教え て いただく 敬語。 お教え願えますでしょうかを使う際のビジネスマナーは?敬語/丁寧

「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

教え て いただく 敬語

「教えてください」はぶしつけな印象を与えてしまう? 仕事をする上で、上司や先輩に何かを教えてもらいたいと思ったことは誰しもあるでしょう。 では、ビジネスメールにおいて「教えてください」と丁寧に伝えるにはどのような言い回しが適しているのでしょうか。 文例とともにご紹介します。 「教えてください」は正しい敬語。 ただし失礼に感じる人も 本来、「教えてください」という表現は敬語として正しいものです。 そのため、電話やビジネス会話で使うのには問題ありません。 しかし、教えを請うときに使う表現には、よりかしこまったものが存在するため、「教えてください」と書いてしまうと、ビジネスメールでは幼稚な印象を与えてしまいかねないのです。 また、「~してください」を文法的に見ると、「くださる(尊敬語)」の命令形であり、命令をベースにした敬語だということがわかります。 命令形なので、相手の状況にかかわらず「もちろん~してくれますよね」といったニュアンスを含むことになり、人によっては失礼だと感じることがあります。 「教えてください」の尊敬語のバリエーション ビジネスメールに適した「教えてください」の尊敬語は、大きく分けて4種類あります。 それぞれ具体的に見ていきましょう。 ・お教えいただけませんか 尊敬語としての基本的な形は「お教えいただけませんか」となりますが、ビジネスメールよりも口頭でよく使われる表現です。 <例> このツールの使い方をお教えいただけませんか。 ・ご指導いただけませんか 「お教えいただけませんか」より丁寧な言い回しが「ご指導いただけませんか」です。 社内の上司や懇意にしている取引先など、比較的近しい立場の目上の人に対し、口頭でもビジネスメールでも使われる表現です。 <例> テレアポで成果を出すためのコツをご指導いただけませんか。 ・ご教授ください 目上の人に対して、教えてほしい気持ちを伝えるのに最適な表現が「ご教授ください」です。 ただし、この表現は、比較的長期間にわたって指導が必要なことや、専門性の高いことについて教えてもらう場合に使われます。 そのため、教えてもらいたい事柄によっては適切ではない場合がありますので注意しましょう。 <例> Rubyでのアプリ開発の方法についてご教授ください。 ・ご教示ください ビジネスシーンで最も使われる表現が「ご教示ください」です。 相手の知っている知識や情報、データなどを教えてほしい際に使える表現なので、社内から取引先まで幅広く活用できます。 なお、「ご教示ください」は書き言葉になるので、口頭では「ご指導いただけませんか」などの表現を使うようにしましょう。 <例> 今回の採用にあたって、求める人物像をご教示ください。 <例> 明日の会議の詳細について、ご教示いただけますか。 <例> 恐縮ですが、在庫状況についてご教示いただけますか。 教えてもらったときのお礼のメールはどう送る? 質問メールを送り、その内容について教えてもらった場合、お礼メールを送る必要があります。 その際、感謝の気持ちはどのように表現すれば良いのでしょうか。 ・教えてくださりありがとうございました 「教えてくださりありがとうございました」という表現は、教えてくれた相手の行為に対し、直接感謝の気持ちを表現する言い回しです。 「あなたが私に教えてくれたことを感謝する」というニュアンスになります。 ・教えていただきありがとうございました 「教えていただきありがとうございました」という表現は、教えてくれたことを間接的に感謝する言い回しです。 「私があなたに教えてもらったことを、ありがたく思っている」というニュアンスになります。 どちらも正しい敬語表現なのですが、こちらの表現のほうがビジネスシーンではよく使われているようです。 教えてもらうときは、気持ちが伝わるようにお願いしよう ビジネスメールは文章だけのコミュニケーションのため、表現を誤ると相手に不愉快な思いをさせてしまい、仕事上でのトラブルにつながってしまうおそれもあります。 そのため、メールでは特に相手に配慮した表現が求められるのです。 謙虚な気持ちで丁寧にお願いをすれば、相手も快く教えてくれるはずです。 正しい敬語を使うのはもちろんのこと、気持ちがしっかりと相手に伝わるよう、敬意を込めてメールを作成するようにしましょう。

次の

「教えてください」は失礼?ビジネスメールでの敬語や英語表現も解説

教え て いただく 敬語

「お教え願えますでしょうか?」は「教えてください」の丁寧な敬語表現です。 仕事や私生活ではたくさんの人と関わることも多く、周囲の人の知恵や経験を教えてもらうことでスムーズに仕事などが進むことはよくあります。 このように周囲の人に「教えてください」ということを丁寧な敬語で表現した言葉が「お教え願えますでしょうか?」という表現です。 この表現は、「お教え」という部分や「願えますでしょうか?」といった部分に、相手を敬う気持ちが含まれており、教えてもらう際に丁寧な表現であると言われています。 相手を敬って丁寧な敬語表現をすることで、人間関係を良好に保つことができますし、仕事をうまく進めやすくなるなどのメリットもありますので、ここからは特にビジネスシーンにおいて「お教え願えますでしょうか?」を使う際の注意点をお伝えします。 丁寧な言葉遣いと態度で「教えてください」と頼まなければ、相手から快く教えてもらうことはできません。 また、丁寧に教えてくださいと頼まなければ、相手に不快感を与えてしまって、教えてくれなかったり、上辺では教えてもらうことができても、コツやポイントなどの重要なことについてふれずにわかりにくい説明しかしてくれない可能性もあります。 このように、人間関係を円滑に保ちながら、より良い情報を教えてもらうために、「教えてください」と丁寧にお願いすることはとても大切であると考えられています。 そのため、「お教え願えますでしょうか?」といった丁寧な敬語表現を使う必要があると言われています。 「教示」とは、「教える」と「示す」という漢字が組み合わさって単語であり、教えてほしい相手に範囲を限定せずに教えてもらいたいと依頼する時に有効です。 「ご教示いただけますでしょうか?」の他にも、似た表現として「ご教授いただけますでしょうか?」という表現があり、どちらも頻繁に使われる表現ですが、「教授」という言葉は厳密に言うと、ビジネスシーンにはあまり適していないと言われています。 それは、「教授」という言葉に「学問や芸能などの分野について、長期間に渡って知識やノウハウを伝授する」といった意味合いがあるからです。 学問や芸能について、長期的に教えを伝授していただくといった意味合いがある「ご教授いただけますでしょうか?」という表現は、使える状況が限定されるので注意が必要です。 お教え願いますという表現は、丁寧な表現ではあるのですが、「お教え願えますでしょうか?」のように、相手の意向を伺う要素がないことから、少し丁寧な度合いが劣ると言われることが多い表現です。 しかし、ある程度親しい間柄である場合には、適切な距離感を表現するために「お教え願います」と言った方が良い場合もあります。 「お教え願います」は、いつも接する気心の知れた先輩や同僚に使われることが多く、「お教え願えますでしょうか?」と大袈裟に言うことで嫌味になることを避けたい時などに使われます。 このように、状況や教えてほしいと考えている相手との距離感によって、うまく言葉を使い分けることが、何かを教えてもらう時のポイントであると言われています。 「お教え願えますでしょうか?」の類語の2番目は、「教えてもらうことはできますか?」という表現です。 「教えてもらうことはできますか?」という言い方は、「お教え願います」という表現よりもフランクな表現で、ビジネスシーンの中ではいつも接する身近な先輩や気心の知れた上司に使う際に適した表現です。 身近な人に対して、あまりにも形式ばった堅苦しい表現をすると、相手に不快感を与えてしまうおそれもありますので「お教え願います」と言うよりも、わざとフランクな様子や親近感を与えるために使うという際に使える表現と言えます。 ちなみに以下の記事では、人と仲良くなる方法について詳しくお伝えしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。 友達やパートナー、上司などと仲良くなれることはたくさんのメリットがありますので、こちらの記事を読んでぜひ役立ててください。 「お教え願えますでしょうか?」の類語の2番目は、「お教えいただきたく存じます」という表現です。 「お教え願えますでしょうか?」という表現の方が、お教えいただきたく存じますという表現よりも丁寧な表現であると受け取られることが多い例文です。 「存じます」という表現を用いていることから、相手を敬う丁寧な敬語表現と言えますが、相手の意向を伺うといった配慮が表現の中に含まれていないという点で、丁寧な度合いが少し下がると考えられることがあります。 「お教えいただきたく存じます」という表現は、会議などで良いアイデアを募る際にも多く使われる言い方で、特にビジネスの関係者や同業のビジネスをしている人などの集まりで知恵や解決策などを教えてもらいたい場合に使われるケースが見受けられます。 」といった表現です。 現状では理解が不足している状況など、もう少し詳しく教えてほしい時に使える英語表現です。 この表現を、もう少し丁寧な敬語表現にしたい場合には、「It would be appreciated if you could explain the details. 」といった英語表現を使うことで、さらに丁寧な英語表現とすることができます。 この英語表現は「もう少し詳しく教えていただけると、ありがたいのですが」といった表現になり、相手を敬う気持ちを表しながら、仕立てに出て教えてもらう際に有効な英語表現です。 ただし人によっては「今の説明がわかりにくかったのか!」と怒る気難しい人もいると言われているので、相手の性格に注意する必要があります。 」といった表現です。 この表現は、「教えてください」という表現の中でも、特に丁寧な言い方です。 その理由は、「enlighten」という英単語が、神や仏などの偉大な存在が知りうる知恵といった意味合いを持っているからです。 親しい仲で冗談交じりに使われることもあります。 その一方で、丁寧すぎる表現であることから、皮肉に感じてしまう人もいると言われているので注意が必要です。 ちなみに以下の記事では、皮肉屋の意味や類語、嫌味との違いなどを詳しくお伝えしている記事ですので、ぜひ合わせてご覧ください。 皮肉屋の性格の特徴や心理などについても紹介しています。 RELATED ARTICLE 「お教え願えますでしょうか?」を理解して快適な環境づくりに努めましょう 「お教え願えますでしょうか?」という表現は、社会人には必須の言葉遣いであると言われています。 その理由は、仕事や私生活において、自分一人だけの知恵や経験、力だけでは生きていけないケースが散見されるからです。 周囲の人の力を借りることで仕事や私生活が円滑に問題なく進められることは多々あります。 そのため、いかに良好な人間関係を保ちながら、教えてほしいというお願いをするかが重要になってきます。 また、相手に教えてもらうばかりではなく、自分が知っている有益な情報や、役立つ経験などを積極的に周囲の人へ発信していくことで、いざと言う時に周囲の人が率先して助けてくれるということはよくあります。 いずれにしても大切なことは、周囲の人を尊重する姿勢や謙虚な態度であり、普段の行いが大切であるということですので、日ごろの行いを見直したうえで、必要な時には周囲の人に丁寧な敬語表現で「お教え願えますでしょうか?」とお願いし、快適な環境づくりに努めましょう。

次の

メールで「教えてください」を丁寧に伝える方法

教え て いただく 敬語

謙譲語とは相手に敬意を払い自分が遜った表現になりますので、「〇〇さんに教えていただきました」「〇〇について教えていただけますか」など誰かに教えてもらった報告や相手に教えてもらいたい時などに用います。 「いただく」は漢字で「頂く」「戴く」とも書きますが、何かをしてもらう補助動詞として使う場合はひらがなの「いただく」を使います。 「頂く」は「食べる・飲む」の謙譲語として自分が食べたり飲んだりする場合「お茶を頂く」「食事を頂く」といった使い方をし、「戴く」は相手から貰い物などをした際に「菓子折りを戴く」「お歳暮を戴く」といった使い方になります。 「お~いただく」という謙譲語の表現は「お教えいただく」以外にも、「お話いただく」「お聞きいただく」など謙譲語のパターンとして多く使われる表現です。 使い方としては「お教えいただけますか」「お教えいただけると幸いです」などになります。 「教えていただく」「お教えいただく」とも何かを教えてもらいたい場合などに、教えてもらえる事はありがたいといった意味を込めて「いただく」を使います。 教えてもらうの敬語と合わせて「読んでください」の敬語も知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 「読んでください」の正しい敬語を紹介しています。 「ご教授いただく」は専門的な知識を持つ目上の方や上司に教えを授かりたいといった場合に、多く用いられる表現です。 目上の方や上司に対して、敬意を表して教えてもらいたい場合などに使います。 「教示」は教えを示すという意味で「ご教示(きょうじ)いただく」は、目上の方や上司に手順や方法を指導してもらいたい場合などに多く使います。 ご教授くださいの意味を詳しく知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 ご教授くださいの意味やメールの使い方を紹介しています。 教えてもらうの敬語の使い分け方やポイント1つ目は、日常的な会話で使う場合です。 日常会話で相手に何かを教えてもらう場合は、ご教示やご教授を用いると少し堅苦しいイメージになるので、「教えていただけますか」や「お教えいただけますか」などの使い方の方が多くなります。 ある案件に関して手順や方法を指導してもらいたい、内容を教えてもらいたい場合などは「ご教示いただけますか」や「ご教示いただけると幸いです」といった使い方をします。 ビジネスメールでも多く使われる表現で、目上の方や上司に教えや指導を乞いたい場合には「ご教示」という言葉が多く用いられます。 専門的な内容や専門的な技術を教えてもらう場合や、長期に渡って教えを乞いたい場合は「ご教授いただけますか」や「ご教授いただきたく存じます」を用います。 教授は大学教授や名誉教授など教育機関や研究機関などの高位の職階になりますので、「ご教授」を使う事で相手に対しての尊敬の意を表して使われる事が多くなります。 ビジネスシーンで教えてもらう場面は度々訪れます。 時間を割いて教えてもらったわけですから「~について教えていただき、大変ありがたく存じます」や「~についてご教示いただき、とても助かりました」などのお礼のメールを送る事も大切です。 相手のスケジュールや都合のいい時間帯を知りたい場合は、「ご都合を教えてください」や「ご都合を教えていただければ幸いです」といった使い方をします。 スケジュール調整をしたいので、ご都合をお教えください 引用元: career-picks 自分の都合がつかない場合の敬語の使い方を知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 都合がつかないの敬語や都合がつかない場合のビジネスメールを紹介しています。 「教えていただけますか」でも問題ありませんが「ご教示いただけますでしょうか」といった言い方の方が目上の方や上司に送る場合は相手を敬った言い方になります。 明日の打ち合わせの詳細について、ご教示いただけますでしょうか。 「教えてください」や「教えていただけますか」でも間違いではありませんが、教えてもらえるかまずおうかがいする文言にするとより丁寧な言い方になります。 新商品の機能について、ご教示いただきますようお願い申し上げます。 方法や手順の場合は「ご教示」を用いて、「ご教示いただきたく存じます」や「ご教示いただけますでしょうか」といった使い方をします。 これも時間を割いて教えてもらう事になるので、「お忙しいところ恐縮ですが」や「お手数をおかけいたしますが」など時間を割いてもらう事に対しての配慮の言葉を加える事も大切です。 教えてもらえると助かるという意味で伝えたい場合、ビジネスシーンではありがたいという意味を持つ「~いただけると幸いです」という言葉を多く用います。 教えてもらえると助かると伝える場合は「ご教示いただけると幸いです」や「ご指導いただけると幸いです」といった言い方になります。 ご指導も教え導いて欲しいという意味になるので、「お教え」や「ご教示」に変わって「ご指導」を使っても、同じような意味になります。 先日お願いしたミーティングの件、ご都合のよい日時をご教示いただけると幸いです。 引用元: マナラボ ありがたいの敬語を知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 ありがたいの敬語のビジネスメールやありがたいの類語を紹介しています。 誰から教えてもらったか伝える際、教えてくれた相手が目上の方や上司などの場合は「ご教示いただきました」「ご教授いただきました」といった文言を使います。 「教えていただきました」でも間違いではありませんが、ご教示やご教授を使う事で教えてもらった相手に敬意を持っている事も伝わります。 専門的分野について教えてもらう場合は「ご教授」を使い、さらに目上の人からいただくという意味を持つ「賜る」をつなげる事でより丁寧な言い方になります。 ぜひ〇〇先生に、本件につきまして歴史的な観点からのご教授賜りたく存じます。 長期間に渡って教えてもらう、教えてもらった場合は「ご教授」を使います。 長い間教えてもらったお礼の場合は「長い間ご教授いただきありがとうございました」、引き続き教えてもらいたい場合は「末永くご教授いただければ幸いです」などの文言になります。 今後とも末永くご教授いただければ幸いです 引用元: 英語部 上司や目上の方に送るビジネスメールをもっと知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 上司や目上の人のビジネスメールの書き方を紹介しています。 例えば誰かわかる人はいないかなどと問われた場合、「〇〇については、私がお教えいたします」といった使い方になります。 しかし教えるという行為は教える側の立場が上のようなイメージになってしまうので、敬語として間違いではありませんがシーンによっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。 その為この後紹介していきますが、「ご説明」や「ご案内」といった別の言葉を用いて伝える方が柔らかい印象になります。 先に紹介したシーンのように誰かわかる人はいないかなどと問われた場合、「〇〇については、私がご説明させていただきます」とご説明に置き換えるだけで失礼のない言い方になります。 また場所などを尋ねられた場合も、「私がお教えいたします」より「私がご案内させていただきます」の方が遜った言い方になるので印象が良くなります。 ビジネスシーンでも相手から依頼があり何かを教える場合「ご説明させていただきます」「ご案内させていただきます」に置き換えて伝える事が多くなります。 もっと詳しく正しい敬語について知りたい場合は、敬語の正しい敬語の使い方や敬語の必要性など詳しく動画で紹介されているのでぜひ参考にして下さい。 教えてもらう時は丁寧な敬語で伝えよう ビジネスシーンで何かを教えてもらう場合は、相手に時間を割いてもらう事になるので丁寧な敬語で伝える事が大切です。 また教えてもらった後は感謝の気持ちもしっかり伝えるようにしましょう。

次の