、新車導入時の営業所ごとの連番となっている。 転属 [ ] ダイヤ改正ごとに担当営業所が変更された場合、営業所間で車両の転属が行われる。 特に、魚崎と石屋川の間では頻繁に行われている。 また、直営営業所で扱われにくい車両を委託営業所にまわし、直営営業所に運転しやすい車両を転属する例が多くある。 (ハイブリッド車やMT車、初期型のAT車、ふそうのAT車は特に対象になりやすい。 ) 廃車車両の譲渡 [ ] この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2016年4月) 市バス車両の代替周期は、排気ガス規制のKC-適用車までは使用車種規制の絡みで12年前後となっており、全国の地方事業者へ譲渡されていた。 しかし、財政難から代替周期は18年へと延長された。 譲渡先のバス会社は以下の通り。 (現)• - ただし、の送迎用車両となる。 このうち神姫バスと阪急バスは神戸市バスの路線撤退に伴う車両の余剰化による転属のみ。 また、一部の車両はなど海外へも輸出されている。 脚注 [ ]• 神戸交通労働組合が制作し、が命名した。 かつて明石駅まで乗り入れていた時代には、の公式戦開催日にまでの直行バスが運行されていたことがある。 JRから伊川谷高校前を結ぶ55系統と、・とを結ぶ58系統。 「昼間時」とは9時30分から16時の間のことを指す。 降車時間がこの時間帯に該当する際に、昼間専用カードが利用可能である。 なお、他事業者の昼間用乗車券は休日に限り終日利用可能のところが多いが、神戸市バスでは休日であっても利用時間帯は9時30分~16時となっている。 なお、「市バス昼間専用カード」のうち4000円券のみについては、普通区専用とされているので留意されたい。 なお、新規の発売は中止されたものの、既に購入していたり出回っているカードについては引き続き利用が可能である。 市バスでも利用可能になったのは1997年4月1日からで、それまでは地下鉄専用だった。 桜口は現在の灘区役所前付近で、開業当時の神戸市街地のほぼ東端。 当時は、現在の東灘区は神戸市ではなかった。 1977年に急行1系統は大幅に区間短縮され、2001年の廃止時は、石屋川 - 阪急春日野道 - 三宮 - メリケンパークの運行であった。 急行1系統として運転をはじめたのは1947年である。 須磨の旧街区(離宮道)と多井畑厄神とを結ぶ、いわゆる参拝路線として1930年に7系統が開設された。 これが現在の71系統の原型である。 バスジャパンハンドブックシリーズ73 神戸市交通局 P. 040 BJエディターズ/星雲社 2011年• 開設当初は、いすゞ・三菱ふそうが混在していた。 東部・西部地区ごとの入札の例。 本入札制度の最終年度となった2007年度入札の結果を公表したものである。 なお、この年は東部車庫配備分につき、入札がその1とその2の2回に分けられている。 東部地区に含まれるのは、魚崎・石屋川・中央・松原の4営業所、西部地区に含まれるのは落合・垂水・西神の3営業所である。 なお、2005年に廃止された須磨営業所は、廃止されるまでは西部地区に属していた。 また、従来は中央営業所に属していた有野操車場は、2004年4月1日に営業所に昇格し独立している。 神戸市ホームページより。 では、「深緑色」(ローン・グリーン)と説明されている。 いすゞ・日野については3桁のみ表示。 外部リンク [ ] に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

神戸市:市バスの乗車料金

神戸 市バス 9 系統

神戸市バス 神戸市バス(こうべしバス)は、が運営するバス()事業である。 昭和50年代までは他都市にならって「神戸市営バス」と表現していたが、市民の間では(「営」を付けない)「神戸市バス」の名が定着し、現在では「 神戸市バス」で統一されている。 これは、市街地路線を中心に、「」の廃止路線に代わって「神戸市 バス」路線を開設してきたことによる。 なお、かつて神戸市交通局は事業も運営していたことがあり、これについては「神戸市営観光バス」と(すなわち、「営」を付けて)称していた。 しかし、経営改善を理由に廃止された。 現在、が営業している神戸市内定期観光バスは、神戸市交通局の観光バス事業廃止と同時に運行を開始したものである。 神戸市バスにはオリジナルキャラクターが存在する。 名前は「ばっしー君」。 概要 [ ] の広域に路線を持ち、単独運行路線のほかに・・と共同運行を行っている路線がある。 なお、の大部分は山陽バスが、南部の大部分は阪急バスが、北区北部との大部分は神姫バスがそれぞれ主として運行を行っている。 これは、戦後市域を拡張した際に、このエリアが既に民営バスの営業エリアとなっていたことによるものである。 交通局では、市域拡張の際にこれらのエリアにもバス路線を開設したが、近年、赤字経営が続いていた神戸市交通局・市営バス事業の経営改善策の一環として、一部路線(主に、垂水区・西区から、明石駅 ・西明石駅・大久保駅に乗り入れていた路線)を神姫バスや山陽バスに譲渡した結果、現在の営業エリアとなっている(この結果、明石市内への乗り入れは明舞線 の一部区間のみとなった)。 近年、市バス事業および交通局全体の赤字経営体質や累積赤字の増加などが問題となっていることから、様々な経営改善策を実施している。 前述の神姫バスや山陽バスへの路線譲渡のほかに、不採算路線の減便・廃止や一部営業所の民間へのなどによるコスト削減、小型バスを用いたコミュニティ路線の開設による新たな需要の開拓や、市バス停留所の副呼称の売却(例えば「鷹取町(マルアイ前)」の場合、年間36万円で3年契約を結んでいる。 )などによる収入確保が、経営改善策の主な柱となっている。 2009年3月の新聞報道によれば、神戸市バスの運転手の平均年収は980万円であり、「バス事業の累積赤字の拡大も人件費の掛かり過ぎによる一因ではないか」と指摘する声もある。 2014年度の平均年収は800万円程度に落ち着いたが、これは平成20年度以降に新規採用された職員のみに20%の給与カットを実施しており人件費削減に一定の成果が出た結果である。 料金制度と乗降方法 [ ] 神戸市では「 運賃」ではなく「 料金」と呼んでいる。 すべての路線・車両で、乗降方式は後(中)乗り前降りである。 料金は後払いで下車時に支払う。 料金箱は、後述する「普通区」「近郊区」の区別に関わらず両替方式のため、ちょうどの料金がない場合は、事前に料金箱に備え付けられている両替機で両替する必要がある。 これは1973年2月25日に、前乗り(車掌添乗車を除く)後(中)降り先払いを基本とする方式から変更されたものである。 料金体系は、「 普通区」と「 近郊区」に大きく分けられる。 前者は、大人料金210円の均一運賃だが、後者は乗車区間により料金が異なる。 近郊区と普通区をまたがって運行するバスは、境界停留所より普通区寄りの区間のみを利用する場合、大人料金は210円の普通区料金となる。 普通区のみで使用できる乗車カード・定期券類も利用できる。 なお、近郊区から普通区に乗り入れてくるバスは、整理券が発行されているので、近郊区のみの乗車でも受け取る必要がある(逆に普通区から近郊区に乗り入れるバスの場合、近郊区に入ってからの料金境界の関係で、普通区内でも整理券を発行する区間と発行しない区間がある)。 近郊区は、均一運賃制をとらないバス会社と共同運行を行っていることや、共同運行ではないものの、それらのバス会社がメインで運行しているエリアに乗り入れるバス、また比較的長距離を走行するバスが該当する。 また、近郊区の1つとして山陽バス共用区間である「山陽均一区」がある。 主に垂水営業所が担当している。 当該地区で運用される垂水営業所所属車両すべてと、15系統で運行する落合営業所所属の一部車両は、2014年11月30日まで「 つり銭方式」だったが、2014年12月1日より他系統に併せ、「 両替方式」に統一された。 山陽共同区を含む近郊区を走行するバスには、整理券発行機、乗車用カードリーダライター(磁気カード・ICカード)を備えた車両が使用される。 なお、普通区でも、これら装備を備えた車両が運用されることもある。 なお、停留所案内装置は、近郊区で運用されるときには整理券番号ごとの料金が表示できるように対応されていたり、垂水営業所所属車両は一般的な整理券番号式料金表示を備えるなど、それぞれの料金制度に対応した機器が搭載されていたが、2008年の機器更新で全車両がLCDパネル式に置き換えられ、機器統一が図られるとともに、近郊区運用時の料金表示欄が拡大し、見やすくなった。 均一区運用のときは、料金表示欄は「大人210円・小児110円」で固定表示となる。 さらに、系統によって無料となる幼児料金の人数が異なる。 原則は、普通区・近郊区ともに大人または小児1人につき2人まで無料となるが、1人のみ無料とするバス会社と共同運行系統している系統は、これに合わせる形で、幼児1人のみ無料となる。 小児料金は、大人料金の半額で、5円の端数は10円に切り上げる。 市バス向けの乗車カードとしては、「市バス専用カード」と「市バス昼間専用カード」の2種類がある。 ここでの市バス専用の意味としては「(市営交通でも)地下鉄では利用できないバス専用(のカード)」の意が強い。 両者の大きな違いとしては、前者が時間帯を問わず利用できるのに対し、後者は利用できる額が前者に比べて多いものの、利用できる時間帯が「昼間時」に限定されており 、この時間帯以外に使用することはできない。 それ以外の部分については専用カード・昼間専用カード共に基本的にシステムは同じであり、普通区・近郊区全線で使用できるほか、山陽バスでも共通利用が可能である。 現在交通局が発行している市バス専用カードおよび市バス昼間専用カードには、市バス専用カードが1,000円券(1,100円分利用可能)と2,000円券(2,200円分利用可能)および小児専用カード1,000円券(1,100円分利用可能)の3種類、昼間専用カードが1,000円券(1,300円分利用可能)と2,000円券(2,600円分利用可能)の2種類がそれぞれ存在する。 なお、かつてはより高額なカード(4,000円券)も発行されていたが、2008年12月に大阪市交通局発行のカードについて偽造カードが発見されて以来、多くの偽造カードが発見されたことから、偽造カードによる損害拡大を防止するために、2010年4月1日付で他の種類の高額カードと共に発売が中止されている。 他に、地下鉄と共通利用できるカードとして、「NEW Uラインカード 」や、「市バス・地下鉄共通1日乗車券」がある。 前者は、地下鉄と市バスを同一日内に乗り継ぐと割引が適用される。 その代わり、プレミアムが「市バス専用カード」に比べて少ない(3000円券は3200円分利用可能、1000円券にはプレミアムがない)。 スルッとKANSAI協議会に参加しており、発行のカード類も利用できる。 また、2008年から、ICカード、での料金支払いに対応した。 PiTaPaでは、利用額割引が受けられるが、近隣で地下鉄・市バスともに運営する事業者としては、先にICカードシステムを導入したの利用額割引(フリースタイル)と異なり、 地下鉄とバスは別々に利用額が計算される。 近郊区・山陽共用区でカードを使用する場合、整理券が発行されていなくても、カードリーダライターにカードを通すかかざす必要がある。 また、地下鉄と異なり、には当初不参加であったが、より対応を開始した。 またICカード利用時には1乗車目の降車から2乗車目の降車まで60分以内に連続して市バスを乗り継ぐ場合に最大210円の割引が適用される制度がある。 2乗車目が同一系統や逆方向への利用でも適用され、短時間の用務や買い物であれば片道運賃で往復が可能である。 普通区の定期券は、から、普通区全線で共通利用が可能になった(それまでは単一系統全区間のみ利用可能で、複数系統利用の定期券にする場合は割増されていた)。 また、特に記載はなされていないが、普通区の通勤定期券は、阪急バス(普通区相互間の利用に限る)との山手線でも利用が可能である(山手線以外の神戸交通振興の路線には、この定期券は利用できない。 これは、山手線が、まで営業していた市バス91系統の復活を望む市民の声を受けて誕生したためである。 しかし、神戸市交通局ではなく神戸交通振興による運行となったのは、市の財政へ直接に影響を与えないことや、経営状況を透明化しやすく採算性を検討しやすいことなどがねらいにある)。 このように料金体系は大変複雑である。 神戸市敬老福祉乗車証 [ ] 高齢者人口と発行枚数の増加による現役世代への負担増大から、「神戸市敬老優待乗車制度検討懇話会」で話し合いが持たれ、がまとめられた。 これを受け、市バスにおいても、から、原則として、利用ごとに割引料金を収受することとなり、敬老福祉乗車証のチェックおよび利用実績集計と、割引料金の引き去りが同時におこなえるPiTaPa仕様のプリペイド式非接触ICカード採用された。 現在、市バス利用者は、1回につき普通区・近郊区とも、大人普通料金とは関係なく、50円がカードのプリペイド分より引き落とされる。 このシステム導入にあわせて、すでにICカードシステム導入済みの神姫バスに加え、新たに阪急バス唐櫃営業所と神鉄バス、が、2008年10月1日よりPiTaPaを導入した。 なおでも、2009年4月1日にPiTaPaが導入されたことにより、福祉乗車証をタッチすれば、50円分の運賃が自動的に徴収されるようになった(二見線については、通常運賃が徴収される)。 なお2010年10月1日より 小児料金または100円のどちらか安い方の料金が引き去られるようになった。 エコファミリー制度 [ ] 神戸市の環境政策の一環として、バス路線については、市バス全線ならびに神戸交通振興山手線において、エコファミリー制度が制定されている。 適用日は、土・日・祝日と、年末年始(からまで)およびお盆休み(からまで)。 適用日には、料金箱に、適用日であることを知らせるフラグが立てられている。 なお、共同運行路線では、市バスのみ適用となり、阪急バス・山陽バス・神姫バスに乗車した場合は、この制度は利用できない。 但し山陽バス「特15系統」は、北須磨高校・土池公園を経由するため、この制度が適用される。 この制度とは、大人1人と同伴する小学生以下が2人まで料金無料となるものである。 大人1人の支払いは、現金・市バス専用カード・NewUラインカード・スルッとKANSAIカード・定期券いずれも可能。 利用時には、運賃支払い時(すなわち下車時)に、乗務員である運転手に「エコファミリーです」と申告する必要がある。 この制度については、から1年間の実験として行われ、10月には実験が1年延長された末、10月から本格導入となった。 営業所 [ ] 現行営業所・操車場 [ ]• (に業務委託)• 場所…神戸市32-2• 開設年月…• 担当系統…16、19、30、31、33、34、35、36、38、39、43、100、102、103• 場所…神戸市弓木町1丁目2-1• 開設年月…• 担当系統…16、19、26、30、31、32、33、34、35、36、37、38、39、43、45、90、92、106• 場所…神戸市小野浜町7-65• 開設年月…• 担当系統…2、7、18、29、64、101、111• 中央営業所神戸北町操車場• 場所…神戸市大原3丁目20-1• 担当系統…29、64、111• (に業務委託)• 場所…神戸市中央区港島4丁目6-3(神姫バス神戸営業所内)• 開設年月…2018年8月1日• 担当系統…2• (に業務委託)• 場所…神戸市芦原通5丁目1-31• 開設年月…• 担当系統…2、3、4、6、7、9、10、11、13、25、40、80、81、95、96、110、112• (神姫バスに業務委託)• 場所…神戸市東落合1丁目1-5• 開設年月…• 担当系統…5、11、15、17、65、66、70、71、72、73、74、75、76、77、78、79、83、84、87、88、110、112、120、125• 場所…神戸市本多聞3丁目10-1• 開設年月…• 担当系統…50、51、52、53、54、55、56、57、59、121、161、171• (神姫バスに業務委託)• 場所…神戸市竹の台1丁目407-2• 開設年月…• 担当系統…21、22、23、24、28、41、46、47、50、51、52、53、54、55、56、58、161 廃止営業所 [ ]• 1983年 廃止。 車種…三菱• 2005年 廃止。 車種…いすゞ• (2004年から2011年3月末までは神戸交通振興に業務委託、2011年4月1日より廃止までは阪急バスに業務委託)• 2013年4月限り廃止。 路線 [ ] 神戸市バスは、1930(昭和5)年創業時の路線である須磨 - 桜口 がそうであったように、そもそもは神戸市電よりも速達性を帯びた輸送を行うべく発足したものである。 これは、東西に細長い神戸市街にあって、東西の往来が路面電車では時間がかかりすぎる、という問題があったことによる。 この発展形が、戦後の急行系統である。 市電よりも停車する停留所を少なくし、適宜市電を追い抜いて運行する必要からも、急行系統は市バスで開設された(市電相互の追い抜きには待避線の増設などが必要であり、現実的でない)のである。 たとえば、2001年以来欠番となっている1系統は、石屋川 - 布引 - 三宮 - 海岸 - 兵庫駅 - 板宿という長距離を結ぶ急行1系統として長年運行されていた。 また、浜手側の1系統に対し、山手側の急行として、三宮 - 山手 - 上沢 - 須磨というやはり長距離を結ぶ旧・急行9系統もあった(1985(昭和60)年の全通に伴い廃止。 廃止時の区間は三宮貿易センター前 - 山手 - 上沢 - 新長田駅)。 このほか、1977(昭和52)年には、短縮された急行1系統に代わって浜手側を運行する旧・急行10系統(吉田町一丁目 - 神戸駅 - 栄町 - 三宮)も新設されている(その後急行運転をやめ、現在は廃止)も存在した。 近年になって急行系統が廃れていったのは、神戸高速鉄道や市営地下鉄の開通により、市街東西方向の迅速な輸送手段が確保されたためである。 現在、急行系統として運転されているのは、急行64系統(三宮 - 箕谷駅 - 神戸北町)のみとなっているが、これは新神戸トンネルを経由することで新神戸駅 - 箕谷という長距離が無停車となることを強調するため急行と表示しているもので、開設も市電全廃後である。 ただし、創業時の路線のうち、三宮 - 桜口の区間は、市電と並行していなかった。 1994(平成6)年まで運行されていたこの区間(廃止時にここを経由していた系統は、三宮地区ととを結ぶ旧・17系統であった)は、を走っていた。 当初市電もこの区間に路線を延伸するべく出願していたが、競願となった民間の軌道線()が認可されて開通し、市電路線を敷設できなくなったため、市営交通をバスによって提供せざるをえなかった。 同じような事情により市電でなく市バスとして開設された路線に、兵庫駅と西代とを結ぶ区間(現在81系統などが運行。 こちらも、当時はが併用軌道で走っていた)がある。 加えて、距離や勾配の制約から市電路線ネットワークを拡げることが難しい郊外や山麓・山岳地域に交通手段をもたらすため、路線延長がなされることになる。 現在10未満の番号が付されている系統の多くが市街地の山麓部すなわち鉄道車両では往来できない急傾斜の道路を運行しており、神戸市バスの歴史および神戸市街地の歴史をうかがうことができる(神戸市バスの系統番号は、当初、路線開設順に付与していた。 2・3・4・5・16・25系統は、1930年代に開設されて以来廃止されずに運行されている歴史ある路線で、いずれも、市街地山麓部と繁華街を結ぶ路線である。 また、71系統も、何度かの改番(6系統など)や路線延長・変更を経てはいるが、これに該当する。 なお、時代がくだるにつれ、系統番号は地区別に付けられる傾向が強くなり、新設された系統に、過去の廃止によって欠番となっていた番号が付与されることもしばしばみられる。 これらの系統も、海に山が迫る神戸市街にあって、山地に阻まれて市電路線の延伸が困難であったために出現したもので、神戸らしい路線設定と言えよう。 また、60番台は欠番が多く、64・65・66系統しか残っていないが、これは60番台のほとんどが2013年5月に廃止された有野営業所が担当していた路線(60・62・63・67・68・69系統)だったから。 同時に阪急バスと共同運行で松原営業所担当の61系統も阪急バスの単独運行化で廃止された。 昭和40年代に市電路線が順次廃止されていくと、当然その代替系統が多数設定され、それらが中心市街をくまなく運行することとなった。 このため、神戸市バスは神戸市電の廃止に伴う代替輸送機関、という印象をもつ人も少なくない。 しかし、上述のように、市バスは四十年以上にわたって、輸送力の電車・速達と機動性のバス、というかたちで、市電と相互に補完しあいながら共存してきたのである。 また、から大型車については多くが高出力車(270ps - 300ps級)で導入している。 車体は、かつては様々なメーカーが担当しており、車体は全てのメーカーで採用された他、ふそう車といすゞ車については、三菱、呉羽または川崎の車体を多く採用していたのに対し、日野車については、帝国、金沢車体の純正車体の他、やなど、様々なメーカーの車体を採用していた。 その後、1975年度から2000年度までは、一部の特殊車両(など)を除き、営業所ごとに導入する車両メーカーが整理され、魚崎・石屋川・落合 が(車体)、中央・須磨が(純正車体)、松原が()、垂水・西神が日野(純正車体)をそれぞれ導入し、その後は松原のCNG車を皮切りに(または西工)の導入が始まり、以後UDは特殊車両(ノンステップバスなど)を担当するという方式が長らく続いた。 しかし入札制度の改革により、2001年度より東部地区・西部地区ごと 、さらに2008年度からは直営・委託ごとの入札に改められたため、これまでの営業所ごとに特定メーカーから固定的に購入していた時とは異なり他メーカーの車輌が導入されるようになった為、車両だけでは所属営業所を判断できなくなった。 この入札制度は2011年にさらに変更がなされ、大型その1(中央・垂水)・大型その2(魚崎・石屋川・有野)・大型その3(落合・松原・西神)と3回に分けられており、再び直営・委託の別による分類が破られている。 代前半まで61系統がツーマン路線として運行されていた為、須磨所属車には、前中扉のワンマン・ツーマン兼用車が配置されていたほか、ツーマン専用車の乗降扉を移設・追加して、ワンマン専用車に改造した車両も存在した。 この他、「」が在籍している。 もともと神戸市が保有していたボンネットバス「こべっこ号」が排ガス規制の関係で運行出来なくなったため、のシャーシを使用した、ほぼ同じ形状のバスをに特注で作らせ、イベントなどで使用している。 詳細はを参照のこと。 塗装 [ ] 塗装については、代末より白と濃緑色 のツートン塗装が採用されている。 この白と濃緑色の2色は、白が神戸市街の清潔感を、濃緑色はなどのいわゆる「背山」の緑がしたたる様子をそれぞれ表現・イメージしたものである。 また、塗り分け方にも特徴があり、車体前面および後面には神戸市章を構成する2個の半円をアレンジしたデザインが、車体の両側面には神戸市に縁の深い(大楠公)の旗印であった「菊水紋」()の水の流れのデザインがそれぞれ採用されている。 この塗装は採用以来、車体後部の塗分けが多少変更になり、緑色が少し薄くなった程度の変更を除き大規模な変更はされてこなかった。 しかし(平成10年)にノンステップバスが導入されたのを契機に、ノンステップ車両について、乗客に一目でノンステップバスが来たことが解るようにするなどの目的から、従来は濃緑色だった緑色が明るい(ライト・グリーン)に変更された。 現在は車両の更新が進んでノンステップ車両が増加していることもあり、この「ノンステップバス色」をまとった車両が増加している。 この他、数台規模の小規模な変更ではあるが、独自塗装が導入されたこともある。 例えば、61系統専用車は山間部の狭隘路を通るため、対向車からの視認性を向上させる目的で、前面に警戒色のオレンジを入れたデザインが採用されていたほか、2001年7月まで運行されていた10系統「かもめライン」(導入路線)専用車では、白・ライトグリーン・スカイブルーの3色を使用した塗装が施されていた(いずれも現在は廃止・消滅)。 また、現在でも37、64系統などの一部路線で専用される車両ではオリジナルの塗装を施したものがある。 ハイブリッドバス 松原営業所708 局番について [ ] 神戸市バスの車両には、1台ごとに局番と呼ばれる番号が付与されている。 漢字は営業所を表す。 魚:魚崎営業所• 灘:灘営業所 1983年閉所• 石:石屋川営業所• 布:布引営業所 1993年閉所• 中:中央営業所• 南:中央南営業所• 有:有野営業所 2013年閉所• 松:松原営業所• 須:須磨営業所 2005年閉所• 落:落合営業所• 垂:垂水営業所• 西:西神営業所 番号については、以下のルールにより付与されている。 までは、陸運局に車両登録した際のの下3桁を局番として使用していた。 からは、予め車両メーカー毎に登録番号が割り当てられる様になり、いすゞ車は「神戸2き・・・1」、日野車は「神戸2き・701」、ふそう車は「神戸2き11-01」からの番号が割り当てられ、局番も新車から新たなルールで付与 される様になった。 、車両登録番号の割り当て制度は廃止されたが、局番は、車両メーカーごとにそれまでの番号を継続して付与された。 、ふそう車の局番のみ1001番台(のち001番台)からの付与に変更され、2001年に車両購入ルールが変更されて入札制になるまで、以下の様に局番を使用していた。 またかつては営業所ごとに所属する車両メーカーが分けられていた為、局番を見れば車両メーカーの区別を付ける事が出来た。 000番,100番,200番台:三菱ふそう(魚崎・石屋川・落合・灘)• 300番,400番,500番台:いすゞ(中央・須磨・有野)• 700番,800番,900番台:日野(松原・垂水・西神[玉津]) 2001年度より入札制度による車両購入に変更されてからは、新車導入時の営業所ごとの連番となっている。 転属 [ ] ダイヤ改正ごとに担当営業所が変更された場合、営業所間で車両の転属が行われる。 特に、魚崎と石屋川の間では頻繁に行われている。 また、直営営業所で扱われにくい車両を委託営業所にまわし、直営営業所に運転しやすい車両を転属する例が多くある。 (ハイブリッド車やMT車、初期型のAT車、ふそうのAT車は特に対象になりやすい。 ) 廃車車両の譲渡 [ ] この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2016年4月) 市バス車両の代替周期は、排気ガス規制のKC-適用車までは使用車種規制の絡みで12年前後となっており、全国の地方事業者へ譲渡されていた。 しかし、財政難から代替周期は18年へと延長された。 譲渡先のバス会社は以下の通り。 (現)• - ただし、の送迎用車両となる。 このうち神姫バスと阪急バスは神戸市バスの路線撤退に伴う車両の余剰化による転属のみ。 また、一部の車両はなど海外へも輸出されている。 脚注 [ ]• 神戸交通労働組合が制作し、が命名した。 かつて明石駅まで乗り入れていた時代には、の公式戦開催日にまでの直行バスが運行されていたことがある。 JRから伊川谷高校前を結ぶ55系統と、・とを結ぶ58系統。 「昼間時」とは9時30分から16時の間のことを指す。 降車時間がこの時間帯に該当する際に、昼間専用カードが利用可能である。 なお、他事業者の昼間用乗車券は休日に限り終日利用可能のところが多いが、神戸市バスでは休日であっても利用時間帯は9時30分~16時となっている。 なお、「市バス昼間専用カード」のうち4000円券のみについては、普通区専用とされているので留意されたい。 なお、新規の発売は中止されたものの、既に購入していたり出回っているカードについては引き続き利用が可能である。 市バスでも利用可能になったのは1997年4月1日からで、それまでは地下鉄専用だった。 桜口は現在の灘区役所前付近で、開業当時の神戸市街地のほぼ東端。 当時は、現在の東灘区は神戸市ではなかった。 1977年に急行1系統は大幅に区間短縮され、2001年の廃止時は、石屋川 - 阪急春日野道 - 三宮 - メリケンパークの運行であった。 急行1系統として運転をはじめたのは1947年である。 須磨の旧街区(離宮道)と多井畑厄神とを結ぶ、いわゆる参拝路線として1930年に7系統が開設された。 これが現在の71系統の原型である。 バスジャパンハンドブックシリーズ73 神戸市交通局 P. 040 BJエディターズ/星雲社 2011年• 開設当初は、いすゞ・三菱ふそうが混在していた。 東部・西部地区ごとの入札の例。 本入札制度の最終年度となった2007年度入札の結果を公表したものである。 なお、この年は東部車庫配備分につき、入札がその1とその2の2回に分けられている。 東部地区に含まれるのは、魚崎・石屋川・中央・松原の4営業所、西部地区に含まれるのは落合・垂水・西神の3営業所である。 なお、2005年に廃止された須磨営業所は、廃止されるまでは西部地区に属していた。 また、従来は中央営業所に属していた有野操車場は、2004年4月1日に営業所に昇格し独立している。 神戸市ホームページより。 では、「深緑色」(ローン・グリーン)と説明されている。 いすゞ・日野については3桁のみ表示。 外部リンク [ ] に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

9系統停留所一覧

神戸 市バス 9 系統

5kmを約8分で結び、開業当初から神戸市営地下鉄西神・山手線と相互直通運転を実施してきた。 六甲山系を貫くトンネルを介し、神戸市北部から新神戸・三宮方面へ大幅な時間短縮を実現したことから、沿線住民の利用が期待された路線だった。 1999(平成11)年度から兵庫県と神戸市が補助したものの、谷上~新神戸間の運賃は370円にもなり、「日本一高い初乗り運賃」と呼ばれるようになった。 北神急行線は2002(平成14)年4月以降、北神急行電鉄が第二種鉄道事業者、神戸高速鉄道が第三種鉄道事業者となって運営されてきた。 そんな中、2018(平成30)年12月、神戸市は北神急行線の運賃低減に向け、市営地下鉄との一体的運行の可能性について、北神急行電鉄の親会社である阪急電鉄と協議を開始する。 翌年、北神急行線にかかる資産等の譲渡を受けることで基本合意した。 今年3月には、北神急行線事業の譲渡譲受が国土交通大臣から認可された。 譲渡金額は198億円。 なお、北神急行線に関する債務残高は約650億円とされたが、神戸市および神戸市交通局はこれを引き継がないことで合意している。 同時に大幅な運賃値下げが実現することになった。 谷上~新神戸間を含むおもな区間について、市営化前後の普通運賃を比較した。 多額の減価償却費により、当面は赤字となるものの、40年後の収支均衡をめざすという。 三宮駅の運賃表を見ると、新神戸駅から谷上駅まで「北神線」の表記になったが、従来のラインカラーである茶色は引き継がれている。 1番線ホームに降り立つと、しばらくして新神戸行の電車が入線した。 日中時間帯、西神・山手線は新神戸駅まで7~8分間隔に対し、谷上駅までは15分間隔で運転される。 新神戸駅止まりの電車は見送り、続いて到着した谷上行の電車に乗車する。 車両は茶色と白色の組み合わせがよく目立つ7000系だった。 北神急行線の開業に合わせてデビューした7000系は、市営化されるまで北神急行電鉄の車両で、車内設備等は親会社である阪急電鉄の車両に準じている。 いまは市営化されて間もないこともあり、車体前面の窓上などに北神急行電鉄の社章が残り、車体側面の「Hokushinkyuko Railway」の文字も残っていた。 谷上行の電車は10時3分に三宮駅を発車。 各車両とも乗客が10人程度いたが、新幹線と接続する新神戸駅で約半数の人が下車した。 市営化後の北神線では、運行に関して神戸電鉄に委託しており、新神戸駅で乗務員の交代が行われる。 新神戸駅を発車した後、「市営地下鉄をご利用いただきありがとうございます」と自動放送が流れ、この区間が市営化されたことを改めて実感する。 それから谷上駅到着までの8分間、電車はひたすらトンネル内を走り続ける。 北神急行電鉄時代は鳥やリスなどの電飾アニメーションを見ることができたが、今回の乗車では確認できなかった。 10時14分、電車は谷上駅に到着。 乗客の半数程度が神戸電鉄有馬・三田線の電車に乗り換えた。 ホームでしばらく利用者の動きを観察していると、神戸電鉄有馬・三田線から市営地下鉄北神線への乗換えは上り電車(新開地行)からのほうが多かった。 北神急行線の市営化まで、谷上駅以東の各駅から三宮方面へ行くなら新開地駅乗換えのほうが運賃は安かった。 6月1日以降、神戸市営地下鉄北神線となって運賃が値下げされたことで、運賃面でも北神線経由が有利に。 一例として、神戸市北区の中心的な駅である岡場駅からの運賃は、新開地駅乗換えで神戸三宮駅まで750円に対し、谷上駅乗換えだと三宮駅まで680円となった。 今後、通勤や買い物等で谷上駅以東の各駅から三宮方面へ電車を利用する際、北神線経由が一般的になるかもしれない。 駅前のバスターミナルを観察すると、谷上駅を起点に周辺の交通網を整備したいという神戸市の意図が透けて見える。 谷上駅は駅ビルもある高架駅だが、駅周辺に大型商業施設は存在しない。 ここから神戸電鉄の新開地行に乗り換え、隣の箕谷駅へ。 駅から3分ほど坂を下ると、市バスの箕谷駅前停留所があり、神戸北町と三宮駅ターミナル前を結ぶ市バス64系統が立ち寄る。 日中時間帯における市バス64系統の所要時間は、神戸北町~地下鉄三宮駅前間が約40分、箕谷駅前~地下鉄三宮駅前間が約20分。 運賃は神戸北町~地下鉄三宮駅前間が500円、箕谷駅前~地下鉄三宮駅前間が450円。 神戸北町地区はベッドタウン化したエリアのため、三宮方面へ直行する市バス64系統はつねに混雑している。 夕方のラッシュ時など、三宮駅前の停留所で行列ができることも珍しくない。 神戸市交通局は北神急行線の市営化に合わせ、神戸北町~谷上駅間に市バス62系統を新設。 谷上駅を経由しない64系統を減便することで、市バスから北神線へのシフトを目論んだ。 しかし、地元住民らは谷上駅周辺の交通渋滞などを理由に、市バス64系統の減便に反対した。 その結果、日中時間帯も15分間隔で運行されている。 一方、市バス62系統の本数は1日10本にも満たず、現状では神戸北町から谷上駅経由で神戸市営地下鉄北神線へ、利用者が大幅にシフトするとは考えにくい。 満70歳以上の神戸市在住者が利用できる市の敬老優待乗車制度(敬老パス)の存在も、市バスが好まれる一因だろう。 敬老パスを使うことで、神戸北町~三宮駅前間は110円で利用できる。 敬老パスで市営地下鉄に利用する場合は小児運賃が適用されるものの、谷上~三宮間は小児運賃でも140円。 神戸北町からの利用を考えた場合、運賃面でも市バスのほうが圧倒的に有利だ。 ただし、敬老パスは10月1日から制度が変わり、市バスも市営地下鉄と同様、乗車ごとの小児運賃が適用される予定となっている。 ひょっとしたら10月1日以降、乗客の流れに変化があるかもしれない。 神戸市北区における市営地下鉄と市バスの両立の難しさを感じさせた。 箕谷駅から再び神戸電鉄の電車に乗り、新開地駅へ向かう。 曲線区間を走行している間に周辺の山々が開け、新興住宅地の見える車窓風景に。 山の街駅と北鈴蘭台駅でまとまった乗車があり、車内の座席は8割ほど埋まる。 ところで、山の街駅から電車で三宮方面へ向かう場合、所要時間を比較すると谷上駅乗換えのほうが新開地駅乗換えより5分以上早く、普通運賃も50円安い(新開地駅乗換えは570円、谷上駅乗換えは520円)。 次の北鈴蘭台駅から三宮方面の運賃は、新開地駅乗換えが550円、谷上駅乗換えが580円で30円高くなる。 ただし、所要時間では谷上駅乗換えのほうが5分ほど早い。 いまのところ、両駅とも三宮方面の鉄道利用は新開地駅乗換えが一般的と思われるが、とくに山の街駅に関して、今後は谷上駅乗換えを選ぶ人も出てくるのではないかと考えられる。 粟生線と接続する鈴蘭台駅も神戸市北区の中心的な駅だが、乗降客はさほど多くなかった。 鈴蘭台駅を発車した電車は、神戸電鉄ならではの急な坂を下りつつ、途中の各駅に停車する。 地下区間に入り、終点の新開地駅に到着すると、ほとんどの乗客が乗換えのため、神戸三宮・大阪梅田方面のホームへ向かったようだった。 今回は北神急行線の市営化から2週間後に乗車したこともあり、平日の日中に限って言えば、市営化前と比べて大きな変化はないように感じられた。 これから周知を図ることで、定期券の切替えなどの時期に神戸市北部から北神線経由のルートへシフトする利用者が現れる可能性もある。 市営化による市バスや神戸電鉄への影響も含め、今後どのような変化が見られるか、注目していきたいと思う。

次の