サーチ コンソール 使い方。 サーチコンソールの使い方と登録方法 初心者向けに完全解説!

サーチコンソールの使い方と登録方法!SEO内部対策に便利です

サーチ コンソール 使い方

サーチコンソール(Google Search Console)にサイトを登録・設定することで、 SEO対策を効率良く進めることができます。 しかし、アナリティクスは設定していても、このサーチコンソールは何ができるのかよくわからない…といった理由から使っていない方も多いのではないでしょうか? サーチコンソールでは検索結果の表示回数やそのクリック数や率といったアナリティクスとは異なる数字を知ることができるため、 SEO対策を行うためには必須となるツールのひとつです。 では、今回はサーチコンソールの登録・設定や使い方、サーチコンソールをSEOに活かすポイントについて中心に、初心者にもわかりやすく論点をまとめて解説したいと思います。 サーチコンソールとは? サーチコンソールとは、 Googleが無料提供する高機能サイト解析サービスです。 現在の通称である「サーチコンソール」は、2015年5月20日に「Googleウェブマスターツール」から名称が変わりました。 そのサーチコンソールでは、検索での見え方、検索トラフィック(オーガニック検索)、Googleインデックス(インデックス登録状況)、クロール(クローラー状況)、セキュリティ、スパム(SEOスパムなど)などあらゆる視点からサイト管理でき、パフォーマンス向上に役立てることができます。 まずはサーチコンソールにログインしましょう。 そしてアカウント作成後、Googleサーチコンソールにログインします。 テキストボックスに登録したいサイトのURLを入力し、「プロパティを追加」ボタンをクリックします。 すでにいくつかサイト登録済みの場合は、以下のボタンからもプロパティ追加することができます。 続いてサイトの所有者のチェックへ進みます。 このチェックはご覧の通り、いくつかの方法が用意されています。 今回は発行されたタグをサイトに追記して確認してみたいと思います。 上記のようにタグが表示されていますので、こちらのタグをコピーし、サイトのhead内に貼り付けましょう。 そして、タグを貼り付けたHTMLファイルをサーバーにアップロード後、先ほどのページで「確認」ボタンをクリックします。 正しく設定できていれば下記のように所有権が確認されるので、 「続行」を押すことで登録完了となります。 (ひとつのアカウントで1,000個まで登録することができます。 ) 参考• 検索アナリティクスの使い方 ログイン後、左メニューの検索トラフィック>検索アナリティクスでは、 検索結果でのサイトのパフォーマンスを確認することができるサーチコンソールのメインとも言える機能です。 サイトに流入した検索クエリ(ユーザーがサイト訪問した時に入力したキーワード)ごとの検索結果でのクリック数、表示回数、クリック率、掲載順位、などが確認できます。 これによってターゲットとしていたキーワードでどれくらい効果を出せているのか?といったことがわかります。 Googleアナリティクスではわからない 検索キーワードとそのクリック率や検索順位がわかるので、ページの改善などの指標に役立ちますね。 関連記事• 手動による対策の使い方 検索トラフィック>手動による対策では、 Googleガイドライン違反によるGoogleペナルティ(手動ペナルティ)を受けた場合、違反メッセージが表示されます。 違反メッセージが届くと、手動ペナルティ扱いとなり、サイトの検索順位が下落したり、インデックス削除などのペナルティが課せられます。 そのため、トラフィックが急に減った場合はまずここに何かメッセージが届いていないか確認してみましょう。 手動ペナルティを解除するには、メッセージ内容に沿ってサイトを改善し、再審査リクエストを行う必要があります。 再審査リクエストが承認されれば、 手動ペナルティが解除され、検索順位やインデックス状況が改善されます。 関連記事• サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携方法 続いて、サーチコンソールとアナリティクスを連携することで、先ほどご紹介した 検索クエリ(検索キーワード)をGoogleアナリティクス側でも確認することが可能となります。 連携方法の手順は一度だけで簡単なのでぜひ連携しておきましょう。 Googleアナリティクスにログイン後、上部メニューの「アナリティクス設定」から、「プロパティ設定」をクリックします。 次に一番下の「Search Consoleの調整」をクリックします。 「編集」から連携可能なSearch Consoleプロパティを選択し、完了ボタンをクリックします。 すると、以下のよう、選択したプロパティが表示されるようになり、連携してることが確認できます。 実際にGoogleアナリティクスのレポート左メニュー「集客」>「Search Console」>「検索クエリ」をクリックします。 サーチコンソールから検索キーワードが取得され、 Googleアナリティクスとうまく連携できることがわかります。 検索クエリ以外に、ランディンクページ、国、デバイスの指標を確認することが可能です。 Googleオーガニック検索に特化して分析する場合、このSearch Consoleメニューが役立ちます。 関連記事• サーチコンソールをSEOに活かすポイント SEOにおいて重要視されるコンテンツを最適化するために、サーチコンソールが役立ちます。 つまり、 サーチコンソールでわかる検索流入のキーワード(検索クエリ)とコンテンツ内容をすり合わせながら、Webページを最適化することが重要となります。 SEO効果をあげるために、以下ポイントを抑えてサーチコンソールを活用しましょう。 狙った1キーワードを流入させる サーチコンソールをSEOに活かすには、対象ページの流入キーワードを最適化することが重要です。 つまり、 狙った1キーワードを対策ページに流入させることがSEO対策のポイントとなります。 例えば、キーワード「検索エンジン」で流入させたいページは、そのキーワードで最も流入が多くなるようにコンテンツを最適化する必要があります。 このように、 まず何のキーワードで流入させたいか?ページごとに流入させたい1キーワードを決めたうえで、サーチコンソールをSEOに活用することをお勧めします。 不要なキーワードを除外する 1ページ1キーワードで対策しても、そのキーワードだけから流入するわけではなく複数のキーワードで流入します。 なかには、 ページのテーマとずれたキーワードが流入してるため、ページの質を下げる要因となる場合があります。 つまり、 テーマとずれたキーワードを含む不要なコンテンツを削除してテーマを際立たせることが、ページの質を上げることに繋がります。 例えば、ページのテーマ(タイトル)が「サーチコンソールの使い方」なのに、パンくずリストの設置方法について記載があれば、整合性が低くなります。 ページのテーマと明らかに関連性が低いキーワードがないか、サーチコンソールの検索クエリを確認しながら、不要なコンテンツの削除を検討しましょう。 競合上位の傾向を取り入れる 競合上位の傾向を取り入れてコンテンツを作成すると、狙ったキーワード以外のキーワードの流入が増えます。 このようなキーワードは、 関連性の高いキーワードとしてページの評価を上げる要因にもなります。 つまり、 競合上位の傾向採用による関連性の高いキーワードは、ユーザーの求める情報でもあるため、重要なキーワードが含まれてるといえます。 なので、先述したように明らかに関連性の低いキーワードを除いて、このような 「競合上位の傾向を取り入れた関連性の高いキーワードを含むコンテンツ」はむやみに削除しない方がいいでしょう。 サーチコンソールをSEOに活かしても順位が上がらない サーチコンソールを活用してコンテンツを最適化しても、うまく順位が上がらないこともあります。 このような場合は、 改めてGoogleが重要視する以下ポイントの最適化を検討しましょう。 E-A-T• オリジナリティ• ドメインパワー とくにこれらを満たすことも上位表示において重要となります。 検索クエリとの関連性を高めるだけでなく、 専門性や信頼性、独自性、サイトの権威性を考慮してページ・サイトを最適化することもSEOにおいて欠かせません。

次の

【2020年】Google Search Consoleの登録・設定方法と使い方を解説

サーチ コンソール 使い方

出てきた画面の二つの中で URL プレフィックス を選択し、ブラウザのアドレスバーに表示されるホームページのアドレスを入力します。 できれば以下の2つのような形式で入力ください OOO. webnode. my-domain. com アドレスを個別に入力する必要があるので、1つを入れたら 続行をクリック。 ポイント: 入力するアドレスなどGoogleサーチコンソールについての詳細は 3. 出てきた画面の中ほどにある その他の確認方法から HTMLタグをクリックします。 トラッキングコードが出てきますのでこのコードを全部コピーします。 Webnodeの編集画面にいき、右上より ページをクリック。 SEO(検索エンジン最適化)ページ設定をクリック。 Googleサーチコンソールでコピーしたトラッキングコードを HTMLヘッダーコードをカスタマイズの空欄にペーストします。 閉じるをクリック。 変更をします。 公開と同時にGoogleサーチコンソールのアカウントと接続されます。 Googleサーチコンソールに戻り、HTMLタグの右下にある 確認をクリック。 以下の画面が出れば、所有権の確認ができたので設定完了です。 サイトマップの追加 ホームページのサイトマップをGoogleのアカウントへ送信することも出来ます。 こうすると、ホームページへ変更を行なった時に、Googleがホームページ内のコンテンツをチェックする時間を短縮できます。 サイトマップを送信してみましょう: 1. サーチコンソールにログインし(たまま) ダッシュボードのページで左メニューの サイトマップをクリック。 右に出てきた画面のサイトアドレスの後に sitemap. xml を入力し、右にある送信ボタンをクリック。 「サイトマップを送信しました」というメッセージが出れば完了です。 ポイント: サーチコンソールの使い方についてはが便利です。 URL 検査ツール このツールはホームページが検索エンジンにどのように認識されているかの詳細な情報を教えてくれる便利ツールです。 同時に新しいサイトの登録や変更などを行った時にサイト全体や特定のページを検索エンジンに登録(インデックス)することができます。 ホームページに変更を行った際、すぐにGoogleの検索エンジンに変更を知らせていち早く変更を反映させるにはとても便利です。 (Yahooにも反映されます)このツールを使うにはGoogleサーチコンソールへの登録が終わっていることが必要です(上記の設定をご覧ください) 1. Google サーチコンソールのアカウントで左側の URL検査をクリックします。 サイトのアドレスまたは特定のページのアドレスを一番上の欄に入力し、Enterキーを押します。 自動的にウェブチェックが始まります。 再度サイトの登録(インデックス)をする場合、 インデックス登録をリクエストをクリック。 ポイント: Googleサーチコンソールでできることは他にもあります。 上記ヘルプページやを参照ください。

次の

【初心者向け】Googleサーチコンソールとは?登録方法&使い方を画像で解説【2020年最新版】

サーチ コンソール 使い方

Googleサーチコンソールにできることはこれ あなたのサイトが「どんなキーワードで検索」され「何回表示」され、「クリック」されたかがわかります 読者に使い勝手の良いサイトかどうかがわかります あなたのサイトにエラーがないかがわかります 新しく作成した記事をGoogle検索結果に早く表示させます 不必要になったサイトをGoogleから削除することできます 今回はSEO対策に非常に重要となる「Googleサーチコンソールの使い方」について解説していきます。 最初はわからない言葉だらけでゲンナリすると思いますが、理解すると意外と簡単ですよ! 是非この記事をよみながらサーチコンソールを活用してみてください。 5分で読み終えます! ・記事がGoogleに認識されているかを確認できる ・認識されていなければ、新しい記事を知らせる「リクエスト」ができる 記事を投稿すれば放っておいても自然とGoogleが認識してくれますが、 問題は「いつ自分のページを確認してくれるかわからない」ということです。 早ければ数時間ですが、遅ければ半年以上かかる場合もあります。 新しい記事を投稿したら「URL検査」で毎回「リクエスト」することをおすすめします。 【インデックス】あなたのサイトがGoogleからどう評価されているか? ここからは「あなたのサイトがGoogleからどう評価されているか?」を知ることができる「インデックス」について解説します。 SEO対策を行う上でGoogleに逆らってはいけません。 定期的に確認することをおすすめします。 カバレッジ 「カバレッジ」はGoogleに認識されているページに問題がないかを確認することができます。 上部ではステータスの件数が表示され、下部には詳細が記載されます。 重要度 高 エラー 何かしらの問題でGoogleに認識されていません。 要修正 重要度 中 有効(警告あり) Googleに認識されていますが問題あり。 要修正 問題なし 有効 問題なし 意図的であれば問題なし 除外 基本問題なし エラーのページはどんなに質の高い記事でもGoogle検索では表示されなくなってしまいます。 カバレッジは定期的に確認を行い、「エラー」「有効(警告あり)」は0となるよう心掛けるようにしましょう。 サイトマップ Googleにあなたのサイトマップを送信します。 Googleにサイトマップを知らせることでより早くあなたの記事を認識してくれるようになります。 僕たちの記事が有益かどうかの指標になりますね。 まとめ:ブログ運営でGoogleサーチコンソールは必須のツール 今回はSEO対策の基本である「Googleサーチコンソール」の使い方について解説をしました。 最初見たときは訳が分からない事ばかりでしたが、使ってみると意外とシンプルです。 ハッキリ言ってブログ運営は、 Googleの評価で結果が左右されるといっても過言ではありません。 そんなGoogleの評価をリサーチできるサーチコンソールは、必ず使うべきツールの一つです。

次の