パグ 性格。 【犬種】パグとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

パグの性格は頑固もの!?魅力溢れるぶちゃかわアイドルの実態とは

パグ 性格

チワパグは、その名前から想像できるように「チワワ」と「パグ」を両親犬種に持つミックス犬です。 パグよりも小さく、チワワよりも大きな、小型犬。 体重5kg前後、体高25cm前後のサイズ感が一般的のようです。 チワパグの外見的な印象は、「少しシャープになったパグ」といったところでしょうか。 もちろん、どちらの親犬種の血統が色濃く現れるかによって、その子の個性は変わってきますが、チワワの小ぶりな身体とクリンとした丸い目やかわいく広がった立ち耳に、パグの筋肉質でがっちりした体躯、やや外に向いた目、ぺちゃんとした鼻などが組み合わさって、とても個性的な魅力を放っています。 どちらかというと、パグの雰囲気が前面に表れるような容姿のチワパグが一般的のようです。 中でもしわくちゃのぺちゃ鼻が親犬種であるパグの愛嬌ある魅力ですが、その点をしっかり受け継いでおり、それぞれのチワパグのかわいらしさをひき立てています。 チワパグの体毛は、少し光沢のある短毛スムースコートになる場合が多いようですが、チワワの血統が色濃く出るケースでは、親犬がロングコートだった場合のチワパグの体毛も、やわらかな長毛になることもあります。 どちらの親犬種の特徴がどのくらい色濃く現れるのか、は特定されていませんが、その点はミックス犬ならではの楽しみなところですね。 チワパグの性格 チワパグの性格は、好奇心旺盛で遊び好き、マイペースで天真爛漫です。 チワワの知的で活発なところと、パグの愛嬌があって愉快、活発で、理解力のあるところとが、チワパグの性格的な魅力をさらに高めています。 一方で、チワパグは両犬種の持つ性格面でのマイナス要素も引き継ぐこともあるため、神経質で頑固な一面も持ち合わせています。 すると、見知らぬ人に対する警戒心が強くなったり、コレと決めたことは頑として折れることがない、など気難しい性格が強調されてしまうケースもあるでしょう。 親犬種のもつ良い面、悪い面をきちんと理解し、どちらの要素が色濃く現れたとしても、その子の個性として良い部分をたくさん伸ばしてあげるようにしつけてあげてください。 チワパグは飼い主には大変従順で一緒に遊んだり、ともに過ごすことを日々の喜びとします。

次の

パグ好きの心理まとめ!パグの不思議な魅力にハマる飼い主の性格は?

パグ 性格

目次 パグの魅力 鼻ぺチャのしわしわ顔に、 大きな瞳をもつ愛嬌たっぷりのパグ。 独特の思慮深げな表情で歩く姿が魅力的です。 犬種名はラテン語で 「握りこぶし」の意味。 丸くて小さな頭部はたしかに握りこぶしのようで、犬種名の由来に頷けます。 小型犬ながら、 がっしりとしたたくましい体つきをしているのも特徴。 陽気で活動的で、 人なつっこい性格です。 飼い主さんに献身的で、愛情深く接します。 また、愛嬌たっぷりの表情やしぐさで場を和ませ、みんなを笑顔にしてくれます。 ただし、 頑固で自立心旺盛な一面も持ち合わせていますので、しつけはじっくりと根気よく行いましょう。 短頭種なので、呼吸器に負担をかけないよう、とくに 興奮をコントロールするトレーニングは大切です。 大きさ 体高25cm前後、体重6. 3~8. 1kgほどで、小型犬に分類されます。 頭部は球状に収まる凹凸の少ない形で、小型犬なのに 筋肉質でがっしりとしたスクエア形の体型。 二重にくるりと巻いたしっぽを背中にのせているのも特徴的です。 体高 体重 25㎝程度 6. 3~8. 毛色の種類 パグの被毛の色は、 シルバー、アプリコット、フォーン、ブラックなどが認められています。 マズルやマスク、耳などは黒いほどよいとされています。 毛質は、短毛でなめらかです。 フォーン ブラック 迎え入れ方 愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。 例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。 心配な病気 ・しわの間が汚れて起こる 「皮膚病」 ・鼻の穴が狭くなって息がしづらくなる 「鼻腔狭窄」 ・パグ特有のけいれん発作 「壊死性髄膜脳炎/パグ脳炎」 ・あごの軟口蓋がのどの入り口をふさぎ、呼吸が苦しくなる 「軟口蓋過長症」 ・足を引きずったり、ピョコッと上げて歩く 「膝蓋骨脱臼」 ・つぶれたような声のセキをする 「気管虚脱」 ・暑さに弱いため 「熱中症」 ・呼吸器の疾患がきっかけで起こりやすい 「心臓疾患」 あわせて読みたい パグの飼い方 ポイント(1)毎日、しっかりと健康状態の観察を 気をつけたい病気が多い犬種です。 毎日、しっかりと 健康状態を観察し、必要に応じてケア&サポートを行いましょう。 とくに 呼吸、皮膚、関節の異変がないか注意深く観察し、異変に気づいたら早めに動物病院で相談を。 ポイント(2)興奮を落ち着かせるトレーニングを パグのような短頭犬種は、過度に興奮すると呼吸器のトラブルを起こしやすいので注意が必要です。 子犬の頃から 人の指示で落ち着いて待つトレーニングや、おとなしくオスワリやフセの体勢を維持するトレーニングをしておきましょう。 また、飼い主さん以外の人やほかの犬と触れ合わせ、 社会性を身につけさせておくことも大切です。 また、散歩中にリードをグイグイ引っ張る行動はリスクを伴います。 子犬のうちから、 引っ張らせない散歩の方法をトレーニングしておきましょう。 ポイント(3)たくさん遊んで、充分なコミュニケーションを 必要とする運動量は多くはありませんが、太りやすい体質なので、朝夕は軽い散歩を行いましょう。 また、とても遊び好きなので、 たくさん遊んで充分にコミュニケーションをとりましょう。 甘えん坊な性格で 留守番は苦手なので、いつもそばにいられる飼い主さんに向いています。 ポイント(4)熱中症対策を充分に行って パグのような短頭種は、夏場の 体温調節が苦手なので、 熱中症対策を充分に行う必要があります。 犬がハアハアしない程度の温度設定で エアコンを活用して、快適に過ごせるよう環境を整えましょう。 また、散歩は暑い時間を避け、 早朝や日没後に行くようにしましょう。 ポイント(5)しわの間に汚れがたまらないよう注意 パグは、顔のしわの間に涙や皮脂などがたまりやすく、放置すると皮膚炎を起こすことがあります。 しわの間をこまめにチェックして、汚れていたら湿らせたコットンやペット用のお手入れシートで やさしく丁寧に拭き取りましょう。 また、全身のお手入れは、週に2回程度 ラバーブラシでブラッシングを。 抜け毛や付着した皮脂・汚れを除去して皮膚を清潔に保ちましょう。 ポイント(6)フード量は、毎回きちんとはかって 主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、 総合栄養食を与えましょう。 食欲旺盛で太りやすい犬種なので、フードのパッケージに記載された給与量を確認し、 毎回きちんとはかって適正量を与えることを徹底しましょう。 フード選びに際しては、皮膚や関節の病気にかかりやすい犬種であることから、 皮膚を健やかに保つ成分や、 関節をサポートする成分を強化したフードを選ぶのも一案です。 迷う場合は、動物病院で相談を。 また、短頭種は食器の縁に目が当たって食べにくいことがあり、食器選びにも注意が必要です。 短頭種向けの食器も市販されていますので、試してみるのもよいでしょう。 仏教僧たちにかわいがられていましたが、17世紀頃オランダへ持ち込まれたことでヨーロッパを中心に広がり、愛玩犬として王侯貴族や上流階級の人々の間で人気犬種となりました。 イギリスのウイリアム3世やロシアのエカテリーナ2世にも寵愛されたと伝わっています。 愛嬌たっぷりの外見と陽気な性格から、日本でも人気を集めている犬種です。 監修 認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了 犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。

次の

ミックス犬「チワパグ」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

パグ 性格

パグの基本データ パグの大きさ 25~28cm パグの体重 6~8kg 平均寿命 10年以上 原産国 中国 「ブサかわ」の愛称で親しまれているパグ。 顔に刻まれた深いシワや少し困ったような愛くるしい表情は、見れば見るほど虜になっていきます。 そんなパグの平均体重は6~8kgと小柄ですので、マンションでも気兼ねなく飼育できるでしょう。 また、平均寿命は10年以上となっていますが、中には19年も生きたパグがいるそうです。 愛嬌のある表情が魅力!パグの歴史とは 顔にあるシワや大きな目、困っているような表情がかわいいパグ。 この犬種はかなり古い歴史を持つと言われているため、ハッキリとしたルーツは分かっていません。 ただ、紀元前600年頃にはすでに存在していたのではないかと言われています。 また、当時のパグは「魔除け」として中国の皇室で大切に飼育されていたそうです。 その後、1602~1700年代末には「オランダ東インド会社」を介して中国からヨーロッパへ渡ります。 特にオランダ王室での人気が高く、王の肖像画にも描かれるほど寵愛されていたようです。 オランダだけでなく、イギリスやアメリカにもパグの魅力が広まり、世界中で愛される犬種となりました。 現在もその人気は安定しており、衰えることを知りません。 素直だけど頑固な一面もある?パグの気になる性格について パグは愛嬌があって社交的な性格をしています。 また、利口でしつけがしやすい素直な性格も兼ね備えており、ペットとしては文句なしでしょう。 しかし、その一方でプライドが高く頑固な一面を覗かせることもありますので注意が必要です。 ここでは、パグをお迎えする前に知っておきたい性格についてご紹介します。 ペットとしては理想的な犬種!利口で素直なパグ パグはとても 利口な犬種のため、家庭に迎えるパートナーとしては理想的だと言えます。 また、飼い主の言葉にもしっかり耳を傾ける 素直さが備わっていますので、基本的なしつけはすぐに覚えてくれるでしょう。 さらに、パグは空気を読むことができます。 飼い主の態度や表情を敏感に読み取り、その状況に合った行動を起こすことが可能です。 愛嬌があって遊び好き!陽気で社交的な性格 パグは、とても陽気で明るい性格をしています。 飼い主や家族に明るく振舞うのはもちろん、初対面の相手にもフレンドリーに接することができます。 誰に対しても 社交的な態度を取れるため、散歩中やドッグランで出会った人・ワンちゃんとも仲良くなれるでしょう。 ただ、人懐こくて吠えることも少ないため、番犬には向いていません。 静かで落ち着きがある!室内飼いをするならパグがおすすめ 外出先では陽気で元気いっぱいなパグですが、家の中では 静かに過ごします。 落ち着きがあってのんびりしていますので、室内飼育できるワンちゃんをお探しの方におすすめです。 また、攻撃性は皆無に近いため、小さな子どもがいる家庭でも安心して飼育できるでしょう。 甘やかしすぎると頑固でプライドが高い性格になることも パグには独立心があるため、自分の意思を意地でも通そうとするところがあります。 また、子犬の頃から過度な甘やかしを行うと、より 頑固でプライドが高い子になってしまいます。 頑固だからといって攻撃性が出てくるわけではありませんが、聞き分けの良い子に育てるためにも小さな頃から根気よくしつけを行うことが大切です。 パグは飼いやすい?飼い方のポイントや注意点とは パグは落ち着きがある犬種ですので、比較的飼育しやすいと言われています。 また、攻撃性もないため、小さな子どもがいる家庭でも問題なく飼えるでしょう。 ただ、暑さや寒さに弱い犬種ですので、室温管理が重要です。 また、パグが怪我をしないように室内環境を整えなければなりません。 ここでは、そんなパグの飼い方についてご紹介します。 体温調節が苦手なパグには室温管理が欠かせない パグは体温調節が苦手なため、暑さや寒さに弱いです。 そのため、パグをお迎えしたら必ず室内で飼育し、温度管理を徹底しましょう。 特に夏場は熱中症の恐れがあるため、室内でエアコンを効かせて快適な温度を保ってください。 室温は26~28度が適温だとされています。 また、冬場も暖房器具を使用して26~28度をキープしましょう。 適度な運動で肥満防止 パグは空気を吸っているだけでも太ると言われるほど、肥満になりやすい犬種です。 そのため、毎日適度な運動を行いましょう。 ただ、過度な運動は体に悪影響を及ぼしますので、毎日20~30分ほどの散歩を1日2回行うことが理想です。 なお、パグは暑さや寒さに弱いため、散歩の時間帯は季節に合わせて変えましょう。 食欲旺盛なパグは食事量に注意 パグは食欲旺盛ですので、与えられたら与えられただけ食べてしまいます。 必要以上に与えすぎると太ってしまうため、ご飯は愛犬に適した量だけ与えるようにしましょう。 ご飯の量が適切かどうかは、便の硬さに現れます。 柔らかい便が続く場合は与え過ぎ、逆に硬い便が続く場合は少な過ぎだとされています。 また、パグは早食いの子が多い傾向にありますので、早食い防止食器を使ってゆっくり食べさせましょう。 褒めると伸びる!パグのしつけ方法について photo by パグのしつけは子犬の頃から行いましょう。 しつけを行わずに甘やかしてしまうと、わがままな性格になってしまいます。 そのため、小さな頃から主従関係をはっきりさせ、お互いの信頼を築くことが大切です。 また、パグは褒めると伸びるタイプの犬種ですので、しつけの際は「褒め」の割合を多めに入れるようにしてください。 ただ、悪いことをしたときはきちんと叱ることが重要です。 静かに低い声で「ダメ」「いけない」などと叱りましょう。 このとき、あまりにも厳しく叱ってしまうと拗ねてしまいますので、注意してください。 また、パグ自身がしつけに乗り気でない場合は無理強いせず、気分転換を挟んであげましょう。 トイレのしつけ パグにトイレを教える際は、おやつやおもちゃなどを使ってトイレまで誘導する方法がおすすめです。 ただ、おやつを与えすぎると肥満になるため、低カロリーのものを少量だけ与えるようにしてください。 トイレに誘導できたら、「ワンツー」「トイレ」などの言葉を繰り返し投げかけてあげましょう。 こうすることで排泄と言葉が結びつき、最終的には「ワンツー」という言葉を聞いただけでトイレできるようになります。 また、トイレにはメッシュを付け、シーツを噛んで遊ばないように工夫しておきましょう。 吠え癖のしつけ パグは甘えん坊な性格をしているため、飼い主の気を引こうとして吠えることがあります。 また、飼い主が他の人やワンちゃんに構っていると、やきもちを焼いて吠えることも。 このようにパグは愛情を求めて吠えることが多いです。 そのため、吠え癖の解決法としてはスキンシップを多くとってあげることが有効的でしょう。 パグが寂しさを感じないよう、たくさん構ってあげてください。 噛み癖のしつけ 小型犬とはいえ、パグは顎の力が強く、本気で噛まれると怪我をしてしまいます。 そのため、子犬の頃から噛み癖のしつけを行いましょう。 しつけの際は「どうして噛むのか」その原因を探ることが重要です。 子犬の頃であれば、歯の生え変わりによって生じるむず痒さや、遊びの延長線上で噛むことが多いとされています。 もし手や足などを噛んできたら、「痛い」「ダメ」などと低い声で言い放ちましょう。 また、遊びの最中に噛んできた場合は、その遊びを一旦中断してください。

次の