神様あゆみ ブログ。 4/27ラブリーなあゆみさんに笑いの神降臨か?!

あゆみくりかまき 公式ブログ

神様あゆみ ブログ

Contents• 神様あゆみが神様ひろくんと別れた?破局?理由は? 神様あゆみが2月12日に、彼氏の神様ひろくんと距離を置くことを表明しました。 理由としては、2人の距離感を考え直す期間のようです。 昨日まで一緒に居たのに いざ離れて過ごすと寂しいですね。 起きるときも寝るときも普段彼が横に 居るのに今は居ないわけですから。 1ヶ月程でしょうか。 crooz. 次の記事に、「報告」というタイトルで距離を置く理由と子供が産めない神様あゆみ自身の話が書かれています。 もともとは男性としての体で生を受けた神様あゆみ。 性同一性障害として内面は女性だったため男性である神様ひろくんと付き合っていました。 しかし、その恋愛は簡単ではなかったようです。 ツイッター上でも、そのような予想をしている人が見受けられました。 神様ひろくんはかなりイケメンですし、他の女性からのアプローチも多そうですからね・・・ しかし、そのような浮気などの事実はありませんでした。 sponsored link 神様あゆみのブログのパスワードについて? 神様あゆみがパスワード記事とした別れた理由についてですが、システムのエラーなのか購読登録をしているのに正常に届かない方が発生しているようです。 とはいえ、鍵付き記事にしている以上、管理人がここに書くわけにもいかないので・・・ 次の記事もパスワード付き記事になることが予想されますので、エラーで届かないことがないように、登録がちゃんとされているか不安な方は、再度登録をし直しておいた方がいいです。 もし、ブログに書かれていたことがここで解説できるような内容だったら、改めて記事として追記しますので、ぜひ読んでみてくださいね。 ここにかける内容としては、以下のようなことです。 ある程度円満に神様あゆみと神様ひろくんは距離をとったということ 2. 1ヶ月後、再度恋愛関係に戻る可能性は十分にあるということ sponsored link 子供が産めない神様あゆみの恋愛について。 女性である神様あゆみですが、世間的にはニューハーフという扱いになります。 LGBTと言われる、性的に少数派な人たちの存在が知られるようになってきたとはいえ、通常の男女の恋愛のようにいかないことも多々あります。 例えば、神様あゆみは子供を生むことができませんので、神様ひろくんと結婚したとしても、子育てをする未来は選ぶことができません。 養子縁組という手段がとれれば別ですが、日本においては制度利用はかなり難しいと言わざるを得ません。 いくら神様ひろくんが神様あゆみのことが好きだったとしても、好きだけではどうしても乗り越えられない壁が存在してしまします。 世間がどう言おうが、2人の間にしか正解は存在しないので、2人にとっていい関係のかたちが見つかることを祈ります。 一般的ではない恋愛の形だからこそ、勇気をもらえる人もいるはずです。 応援しましょう。 【関連記事】 しいちゃんのときも思いましたが、CROOZブロガーの恋愛事情ってすごく注目度が高いですよね。 【関連記事】 【関連記事】 以上、神様あゆみと神様ひろくんについてでした。 その他の記事一覧はこの下にあります!.

次の

4/27ラブリーなあゆみさんに笑いの神降臨か?!

神様あゆみ ブログ

Contents• こちらの画像では顔の上半分しか見えていませんが、結構ワイルド系の男性に見えますね。 理由としては、彼女が抱える最大の問題が原因だと言われています。 「将来が子供関係のことを考えても、相手側にそこまでの人生を背負わせる事や身を委ねる勇気がないから」という事が大きな理由だったのかもしれません。 その後、あゆみさんは どんどん綺麗になってゆきました。 女性って不思議なもので、失恋するとものすごく綺麗になっていきますよね。 そしてしばらく経ってから、彼女が現在真剣にお付き合いできる相手が現れます! その方の名前は 「はづきさん」通称「はづきち」さんです。 その当時はづきちさんは【17歳】 年の差の問題を始めとして問題は山積みでした。 その為、何度も別れたり復縁したりを繰り返すお騒がせカップルのような所もあります。 ですが、長い間仲良くしているカップルです。 末永く幸せに、そしていつかウェディング姿を私達に見せて欲しいですね…! スポンサーリンク 神様あゆみの家族について! 神様あゆみさんの家族構成は お父さん、お母さん、神様あゆみさんの3人です。 両親は仲が良く、 2人でデートに頻繁に行くなんて事もあるそうです。 今では彼女の問題も理解してもらえていて、一緒に旅行に行く事も多いあゆみさんの家族ですが… カミングアウト当時は、かなりあゆみさん自身、複雑でした。 おおむねやはり家族なので最終的には受け入れられるという方もいらっしゃいますが、やっぱりカミングアウト前は相当悩むでしょうね・・・ 息子として産まれて育てられたのですから無理ないですよね。 大好きな両親に嫌われる覚悟で話さないといけないのが辛い、だけれど自分の心情をどう話したらいいか分からないという葛藤はこのような方々全員が抱える辛い所ですよね。 ついに告白する決意を・・・ そして、ある日「黙ったままじゃしょうがない」と カミングアウトを決意。 化粧をし、女性の姿で両親がいる家に帰宅したのです。 ですが、それでも交流をしていたり、ご実家に長い間住んでいたりしているのを見ると、この親子は受け入れ合っていて、感謝し合っているということが分かります。 お父さんと食事に出掛けたり、時には人生のアドバイスのような言葉を貰ったりと、親子関係はずっと続いているということが分かります。 パパの言葉って本当に重みがある。 頑張ろう。 — A様 kamiayux 自分の性別のこと以外にも、ストレスや治療など、沢山のストレスがあると思います。 色んな壁にぶち当たりながらも最後は笑顔でぶち破る神様あゆみさんの活動を応援し続けていきたいですね。 まとめ 今回は神様あゆみさんの家族+恋愛事情について書いていきました。 ・ひろくんと交際していた ・はづきちさんと続いていてこのままゴールインしてほしい ・神様あゆみさんの告白について、家族で難しい時期があったが、現在は受け入れあっていると思われる。

次の

4/27ラブリーなあゆみさんに笑いの神降臨か?!

神様あゆみ ブログ

原田マハ『キネマの神様』を読んだのでご紹介。 ニュー・シネマ・パラダイスをはじめ不朽の名作映画が息つく暇もなく次々と飛び交い、興奮冷めやらぬ間にすっかり読み終えてしまった。 映画好きなら満足すること間違いなし。 『キネマの神様』のあらすじ 『キネマの神様』は、名画座を舞台に繰り広げられるヒューマンドラマだ。 作品紹介にはこんな風に書かれている。 無職の娘とダメな父。 ふたりに奇跡が舞い降りた! 39歳独身の歩(あゆみ)は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、多額の借金が発覚した。 ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに、歩は編集部に採用され、ひょんなことから父の映画ブログをスタートさせることに。 第8回酒飲み書店員大賞受賞作! 主人公は39歳独身の女性 歩(あゆみ)。 大型複合施設「アーバンピーク東京」を作った大企業でシネマ・コンプレックスを担当する部門の課長職についていたが、突如会社を辞めてしまう。 奇しくも辞表を提出した日に、マンションの管理人をする父が入院したと連絡が入る。 歩の父はギャンブル中毒でいつも母を泣かせてきた。 そんな父にギャンブルで作った300万円もの借金が発覚。 歩と母は今度こそギャンブルを止めさせようと、退院後は父のもうひとつの趣味である映画に没頭させようとする。 父の投書がキッカケで歩は映画雑誌「映友」の編集部でライターをすることになり、ひょんなことから父は映画ブログをはじめることに。 父の映画ブログによって家族は絆を取り戻し、名画座「テアトル銀幕」に奇跡を起きる。 『キネマの神様』の解説 東京の名画座案内 作品の舞台になっている名画座「テアトル銀幕」は東京・市ヶ谷にある。 市ヶ谷は新宿と千代田区にまたがり、靖国神社や皇居が近く、法政大学や上智大学のキャンパスもある由緒ある土地だ。 江戸城外堀跡を利用して作られた外堀公園は桜の名所としても有名。 ボクも何度か歩いたことがあるが、高層ビルと自然が同居する都会のオアシスといった感じで穏やかな気持ちになれる。 残念ながらテアトル銀幕は架空の名画座なので現実世界には存在しないが、お隣の飯田橋には「ギンレイホール」という名画座がある。 1974年開館、ロードショーが終わった映画を2本立てで上映する映画館だ。 名画座といえば2本立てが普通で、安く映画を観られるので昔は年中入り浸っている大学生や予備校生も多かったという。 いわゆるシネマ・コンプレックスと呼ばれる大型の映画館が主流になり娯楽の種類も増えた現代ではすっかり影を潜めてしまったが、中高年を中心に今でも根強いファンを持つ。 東京近郊に現存する名画座(+単館系、ミニシアター)は、• などなど。 名作映画のアーカイブとしての楽しみ方もあるし、作品を観てから本書を読み返すとまた違った味わいがあるかもしれない。 ニュー・シネマ・パラダイス• フィールド・オブ・ドリームス• 硫黄島からの手紙• 眺めのいい部屋• アメリカン・ビューティー• シンドラーのリスト• I am Sam アイ・アム・サム• フォレスト・ガンプ 一期一会• 小説家を見つけたら• プライベート・ライアン• タイタニック• アメリ• 戦場のピアニスト• イングリッシュ・ペイシェント• Shall We ダンス? 七人の侍• インディ・ジョーンズ 最後の聖戦• ターミナル• ビッグ・フィッシュ• ゴースト ニューヨークの幻• 天国から来たチャンピオン• チャップリンの殺人狂時代• ワーキング・ガール• カッコーの巣の上で• セックス・アンド・ザ・シティ• テルマ&ルイーズ• 自転車泥棒• 或る夜の出来事• カサブランカ• シャイニング• グッドナイト&グッドラック• ブロークバック・マウンテン• ローマの休日• あなたがいたら 少女リンダ• モーリス• 予告された殺人の記録• 花嫁のパパ• アバウト・シュミット• サスペリア• Marianne de ma jeunesse• 時をかける少女• 真昼の決闘• キング・コング• ゴジラ• 大怪獣ガメラ• ミクロの決死圏• 第三の男• ALWAYS 三丁目の夕日• シェーン• 荒野の七人• オール・アバウト・マイ・マザー• トーク・トゥ・ハー• 捜索者• 黄泉がえり• リトル・ミス・サンシャイン• アダムス・ファミリー• 「『楽園のカンヴァス』を読んで原田マハにハマった」 という人が結構多いようだが、ボクの場合はこの『キネマの神様』がはじめて読んだ原田マハ作品。 作中ではダメな父がブロガーになって奇跡を起こすわけだけど、やっぱりブログの価値ってお金だけじゃないよなあ。 お金はもちろん大切。 だけどお金のためだけにブログを書くなんてあまりにもったいない。 ブログにはもっと素晴らしい奇跡を起こす力があるんだ。 そんな風に勇気も湧いてきた。

次の