仕事 休めない。 仕事の代わりがいない休めない職場は生き残れない!早く辞めるべき理由

【仕事休みたいけど休めない】の考えは必ず悪循環になる

仕事 休めない

・朝から夜まで働き続ける ・仕事では面倒な人間関係 ・代わりのいない仕事にプレッシャー このように普段から無理しているあなたは、むしろ休んでもっと 自分の体を一番に考えるべきかもしれません。 仕事の代わりがいなくても休む方法 説明した通り、あなたに休む権利はあります。 「とは言っても休みづらい」そんな方におすすめの、休み方を紹介。 「退職」はハードルが高くても、まずは休むことから始めてみましょう。 強引に有休をとる 周囲の顔色をうかがいすぎると、あなたが体調を崩してしまうかもしれません。 体調が悪い時は、 仕事もうまくいかないもの。 そんな時は無理せずに 「今日は休みます」と強引に休みの連絡を入れましょう。 もしかして「人手不足なのに休むなんて!」「体調不良でも仕事に来い」と言われるかもしれません。 しかしどんなに言われても、自分の身は自分で守りましょう。 ストレスが溜まって病気になり仕事に行けなくなる前に、 早めに休みをとることが大切です。 上司、同僚に相談する 他にも「代わりがいなくて休めない」ことに 悩んでいる同僚がいるかもしれません。 探してみて悩んでいそうな同僚に相談してみましょう。 すると、一緒に上司に相談しに行ってくれるかも。 1人より数人いたほうが 心強いですし、上司も事の重大さをわかってくれるはず。 上司に相談する時は、不満だけにならないように注意。 「努力したけど無理だった」ことを伝えて 歩み寄りの姿勢を見せましょう。 ストレス発散法を見つける 根本的な解決にはなりませんが、まず できることからやりたい人はストレス発散法を見つけましょう。 仕事以外に打ち込めるものがあると、毎日が少しでも充実します。 ・経営陣が現場のことを把握していないので人を増やさない ・すぐに人が辞める ・募集をしていても人が増えない このように、あなた一人では どうにもできない問題が多いかもしれません。 だからこそ対処の仕方もわからず、ストレスは溜まる一方ですよね。 仕事が属人化している 人手不足ではなくてもそれぞれの仕事が決まっているパターン。 自分の仕事を出来る人はいないし、自分も他人の仕事をできないのではないでしょうか。 または、引き継ぐつもりの部下が育っていない場合もあるでしょう。 このような時は休んだらその分自分の仕事が重なり、「 自分の首をしめるだけだ」と思って休めない人も多いかもしれません。 限界の時は転職を選択肢に.

次の

会社休みたい!休めない!の葛藤から自由になるには?

仕事 休めない

風邪でも仕事を休めないはおかしい 風邪でも仕事を休めないのは ハッキリ言えばおかしいです。 確かに体調管理も必要なことですし、 体調を崩さないように気をつけて働くのは大事です。 健康管理は大事なことですが、 風邪を絶対にひかないなんて無理な話です。 多くの人が風邪をひく可能性があり、 風邪をひいたことで辛く苦しい思いを経験したことがあるくせに、 風邪ぐらいで休むなんて、という考えや、 風邪程度で休みやがって、という風潮は、 風邪を舐めていますし、 無意味な根性であって、無理することを推奨しているようで、 自分や他人の健康や生活を否定しているようなもんですし、 自分にも他人にもとても無責任な考え方でしかないのです。 むしろ風邪や体調不良は仕事を休む理由でしかない 風邪や体調不良で仕事を休むのは理由として真っ当と思うのですが、 風邪で休めないと考える人や会社は、 理由として不適切という判断ということなのでしょうか? そのように考えているのであれば、 いくらいっても風邪で休むことを認めないのかもしれません。 ですが、普通に考えて、 風邪や体調不良の状態になってしまって、 仕事をするのが厳しい、 安静にするのが望ましい、 という状態であるのであれば、 仕事を休むことは普通のことであり、 休む理由としても真っ当なものでしかないと思います。 風邪の程度で仕事を休むかは多少変わる 風邪で休むか否かは風邪の程度によりますし、 ある程度、 自己診断の部分もあり個人差があるでしょう。 例えば、熱がなければ休まないという人もいるでしょうし、 熱がなくても休むという人もいるでしょう。 どちらが良いとか悪いということではなく、 周囲や自分に影響を及ぼさない範囲の風邪かどうか、 を基準に考えなければいけません。 風邪の範囲は曖昧なものですし、 風邪ひいたかなぁ?程度のものもあれば、 命の危険になるぐらいに悪化する風邪もあります。 また、症状があまりないからと無理したことで、 長引いてしまったり、悪化してしまうということもあります。 風邪を引いた場合は影響が拡大しないよう慎重になって、 仕事を休むという決断や判断をする必要があるのです。 精神論な部分で風邪で仕事が休めないなら異常 風邪で休んだら迷惑がかかるとか、 風邪で休むなんて軟弱者だとか、 精神論的な部分で仕事が休めないのであれば異常です。 このような考えを自分自身で持っていたり、 会社や上司が持っているなら異常と思ってください。 風邪で仕事を休めない理由が精神論的な部分のため、 なんてこっちのほうが理屈が通らない話です。 風邪をひいたら仕事は休むものである、 というのが 基本的な考えにあってしかるべきで、 程度や症状から、無理しないように、 と判断したり、言葉や気遣いがあるのが、 良い会社ということではなく普通のことと思いましょう。 いいですか?風邪で会社や仕事を休めることは、 良いことや特別なことではなく、普通のことなんです。 風邪でも、いやパンデミックでも会社に行くってどうなの? 風邪と新型コロナウイルスは一緒にできるものではありませんが、 コロナウイルスの流行が出始めた段階で、 企業によって対応はバラついている感じがしました。 僕の勤め先では、37. 5度以上なら休めってだけで、 37. 4度以下なら出社してもOKというアナウンスでした。 その0. 1度の差ってなんなの?って思いました 笑。 しかも、普通に休むなら欠勤扱いですし、 新型コロナウイルスという未知の病気が迫っている中で、 37. 4度までであれば出社しても問題ないという判断ということですからね。 僕は37. 0度でもそれ以下でも体調が悪ければ休みますけど、 その基準ってコロナウイルスを防ぐ気がそもそもないでしょ? って思ってしまいましたね。 未知のウイルスの対応でもこのような感じですし、 世間では風邪ぐらいでは仕事や会社は休めない! という会社や考えの方が多くいるのは事実なので、 パンデミックという状況下でも、 明日も明後日も仕事に行き続けなければならないという、 地獄の中で奴隷のような扱いを受けている気がしてしまいますね。 風邪で仕事が休めないならいつ休めるのだろう? 風邪で仕事や会社が休めないというのであれば、 いつ休めるのか、どのような理由であれば休めるのでしょう? 実際、新型コロナウイルスでパンデミックと宣言されても、 仕事や会社が休みという処置をされているわけでもないですし、 テレワークや在宅勤務を導入している企業ばかりでもありません。 それぐらい 風邪や体調不良で休むということが、 会社や仕事では良しとされていないということなのかもしれません。 ですが、風邪や体調不良は健康や人命にかかわることですので、 新型コロナウイルスやパンデミックに関わらずに、 会社や仕事を休む理由としては優先されるべきものです。 むしろ風邪や体調不良よりも優先される理由ってないのでは? とすら思うので、 風邪なのに仕事が休めないってのは、 よほど異常なことなのです。

次の

【仕事休みたいけど休めない】の考えは必ず悪循環になる

仕事 休めない

若者が仕事を休みたいのはゆとりでも甘えでもない なぜ今の若者は休みを優先したがるのか? 答えは明白で、 働いても働いた分だけの正当な対価が得られないからです。 要するに頑張って働いても意味(見返り)がないよね。 っていう。 その根源にあるのが サービス残業です。 若者からしたら働けば働くほど(残業すればするほど)、本来得られたはずの給料が支払われず、働き損な状況が出来上がってしまっているわけです。 そんな状況下で休むより働きたいなんて人の方が頭おかしい話です。 「今の若者はお金よりも休みを欲しがる」なんてとんでもない。 お金が貰えないのはもう諦めているから、せめて休みだけでも欲しいんです。 これは「欲しがり」ではなく、むしろ「諦め」です。 つまり、 頑張るにも(給料という)モチベーションが生まれないのが根本原因としか思えません。 「やりがいとかいらないんで、まずお金ください」って感じでした、私も 「休みがない会社はイヤ」は当たり前。 そんな会社は辞めてもいい。 頑張ったら給料が増えるとか、結果出せばボーナスが増えるなんてもう誰も期待していないんですから。 頑張っても頑張らなくても、給料は変わらない。 当たり前です。 甘えもクソもない。 小学生でも分かる当たり前の理屈です。 というより「辞めたい」という正常な思考を保てているうちにすぐに辞めて転職しましょう。 このラインを超えてしまうと、「洗脳される」か「うつ病に陥る」かの二択です。 ラインを超えた段階で思考停止に陥るので「辞める」という判断すらできなり、最悪の結果を迎える人もいます。 幸いにも、最近は企業に対するコンプライアンスや労働基準法の監視がどんどん強まっており、大企業を中心にホワイト化が進んでいます。 脱社畜がブームだけど、大企業のホワイト化も凄いスピードで進行している。 定時退社は当たり前だし、年間25日の有給も全て使い切るのが当たり前。 フレックス制が導入されて出社時間もバラバラ。 週に半分以上はテレワークOK。 会議も自宅からweb会議で出席可能。 一部上場企業とかは株主の監視もあり、労働基準の見直しに厳しくメスが入っています。 これはライフワークバランスを大事に働きたい人にはありがたい追い風となっています。 近年はも増えてますしね。 要するに、 世の中のホワイト企業化はどんどん進んではいます(まだ大企業中心ですが)。 「辞めたい」「苦しい」「ツラい」と思えているうちに、正常な思考が働いているうちに、転職エージェントに相談して転職活動を始めましょう。 今の職場よりずっとマシな場所が世の中には腐るほどあることが分かるはずです。 なので有給をしっかり取れている人は、有給込みならカレンダー通りかそれ以上に休めている人も多いでしょう 休める業種と休めない業種をランキングで見てみる 同上の厚労省の調査における業種別の年間休日数をランキングにして並べてみると以下の通りになります。 業種 年間休日数 1 金融業、保険業 121. 2 2 情報通信業 121. 1 3 学術研究、専門・技術サービス業 118. 8 4 電気・ガス・熱供給・水道業 117. 0 5 教育、学習支援業 113. 8 6 複合サービス事業 113. 0 7 製造業 111. 7 8 不動産業、物品賃貸業 110. 8 8 医療、福祉 110. 8 10 サービス業(他に分類されないもの) 110. 3 11 卸売業、小売業 106. 3 12 鉱業、採石業、砂利採取業 105. 8 13 建設業 104. 7 14 生活関連サービス業,娯楽業 101. 7 15 運輸業、郵便業 99. 3 16 宿泊業、飲食サービス業 97. 7 最も休みが取れるのは金融業とIT業界ですね。 正直、金融やITはブラックなイメージがありましたが、意外にも休日数ではホワイトが多いんですね。 世間のイメージと現実は違うというわけです。 逆に、 最も休みがとれない業種は宿泊業・飲食サービス業です。 こちらは予想通りすぎて何も異論ありませんね。 私は学生時代にずっと飲食店(一部上場企業のチェーン店)でバイトしてましたが、社員さんたちはマジで地獄のように働いていました。 それを見ていて「絶対に飲食への就職は辞めよう」と心に誓ったほどです。 転職を考える際には、こうした業種別の傾向についてもある程度は把握しておいた方がいいでしょう。 このデータによれば、日本人の年間労働時間は1990年の約2100時間から2015年は約1700時間まで減っています。 つまり、日本社会は長時間労働化しているわけではなく、むしろ 今の人は昔の人より働いていません。 ではなぜ、1990年あるいはそれ以前の人たちはこれだけ長時間働いても、今の若者のように「休みが欲しい」なんて言わなかったのか? 答えは単純明解で、 働けば働くほど会社の業績は上がり給料が増えたからです。 一言に集約するなら「 好景気(高度経済成長期)だったから」です。 当時は頑張るだけのモチベーションがあった。 戦後の高度経済成長期、そしてバブル景気……終身雇用に年功序列賃金が約束された、今とは全く別世界の社会の出来事です。 ここで結論を繰り返します。 今の休みたがる若者は、長時間労働に辟易としているのではありません。 「 長時間働いても意味がない(見返りが期待できない)」ことに辟易としているんですよね。 スポンサーリンク まとめ 今の中間管理職(50代)達からすると、イマドキの20代社員は「新人種」なんだそう。 個人的には、多分この旧人種と新人種は一生相容れることはなさそうです。 あと数十年して旧人種がビジネスの前線からいなくなり、2000年代以降の人種が各企業の経営の椅子に座り始めたとき、世の中の労働観が変わっていくのではないかと思います。 ちなみに、イギリスの調査では 「仕事がつまらない。 辞めたい」と感じ始めるのは35歳が境い目だそうです。 多くの人は35歳で急激に、その後は緩やかに仕事に対するモチベーションが低下していくそうですよ。 20代の転職しやすい時期に、良い仕事に出会っておきたいところです。 【おまけ診断テスト】自分の「才能」に気づいていますか? 仕事ができるビジネスマンと出来ないビジネスマンの差は、意外と「 自分の才能・資質を知っているかどうか」だけの差だったりします。 仕事ができる人ほど「自分が得意なこと」を仕事にし、仕事ができない人ほど「自分が好きなこと」を仕事にしようとします。 仕事が非常にできる2割の人間は、自分が得意なことを仕事にしている人。 仕事を普通にこなす6割の人間は、自分が得意なことを仕事にしていない人。 仕事ができない2割の人間は、 自分が苦手なことを仕事にしている人。 「好きなこと」と「得意なこと」は違います。 残酷なほど違います。 一流と三流を分ける海より深い隔たりがあります。 世界最高のサッカー選手であるリオネル・メッシは、FW(フォワード)というゴール前20m四方のエリア内でのみ世界最高の選手でいられます。 彼は誰よりもディフェンスをしません。 なぜか? その仕事場以外では平凡な選手だからです。 つまり「仕事ができる人間」とは、「 得意な場所で、得意な仕事をしている人」なのです。 あなたは、自分の才能がどこに向いているのか把握していますか? 本当はドリブルやシュートが得意なのに、なぜかディフェンスポジションで仕事をしているせいで「仕事ができない人間」になっていませんか? 自分の得意な場所(才能や資質)を探すには、 才能診断テストを受けてみるのが確実です。 有料の本格的な診断テストを受けるのがベストですが、無料で手軽に受けられるテストの中では というリクルート提供の診断テストがかなり本格的です。 30〜40分程度かけて300近い質問にガッツリ答えていく形式で、制限時間内に直感に従ってどんどんと選択肢を選んでいきます。 全ての質問に答えると、あなたの才能が最も偏っている「強み」を5つ導き出してくれます。 診断結果は 実に8568通りものパターン。 ほぼ自分だけの最適な答えを受け取ることができます。 グッドポイント診断を受けるにはリクナビNEXTの会員登録が必要ですが、登録も診断も無料で受けられます。 会員登録自体は1分で終わるので、30分程度の時間がある人はサクッと受けてみるといいですよ。 無料登録 そして自分の才能を把握したら、その才能を最も発揮できる職場で仕事をしましょう。 人の評価なんて環境を変えるだけで驚くほど化けます。 リクナビNEXTは求人サイトの最大手ですし、案件は豊富にあります。 もし才能とマッチする仕事場が分からなくとも、 スカウトサービスを使えばあなたの特性に興味を持った企業側からアプロー チしてきてくれます。 自分という人材を市場に泳がせてみれば、その特性に食いついてきてくれる企業が必ずあるので安心しましょう。 才能を欲する人に見つけてもらうのも一つの手です。 仕事がデキる人 = 得意なことを仕事にしている人 30分時間が空いた時に、ぜひ自分の才能を診断してみてください。

次の