エクセル セル 数 カウント。 COUNTA関数の使い方~データの件数を数えるには [エクセル(Excel)の使い方] All About

セル数をカウントする関数の使い方(COUNT関数,FREQUENCY関数):Excel関数

エクセル セル 数 カウント

注意 Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 してください。 概要 この記事では、次のものを計算する数式について説明します。 セルの範囲内に文字列が出現する回数• 1 つのセルに文字が出現する回数• セルの範囲内に文字が出現する回数• "文字列" には、数えたい特定の文字列を指定します。 注意 上の数式は配列数式として入力する必要があります。 Excel for Windows で数式を配列として入力するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。 Excel for Macintosh で数式を配列として入力するには、Command キーを押しながら Return キーを押します。 この数式の SUM は、指定した文字列を空文字列に置き換えることによって、範囲内にある文字の数がいくつ減ったかを求めます。 したがって、この値を、指定した文字列の文字数で割ると、その出現回数になります。 この数式は、セル内の単語数を数える場合を除き、この記事で説明しているすべての数式の代わりに使うことができます。 例 1: 範囲内の文字列の出現回数を数える• Excel を起動し、新しいブックを開きます。 Sheet1 に次のように入力します。 つまり、"apple" という文字列は 4 回出現しています。 "文字" には、数えたい特定の文字を指定します。 注意 この数式を配列数式として入力する必要はありません。 例 2: 1 つのセル内に文字が出現する回数を数える 前の例と同じデータを使用し、セル A7 に "p" という文字が出現する回数を求めるとします。 セル A9 に次の数式を入力します。 つまり、セル A7 には "p" という文字が 3 回出現しています。 "文字" には、数えたい特定の文字を指定します。 注意 上の数式内に空白はまったくありません。 数式が複数の行に分かれて表示される場合は、単にこの記事を表示する画面のスペースに合わせているだけです。 この数式をセルに入力するときは、空白を一切含めないでください。 この数式を配列数式として入力する必要はありません。 例 4: セル内の文字で区切られている単語の数を数える セル内の空白文字で区切られている単語の数を数えるには、次の手順に従います。 Excel を起動し、新しいブックを開きます。 Sheet1 に次のように入力します。 これは、このセルには、空白文字で区切られた 4 つの単語から成る文字列があるという意味です。 単語の間に空白文字が複数入っていたり、文字列の先頭や末尾に空白文字があっても、問題ありません。 TRIM 関数が、セル内の余分な空白文字と文字列の先頭と末尾にある空白文字を除きます。 Excel では、マクロを使って、1 つのセル内、またはセルの範囲に特定の文字が出現する回数を数えることもできます。 関連情報 文字列の出現回数を数える方法の関連情報を参照するには、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。 Excel で Visual Basic for Applications を使用して選択範囲内の文字の出現回数を数える方法 関連記事.

次の

Excel の文字列、文字、単語の出現回数を数える数式

エクセル セル 数 カウント

この記事の目次• 「その他の関数」アイコンをクリックして選択する 「数式」タブを選択したら 「関数ライブラリ」グループにある 「その他の関数」アイコンをクリック して選択します。 メニューの「統計」にマウスポインタを合わせる 「その他の関数」アイコンを選択したら メニューが表示されます。 その表示されたメニューの中にある 「統計」にマウスポインタを合わせて ください。 メニューから「COUNTIF」をクリックして選択する 「統計」にマウスポインタを合わせたら さらにメニューが表示されます。 その表示されたメニューの中から 「COUNTIF」をクリックして選択します。 「範囲」欄にカウントするセル範囲をドラックして選択する 「COUNTIF」を選択したら 「関数の引数」ダイアログが表示されます。 そのダイアログ内にある「範囲」欄に カウントするセル範囲をドラックして 選択しましょう。 まとめ• 「数式」タブをクリックして選択する• 「その他の関数」アイコンをクリックして選択する• メニューの「統計」にマウスポインタを合わせる• メニューから「COUNTIF」をクリックして選択する• 「範囲」欄にカウントするセル範囲をドラックして選択する• 「関数の引数」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして完了! お疲れ様でした。 あなたの作業が、ストップすることなく 進められることを心より応援しております。

次の

COUNTA関数の使い方~データの件数を数えるには [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル セル 数 カウント

スポンサーリンク No. SUBTOTAL関数は、指定した範囲において、集計方法を選んで求めるという変わった関数です。 引数は、[集計方法]と[参照]の2つです。 引数[集計方法]は下記の数値で設定し、通常の関数と次のような対応になっています。 1 …AVERAGE(平均)• 2 …COUNT(数値の個数)• 3 …COUNTA(データの個数)• …MAX(最大値)• 5 …MIN(最小値)• 6 …PRODUCT(数値の積)• 7 …STDEV(標準偏差)• 8 …STDEVP(標準偏差)• 9 …SUM(合計)• 10 …VAR(不偏分散)• 11 …VARP(標本分散) 例えば、次のようなデータがあり、5行目は項目、6行目から実際のデータが入力されているとします。 抽出されたデータの件数を求めます。 引数[参照]にはどれか1列の全データ範囲を指定します。 複数列を指定すると、抽出されたその複数列のセルの集計となります。 文字列のセルを数えるために引数[計算方法]を「3」として、COUNTA関数の方法で計算しています。 では、次の式で抽出されたF3列(D列)の合計を計算してみましょう。 これらの結果は、抽出を変えて表示された結果に応じて更新されます。 また、上記の引数[集計方法]は、非表示にした行も含めた結果が返されます。 非表示にした行は含めないで集計する場合は、以下の100を足した次の引数が用意されています。 101 …AVERAGE(平均)• 102 …COUNT(数値の個数)• 103 …COUNTA(データの個数)• 104 …MAX(最大値)• 105 …MIN(最小値)• 106 …PRODUCT(数値の積)• 107 …STDEV(標準偏差)• 108 …STDEVP(標準偏差)• 109 …SUM(合計)• 110 …VAR(不偏分散)•

次の