宇都宮 田川。 【2020年最新】宇都宮市のお花見スポットおすすめ15選!桜の開花や見ごろ情報

宇都宮市で田川氾濫!現在の被害状況と危険地区は?動画と写真も|素敵な主婦を目指すための情報ブログ

宇都宮 田川

地理 [ ] 七里の低山地やの分水に源を発する。 日光市猪倉、石那田町、徳次郎町を経て宇都宮市街部を流れ、さらに宇都宮市川田町、横田、石田、谷地賀、延島新田から田川放水路を経てにする。 田川旧水路の鬼怒川合流地点は茨城県結城市と茨城県の境となっている。 全長は78km、流域面積245. 8は、支流の中で最大である。 田川の支流は、など11の一級河川から成る。 田川上流部は低山地で長閑な田園地帯が広がり、やが見られる。 田川中下流域は街地の他、として利用されている。 初期には用水の取り込みが行われ、流域の水田を灌漑していたとされる一方、「暴れ川」としても知られ、氾濫に伴う流路変更があったといわれる。 治水事業としては、開削やなどが行われてきた。 歴史 [ ] 古来、田川下流は「」であった。 多雨季の氾濫によりその流路は度々変更され、氾濫域には肥沃な土壌が形成された。 一方、上中流域では流れに沿って土地が削られが発達し、()が形成された。 以降、田川からはやによって近隣地域にが引かれ、田畑を潤した。 中でもが北西部の台地に引水したや、下流部・・に亘るが著名である。 治水 [ ] 田川の氾濫に対する治水事業としては、古来、の設置による堤防決壊・溢水の防止対策が取られてきた。 近年では台風の被害に対する対策が取られ、逆川から鬼怒川合流部までの区間の台風対策計画は施工が完了している。 今後は逆川上流部および田川支川の、における河道改修工事等が進められることになっている。 一方で宇都宮市街地の拡大など流域の都市化が進むと、降雨時の時間あたり河川流入水量が増大することから、今後は下流部での被害増大も視野に入れた浸水被害対策が必要とされている。 (昭和22年)の洪水 による洪水。 宇都宮観測所で総雨量250mm越えの降雨を観測し、被害は県全域で死者300人超、浸水家屋4万戸超、田畑冠水25,000haに及んだ。 (昭和61年)の洪水 台風10号による洪水。 宇都宮観測所で総雨量250mm程度の降雨を観測し、被害は浸水面積46平米、浸水家屋200戸超、田畑冠水で28haの被害を生じた。 (平成9年)の洪水 台風7号による洪水。 宇都宮観測所で総雨量150mm超を観測し、35haの浸水被害を生じた。 (平成10年)8月の洪水 集中豪雨による洪水。 宇都宮観測所で総雨量250mmを観測した。 81haの浸水被害を生じた。 (令和元年)10月の洪水 (台風19号)による洪水。 流域の自治体 [ ] 栃木県 、、、、 茨城県(旧水路のみ) 支流 [ ]• 逆川(日光市)• 赤堀川• 逆川(宇都宮市)• 御用川• 武名瀬川• 山田川 橋梁 [ ] 栃木県日光市• 田川新橋()• 川窪橋• 下田橋• 田川橋()• 新細内橋• 一本橋• 犬塚橋() 栃木県宇都宮市• 田川大橋()• 新横川橋• 大網上橋• 大網下橋• 毘沙門橋• 上横倉橋()• 上金井大橋(側道)• 城橋(横山街道)• 横山橋• 瓦谷田川橋• 田川橋(長岡街道)• 新関堀橋()• 西所橋• 鎌倉橋()• 大曽橋()• 大錦橋(大錦橋通り)• 大泉橋(大泉橋通り)• 東橋()• 幸橋(陸羽街道)• 押切橋(旧古多橋または小田橋)• 洗橋()• 城東橋• 簗瀬橋(上三川街道)• 簗瀬大橋()• 金井田橋• 旭陵橋(旭陵通り)• 田川橋梁(・)• 新田川橋()• 川田橋• 平元橋(平元通り)• 横川橋• 第二横田橋• 田川橋梁(宇都宮環状道路:)• 中島橋• 下反町橋• 田町与橋• 孫八橋()• 野ゾ花橋• 二千年都橋(側道) 栃木県上三川町• 石田橋• 下石田橋• 神主橋• 川神橋• 川中子橋()• 上落合橋• 落合橋• 明治橋()• 蒲生橋• 田川橋()• 町田橋 栃木県下野市• 谷地賀橋()• 塚越橋 栃木県小山市• 蛇続橋• 坪山橋()• 宝蔵寺橋• 舟戸大橋(結城街道):田川放水路• 舟戸橋:田川放水路• 七ツ橋:田川放水路• 田川橋• 天神橋• 手こし橋• 三宝谷橋• 伝河原橋• 田川橋()• 上梁橋• 向田橋• 梁橋(結城街道)• 福良橋() 以下は旧水路上にある。 茨城県結城市• 秋谷瀬橋• 越渡橋• 新田川橋()• 田川橋()• 十二天橋.

次の

田川(宇都宮)のライブカメラや水位情報はある?現状の氾濫の可能性を確認!

宇都宮 田川

ページID1023319 更新日 令和2年4月13日 近年、各地で大規模な洪水や土砂災害により甚大な被害が発生しています。 もしもの時に備え、ハザードマップで危険箇所や浸水想定区域、避難所を再度確認しましょう。 ハザードマップとは 宇都宮市では、台風や集中豪雨などによる大規模な洪水や土砂災害の危険性が増加した場合に、被害が発生する地域や被害の程度を予想し、市民の皆さんに速やかに安全な場所に避難していただき、被害を最小限に抑えることを目的として、避難や事前準備に関する情報をまとめたハザードマップを作成しています。 ハザードマップには「洪水ハザードマップ」と「土砂災害ハザードマップ」があります。 もしもの災害に備え、このハザードマップを活用し、避難する場所や避難時の心得、災害の備えなど、日頃からご家族の皆さんや地域の皆さんで話し合い、確認しましょう。 洪水ハザードマップ 洪水ハザードマップは、水防法に基づき、国(一級河川鬼怒川)や栃木県(一級河川田川、一級河川姿川)が、想定しうる最大規模の降雨によって被害が想定される範囲として公表した浸水想定区域図を現況図と重ね合わせる形で作成しました。 (注意)浸水想定区域は、あくまでも浸水が想定される区域を明示したもので、もし洪水が発生した場合でも、この図のとおりに浸水するというものではありません。 区域外においても浸水や家屋倒壊等が発生する場合や、区域内の想定が異なる場合があります。 (注意)平成31年1月に姿川・田川洪水ハザードマップが改訂されました。 以下のページ内でご覧いただけます。 浸水想定区域は、対象とする河川の延長や流域などの条件によりそれぞれ異ります。 各河川の想定条件は以下のとおりです。 一級河川鬼怒川・鬼怒川流域・石井上流域で3日間の総雨量が669ミリメートル• 一級河川田川・田川流域で6時間の総雨量が365ミリメートル• 一 級河川姿川・思川合流点上流の流域で1日の総雨量が634ミリメートル• (注意)洪水ハザードマップは、ホームページからダウンロードしていただくほか、河川課(市役所8階)の窓口で配布しております。 また、地区市民センターの窓口でも地域別に配布しておりますが、在庫に限りがある場合がありますのでご了承ください。 また、国土交通省「ハザードマップポータルサイト」でも調べることが出来ます。 土砂災害ハザードマップ 土砂災害ハザードマップは、土砂災害防止法(土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律)に基づき、栃木県が「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」に指定し、公表した区域図と現況図を重ね合わせる形で作成しました。 なお、市内には多数の土砂災害危険箇所がありますが、「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」として指定し、公表した347箇所の危険箇所を栃木県のホームページにある、「とちぎ地図情報公開システム」で「とちぎ土砂災害警戒区域マップ」を掲載しています。 下記リンクの「栃木県とちぎ地図情報公開システム とちぎ土砂災害警戒区域マップ」で閲覧することができます。 大雨時には、この他の地域についても、注意が必要です。 地区別土砂災害ハザードマップ (注意)令和2年3月に、上河内地区・河内地区における土砂災害ハザードマップが改訂されました。 以下のページ内でご覧いただけます。 (注意)土砂災害ハザードマップは、ホームページからダウンロードしていただくほか、河川課(市役所8階)の窓口で配布しております。 また、地区市民センターの窓口でも地域別に配布しておりますが、在庫に限りがある場合がありますのでご了承ください。 防災気象情報や避難勧告等の伝達・収集方法と避難行動 防災気象情報や避難勧告等の伝達・収集方法や避難行動などについて、詳しくは、下記リンクをご覧ください。 参考資料•

次の

【動画】田川氾濫で栃木県宇都宮市が水没!報道ないがだいぶヤバかった!

宇都宮 田川

ページID1023319 更新日 令和2年4月13日 近年、各地で大規模な洪水や土砂災害により甚大な被害が発生しています。 もしもの時に備え、ハザードマップで危険箇所や浸水想定区域、避難所を再度確認しましょう。 ハザードマップとは 宇都宮市では、台風や集中豪雨などによる大規模な洪水や土砂災害の危険性が増加した場合に、被害が発生する地域や被害の程度を予想し、市民の皆さんに速やかに安全な場所に避難していただき、被害を最小限に抑えることを目的として、避難や事前準備に関する情報をまとめたハザードマップを作成しています。 ハザードマップには「洪水ハザードマップ」と「土砂災害ハザードマップ」があります。 もしもの災害に備え、このハザードマップを活用し、避難する場所や避難時の心得、災害の備えなど、日頃からご家族の皆さんや地域の皆さんで話し合い、確認しましょう。 洪水ハザードマップ 洪水ハザードマップは、水防法に基づき、国(一級河川鬼怒川)や栃木県(一級河川田川、一級河川姿川)が、想定しうる最大規模の降雨によって被害が想定される範囲として公表した浸水想定区域図を現況図と重ね合わせる形で作成しました。 (注意)浸水想定区域は、あくまでも浸水が想定される区域を明示したもので、もし洪水が発生した場合でも、この図のとおりに浸水するというものではありません。 区域外においても浸水や家屋倒壊等が発生する場合や、区域内の想定が異なる場合があります。 (注意)平成31年1月に姿川・田川洪水ハザードマップが改訂されました。 以下のページ内でご覧いただけます。 浸水想定区域は、対象とする河川の延長や流域などの条件によりそれぞれ異ります。 各河川の想定条件は以下のとおりです。 一級河川鬼怒川・鬼怒川流域・石井上流域で3日間の総雨量が669ミリメートル• 一級河川田川・田川流域で6時間の総雨量が365ミリメートル• 一 級河川姿川・思川合流点上流の流域で1日の総雨量が634ミリメートル• (注意)洪水ハザードマップは、ホームページからダウンロードしていただくほか、河川課(市役所8階)の窓口で配布しております。 また、地区市民センターの窓口でも地域別に配布しておりますが、在庫に限りがある場合がありますのでご了承ください。 また、国土交通省「ハザードマップポータルサイト」でも調べることが出来ます。 土砂災害ハザードマップ 土砂災害ハザードマップは、土砂災害防止法(土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律)に基づき、栃木県が「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」に指定し、公表した区域図と現況図を重ね合わせる形で作成しました。 なお、市内には多数の土砂災害危険箇所がありますが、「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」として指定し、公表した347箇所の危険箇所を栃木県のホームページにある、「とちぎ地図情報公開システム」で「とちぎ土砂災害警戒区域マップ」を掲載しています。 下記リンクの「栃木県とちぎ地図情報公開システム とちぎ土砂災害警戒区域マップ」で閲覧することができます。 大雨時には、この他の地域についても、注意が必要です。 地区別土砂災害ハザードマップ (注意)令和2年3月に、上河内地区・河内地区における土砂災害ハザードマップが改訂されました。 以下のページ内でご覧いただけます。 (注意)土砂災害ハザードマップは、ホームページからダウンロードしていただくほか、河川課(市役所8階)の窓口で配布しております。 また、地区市民センターの窓口でも地域別に配布しておりますが、在庫に限りがある場合がありますのでご了承ください。 防災気象情報や避難勧告等の伝達・収集方法と避難行動 防災気象情報や避難勧告等の伝達・収集方法や避難行動などについて、詳しくは、下記リンクをご覧ください。 参考資料•

次の