生理痛にいい飲み物。 生理痛の時におすすめの飲み物や食べ物は?控えた方が良いものも紹介

つらい生理痛の緩和・改善に良い食べ物&飲み物5選【体を温める】

生理痛にいい飲み物

バランスのよい食事を摂る 毎日の食事はカラダの調子を整える基本となります。 無理なダイエットはホルモンバランスを崩す原因に。 カラダを守ってくれる食材を中心に、おいしくて元気になる食生活を始めましょう。 ~元気をサポートしてくれる食材~ 大豆・納豆・きな粉・豆腐 女性ホルモンに似た働きをする「大豆イソフラボン」が豊富な食材。 ホルモンの分泌量が減ってくる年代には特におすすめ。 イモ・こんにゃく・海藻・切り干し大根・干し柿 便秘を改善してくれる「食物繊維」が豊富な食材。 生理前に便秘になりやすい人は、水分と一緒にタップリ摂りましょう。 肉類・かき・レバー・ほうれんそう・牛乳 鉄分が豊富な食材。 貧血気味の人は生理中だけではなく、毎日の食事に摂り入れましょう。 小松菜・ヨーグルト・小魚・牛乳・豆腐 カルシウムが豊富な食材。 閉経後に女性ホルモンが減少すると骨密度も減ります。 意識して取り入れて、元気な骨を作りましょう。

次の

生理痛でチョコは悪化の原因?緩和はココアがいい理由とは?

生理痛にいい飲み物

生理中は心だけでなく身体もとってもデリケートな時期です。 そのため、普段何気なく飲んでいる飲み物も生理痛を良くしたり、悪化させたりする場合があるんです! そこで今回は 生理痛に効く飲み物7つと、絶対NGの飲み物5つについて紹介していきたいと思います。 しかし、いくら身体に良いとわかっていても中には豆乳が苦手だという方もいるかと思います。 また、生姜が苦手な方でもはちみつをプラスすることで飲みやすくなり、はちみつがプラスされたことによってさらに栄養価がアップすると言われています。 ルイボスティー ルイボスティーにはホルモンバランスを整える効果があるため、生理痛にもとても良いハーブティーだと言われています。 ラズベリーティー ラズベリーティーは生理前にから飲んでおくことで子宮や骨盤周りの筋肉の緊張をほぐし、生理痛を軽くする効果があるのです。 カフェインには神経を刺激する作用があるのでイライラを悪化させたり、血管が収縮することで冷えが悪化する、痛みの元となっているプロスタグランジンの分泌量が多くなる、鉄分の吸収率を妨げるなど生理痛を悪化させる原因が多いです。 コーヒーや紅茶などを飲む習慣がついている方はたくさんいるかと思いますが、生理が近づいたときだけでもノンカフェインのものに切り替えるのをおすすめします。 ココアにはカフェイン入りのものとノンカフェインのものがあり、カフェイン入りのものは生理中にはおすすめできません! と言ってもココアに含まれているカフェインは少量なので1日に2~3杯程度であればあまり気にする必要はありません。 市販されているジュースだけでなく缶コーヒーにも白砂糖がたっぷり使われているので要注意! 特に缶コーヒーは微糖タイプでもかなりの量の白砂糖が入っていて、同時にカフェインを摂取することにもなるので生理中は控えた方が良い飲み物と言えるでしょう。 少量であれば血行を良くしたりリラックス効果をもたらしてくれますが、飲み過ぎてしまうという方は摂取量を控えた方が良いでしょう。 また、少量でもお酒を飲む場合にはホット系のお酒がおすすめです。 もちろん、生理に効くと言われている飲み物でも冷やして飲むと逆効果になるので要注意! できるだけ常温か1度温めたものを飲むように心掛けましょう。 おわりに 今回紹介したように生理中には積極的に飲んだ方が良い飲み物と、摂取量を控えた方が良い飲み物があります。

次の

生理痛を和らげたい人が飲み続けると良いハーブティ4選

生理痛にいい飲み物

子宮が収縮することによって起こる腹痛• 胃や子宮が収縮することで起こる吐き気• 骨盤の歪みや開閉によって起こる腰痛• エストロゲンの急激な減少によって、脳内血管の収縮と拡張でおこる頭痛• クラミジア感染症や子宮内膜症、月経困難症によって起こる発熱• 血流が悪くなることで起こる熱発• 腸の収縮によっておこる下痢• 黄体ホルモンの働きによって体温をさげようとすることで眠気を感じる• ホルモンバランス、自律神経、貧血の乱れによっておこるめまい• 生理による出血で、内臓機能の低下により便秘が起こる• 黄体ホルモンによって、肌の乾燥を招き、肌荒れが起こる ひどくさせている生理痛の原因は3つある 生理痛はあまりにも個人差がありすぎて、痛みをそれほど感じないで済む人もいれば、激しい生理痛によって不快になる人もいます。 では、なぜそこまで生理痛には個人差がありすぎているのか気になりますよね! ひょっとしたら、何かしらの原因があるのではないか!?できれば生理痛を和らげたいと思うはずです。 そのために、まずは生理痛がひどくなっている原因を3つ紹介します。 プロスタグランジンが過剰に分泌されている! プロスタグランジンというのは、女性の生理周期に合わせて子宮内膜から分泌されているものです。 このプロスタグランジンの働きには、経血をスムーズにカラダの外に排出させる役割があって子宮の収縮を促すことでおこなわれています。 そのため、女性の月経には欠かすことのできないホルモンなのですが、一方でプロスタグランジンには 痛みを感じやすくする作用があることがわかっています。 これが生理痛の一つのお腹の痛みになっているわけです。 そしてこのプロスタグランジンは経血を流すために必要なホルモンですが、出産をしていない女性の場合、子宮口がせまいために、うまく流れていかないのです。 この流れを作ろうとしてプロスタグランジンが多く分泌されるのです。 その結果、痛みに個人差があるように、子宮の収縮が強くなり痛みを伴ってしまうのです。 カラダの冷えが招く血行不良が原因 カラダが冷えることも生理痛を悪化させる原因の一つですが、ここで大きな問題が、カラダが冷えることによって血行が悪くなるということです。 血行が悪くなっていることで、プロスタグランジンが骨盤内にとどまってしまいます。 このプロスタグランジンは痛みを感じやすくするホルモンのために、 骨盤内に残ることで生理痛をひどくさせていることになるのです。 つまり、カラダを冷やしている状態にあると、このホルモンが骨盤内に残ってしまい、生理痛が悪化するということになります。 自律神経を乱す要因がある 生理痛は個人差があって痛みの出かたや強さもちがってきますが、中には生理痛をほとんど感じないという人もいます。 こうしたことは生理痛に悩んでいる人からすれば、疑うような事かもしれませんが、骨盤やホルモンバランスなどでカラダにとって異常がなければ、デトックス作用と同じ効果で生理痛とは無縁になるそうです。 この理由にあるのが女性ホルモンにあって、女性ホルモンはいわば体調を司る司令塔のようなものです。 つまり、女性ホルモンが乱れていると自律神経のバランスも崩れることになり、痛みを感じやすくなるということです。 つまり、何かしらの ストレスを受けているだけでなく、自分自身がストレスを感じていると思う、それだけでバランスを崩してしまうということです。 生理痛とPMS(月経前症候群)の違いは? 生理痛とPMSの違いにはこういったことがあります。 生理痛は、生理初日から2日程度がピークとなる生理痛ですが、PMSの場合は、生理が始ある2週間前から心身に現れる不調が大きな違いです。 そして驚く事に、PMS症状として現れる種類は150~200種類も症状があるといわれています。 つまり、人によってはPMS症状の自覚がないまま症状に悩んでいる可能性もあるということです。 特にその症状も多岐にわたるため、中々自分自身では気づかないということです。 また一つだけPMSの症状が出る場合もあれば、いくつかを併発するケースもあります。 カラダに現れる症状もあれば、心にだけでる症状と個人差が大きいのも特徴です。 そんなPMS症状も生理痛と同じように何とか緩和させたいものです。 詳しいことはこちらの記事から確認してください。 どうすればいい?酷い生理痛(月経痛)を和らげるためには! ここまでくれば、当然として生理痛を何とか和らげておきたいと思うはずです。 そんな生理痛を和らげる方法を一つずつ紹介していきます。 カイロで温める!どこに貼るといい?生理痛を和らげるツボ 生理痛のときに、カイロを貼ったことで生理痛が和らいだという声が多いかもしれません。 そんな中で、鎮痛剤を飲まなければならないほどの痛みにも緩和できるという声もあります。 そして生理痛を和らげるときに、どの場所にカイロを貼ると一番効果があるのか!ですよね! 生理痛はあくまでも個人差がありますが、生理痛がひどい人に共通しているのは、カラダに冷えがあるということです。 つまり血行が悪いために起こるということです。 中には運動を取り入れている人からすれば、どうすれば和らげることができるのか何となくわかるかもしれません。 まず、カイロを貼る場所は2か所あります。 それが 仙骨と おなかに貼ることです。 仙骨の場所は、お尻の割れ目の上に少しでっぱりのある部分が仙骨と呼ばれる場所です。 よくありがちな事として、生理痛がひどいから、腰を温めると緩和される気がするのは、本来は仙骨を温めることでの効果です。 仙骨の部分がちょうど子宮や卵巣のあたりを温めることができるために、仙骨の部分にカイロを当てて貼ることが重要です。 そしてもう一つ効果があると言われている場所がおなかですが、正確には、 おへその下の位置になります。 このおへそに下にカイロを貼るといい理由には、へその下にツボが2か所あるのがその理由です。 気海(きかい)、関元(かんげん)という2つのツボ! おへそから指4本分下にあるのが関元というツボで、 おへそと関元の間にあるのが気海というツボになります。 つまtり、おへその下にカイロを貼ることでカラダを温めることができるのです。 そして生理痛がひどく痛むときは、仙骨のおへその下にカイロを貼り挟みこむことで、子宮を温めやすくできます。 生理痛を和らげる飲み物は?NGなものは? 生理痛はなるべくカラダを冷やさないようにすることが大切ですが、その中の一つとして温かい飲み物を飲むようにすることも大切なことです。 カラダの冷えを予防し、血行がよくなるようにしなければなりません。 ですが暑い時期によっては、温かい飲み物よりも、冷たい飲み物が欲しくなる時期もあると思います。 そういった時に、冷たい飲み物に砂糖などのが加えられた飲み物を飲むことは、一層カラダの冷えをひどくすることになります。 この砂糖は精製する過程で、ビタミンやミネラルが取り除かれ、糖分だけが抽出されてできたものです。 そして、この糖などは、エネルギーとして使うためには、ビタミンB群やカルシウムなどを必要とします。 しかし砂糖を摂りすぎてしまうと、ビタミンやカルシウムが不足しているために、カラダから必要な分をもらおうとします。 その結果、砂糖を摂りすぎてしまうと、ビタミンBが欠乏してしまうことになります。 そしてこのビタミンBは血液を生成するためには欠かせないものです。 それが、 砂糖の摂りすぎによって必要なビタミンが不足してしまうと血液をうまく作れなくなり冷えにつながるのです。 そしてもう一つがカフェインの入った飲み物です。 カフェインには、血管を収縮させる作用があります。 つまり、冷えを予防するために温かい飲み物を飲んでいても、その飲み物にカフェインが含まれていれば冷えに繋がることになるということです。 そこでおすすめなのが、 ハーブティなどの温かい飲み物です。 特に生理中などでイライラしている人には、ハーブの香りや効能によっては、リラックス効果を期待することができます。 また、ハーブティには、カラダを温める効果のあるものもあるためにおすすめなのです。 ラズベリーリーフ 女性ホルモンのバランスを整えながら、生理痛の緩和や月経前症候群に効果がある。 カモミール 心身ともにリラックスさせる効果があり、貧血や冷え性を改善する働きがある。 ローズペタル ビタミンCが豊富で若返り効果がある。 リラックス効果に加え、生理痛の緩和、肌のしみの除去、肌の弾力を回復させる効果がある。 ジンジャー カラダを温めてくれたり、便秘を解消したりする効果があります。 また、最近では、体内酵素除去する働きやエネルギー代謝をアップさせたり、免疫力を高める効果もわかっています。 身体を温めてくれる食べ物で生理痛を和らげる 生理痛を少しでも和らげるためには、カラダを温めて冷えを予防することも一つです。 そして食べ物には、カラダを冷やしてしまう食べ物から、温める食べ物とあります。 また食べ方によってもカラダを温めたり冷やしたりします。 食べ物にもその種類も多く、どう食事から摂ればいいのか悩んでしまうこともあるかもしれません。 そんな時に、カラダを温める食べ物と冷やす食べ物をはっきりと区別できる方法があります。 それが色と産地と水分です。 具体的に見分けるポイントはこうです!!• 寒い地方で産出された食べ物、冬が旬になる食べ物• 色の黒っぽい食べ物、濃い食べ物、暖色の食べ物• 地面の下で育った食べ物• 水分が少なく硬い食べ物 こうした特徴をもっている食べ物はカラダを温めてくれます。 また、カラダを冷やす食べ物であっても、調理の仕方で予防することも可能です。 まず、生のままの野菜は当然カラダを冷やしてしまいます。 しかし、スープとしてや火を通すなどして温野菜として食べることでカラダを冷やさずに済みます。 足湯や入浴がいい 入浴をすることでカラダを温めることができますが、生理痛に加えて、生理の時に入浴し、お風呂に浸かることに少しばかり低抗を感じる人も少なくありません。 そんな時に、シャワーですませてしまう人もいますが、生理の時こそ、お風呂には浸かっておいたほうがいいです。 そもそも生理痛が悪化したり、痛みが強い原因にカラダの冷えが一つの原因だとお伝えしてきましたが、やはり、カラダを冷やすということは、それだけ血行を悪くさせてしまい、生理痛を悪化させる結果に繋がりかねません。 そのため、 生理中であっても、お風呂にしっかりと浸かり、カラダを温めて上げることが必要です。 しっかりと温まることで血行がよくなるのは、もちろんですがお風呂に入る事でリラックスでき、ストレスを緩和、解消することにも繋がります。 ただ気をつけなければならないことも、もちろんあります。 それは生理中のデリケートゾーンはストレスを受けやすい事と、免疫力が低下しているため、細菌が繁殖しやすいということです。 そのために、お風呂のお湯は、新しいものか、一番先にお風呂に入るかするのがいいでしょう。 ぬるめのお湯に浸かることは、副交感神経を高めてリラックスさせる状態を作ってくれるためです。 頭痛がする!出血が多い時の入浴はどうすれば? 生理周期によって、頭痛がひどく傷むときは、 無理にお風呂に浸かる必要はありません。 逆にこういった時に、お風呂に入ると頭痛が悪化することにもなりかねません。 そのために、頭痛がする時は無理をせず、シャワーですませておきましょう。 また、経血の量が多い時も同様です。 シャワーだけで済ませ、カラダの冷えを悪化させないように、 熱めのシャワーをかけるなどして対応することです。 また、カラダを冷やさないようにするための工夫として、 足湯をしながら、足元から温めながら、シャワーをかけることで予防しましょう。 生理痛を和らげる!ツボマッサージ 生理痛を和らげるツボは、カイロを貼る時の場所として「気海、関元」の2つを紹介していますが、これら以外にも生理痛を和らげてくれるツボがいくつかあります。 その方法がツボを押すという事とツボを温める温熱療法があります。 温める場合の方法は、カイロもいい方法ですが、これ以外にもホットパックをすることもおすすめです。 時間の目安としては、 3分~5分くらいを目安にするといいでしょう!! そしてこのツボを使って生理痛を和らげていくためには、 生理の始まる1週間前から行うと効果があります。 血海(けっかい) 膝のお皿の上、内側の角から指3本分上がったところにあるツボで、左ひざを伸ばして力を入れた時に、膝の皿の内側にくぼみが出来ると思います。 このくぼみのすぐ上に位置するのが、血海というツボです。 血流を整えたり、生理痛を緩和をしてくれます。 足三里(あしさんり) 膝のお皿の外側にあるくぼみから、指4本分下ですねの骨の外側にあるツボです。 胃の調子を整える効果や生理痛の緩和や血流を整える効果があります。 指圧してはいけない場合はどんな時? ツボを押すことは、いつでも簡単にできることですが、ただ、してはいけないシチュエーションもあります。 こうした時にツボを押してしまうと人によっては気分が悪くなる、症状が悪化するなどの事が起こる可能性も考えられるために以下の状態のときは、指圧しないようにしてください。 足を肩幅に開いて腰に手を当てます 腰に手を当てたまま、腰を10回まわします 左右ともに10回ずつ回しましょう 生理中でも安心!リラックスできる!生理痛を和らげるストレッチ 生理痛で何が一番辛くなるかは人それぞれですが、辛い生理痛から、腰痛、気持ち的にもイライラしやすくなり、とても落ち着いてリラックスするなんて難しいと感じることもあるかもしれません。 しかし、普段の生活でストレスを貯めることやカラダをあまり動かさない環境にあると、血行がわるくなるだけです。 そう言った予防のためにも普段から規則正しい生活を送ることも大切なことですが、何よりストレスをためないようにすることも大きな生理痛を緩和させ、リラックスさせる方法の一つです。 そんな時に効果があるのが適度にカラダを動かすことです。 しかし、わざわざ辛い生理痛に運動なんて、やってられない!!そう思ってしまいますよね!!ですが、少しでも生理痛が緩和できて、ストレスも解消できるのであれば、やらない手はないと思います!! そんな時に、いいのが生理前や生理中であってもできるヨガです!!ヨガをたった10分間だけゆっくりとする!!ただこれだけで気持ちも変わってきます!! 痛みを和らげてくれる!カルシウムとマグネシウムの効果って!! 生理痛にカルシウムがいいの?少し疑問に持たれるかもしれませんよね!!カルシウムと聞くと、骨を丈夫にする働きがあることや、歯を形成するためには欠かせない栄養素の一つです。 しかし、カルシウムには、これだけの働きだけでなく、カルシウムそのものが、骨の中には、細胞や血液の中にもあるということなのです。 ・・・・・どういうこと?って思うかもしれませんが、生理痛の関係するところには、 カルシウムも筋肉の収縮にも関わりがあるということです。 つまり、生理時に子宮が収縮する筋肉にも関係しているということです。 そしてもう一つが マグネシウムの働きにあります。 マグネシウムもカルシウムと同じように骨を形成するために欠かせない栄養素の一つですが、これ以外には、酵素の働きを活性させたり、イライラなど 精神的な症状を和らげてくれる働きがあります。 つまり、カルシウムとマグネシウムとの2つが体内で不足している状態にあると、 子宮筋は収縮し続けることになります。 つまり、 痛みを発生させている原因になっているということです。 子宮の筋肉を収縮させることで痛みが感じやすくなり、痛みや頭痛といったことにまで関係してきます。 そしてカルシウムとマグネシウムと両方を摂ることで、生理痛の緩和に繋げることができるようになります。 辛い生理痛!薬による痛みの解消は正しいの? 生理痛がひどくて、薬に頼ろうか悩んでいる人もいるかもしれません。 また、現在。 生理痛を抑えるためにすでに薬を飲んでいる人もいるかもしれませんが、個人によっては低抗を感じる人もいるでしょう。 結論からいってしまえば、薬で生理痛を緩和、改善することは間違っていません。 また薬に頼りすぎてしまうと効果がなくなってきは、しないだろうかと心配になるかもしれませんが、基本的には、 用法・用量をしっかりと守っていれば効かなくなるということはありません。 ただ、生理痛を我慢しすぎることで効かなくなるということはあります。 しかし、通常の使用であれば、なんら問題はありません。 そしてもう一つ!!生理痛を抑えるための鎮痛剤ですが、痛みが我慢できなくなってから飲んでいる人もいるかと思いますが、服用するための時間としては、我慢することではなく、 痛みが始まったタイミングで飲むことにあります。 そうすることで本来の鎮痛剤の効果を発揮することができるので、我慢せずに症状に合わせて飲むようにしてください。 生理痛を悪化させる間違った行動とは 生理痛を悪化させている原因!その代表的な事を2つ紹介します。 服装が生理痛を悪化! カラダを冷やすことがNGな行動だと、これまでに伝えてきましたが、その一つが服装にあります。 服装でも特にカラダの冷えを招く原因は下半身にあるために冷えるような格好をしていると、当然血行も悪くなってしまいます。 特に薄着で過ごしている場合、また足を露出するような服装であるとより冷えを招きやすくさせます。 またこの他にも、服のサイズが小さいと、カラダを締め付けるのと同じ事になり血行が悪くなってしまいます。 骨盤を歪ませている 骨盤をゆがませていると生理痛を招くことになります。 これは骨盤内の血管を圧迫させることや、神経の圧迫で女性ホルモンのバランスが乱れること、子宮が圧迫されることなどの理由があります。 こうした骨盤をゆがませる原因を普段から作っていると当然、生理痛も悪化します。 脚を組んで座ることで、重心が片方の脚に偏る事や、姿勢そのものが悪く、猫背や前かがみになる姿勢、長時間同じ姿勢といったことが生理痛を招きます。 自然治癒力を高めることも大事!! 生理痛が起こる大きな原因はカラダの冷えからくるものですが、それと同じくらい原因になるのが、女性ホルモンのバランスが崩れることにあります。 つまり、ホルモンバランスを整える行動をしなければならないということです。 それが日常生活にある食事での栄養バランス、カラダを温める入浴の方法、睡眠不足を解消し女性ホルモンの分泌を高めることにあります。 その内で、中でも食事は日常生活の中でも大切な一つですが、生理痛がひどくなる原因には、 カラダに酵素が不足していることも大きな原因です。 食事はどうしてもバランスを意識していても崩れがちになってしまいます。 特に生理痛を緩和するためにも食事には気を使わなければなりません。 酵素を摂ることで生理痛の原因となる血行を変えることができるようになります。 また健康なカラダを作る意味でも控訴は欠かせないものです。 酵素不足を解消し、生理痛を予防と改善にも役立つので普段から摂っておくことも必要です。 ただ、バランスを考えた時に、うまく摂れないか心配になると思いますが、ただ補うだけであおればサプリメントでも十分に摂ることができます。 まとめ 生理痛を和らげるためには普段からどういった生活を送っているかも大切なことです。 その中で、生理痛を緩和するための食事が生理中に摂れているのかも大切なことです。 逆に、生理痛を悪化させるような食事をしていると意味がありませんよね!! また骨盤の周りが冷えることも、生理痛の悪化に繋がるNG行動です。 骨盤周りを冷やさない事も大切ですが、骨盤が歪んでいると生理痛が起こりやすくなる原因にもなります。 そのため、骨盤の歪みをとる骨盤ウォークや骨盤突き出し運動もおすすめです。 そういった意味では、日常の中で運動を摂り入れることも必要です。 適度な運動!有酸素運動をすることも血行を良くし代謝もあげてくれます。 またダイエットにも繋がります。 生理痛を和らげるためには、カラダを冷やさないこと。 うまく日常の中で摂りれてみてください。

次の