アマゾンマスターカードゴールド メリット。 Amazon Mastercardの特徴とメリット・デメリット

Amazon Mastercard(アマゾン マスターカード):www.videocon.com

アマゾンマスターカードゴールド メリット

2017年9月21日 2019年11月28日 ネットショッピングをする時になくてはならないものがクレジットカードです。 私もよくネットショッピングをするのですが、主に利用するのはAmazon、楽天市場、Yahoo! ショッピングです。 いずれも一長一短があるので、状況によって使い分けています。 人によっては、楽天は使わないまたはYahoo! ショッピングは使わないという人もいると思います。 楽天はショッピング画面の画像が多くて見にくいとかサイトが重いなどの口コミも聞こえてきます。 実際、ショッピング画面を見ていると、マウスで画面をかなりスクロールしないと購入ボタンへたどり着けない、商品検索もAmazonと比較すると使いにくい点が多いですよね それと、商品購入時にショップ毎のメルマガを登録してしまうと、購入するショップが増えることにメルマガが届くようになり、煩わしいと思っている人もいるようで、そういった人はAmazonを利用するケースもあるようです。 Amazonは、ショッピングページも見やすいですし、Amazonの場合は、商品ごとに出品ページが違う楽天と異なり同じ商品を扱う複数の出品者の評価を一目で比較できるのも便利ですよね^^; そして、ネットショッピングをするならAmazonが多いという人には、やはり、『Amazon Mastercard』を使う事でお得にショッピングができるようになります では、具体的に使って分かったAmazonカードのメリットとデメリットについて紹介したいと思います。 ちなみに、Amazonカードは年会費が10,800円かかる「Amazon Mastercard ゴールド」と初年度無料で発行できる「Amazon Mastercard クラシック」の2種類ありますが、今回は、私も日常使いで利用している初年度無料の「Amazon Mastercard クラシック」についてお話していきます。 もくじ• 当然ながら、Amazonプライム会員資格を持っている方のほうがお得にショッピングができます。 ・Amazonプライム会員以外なら「 1. まさにAmazonを利用する方向けのクレジットカードと言えます。 そういった方は年会費がかかるカードをいくつも所有していると、無駄に年会費がかかってしまい上手に活用できない可能性があります。 その為、よく使うメインカード、ショッピングなどで使い分けるカードと分けるのがお勧めです。 また、あまりカードを使わない人も同様に年会費がかからないカードがいいですね。 このAmazon Mastercard クラシックですが、初年度は会員費が無料で、次年度以降は一度でも商品を購入すれば会費無料になります。 基本的にAmazonで買い物をする人向けのカードなので、ここは間違いなくクリアになる部分かと思います。 その為、実質無料のクレジットカードといっても過言ではありません!ちなみに、前年度の購入が一度もなかった場合は、年会費も1350円となります。 他にも、ベビーカー5,000円OFF、ベビー寝具4,000円OFF、抱っこひも1,000円OFFほか割引が多数あり、Amazonユーザーで赤ちゃんがいる家庭なら間違いなく利用しない手はありません。 また、Amazon Student会員なら、お急ぎ便使い放題になったり、Amazon. 5%のポイント還元が付与されるので、さらにカードの魅力が増します。 続いては、メリットばかりではなく、 Amazonカードのデメリットについても触れておきたいと思います。 jpでの最終購入日か最終ポイント獲得日のいずれか遅いほうから1年間です。 有効期限を迎える前に、再度Amazon. jpで注文するかAmazonポイントを獲得すると、そのアカウントのすべてのAmazonポイントの有効期限がその時点から1年間延長されます。 基本的に1年間商品を購入しないということはないと思いますので、実質的にはポイントは無期限になると思われます。 ただし、年間を通してショッピングの回数が少ない人は注意が必要かもしれませんね。 普段、飛行機をよく利用する方や趣味が旅行という方ならば、このポイントの互換性はうれしいのではないでしょうか。 また楽天の場合、ショッピングだけでなく楽天トラベルなどの旅行時にも宿泊やレンタカーなどでもポイントが使えるのが魅力で、Amazonにはないメリットがあります。 もちろん、貯まったポイントはAmazonで利用できればいいという方にはデメリットになりませんが、ポイントの互換性という部分でその他のカードより劣る部分もあります。 ~まとめ~ AmazonカードはまさにAmazonでよくショッピングをする人向けのクレジットカードと言えます。 さらに、Amazonプライム会員に登録している人ならさらにもらえるポイントが増えるので、お得にショッピングをすることができます。 また、年会費が10,800円かかる「Amazon Mastercard ゴールド」については、ショッピングだけでなく、その他支払いをこのカードで行うくらいにしないとメリットがでない可能性がありますので、ショッピングの回数が少ない、もしくはカードの利用額が少ないと思われる方にはお勧めできません。 クレジットカードの魅力はやはり、支払いの際に付与されるポイントなので、Amazonでショッピングする方は持っておいて損はないと思います。 また、クレジットカードは複数所持することができるので、用途に合わせてカードを使い分けるのもテクニックの一つとなります。 ネットショッピングでAmazonを使う頻度が高いという人には、持っておいて損はないオススメクレジットカードと言えます。 アマゾンのヘビーユーザのあなたなら、十分価値のあるクレジットカードになると思いますので、入会を検討してはいかがですか。 Amazon Mastercardクラシックのスペック 入会対象者: 満18歳以上の方(高校生は除く。 ID一体型のクレジットカードの申込みは不可。 ) 年会費: 初年度無料。 翌年度以降も前年1回以上の利用があれば無料。 5%(プライム会員は2. ETCカード: 追加発行できます。 初年度年会費無料。 次年度以降は540円(税込)ですが、前年1回以上ETC利用があれば無料。 このページに関連する記事:•

次の

【損しない】Amazonクラシックからゴールドカードへの切り替え方法と注意点(年会費が安くなる)

アマゾンマスターカードゴールド メリット

旅行や出張でよく飛行機に乗ることが多いなら、クレジットカードも高ステータスなものに切り替えましょう。 年会費は高いですが、それに見合うだけのサービスが受けられます。 例えば旅行保険やラウンジサービスなどですね。 アマゾンでも頻繁に旅行する人向けに高ステータスカードが用意されています。 その名もアマゾンマスターカードゴールドです。 普通のアマゾンカード「クラシック」よりもワンランク上のカードです。 他の高ステータスカード同様、年会費は高めですが、サービスは充実しています。 この記事では、アマゾンのゴールドカードの特典と保有するメリットについて解説します。 記事を読み終わる頃には、ゴールドカードの概要をつかめるはずです。 アマゾンマスターカードゴールドの特典・メリット ゴールドカードの魅力は、高いポイント還元率と旅行向けの充実したサービスです。 旅行の機会が多い人だと、その恩恵を十分に受けられます。 アマゾンプライムの加入権 アマゾンマスターカードゴールドを発行すると、同時にアマゾンプライムにも加入できます。 アマゾンプライムはアマゾンが提供するとってもお得な会員サービスです。 プライム会員の主な特典は、送料無料、動画見放題、音楽聴き放題などです。 年間3900円のサービスとしては破格で、アマゾンをよく使う人なら簡単に元が取れます。 そんなお得なサービスが ゴールドカード保有者は無料で加入できるのです。 特に動画見放題サービスが充実しており、暇な休日を潰すのにもってこいです。 ゴールドカードを作らないとしても、アマゾンユーザーなら絶対に加入すべきサービスです。 アマゾンでの買い物で還元率2. アマゾンで100万円分の買い物をすれば、25,000円がポイントとして返ってくるわけです。 注意点として、 還元率が2. それでも還元率がとても高いことには変わりないので、アマゾンで生活品・食料品をよく買う人なら、すごい勢いでポイントが貯まります。 国内・海外旅行の保険が充実 アマゾンのゴールドカードでは、旅行用の保険も充実しています。 カバーする範囲も、死亡・後遺障害、治療費用、携行品損害、賠償責任、救援者費用と幅広いです。 保険の受け取り金額も通常のクレジットカードより高く、旅行中に事故を起こした時でも安心です。 さらに旅行保険は国内の旅行にも適用されます。 海外旅行用と比べると保険の数は少ないですが、それでも保険によって得られる安心感は大きいです。 空港のラウンジサービスが使える ゴールドカードを保有することで、全国の空港ラウンジが使えるようになります。 ラウンジは高ステータスカードを持つ人しか入ることができません。 そのため人は少なく、周りも静かで、快適な時間を過ごすことができます。 ラウンジ内は、シャワーや飲み物、新聞や雑誌などのサービスも充実しており、飛行機に乗るまで時間を潰すのにぴったりです。 使えるラウンジは全国の28空港です。 関東なら成田国際空港や羽田空港、近畿なら関西国際空港や神戸空港が対象になります。 どの空港のラウンジが使えるかは、公式サイトのをご覧ください。 ショッピング補償が300万円に アマゾンのゴールドカードでは、ショッピングの補償額が300万円になります。 クラシックの補償額が100万円なので、その3倍ですね。 ショッピング補償に加入していると、カード決済した商品が壊れたり盗まれたりしても補償してもらえます。 条件はカード決済だけなので、アマゾン以外の買い物でも適用されます。 特に海外で高い買い物をする人にとって嬉しいサービスです。 ゴールドカードのデメリット 充実したサービスが特徴のゴールドカードですが、もちろんデメリットもあります。 特に年会費の高さがネックですね。 年会費が高い ゴールドカードのデメリットは、年会費が10,800円と高いことです。 アマゾンプライムがセットであることを考慮しても、まだまだ高いです。 高ステータスのゴールドカードを保有するにしても、年会費は安いに越したことはないですよね? そこでここからはゴールドカードの年会費を安く抑える方法について解説します。 年会費を安く抑える方法 ゴールドカードを申し込むときにリボ払いで登録することで、初年度の年会費が半額の5,400円になります。 前年度に1回でもカードを使っていると、次年度の年会費も半額になります。 さらに三井住友カードのWEB明細書サービスを使うことで、次年度からの年会費が1,080円安くなります。 初年度は適用されないのでご注意ください。

次の

Amazonゴールドカードの特典とメリットは?本当にお得なのか分かりやすく解説

アマゾンマスターカードゴールド メリット

・ Amazonカードのレビュー 実際のレビューを見ても星1つがとにかく多いのが目立つ おすすめしない3つの利用は後半で紹介するとして、まずAmazonカードの特徴をおさらいしておこう。 Amazonクレジットカードのサービス• 年会費初年度無料• Amazonでの買い物は1. Amazon以外の買い物でも1. 貯まったポイントは自動的にAmazonポイントに加算される• 即時審査ですぐにAmazonで利用できる 年会費初年度無料 初年度は無料。 一年に1回以上の利用があれば、翌年の年会費も無料となる。 このカードを持つユーザーであれば、Amazonを年1回は利用するだろうから実質的に無料と考えても良いだろう。 Amazonに特化して使うことを想定するば、高い還元率とも言えるだろう。 即時審査ですぐにAmazonで利用できる 条件を満たす方であれば、テンポラリーカードが発行され、すぐにサービスを受けることが出来る。 すぐにAmazonでのお買い物をご希望の方は、「即時審査サービス」でのお申し込みが便利。 Amazon MasterCard発行までの間、「Amazonテンポラリーカード」を即時に発行します。 金融機関の詳細は下記の対象金融機関一覧をご確認ください。 引用:Amazon. com 保険 国内・海外保険は付帯していない。 オプションカード 家族カードは発行していない。 また、ETCカードは有料で発行される。 このAmazonクラシックカードの口コミ・評判をみても、以下のことが見て取れる。 おすすめしない3つの理由• 還元率が特別に良い訳ではない Amazonカードは通常還元率が1. 0%となっている。 クレジットカードの平均的な還元率は0. 5%のものが多いので、この部分は高還元率カードと言ってもいいだろう。 しかし、最近では徐々に還元率1. このカード最大の特徴のひとつであるAmazonでの還元率1. 5%だが、 還元率が他のカードに比べて特に高い訳ではないのだ。 最近だと、Amazonの利用で2. (以下で一部紹介) ポイントの交換がしにくい Amazonクラシックカードは、 1,000ポイント貯まると自動的にギフト券100円分と自動的に交換される。 このカードは、最近の楽天カードやカードが貯まったポイントを1ポイントから利用できることを考えると、非常に交換しづらい。 以前までこのポイントは25,000ポイント貯めないとポイント交換できない仕組みで、これを実現するのに167,000円の買い物がAmazonで必要だった。 しかし、あまりにもユーザーの口コミや評判が悪く、最近になって1,000ポイントごとに100円交換できるようになった。 これはAmazonで6,700円の利用ごとに100円分のポイントが得られるということだ。 以前よりも交換レートが良くなったとはいえ、 まだまだポイントが使いにくいと言えるのが実状だろう。 追記 現在はAmazonポイントは利用ごとにポイントが付与され、そのポイントは次の買い物から1pt=1円単位で利用することが出来る。 この点はかなり使いやすくなったといえるだろう。 付与タイミングは、Amazonの利用の場合は発送後、Amazon以外の場合は毎月11日頃に加算される。 保険やサービスが弱い Amazonマスターカードは、 国内保険・海外保険などの保険はついていない。 還元率やポイント利便性が低い分ここでカバーして欲しいところなのだが、保険も弱いのは苦しいだろう。 さらに、家族カードの発行がなく、 ETCも有料などサービス面での欠点も目立つ。 せめて、Amazonプライム(年間3,900円)が付帯していればこのカードを持つメリットも大きいが、今のところAmazonマスターカードゴールドカード 年会費10,000円 税抜 でのみ無償で付帯しているという状況である。 メリットもある デメリットだけでなく、メリットも紹介しておこう。 Amazonのダンボール柄のカードフェイスがおしゃれというのはあるだろう。 さらに還元率が1. また、MasterCardなので、世界中どこでも利用できるというのもメリットだろう。 Amazonカード以上にAmazonでポイントが貯まるおすすめのカードもあるので、検討してみると良いだろう。 Amazonの買い物で 還元率2. 0%となる。 Amazonのクレジットカードよりも還元率が0. 年会費無料、ETC無料はもちろん、ポイントの交換性も高い。 電子マネー一体型なので、日常的に使いやすい。

次の