刃牙 たいしたものですね。 ほう。作者本人によるグラップラー刃牙第1話セルフリメイクですか。たいしたものですね。 | ガジェット通信 GetNews

「たいしたものですね」の人も! 佐賀県と「グラップラー刃牙」コラボサイトがマイナーキャラばかり(2017年7月30日)|BIGLOBEニュース

刃牙 たいしたものですね

連載28年を超え、発行部数7500万部を超える伝説的格闘漫画「刃牙」シリーズ。 その「刃牙」が、今回、週刊少年チャンピオン創刊50周年記念企画としてある大胆な企画を実施しました。 その企画とは、作者の板垣恵介先生自身によるセルフリメイク企画。 なんと連載第1話を作者自ら新たに書き直したのです。 この新しい第1話は7月11日発売の週刊少年チャンピオン32号に掲載。 最強格闘漫画の誕生の一歩として今もファンに愛される「グラップラー刃牙」第1話。 数々の名シーンを生んだこの1話を28年描き続けた作者本人が現在の技術を持ってセルフリメイクしています。 さらに、同誌には「刃牙」のWポスターも付属。 1つ目のポスターは、3月のシリーズ最新作「バキ道」コミックス発売時に新宿駅に掲出した広告を「地下闘技場力士絵巻」観音開きポスターとして。 もう1つのポスターは板垣恵介先生が描く「刃牙力士ver. どちらも迫力満点のポスターに仕上がっています。 そして、週刊少年チャンピオン創刊50周年企画として連載しているレジェンドインタビュー企画にも板垣恵介先生が登場。 セルフリメイク企画に懸ける思いや「グラップラー刃牙」誕生秘話など貴重なコメントが掲載されています。 セルフリメイクの第1話が掲載される週刊少年チャンピオンは7月11日発売です。 jpより.

次の

刃牙「炭酸抜きコーラ飲もう」 神心会の人達「オイオイオイ」「死ぬわアイツ」「大したものですね」|エレファント速報:SSまとめブログ

刃牙 たいしたものですね

元ネタ 『』第1話にて、開催の大会決勝戦直前、とを掻き込み、を抜いたをするという暴挙に出ていた・を目撃した空手少年の台詞。 これを発した人物(及び直前に 「」と驚いていたヤツ)はどちらも神心会の下っ端であるが、一応(有段者)である。 白帯の刃牙の事はこの大会まで知らなかったようで、神心会の切り札である決勝戦の相手・との対決を想定した上で、緊張感0の刃牙のを揶揄して発言したのがこの「死ぬわアイツ」である。 何と言うことは無いただのの発言なのだが、として人気が高く、前述の「オイオイオイ」と合わせてよくネタにされる。 そもそもこのシーンの直後、聞いてもいないのに大会役員のおっさんがコーラやおじやに関するを語る描写もあり、とバキがコラボした際にも 「刃牙を呼びに来た人」として何故か取り上げられていた。 2017年8月に開催された(C92)にて、を披露した猛者たちがいる。 連載期間がそろそろ30年近くにまで上る長期シリーズの第1作第1話のシーンがなぜ2010年代後半に突如流行りだしたのか?という理由だが、恐らくは2014年頃からインターネット上の電子書籍ストアサービスが各所で広まり始め、その客寄せ特典として1巻無料、はたまた期間限定全巻無料サービス対象となっていた有名作品の一つとして注目され、多くの読者が改めて、あるいは新たに触れることになったからだと思われる。 関連イラスト pixivision• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00• 2020-07-14 17:00:00• 2020-07-13 19:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 13:35:22• 2020-07-16 13:34:08• 2020-07-16 13:33:39• 2020-07-16 13:31:50• 2020-07-16 13:31:38 新しく作成された記事• 2020-07-16 13:19:19• 2020-07-16 12:58:18• 2020-07-16 12:56:02• 2020-07-16 12:34:23• 2020-07-16 12:33:47•

次の

【事件】『グラップラー刃牙』の第1話を作者がまさかのリメイク! 名物キャラが消失する事態にッッ / しかし本当に注目すべきは “あの音” だった

刃牙 たいしたものですね

オイオイオイとは、死ぬわアイツ 「オイオイオイ」「書いてあるわ概要」 にて「」「範」「」とを変えながらも年以上連載を続ける、恵介作の格闘通称「」の第1部「」、その 1話「ヤツの名は!! 」に登場する。 系の全を決める大会、その決勝試合直前。 を自負する男達の集う最大の格闘団体「心会」その会員達をし決勝進出したの帯「範」。 そんなの控室での急速な補給をの当たりにした心会の帯の門下生()が発したである。 しかし、 「聞いてもないのにベラベラ喋る」「偽不明の知識」「2でやりとりがしている度」などの要素がウケたのか、やではかねてよりや変として使われていたが、ごろ [ ]から上で流行し急速にが普及した。 ディープなヤツらがの魅と銘打ち、ディープなにしか分からない8人のがの魅を紹介した。 その一人として、前述の全文にてと表記したが「控室にを呼びに来た人」と称され登場。 やはりの変でのの魅をってくれた。 「それに特大table枠の関連動画と関連静画これも即効性の記事装飾です」 「しかも関連商品もそえて販促バランスもいい」 「それにしても記事終端直前だというのにあれだけしか関連項目を貼れないのは超人的な編集力の低さというほかはない」• - 例のやりとりを含む1話が試し可•

次の