コロナ禍 挨拶文。 コロナ禍に送る暑中見舞いの例文を紹介!送る相手方に分けた文例集|ドドヨの腹ぺこ自由帳

コロナ禍の読み方と意味

コロナ禍 挨拶文

新型コロナウイルスの影響で、普段の生活がガラっと変わってしまいましたね。 人と会う機会がめっきり減ってしまい、ビジネスシーンやプライベート・親族や親戚などと顔を見て話す機会が激減しました。 年代やお付き合いの仕方によっては、メールやSNSなどで言葉をかけることもできますが、しばらく会っていない人へは連絡するきっかけがなかなか無いということも多いのではないでしょうか。 また、スマートフォンやパソコンを使用していない年代層だと、なおさらですよね。 この時期に、 このご時世ですから相手の安否確認や夏に向けた暑中見舞いをハガキで送ることをお考えの方も多いでしょう。 また、ビジネスシーンでは 「コロナが終息するまで会えない」と言われているお客様も多いのではないですか? どのような場合でも、コロナの影響で会えなくなってしまった人や、最近交流は無いけど夏の暑さ+コロナも気を付けてほしい。 というお相手に、 季節の挨拶ができるのは暑中見舞いだと思います。 今まで送ったことのない相手でも、暑中見舞いハガキを出すことできっと喜ばれると思います。 メールやSNSのメッセージと比べて面倒に感じるかもしれませんが、受け取った方は 「このご時世に気遣いの暑中見舞いをもらって嬉しい」と感じるでしょう。 そこで今回は、この コロナ禍の最中に送る暑中見舞いの例文を紹介していきます。 また、送る相手方に分けた文例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください! 目次• コロナ禍での暑中見舞いを送る注意点! このコロナ禍では、多くの人が様々な状況に陥っています。 あなたの 何気ない一言で傷つけてしまうことも考えられます。 家族や身近な方が新型コロナに感染してしまった人や、経済的な影響を受けて金銭的にも精神的にも辛い思いをしている方もいるかもしれません。 そういう人もいるかもしれない。 という 配慮を持って文面を考えていきましょう。 コロナ疲れやストレスなどを思いやる言葉を選ぶ コロナ感染のニュースが毎日のように報道されていますが、感染への不安や生活・経済面などでの不安を抱え、心身ともに疲れている人も多いです。 こういう場合「頑張りましょうね!」という言葉をかけがちですが、皆さんもうすでに頑張っている。 という方が多いです。 そういう場合は 「気疲れが溜まらないようにご自愛くださいね」や、 「私も気疲れしてしまいますが、疲れが溜まらないように気を付けています」など 相手を思いやる言葉や、 私もあなたと同じです。 という言葉を添えることで、 孤独感が軽減される場合もあります。 暑中見舞いハガキのデザインも、癒しを感じるような爽やかさのある物にして、気持ちが明るく晴れやかになるようなデザインがオススメです。 相手を選ばないシンプルな内容 送る相手ごとに文面を考え、違うことを書くのは大変だし負担になる。 という場合は、相手を選ばないシンブルな文面やデザインの暑中見舞いハガキがいいと思います。 この場合もお相手の状況が分からないので、安否を気遣う言葉や明るすぎるはじけたデザインよりも、 ハガキから涼しさや爽やかさを感じるデザインが良いでしょう。 送るお相手によっては、 シンプルな文面にプラスして一言書き添えるなども出来ます。 全文を変えるのに比べて、負担が少なくなりますよ。 コロナ禍に送る暑中見舞いの例文集 それでは、暑中見舞いの例文をご紹介していきます。 シーンによって内容は使い分けることになりますが、大きく分けて ビジネスシーンとそれ以外のプライベートの2つになると思います。 更にビジネスシーンとプライベートの中でも相手や状況によって内容が変わりますので、その辺りも分けてご紹介していきます。 暑中見舞い例文:ビジネスシーン ビジネスシーンにおいても、業種やお客様との関係により例文が異なりますので、いくつかの例文をご紹介します。 違いは「暑中見舞いを送る相手」です。 内容や選ぶ言葉にも違いがありますので、その点を注意してチェックしてみてくださいね。 正直、毎年 暑中見舞いを送っている人は、内容にあまり変化がなく 特に会社で送る暑中見舞いは定型文のような内容になりがちです。 今年はこんな時期だからこそ、 いつもとは違う内容で暑中見舞いを出してみてはどうでしょうか? 例年より暑さが厳しい中で、終息が見えない新型コロナウイルス感染の拡大。 また、新型コロナウイルスの影響で生活が変わってしまった家族や知人 会社やお店の経営に影響が出てしまったお客様やお取引先などもあるでしょう。 どなたに送る場合にも、 相手に思いが伝わるような暑中見舞いを送ってみませんか? 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

コロナ禍の読み方と意味は?コロナ渦とは違うの?

コロナ禍 挨拶文

新型コロナウイルスの影響で、普段の生活がガラっと変わってしまいましたね。 人と会う機会がめっきり減ってしまい、ビジネスシーンやプライベート・親族や親戚などと顔を見て話す機会が激減しました。 年代やお付き合いの仕方によっては、メールやSNSなどで言葉をかけることもできますが、しばらく会っていない人へは連絡するきっかけがなかなか無いということも多いのではないでしょうか。 また、スマートフォンやパソコンを使用していない年代層だと、なおさらですよね。 この時期に、 このご時世ですから相手の安否確認や夏に向けた暑中見舞いをハガキで送ることをお考えの方も多いでしょう。 また、ビジネスシーンでは 「コロナが終息するまで会えない」と言われているお客様も多いのではないですか? どのような場合でも、コロナの影響で会えなくなってしまった人や、最近交流は無いけど夏の暑さ+コロナも気を付けてほしい。 というお相手に、 季節の挨拶ができるのは暑中見舞いだと思います。 今まで送ったことのない相手でも、暑中見舞いハガキを出すことできっと喜ばれると思います。 メールやSNSのメッセージと比べて面倒に感じるかもしれませんが、受け取った方は 「このご時世に気遣いの暑中見舞いをもらって嬉しい」と感じるでしょう。 そこで今回は、この コロナ禍の最中に送る暑中見舞いの例文を紹介していきます。 また、送る相手方に分けた文例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください! 目次• コロナ禍での暑中見舞いを送る注意点! このコロナ禍では、多くの人が様々な状況に陥っています。 あなたの 何気ない一言で傷つけてしまうことも考えられます。 家族や身近な方が新型コロナに感染してしまった人や、経済的な影響を受けて金銭的にも精神的にも辛い思いをしている方もいるかもしれません。 そういう人もいるかもしれない。 という 配慮を持って文面を考えていきましょう。 コロナ疲れやストレスなどを思いやる言葉を選ぶ コロナ感染のニュースが毎日のように報道されていますが、感染への不安や生活・経済面などでの不安を抱え、心身ともに疲れている人も多いです。 こういう場合「頑張りましょうね!」という言葉をかけがちですが、皆さんもうすでに頑張っている。 という方が多いです。 そういう場合は 「気疲れが溜まらないようにご自愛くださいね」や、 「私も気疲れしてしまいますが、疲れが溜まらないように気を付けています」など 相手を思いやる言葉や、 私もあなたと同じです。 という言葉を添えることで、 孤独感が軽減される場合もあります。 暑中見舞いハガキのデザインも、癒しを感じるような爽やかさのある物にして、気持ちが明るく晴れやかになるようなデザインがオススメです。 相手を選ばないシンプルな内容 送る相手ごとに文面を考え、違うことを書くのは大変だし負担になる。 という場合は、相手を選ばないシンブルな文面やデザインの暑中見舞いハガキがいいと思います。 この場合もお相手の状況が分からないので、安否を気遣う言葉や明るすぎるはじけたデザインよりも、 ハガキから涼しさや爽やかさを感じるデザインが良いでしょう。 送るお相手によっては、 シンプルな文面にプラスして一言書き添えるなども出来ます。 全文を変えるのに比べて、負担が少なくなりますよ。 コロナ禍に送る暑中見舞いの例文集 それでは、暑中見舞いの例文をご紹介していきます。 シーンによって内容は使い分けることになりますが、大きく分けて ビジネスシーンとそれ以外のプライベートの2つになると思います。 更にビジネスシーンとプライベートの中でも相手や状況によって内容が変わりますので、その辺りも分けてご紹介していきます。 暑中見舞い例文:ビジネスシーン ビジネスシーンにおいても、業種やお客様との関係により例文が異なりますので、いくつかの例文をご紹介します。 違いは「暑中見舞いを送る相手」です。 内容や選ぶ言葉にも違いがありますので、その点を注意してチェックしてみてくださいね。 正直、毎年 暑中見舞いを送っている人は、内容にあまり変化がなく 特に会社で送る暑中見舞いは定型文のような内容になりがちです。 今年はこんな時期だからこそ、 いつもとは違う内容で暑中見舞いを出してみてはどうでしょうか? 例年より暑さが厳しい中で、終息が見えない新型コロナウイルス感染の拡大。 また、新型コロナウイルスの影響で生活が変わってしまった家族や知人 会社やお店の経営に影響が出てしまったお客様やお取引先などもあるでしょう。 どなたに送る場合にも、 相手に思いが伝わるような暑中見舞いを送ってみませんか? 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

お役立ちコンテンツ「ビジネスメール・手紙の挨拶文例」 ー4月の挨拶ー

コロナ禍 挨拶文

手紙の書き出しのポイント 1. 相手をよく考える ・手紙を出す相手とあなたとの関係を考えます。 親しい相手なのか、目上の相手なのか、ビジネスの相手なのかを良く考えて書きます。 先方の状況を推し量る ・現在の相手の状況を考えてみます。 例えば、幸せ、元気、健康、闘病中、超多忙、活躍している、暇を持て余している、大変な困難に遭遇している、寂しい、不安、など。 ・上記のうち、もしも先方がコロナウィルス感染症に感染して闘病中の場合には、入院中であったり、感染予防の観点から手紙のやり取りが難しい場合などがあります。 できれば患者本人やその家族に対しては手紙は避け、どうしても連絡を取りたい場合にはメールや電話を使うようにしましょう。 季節を考える ・季節についてふれるのが手紙の書き出しの慣例となっています。 手紙の書き出し 1. 頭語(とうご) ・頭語とは、手紙を書く時に冒頭に用いられる言葉をさします。 例えば「拝啓」「拝復」「謹啓」「前略」など。 ・頭語は、 必ず、決まった結語とペアになっています。 例えば「拝啓」で書きはじめる場合は結語「敬具」で結ぶのが決まりです。 代表的な頭語と結語のペアには以下のようなものがあります。 ・頭語を用いるのが手紙の正式なマナーですが、文章が堅苦しくなるので、親しい相手や子どもにあてた手紙の場合などには、省略しても構いません。 このほかに「頭語」「結語」のペアはこちらのページ 手紙の書き出し 2. 時候の挨拶 (じこうのあいさつ) 冒頭に「頭語」を書き、続いて自分の言葉で季節感を述べます。 これを「時候の挨拶」と言います。 頭語のあと一文字あけて続けて書くか、または改行して次の行の上一文字下げて書きます。 時候の挨拶の例 ( 下記を参考に、時候の挨拶は自分の言葉で) 1月 厳寒の侯 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 2月 余寒の侯 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております 節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 3月 早春の侯 桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 4月 陽春の侯 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 花の色が美しい季節になりました。 5月 新緑の侯 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 6月 梅雨の侯 梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 7月 盛夏の侯 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じるころになりました。 8月 残暑の侯 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 9月 初秋の侯 コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 燈火親しむ頃となりました。 10月 秋冷の侯 菊の花が香る季節となりました。 さわやかな秋晴れの日が続いております 11月 晩秋の侯 朝晩はめっきり寒くなって参りました。 庭の草木も日ごとに色づいて参りました。 12月 初冬の侯 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。

次の