めんたい ぴりり 舞台。 【博多座観劇レポ】めんたいぴりり~博多座版~ 未来永劫編

映画 めんたいぴりり

めんたい ぴりり 舞台

あらすじ story 昭和30年代。 戦後最大の引揚港でもあった福岡は戦争の傷跡を残したまま、復興を遂げようとしていた。 主人公・海野俊之は焼け跡となっていた中洲の一角に小さな食料品店「ふくのや」を立上げ、妻の千代子と営んでいた。 博多の祭り<博多祇園山笠>に情熱を燃やし盛り上げてきた「山のぼせ」でもあった。 一方で俊之には山笠と並んで熱中しているものがあった。 それは「めんたいこ」作り。 そんな時、俊之は息子・健一の同級生、英子の存在を知る。 両親をなくし、親戚に引き取られていた彼女は遠足に行く為の新しい靴やリュックサックも買えないというのだ… 「映画 めんたいぴりり」では、ドラマと同様に、戦後の混乱期を乗り越え、経済は復興から成長へとシフトしていく「昭和」という時代の光と影を描きます。 「映画 めんたいぴりり」はドラマでは語りきれなかったエピソードも加え、福岡の代表的な惣菜として知られることに なった「辛子明太子」が出来上がるまでを「笑い」と「涙」を交えながら描いていきます。 作品紹介 introduction• 日本で初めて明太子を製造し、販売した福岡・博多の「ふくや」創業者・川原俊夫。 商標登録も製造法特許も取得せずに、地元同業者に製造方法を教え、博多名物として定着するきっかけを作った男。 そんな川原の人生をモデルに戦後の混乱期を乗り越え、経済が復興から成長へとシフトしていく昭和を背景に描く、感動物語が誕生しました。 福岡産に、こだわりあり! 主演に福岡出身の博多華丸、富田靖子。 さらに豪華キャスト競演! 「ふくや」創業者・川原俊夫の波乱万丈の実話を基にした「ふくのや」の主人、海野俊之を演じるのは、福岡出身の博多華丸。 俊之の妻、千代子役に同じく福岡出身の富田靖子。 製作にあたって「福岡産」にこだわりを持ち、博多大吉が友情出演、田中健、でんでんや吉本実憂など、福岡県出身者の豪華競演が実現。 さらに、髙田延彦、柄本時生、中澤裕子が出演して脇を固めている。 監督は、福岡を拠点に数多くの演出を手掛ける江口カン。 2度のドラマ化、舞台も好評を博した 「めんたいぴりり」が満を持して、 映画化決定! 2013年にテレビ西日本で、地方局制作としては珍しい連続ドラマ形式で放送されて、日本民間放送連盟賞優秀賞、ATP賞ドラマ部門奨励賞、ギャラクシー賞奨励賞を受賞するなど話題を呼び、2015年に続編「めんたいぴりり2」が放送され、その後、2015年に「めんたいぴりり〜博多座版〜」として舞台化もされた、福岡では知らない人はいない「めんたいぴりり」が、ドラマ版同様、博多華丸、富田靖子ダブル主演、全編完全撮り下ろしで、遂に映画化! キャスト cast• 博多華丸 主人公 海野俊之 1970年生まれ。 福岡県出身。 お笑い芸人。 お笑いコンビ博多華丸・大吉のボケ担当。 よしもとクリエイティブエージェンシー所属。 2006年「R1グランプリ」優勝。 2014年「THE MANZAI」優勝。 2013年TNCテレビドラマ「めんたいぴりり」主演。 ドラマ初主演ながら大好評を得る。 2015年2月TNCテレビドラマ「めんたいぴりり2」主演。 2015年3月博多座公演「めんたいぴりり」でも主演。 博多座自主企画としては、記録的な入場者数を獲得した。 富田靖子 俊之の妻 海野千代子 1969年生まれ。 福岡県出身。 アミューズ所属。 1983年映画「アイコ十六歳」、1985年「さびしんぼう」、1987年「BU・SU」と立て続けに主演。 その後NHK大河ドラマ「毛利元就」などに出演。 2013年TNCテレビドラマ「めんたいぴりり」主演。 2015年2月TNCテレビドラマ「めんたいぴりり2」主演。 近作では、映画「超高速! 参勤交代リターンズ」「友罪」などに出演。 その他映画、テレビ、CMに多数出演。 山時聡真 長男 海野健一• 増永成遥 次男 海野 勝• 瀬口寛之 ふくのや 住込み従業員 八重山• 斉藤優 (パラシュート部隊) ふくのや 住込み従業員 松尾• 井上佳子 ふくのや 住込み従業員 ミチエ• 福場俊策 ふくのや 住込み従業員 笹嶋• でんでん 明太子のファン 丸尾 元博多人形師• 田中 健 俊之の山笠仲間 吉川• 中澤裕子 キャバレーのホステス キャサリン• 豊嶋 花 健一のクラスメイト 英子• 吉本実憂 健一の担任 花島先生• 髙田延彦 千代子が熱烈なファン 稲尾 西鉄ライオンズのスター選手• 博多大吉 スケトウダラの妖精 スケトウダラ• ゴリけん お向かいの金物屋 でんさん 店主• 『めんたいぴりり』が生まれた時代• メインキャストが語る『めんたいぴりり』 博多華丸/富田靖子• 映画『めんたいぴりり』の制作現場から• WE LOVE『 めんたいぴりり』! ~出演者の声 山時聡真/斉藤優(パラシュート部隊)/ 増永成遥/瀬口寛之/井上佳子/ 福場俊策/柄本時生/でんでん/田中健(特別出演)/中澤裕子/豊嶋花/吉本実憂/髙田延彦/ゴリけん/博多大吉(友情出演)/酒匂美代子• スタッフインタビュー 監督:江口カン/脚本:東憲司• マルチプロジェクト『めんたいぴりり』のあゆみ プロデューサー瀬戸島正治が語る/福岡産『めんたいぴりり』の快進撃! 博多祇園山笠 豊田侃也 (博多祇園山笠振興会 会長)• 創業者の足跡 川原武浩 (ふくや代表取締役社長)• 明太子の工場見学へ行ってみた!「博多を五感で知る、体験型ミュージアム」• 観光スポット&『めんたいぴりり』ゆかりの地へ「きんしゃい、福岡!」• 中洲川端/博多/天神/西新&百道/糸島/太宰府 お店で食べたい明太子メニュー• ご了承ください。 ご購入はこちら• 博多華丸• 富田靖子• 斉藤優 (パラシュート部隊)• 瀬口寛之• 福場俊策• 井上佳子• 山時聡真• 増永成遥• 豊嶋花• 酒匂美代子• ゴリけん• 博多大吉 (友情出演)• 中澤裕子• 髙田延彦• 吉本実憂• 柄本時生• 田中健 (特別出演)• でんでん 監督:江口カン 脚本:東憲司 主題歌:風味堂「夢を抱きし者たちへ」(SPEEDSTAR RECORDS)• 製作統括:宗寿彦• プロデュサー:瀬戸島正治• 片岡秀介• 本田克哉• 音楽プロデューサー:渡辺秀文• 企画・製作:株式会社きびる• 制作プロダクション:株式会社VSQ• 撮影:許斐孝洋• 照明:梶原公隆• 録音・効果:増冨和音• 美術:山本修身• 編集:飯塚泰雄• 記録:原田侑子• 助監督:猪腰弘之• 制作担当:谷尚明• 配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー.

次の

【本音レビュー】主演を務める博多華丸の演技力に感動! 映画『めんたいぴりり』は辛子明太子「ふくや」創業者の物語です

めんたい ぴりり 舞台

映画『めんたいぴりり』口コミ感想ネタバレ 映画『めんたいぴりり』あらすじ 公開上映中おすすめ映画 「映画観よったら明太子食べたくなった!」「スケトウダラの妖精の大吉さんも大活躍!」「笑いあり、涙あり!もう一度観たくなる!」 上映中【2019年1月18日 金 公開】 明太子を日本に広めた『ふくや』の創業者・川原俊夫をモデルにした人情ドラマ。 戦争の爪痕が残る昭和30年代、福岡。 試行錯誤を繰り返し明太子の開発に苦心する海野俊之は、ある日、息子の同級生・英子が遠足用の靴やリュックサックを買えずにいるのを知る。 2013年・2015年放映のテレビドラマ、2015年の舞台版に続き、福岡市出身の芸人・博多華丸が博多祇園山笠をこよなく愛するふくのやの店主・海野俊之を演じる。 ドラマ版に続き「ガチ星」の江口カンが監督。 京都国際映画祭2018特別招待作品。 2019年1月11日より福岡先行ロードショー。 -Movie Walker- あらすじ<STORY> 戦争の傷跡が残る昭和30年代、福岡。 焼け跡となっていた中洲の一角で小さな食料品店ふくのやを起ち上げ妻・千代子と営む海野俊之は、博多の祭り・博多祇園山笠に心酔し盛り上げる『山のぼせ』と言われる男であるとともに、山笠と同じくらい明太子作りに情熱を注いでいる。 戦前、日本の統治下でもあった韓国・釜山で生まれ育った彼は、スケトウダラの卵巣を辛子漬けにした明卵漬(ミョンランジョ)をヒントに明太子を作り出したが、なかなか納得する味にたどり着かず、苦悩しながら試行錯誤を繰り返していた。 そんな時、息子・健一の同級生で、両親を亡くし親戚に引き取られた英子が、遠足に行くための新しい靴やリュックサックを買えずにいるのを知る……。 福岡は一足先に公開しました。 戦後のまだ貧しい時代,美味しい明太子作りに頑張るふくのやの夫婦の笑いあり涙ありの物語, 実に良い映画🎦でした。 中澤裕子さん,柄本明さん,高田延彦さんらキャストにも注目、華丸さん,富田靖子さんの熱演, 従業員役や子役の皆さんが好演,お薦めの映画です。 辛子明太子「ふくや」の創業者・川原俊夫をモデルにした人情ドラマの劇場版。 『ALWAYS』の世界観と似ていて、笑いと涙に包まれたエピソードが続く。 互いに励まし合って生きる昭和30年代の人々の健気さが伝わってくる。 振り切れた演技の富田靖子、大吉さんがいい味。 春に野球の試合の場面にエキストラ参加しました。 華丸ちゃん最高。 笑って、泣いて、笑って…本当に楽しい映画でした。 もう一度観に行こうと思います。 とにかく江口カンさんの演出がヤバかった! めっちゃ泣いて、めっちゃ笑いました。 悲しいシーンに涙したら、隣も泣きよった。 そんな映画です。 エンドロールにこの作品に込められた想いが溢れています。 笑いあり、涙ありのホームコメディ。 観ながら「あっ、この後泣かせにくるぞ、くるぞ」と分かっているのだが、 そしてむしろ警戒さえしているのだが・・・まんまと泣いてしまう。 そんなシーンが3度ほどあった。 観終わった後は心地よいスッキリした感覚。 笑って笑って、涙して笑って… どこか懐かしく心温まるお話でした。 ここぞというところで流れてくる風味堂の曲。 笑いました。 泣きました・・ 舞台挨拶には、田中健さんもサプライズでご登場。 博多華丸さんも「良いシーンが粒ぞろい。 華丸大吉の掛け合い見事でした。 今年一番泣いて一番笑ったね。 (1月だし…) 一番のシーンはヒデコが健一に泣きながら笑って「ありがとう」(だったっけ)というシーン。 泣けた… しかし富田靖子さんのお美しいこと。 また見にいこう。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ... これで高評価の口コミばかりでサクラどんだけ使ってるのか... にも20代にも40代にもちゃんと見える!」「村川絵梨さんと平原テツさんが切なくて苦しい!」「頭の中で物語を組み立ながら、演技に引き込まれながらの150分! ….

次の

映画 めんたいぴりり

めんたい ぴりり 舞台

祖父から代々伝えられてきた人の温かさや、福岡という場所と人が持つ力がしっかりと描かれた、安心して笑って泣ける映画です。 俊之が貧しい息子の同級生に靴とリュックを贈る場面がありますが、実際は小学生が修学旅行で使う洗面用具だったと記憶しています。 当時は旅行道具が買えない家も多く、PTA会長を務めていた祖父が先頭に立ってまとめて渡していたと聞きました。 その後、その取り組みは歴代PTA会長の務めとなったそうです。 器用で料理上手な自慢の祖父でした。 俊之と同様に研究熱心で涙もろい一面もありました。 華丸さんの演技に磨きがかかり、祖父のイメージと重なる場面も多く、今では華丸さんが祖父に見えてきて…(笑)。 映画を見ながら当時の記憶がふとよみがえる感覚があるほどです。 父は毎日のようにめんたいこの失敗作を食べさせられてウンザリしていたとか(笑)。 でもやっぱり、映画を見るとめんたいこと白いご飯が食べたくなります。 劇中のセリフを引用すると「博多でめんたいこを作っている人はみんな仲間」。 映画を見た後は、どの会社のめんたいこでもいいので食べてくださいね。

次の