足 イボ 液体 窒素。 足裏に「ウイルス性イボ」!何回の液体窒素処置で無くなる?

イボを低温で焼く液体窒素治療の感想

足 イボ 液体 窒素

もくじ• 足の裏のイボとの戦い いつの間にかできていたイボ イボはいつできたのか、何がきっかけでできたのか、全く分かりません。 いつの間にかできていて、ある程度の大きさになってから気になり始める典型的なパターンです。 気付いた当初はイボだとは思わず、 魚の目だと思ってました。 なので「 スピール膏」という薬を患部に貼るだけで、いずれポロリと取れると思い込んでいました。 しかし、何日経っても全然ポロリとなる気配がなく、諦めてはリトライを何度か繰り返してました。 それが何年経ったことか。 次第にイボは硬くなっていった。 風呂やプールなど裸足で硬いところを歩くと、そのたびに豆粒を踏んでる感覚が大きくなり余計に気になる。 病院で診てもらうことにしました。 皮膚科の診断 皮膚科で診てもらうと、魚の目ではなく イボと診断された。 イボって足の裏にできるものなのか??とその時は耳を疑ったが、意外とメジャーらしい。 イボは細菌性のもので、傷口から侵入した細菌がイボを発症させるのだという。 さらに感染の恐れもあるとのこと。 足の裏に傷・・・そういえば数年前、海水浴の際、岩で足の裏を切ったことが有るような無いような。 このイボを治す方法は、 冷凍凝固法が一般的らしい。 その流れはこの通り。 患部に液体窒素をふきつける• 細菌が破壊される• そのうち治る この一連の流れを週1ペースで何回か行うとの事。 それによって 細胞の破壊と再生を繰り返すことで深層のイボの根っこは少しずつ表面に押し上げられる。 表面に出てきたイボの根っこを液体窒素で直接攻撃することで完治にいたるという。 この理屈は半信半疑だったが、この皮膚科は地元では人気で、僕自身、何回かお世話になったことがあり、信用できるところである。 人気なだけに、皮膚にお悩みの患者が毎日のように待合室に大勢群がってます。 言い換えれば、それだけここの先生の医療経験は豊富だともいえます、 皮膚科なのでほぼ女性と子供ばかりですが、ここの院長先生が女性というのも人気の理由でしょう。 院長先生は60近い年齢だと思うが、性格も物腰が柔らかく、患者の言葉をちゃんと聞いてくれる優しい先生だ。 それでいて、迅速な判断と思いっきりの良さを持ち合わせているので頼もしい。 スポンサーリンク 治療開始! こうして本格的なイボの治療が始まりました。 患部の硬い表皮をカッターナイフで削る。 (出血しない程度になるべく内側をさらす) ちなみに、イボの表面は硬質化しているので削っても痛くありません。 ただし、やりすぎると中の肉をエグるので痛い。 患部に液体窒素を3~4回に分けて吹き付ける。 2回目までの吹き付けは痛くないが、3回目以降になると内部に浸透するので痛いのなんの! じっとしながらも顔を歪めひたすら痛みに耐えるのみ。 患部にスピール膏を貼って終了 週1回、通院する度にこの一連の処置をしました。 スピール膏は毎日、終日貼り続けます。 (風呂の時でも貼り続けたまま) しかし、貼っている場所が足の裏なので次第に位置がズレます。 粘着力も落ちてくるためそういう時は自分で貼りかえる。 貼りかえる際は古い表面の皮膚を削ってから貼る。 こんな流れです。 痛みも増す&消しゴム伝説を試す 通院を重ねる度に、液体窒素の痛み度合いも上がります。 5度目の通院以降はもうホント痛いのなんの。 (涙) それだけ完治に近づいていると思うしかない。 ネットで知ったことだが、イボに消しゴムを当てておくと治るという記事があった。 消しゴムの成分がイボを撃退するとか何とか・・・。 ま、普通なら笑って無視するような内容でしょうが、この時の僕は好奇心を持ちました。 減るもんじゃないし試してみようと思った。 (笑) 効果無ければ無いで笑い話にすれば良いし。 普通の事務用消しゴムをイボと同じサイズにカッターナイフで切って足の裏にあてる。 それを包帯で巻いて、消しゴムの位置がズレないようにする。 歩いてみるとムチャクチャ痛い!っていうか歩けない!これはイボのせいではなく、消しゴムの厚みが厚いからだ。 (アホやろ) 消しゴムの厚みを半分ぐらいに切って再び装着。 OK!想定通りの足の裏の感覚です。 風呂以外は常にこうしておきます。 しばらくこれで様子見だ。 ( スピール膏はしばらく休止) 1週間、会社もプライベートも足の裏に消しゴムをあてた生活をしました。 (汗) ・・・ワシの足の裏に消しゴムが付いているとは誰も思うまい。 (あたりまえだ) 結果は!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・別に何の変化も無し。 チーン やっぱ都市伝説だったようです。 (この消しゴムのくだり、要らなかったのでは?) 治った! 9度目の通院でようやくイボの根っこが取れました。 相当深かったみたいです。 といってもポロリ!って感じではなく、なんとな~く、もう細菌は無いような気がする、という何とも曖昧な感じ。 (ちょっとでも細菌が残っていたら元通りのイボに戻るらしい) その証拠に傷口が再生してもイボになりません。 おおっ本当に治った!ちょっと感動すら覚えました。 もう硬い地面を裸足で歩いても何の異物も感じません。 本来あるべき姿に戻っただけですが、それがどんなに嬉しかったことか。 こんな経験でもしないと普通に歩ける素晴らしさに気付く事も無いでしょう。 (笑) 通院は面倒だし液体窒素はものすごく痛いけど、その後の快適さを考えれば一時の苦難などたかが知れています。 お悩みの方、冷凍凝固法、オススメします。

次の

いぼに液体窒素が効く!痛みはある?治療期間や頻度と間隔は?

足 イボ 液体 窒素

ウイルス性イボってどんな見た目? 正式名称は尋常性疣贅 じんじょうせいゆうぜい といいます。 触った感じは硬いです。 子供の足の裏や手のひらは柔らかいのでイボだとすぐに分かります。 子供の足裏の初期ウイルス性イボの写真はこちらです。 ウイルス性イボは放っておくと本当に治りにくくなります! 早期発見が大切です! 子供の足の裏にできた時は初めは小さい白っぽいもので、真ん中に穴が空いていて「何だろう」くらいにしか思ってなかったんです。 なので 放置してました。 3か月くらい。 子供が違和感を訴えるので、久しぶりに確認してびっくり!! ふちが硬く、真ん中の穴が広がり、さらに中が・・・ フサフサしてるんです!絨毯みたいに!! 白いフサフサの中にポツポツと黒いところも。 ・・・キモイです。 ホンマに。 皮膚科で「 ウイルス性イボです」と一瞬で診断されました。 これがウイルス性イボというものか!!! 放置していてごめんね、こんなことになるなんて思ってへんかってん!!! ママが悪かった!!! こんな状態になるとウイルス性イボは本当にしつこいです。 なかなか治りません。 凍結療法です。 液体窒素を使って焼いてもらいます。 液体窒素の付いた綿棒のようなものをイボに押し当てます。 「ジュウゥゥ」とか「ジリジリ」みたいな音が結構します。 液体窒素で焼いてもらうため2週間ごとに半年ほど通いました。 角化症治療剤の 「 オキサロール」という薬を処方してもらいました。 患部にポテっと乗せるように塗って常にオキサロールが乾かないようガーゼで覆って、その上にラップをしてからで塞いでいました。 これは皮膚の組織が異常をおこして硬くなった部分を軟らかくしてくれるらしいです。 軟らかくなった皮膚をお医者さんが削ってくれていました。 液体窒素でウイルス性イボが治らないので自宅でしたこと ここからはかなり自己流です。 もし参考にされる場合は自己責任でお願いいたします。 薬でウイルス性イボを軟らかくする オキサロールを塗っているとウイルス性イボが軟らかくなります。 スピール膏でもイボを軟らかくする意味では効果があるかもと思いますが、実際に試していないので分かりません。 毎日毎日2か月ほど続けたでしょうか。 ウイルス性イボがフサフサしなくなった イボがフサフサしなくなったんです。 硬かったふちも軟らかくなりました。 ・・・おや、イボのようすが・・・(合体してキングイボにはなってません) 薬の塗布やガーゼを止めてほじくるのも止めて様子を見てみました。 すると、ウイルス性イボが居座っていた部分に徐々に指紋(足紋)が現れたんです! 家でイボをほじっている間も2週間ごとに病院の液体窒素治療には通っていました。 2週間様子を見て病院へ行くと先生が足の裏を見て 「足紋が出てきているからもうイボ消えてくれるんじゃない?」 もうね、涙が出そうになりました。 何か月も痛い思いをさせてごめんね。 早期発見していたのに放置していたせいでイボ巨大化させてごめんね。 我慢して治療してくれてありがとう!!! それから、念のため数回液体窒素で焼いてもらいました。 延べ1年と3か月の戦いでした。 でも、イボは再発のしやすいものです。 裸足でマットの上に上がったりするので感染したのかと思います。 後は兄弟間でうつし合っていました。 お風呂上がりのバスマットやタオルの共有などは気を付けなければいけないですね。 お姉ちゃんが足裏にイボができたときは、ずっと靴下を履いてくれていました。 裸足で床やカーペットを歩き回るのは危険かもしれません。 銭湯、プール、スリッパなどあらゆるところでウイルス性イボの感染の危険性があるので注意です。 まとめ 大きくなったイボはもう治らないんじゃないかと思うくらいしつこくて不安でした。 手術も真剣に考えて、でも足の裏だししばらく歩けなくなったら学校どうしようとか。 夏休みに手術をしよう思っていましたが、イボの手術跡の画像を検索して躊躇して… 常にガーゼで覆っていたのはイボのウイルスが靴下やカーペットについて広がらなかったので良かったかも。

次の

液体窒素(冷凍凝固法)による足裏のウイルス性イボ治療経過【治療中】

足 イボ 液体 窒素

この記事の目次です• 前回のおさらい 以前より左足裏に皮膚が硬くなっている部位があり、それが大きくなり始めたのを確認。 オーラク膏Hという市販の薬にて自己治療を開始(タコだと思ってので、、)したものの、ネットの情報にてイボっぽいことを知り病院へ。 そこでイボと診断され液体窒素による「いぼ冷凍凝固法」(でっかい綿棒で患部に液体窒素を付ける)を実施。 参考: 素人は見た目でわからないイボ 左足裏だけではなく、右足裏の数ミリ程度皮膚が硬質化している箇所もイボという診断で驚く。 右足裏のイボ3箇所 こちらも液体窒素で焼いた。 イボ治療開始から3日目 病院で「いぼ冷凍凝固法」を施してもらってから3日目くらいでしょうか、痛みはかなり引いてきていましたが、パンチ穴補強シールのようになっている皮膚が、剥がれそうで剥がれない状況が続いていました。 剥がれそうな皮膚に力が加わるのも痛い イボ治療開始から5日目 患部中央のイボ本体以外の部分が完全に剥がれたため、我慢できずにエイヤと皮膚を剥がしました。 すると残念?なことに、本体というか芯というか突起が残ってしまい前評判通り長い戦いを予感。 剥がした皮膚を患部の横に置いて撮影 イボだと知らなかったら、爪かピンセットで突起を切り取ろうとしたと思います。 ですが、別の部位への感染の不安もありますし、そのまま絆創膏で蓋をしました。 イボ治療開始から7日目 いつものように貼っている絆創膏を剥がして驚愕、幹部が紫色に。 色は悪いが痛みはない 尚、この時点までですでに突起は潰れてなのか消失。 イボ治療開始から10日目 医師には「毎週治療にきてください」と言われていたものの、ある程度紫色になっている部分の皮膚が出来上がってから液体窒素に挑みたかったので、10日が経ってしまいました。 ただ、医師からは「いい感じにかさぶたになっている」と言われました。 そして「いぼ冷凍凝固法」。 やはり皮膚が薄くなっているからか、液体窒素をあて始めた序盤から刺すような痛み。 右足裏の微細なイボには処置を施さず終了。 赤みがかって腫れている感じ。 ズキズキする 治療費は800円ほど。 やはり処置を施した日は痛みがあり、歩くのが辛い。 周辺が赤く腫れてますね。 イボ治療開始から14日目 治療の痛みがおさまってきた頃、気がついたら一皮剥けてました。 割と厚めに剥けたんじゃないか イボ治療開始から16日目 14日目に一瞬綺麗になったと思いましたが、やはり患部が変色。 イボ治療開始から20日目 変色した皮膚が硬質化し(というかカサブタみたいな)、端から少しずつ剥がれてきて、変色から5日でペロリと。 皮が剥けたの3回目?4回目? この脱皮のような皮が生まれ変わるのを繰り返して、その度にイボを押し出して治療していく、的な感じ。 ただ残念ながら、まだ芯っぽいのが若干残ってるぅ・・・ イボ治療開始から27日目 ホントは、病院で再度イボ焼き治療を受けるタイミングだったのだけど、諸事情重なりカサブタが剥がれてから結構な時間が経過してしまった・・・。 イボ治療開始から30日目 そうこうしているうちに、厚めの皮が形成されていっている。 ここまでで、液体窒素(冷凍凝固法)による足裏のウイルス性イボ治療は2回。 当初、 8回液体窒素で焼くという話を医師から聞いていたのに、2回である。 にも係わらず、ちょっとこのまま一旦皮で蓋をして、また芯が表面に到達しそうになったら焼いてもらえば良いなどと思い始めている。 明らかに良くない。 しかし、色々状況が変わってしまって病院に通い辛くなってしまっており・・・ 【現在 治療継続中経過観察中。 追記予定】.

次の