おじとらチャンネル 運送会社。 Youtubeの急上昇クリエイターで紹介されていたチャンネルを分析してみた|Youtube顧客獲得研究所

おじとらチャンネルの運送会社や収入は?本名や年齢などプロフィールまとめ

おじとらチャンネル 運送会社

リニューアルした山運ブログは いかがでしょうか? あまり変わっていない? まぁまぁ、そう言わずに。。。 さてさて 株式会社山運ではドライバーを募集しております。 大型免許証が無くても大丈夫です。 各種技能検定が無くても大丈夫です。 会社が負担して取得することも可能です。 その場合は会社が指定した 自動車学校に限ります。 (その他、社内規定あり) 全国的にドライバー不足が深刻です。 YouTubeなどで トラックドライバーが投稿する動画結構あります。 「おじとらチャンネル」とか 「たかしチャンネル」とか 「MAGNUMSKIN」とか 「長谷川和輝」とか いろいろありますが それぞれ皆さん個性がある動画ばかりで トラックドライバーの日常や 仕事風景など 面白おかしくUPされてます。 車離れが進む若者たちへ トラック運転手って仕事を 少しでも興味を持って頂くためにも 陰ながらですが 応援させて頂きます。 活字と動画と違いますが 頑張って トラックドライバーの楽しさを 伝えていきましょう!!.

次の

従業員募集

おじとらチャンネル 運送会社

富士運輸グループとして、昨年10月に設立されたセノプロトラックス(瀬野博之社長、奈良市)。 発注者のニーズに応じて、トラックの架装を行い、日々オリジナルのトラックを世に送り出している。 このほど、同社本社敷地内で、新車発表会並びにバーベキュー大会を開催。 富士運輸の松岡弘晃社長も出席し、発表会を盛り上げた。 今回の発表会では、ダイワ運輸の発注を受けて作ったフルエアロハイブリッドトラックをはじめ、高瀬ホールディングスの発注を受けて作った3台のNEWセノプロトラック、富士運輸の日野プロフィア大型ハイブリッド車など、瀬野社長がプロデュースして完成したトラックが並んだ。 高瀬ロジスティクス(愛媛県西条市)、サヌキエクスプレス(香川県東かがわ市)、そしてシンユウ物流(岡山県総社市)のグループ3社のトラックがお披露目されるということで、高瀬ホールディングスの高瀬宏之社長も出席、完成したトラックを前に目を細めていた。 また、同発表会には、ユーチューブの世界で独自の地位を築く、トラックドライバーユーチューバーの「シミジュン」「ちゃんけ」「シミショウ」「おじとらチャンネル」「もこちゃんチャンネル」「ばーしちゃんねる」の6人が集まり、会場を盛り上げた。 さらに、富士運輸のマスコットドライバー「西郷どん」も九州から駆け付け、発表会に花を添えた。 クライマックスでは、会場に並べられた大型トラックのウィングが開くと、そこにはマイケルジャクソンそっくりのパフォーマーが現れ、曲に合わせて圧巻のダンスパフォーマンスが行われた。 パフォーマーは、関西を中心に活躍するマイケルジャクトンさんで、最後は松岡社長や瀬野社長、そしてユーチューバーらもダンスに参加、マイケルジャクトンさんと一緒にダンスを踊った。 高瀬ホールディングス 高瀬社長 「新車の完成に満足」 架装ブランドのセノプロ主催の新車発表会では、高瀬ホールディングス(高瀬宏之社長、西条市)のグループ会社、高瀬ロジスティクス、サヌキエクスプレス、シンユウ物流の新車がそれぞれ並んだ。 緑、紫、青とそれぞれの会社のカラーを用いて架装されたトラックは、会場でもひと際目立っていた。 「いいトラック、かっこいいトラックに乗りたい。 車好きのドライバーなら誰もがそう感じる」と話す高瀬社長。 ノーマルのトラックよりも費用が掛かるのは当然だが、これで若い人材を確保できると考えれば、納得どころかお釣りの来る投資だという。 同社長によると、実際に、同グループでは、ドライバーが集まってきており、成果は出てきているという。 同社長は、「納得のいく仕上がりで大変満足している」とし、今後もセノプロに依頼し、「かっこいいトラックを作ってもらいたい」としている。

次の

おじとらチャンネルの運送会社や収入は?本名や年齢などプロフィールまとめ

おじとらチャンネル 運送会社

こんにちは、朝比奈です。 先日、いつものようにYoutubeを見ていたらおもしろいチャンネルを見つけました。 そのチャンネルは「」というチャンネル名で急上昇ランキングの中にある急上昇クリエイターで表示されていて見つけたのですが、動画投稿数が34本しかないのにチャンネル登録者数が2万人を超えているチャンネルだったんですよね。 「おじとらチャンネル」をご存じない方のためにどういうチャンネルか説明すると、熊本から全国へ長距離輸送を行っているトラック運転手の方が日々の様子を撮影して、投稿しているチャンネルで主に仕事中の様子を撮ったり、ご飯を食べているところだったり作ったりしているところを動画に上げています。 それでこの「おじとらチャンネル」を見て思ったのが同じような感じで動画を投稿しているチャンネルってたくさんあるのになぜ、この「おじとらチャンネル」は人気が出たんだろうかって考えてみたんです。 だって、同じような感じで動画を投稿している人は他にも沢山いるのに、この方のチャンネルだけ特別伸びているわけですからなんらかの理由があるはずですよね。 なので、今回は「おじとらチャンネル」がなぜ、人気チャンネルになったのか、分析をちょっとしてみました。 で、実際に僕がおじとらチャンネルを分析してみて、人気チャンネルになった理由はこの3つにあるのではないかと思いました。 ・人柄 ・グルメ ・トラック まず、1つめが人柄ですね。 実際に動画を見てみるとわかりますが、本当に人柄が良くていい人なんだろうなってよくわかります。 あと、一生懸命仕事をしている姿が見れるので動画を見ている方は応援したくなるのではないかと思いました。 普通は2万人を超える規模のチャンネルになるとアンチコメントが出てくるのですが、おじとらチャンネルのコメント欄は平和そのものです。 それもおじとらチャンネルの投稿者の人柄が理由なのかなと思いました。 本当見てもらうとわかりますが、おじとらチャンネルのコメント欄はYoutubeなんだろうかってぐらいにマジで平和です(笑)。 2つめの理由はグルメです。 おじとらチャンネルを見ていると美味しそうな食べ物がたくさん出てきます。 グルメ系のチャンネルはYoutubeでとても人気があるのでその要素が入っているのというのも人気になった理由の1つとして、あると思いますね。 又、おじとらチャンネルでは投稿者自身が料理を作るシーンがあるのですが、魚を捌いたりなどの作業の手際の良さも視聴者にウケているのかなと思います。 これはYoututubeと全然関係ないですが、おじとらチャンネルの動画にでてくるホルモンうどんがすごく美味しそうなんですよね。 3つめがトラックです。 チャンネルの説明にも書いてあるのですが、投稿者がトラックをこよなく愛しているトラッカーだというのもいいのかなと思います。 自分の仕事に誇りを持っていて、トラックが好きというのが動画を通じて伝わってくるので、これはおじとらチャンネルの投稿者に限った話ではないですが、好きを仕事にしている方の動画は魅力的に映るだろうなと思いました。 あとは長距離輸送ということで色んなところを撮影できるというのはやはり、強いのかなと思います。 普通はなかなか全国を回りながら動画を撮るってできないので決まった形の撮影になるのですが、この方の場合、日本全国の道路を運転している様子だったリ、フェリーに乗っているところだったり、荷物を積み込む様子なんかも動画として残しています。 今挙げたようなものってなかなか一般人では見れない動画なので需要もあったんだろうと思います。 とまあ色々分析してみましたが、今回のおじとらチャンネルを見て思うのが、本当にYoutubeって改めてすごいビジネスだなと思いました。 だって、ひとりのトラッカーの日々の様子を撮影することでお金を稼ぐこともできるわけですし、なにより多くのファンが生まれているわけですからね。 どんな人でもチャンスが転がっているなと思います。 Youtubeをやろうとしている方って人にはないもの、できないことをやらなければいけないって勘違いしてしまっている人って多いですが、そうじゃないんですよね。 もちろん、他では見られないような特技とかスキルがあれば、いいけど絶対じゃないんですよ。 今回のチャンネルのようにその人からしたら当たり前のことだって、他の人にとってはとても新鮮だったりするんです。 だから、34本っていう少ない投稿本数なのにチャンネル登録者が2万人を超えているし、投稿してわずか1ヵ月で40万再生を超える動画できてるわけです。 これは前から思っていたことですが、今の時代は一生懸命頑張っている人、夢を追いかけてる人、いい意味でバカになって前に出れる人、に多くの支持者が集まる時代です。 今回のおじとらチャンネルの投稿者の方で言うなら一生懸命働いている姿が多くの視聴者の支持につながっているのだと思います。 これを見ているあなたも何か人よりちょっとでもいいので好きなものがあったらそれを動画にして投稿してみてはどうでしょうか。 案外、上手く行くかもしれないですよ。 もし、上手く行かなくてもいいじゃないですが、好きなものを投稿してグッドボタンがついたら嬉しいですよ、絶対。 何かあるからちょっと考えてみてください。 今回、紹介した「」はチャンネルとしても面白いですが、参考になる点がいくつもあるので僕の分析を踏まえた上で見てみてください。 そしたらただ見るのではなく、自分だったらこうするかな?というコンサル視点で見るようにしましょう。 そして、それを自分のチャンネルに活かしてみましょう。 そうすれば、今以上に良いチャンネルができるはずですから。

次の