コストコ ジェノベーゼ ソース。 ジェノベーゼとバジルソースの違いとは?ソース作り方3選と定番レシピ5選!

【コストコ】使いやすい量とおいしさの「バリラ ペーストジェノベーゼ」(マイナビウーマン子育て)

コストコ ジェノベーゼ ソース

業務スーパー|ペストジェノベーゼ|286円 業務スーパーにて286円(税込、税抜265円)で販売中。 内容量は190g。 バジル、チーズ、ガーリックペーストなどの原料を使用したソースです。 植物油脂のオイリーさは強すぎず、カシューナッツとじゃがいもの舌触りを残した、しっかり系の口当たりですね。 さっぱりと爽やかなバジルの香りの中に、チーズの酸味とガーリックの旨味が程よく主張。 引き締まった風味ながら後味はまろやかで、本場の味というよりは、日本人向けに若干優しい印象に仕上げられたソースです。 もう一味足したくはなりますが、チキンや白身魚のソテーなど、料理に合わせる用途にもクセがなくて使いやすいバランス。 ただ、一般的なペストジェノベーゼでは松の実を使用するところをカシューナッツ、オリーブオイルは植物油脂で代えており(よくあるパターンではありますが)、やや香りが弱い印象はあるかも。 チーズも旨みの深いパルミジャーノと塩気の強いペコリーノではないようで、チーズ自体の味わいはおとなしめ。 パスタに絡める際もちょっと多めに使用したくなります。 それでも、300円以下でこの完成度なら文句なし。 安心してチョイスできる一品かと思います。 特徴をまとめると以下のようになります。 チーズやガーリックでコクを加えた、イタリア原産のバジルソース• 旨味と酸味と爽やかさが絶妙なバランスで組み合わさった、価格以上の上品な味わい• 本格的なジェノベーゼに比べると若干香りが弱いけど、ピザからガーリックトーストまで、メニューを選ばず使いやすい• 料理への活用度を重視するなら本品、おつまみ度を重視するならなどもおすすめ•

次の

コストコ 『おすすめ商品』 KIRKLAND バジルペースト

コストコ ジェノベーゼ ソース

業務スーパー|ペストジェノベーゼ|286円 業務スーパーにて286円(税込、税抜265円)で販売中。 内容量は190g。 バジル、チーズ、ガーリックペーストなどの原料を使用したソースです。 植物油脂のオイリーさは強すぎず、カシューナッツとじゃがいもの舌触りを残した、しっかり系の口当たりですね。 さっぱりと爽やかなバジルの香りの中に、チーズの酸味とガーリックの旨味が程よく主張。 引き締まった風味ながら後味はまろやかで、本場の味というよりは、日本人向けに若干優しい印象に仕上げられたソースです。 もう一味足したくはなりますが、チキンや白身魚のソテーなど、料理に合わせる用途にもクセがなくて使いやすいバランス。 ただ、一般的なペストジェノベーゼでは松の実を使用するところをカシューナッツ、オリーブオイルは植物油脂で代えており(よくあるパターンではありますが)、やや香りが弱い印象はあるかも。 チーズも旨みの深いパルミジャーノと塩気の強いペコリーノではないようで、チーズ自体の味わいはおとなしめ。 パスタに絡める際もちょっと多めに使用したくなります。 それでも、300円以下でこの完成度なら文句なし。 安心してチョイスできる一品かと思います。 特徴をまとめると以下のようになります。 チーズやガーリックでコクを加えた、イタリア原産のバジルソース• 旨味と酸味と爽やかさが絶妙なバランスで組み合わさった、価格以上の上品な味わい• 本格的なジェノベーゼに比べると若干香りが弱いけど、ピザからガーリックトーストまで、メニューを選ばず使いやすい• 料理への活用度を重視するなら本品、おつまみ度を重視するならなどもおすすめ•

次の

【連載】コストコ食材、使いこなしレシピーー第4回 「バジルソース」があれば専門店の味に!

コストコ ジェノベーゼ ソース

バリラ|ペーストジェノベーゼ(3本セット)|998円 こちらがコストコで販売されている『バリラ ペーストジェノベーゼ(Barilla Pesto ALLA GENOVESE)』(品番:14320)。 伊バリラ社製ペスト・ジェノヴェーゼの3本セット、1本190gで計998円(税込)です。 1本あたりの単価(コスパ)は約333円、100gあたり175円です。 カロリーは100gあたり492kcal(炭水化物 15. 2g)。 当然ながら原産国はイタリアです。 ジェノベーゼソースといえば、コストコではが定番ですが、あちらは100gあたり約240円。 つまり、コスパ的には本品のほうがお得ということになります。 『ペーストジェノベーゼ』はバジルをベースとした調味ソースで、ほかにパルミジャーノ・レッジャーノ、カシューナッツ、ニンニクなどが入っています。 さわやかな香りがありつつ、濃厚なうまみも楽しめて、クセになる味なんですよね。 本品は、コストコの『バジルペスト』に比べるとオイル少なめ。 粘度の高いペースト状で、スプーンですくっても立体的な形がキープされます。 このままバゲットに塗るだけでも、おいしくいただけますよ~。 バジルのさわやかさとチーズのうまみで華やかな味わい 本品を常温に戻してからパスタの茹で汁で溶き、パスタと絡めれば一品できあがり(今回はエビとアボカドを追加)。 パクついてみますと、バジルのさわやかな香りがふわっと広がり、フレッシュ感があって華やか。 そのうえ、パルミジャーノ・レッジャーノとにんにくでうまみが濃厚です。 さらにカシューナッツで甘みやコク、こうばしさが加わっており、全体的に華やかな味わい。 そんなペーストが麺にねっとりと絡んで、その風味を余すことなく楽しめます。 『ペーストジェノベーゼ』を鶏もも肉にすり込み、魚焼きグリルでじっくり焼き上げました。 加熱しても、バジルの香りはまだまだ残っていますね! 鶏皮はねっとりとした食感で、おこげとなったペーストとともに、口の中で華やかなうまみが広がり、なかなか上出来な味わいです。 * * * 『ペーストジェノベーゼ』は、に比べるとマイルドな印象なので、あちらの濃い味に慣れていると物足りなく感じるかも? とはいえ、コスパは本品のほうが優秀ですし、1本あたり190gと使い切りやすい量なのもありがたいところ。 なので、十分おすすめできますよ。

次の