青 つぶ 貝。 ツブ貝を食べよう!テトラミンに注意して…

つぶ焼きの作り方

青 つぶ 貝

つぶ貝とは つぶ貝の基本情報 コリコリとした食感、クリーム色の美しい見た目、手軽な価格、 等など魅力がいっぱいのつぶ貝。 アワビやサザエと並び、生食ができる巻貝として知られています。 まず抑えていただきたいのが、「つぶ貝」という標準和名は存在しないという事です。 つぶ貝という呼称は、主に食用とされるエゾバイ科の総称となっていて、とっても曖昧なんですよ。 「バイ貝」と呼ばれるものもありますが、地域によってはつぶ貝と呼ばれたりバイ貝と呼ばれたり、、。 エゾボラ 真ツブ つぶ貝の中でも最もポピュラーな本種。 居酒屋さん等で出てくるツブのお刺身に多く使われています。 北海道以北の寒い地域で水揚げされます。 基本的には生で食べられる事が多いですが、焼き、煮る等しても美味です。 お値段は高め。 ヒメエゾボラ エゾボラよりも小さいため「ヒメ 姫 」の名前がついた本種。 小ぶりなためエゾボラと比べるとお安めですが、とても味が良い事で知られています。 浅瀬に生息しているのが特徴で、北海道以外の三陸や常磐等でも水揚げがあります。 殻のまま焼く「焼きツブ」は北海道の名物にもなっています。 シライトマキバイ トウダイツブ 細長い形状からトウダイツブと呼ばれる本種。 バイという名前がついていますが、ツブと呼ばれる事が多いです。 底曳き網漁や、沖あいタコかご漁で水揚げされます。 まとまった数が水揚げされるため、お値段もお安め。 剥き身にされたものが時折スーパーにも並ぶ事があり、冷凍剥き身は定番となっています。 モスソガイ ベロツブ カタツムリのような見た目の本種。 水揚げ漁があまり多くないため地域的なものとなっていますが、青森ではおでんによく使われます。 加熱しても固くならないため、茹で、おでん、煮付け、等で食べるのがポピュラーです。 唾液腺には毒が! つぶ貝を調理するにあたって、気をつけなければいけないのが「唾液腺」です。 唾液腺にはテトラミンという毒性分が含まれており、誤って摂取してしまうとめまいなどの麻痺症状がでてしまいます。 剥き身などで販売されているものは唾液腺をとってあるので心配ありませんが、生きた活ツブから調理する際は注意が必要です。 下処理の方法と毒の除去 続いて下処理の方法をご紹介していきます。 殻を割る まずは殻を割りましょう。 強い力で割ってしまうと殻が身に刺さってしまうので、加減が必要です。 コツは先っちょの細い部分を壊してから、身の入っている太い部分を壊すことです。 内臓もとりやすくなるので一石二鳥ですよ。 内臓をとる 次に内臓を除去していきます。 手で簡単に取れます。 唾液腺をとる エゾボラ類は毒性のある唾液腺がついています。 必ず除去しましょう。 内臓がついていた部分を縦に開くと、粘土のような柔らかい物質が出てきます。 これが唾液腺です。 手で簡単に引き抜く事ができます。 塩もみor塩茹でする つぶ貝は、殻を割った後は日持ちがしません。 時間がたつと匂いも出てしまいますので直ぐに食べましょう。 生で食べる場合は脱殻後直ぐに塩もみをしてヌメリをとり、スライスして完成です。 塩茹でする場合は2%の塩水で3分ほど茹でましょう。 脱殻してから塩茹ですると湯で時間が短くなるのでオススメです。 食べ方 お刺身 生 エゾボラ、ヒメエゾボラ等のつぶ貝を生で手に入れたら、まずはお刺身にしてみましょう。 スライスした後、メンコのようにツブをまな板にたたきつけると身がしまって食感が良くなります。 オススメの品種 エゾボラ、ヒメエゾボラ 煮付け 柔らか煮 ツブは長時間煮込む事で柔らかくなります。 オススメの品種 ヒメエゾボラ、シライトマキバイ、モスソガイ アヒージョ 低温のオリーブオイルでニンニクと煮たスペイン料理です。 ニンニクの香りとつぶ貝の旨みがベストマッチ! こちらもボイル剥き身のつぶ貝で調理可能です。 シライトマキバイやモスソガイは熱を加えても固くなりづらいのでオススメですよ。 オススメの品種 シライトマキバイ、モスソガイ ツブ貝のペペロンチーノ つぶ貝の出汁がとけたオリーブオイルで作ったペペロンチーノは絶品です。 アヒージョの残りオイルを使っても美味しく作れます。 こんにちは!震災後Uターンして水産の世界に飛び込んだヒロヨシです。 1,439件のビュー• 皆さん、こんにちは!魚屋のヒロヨシです。 今回は、最近何かと話題に上がるアニサキス症について解説します... 1,256件のビュー• 皆さん、今日は!震災後、相馬にUターンしてお魚屋さんになったヒロヨシです。 最近、熟成魚という言葉を耳... 786件のビュー• 皆さんこんにちは!相馬のおんちゃまオンラインショップ、店長の高橋です。 魚好きの間で密に愛されている、... 641件のビュー• こんにちは!震災後Uターンして水産の世界に飛び込んだヒロヨシです。 599件のビュー• こんにちは!震災後Uターンしてお魚屋さんになったひろよしです。 弊社はお魚の冷凍加工品を製造しているので、解凍... 508件のビュー.

次の

エゾボラ属/つぶ貝/ツブガイ : 旬の魚介百科

青 つぶ 貝

前回お刺身にした青つぶですが、こいつは本当に安くて手軽に食べられるツブですよね。 前回ツイッターでツブ刺しの話をしたら、BBQで焼きつぶ食べたいとレスポンスしてくれた方がおりました。 そのとき、ああ焼きつぶ食べたい!と不覚にも思ってしまい、それからちょっと悶々としながら今日になります。 笑 青つぶはそのまま焼くのことも出来ますが、一度ボイルしたものを殻の中に戻して、醤油やみりんで味付けした方が殻にくっつかないでいいんですよね。 居酒屋なんかはこの方法だと思います。 そのまま焼くのも良いのですが、ボイルしたものを食べるのも美味しいですし、今回は青つぶを茹でることにします。 このボイルしたあとで炊き込みご飯やツブ焼きなど調理が分岐しますからね。 身を殻から出す さて、10~15分鍋の中で放置したら、ザルなどにあけて冷ましましょう。 殻が触れるくらいまで冷めたら爪楊枝などでツブの身を取り出します。 殻の形に沿いながら、クルクル回すようにゆっくりと取り出して下さい。 急いでやるとウロの部分が切れて殻の中に残ってしまいますので気を付けましょう。 茹で上がった青つぶ 爪楊枝などでクルクル回しながら取り出す ヘタを外して脂部分を取り出す 茹で上がったかどうかの基準は「ヘタ」と呼ばれるツブの蓋のような部分が外れるかどうかですので、外れれば問題ありません。 ヘタを外したあと、縦に切り両側にある脂 唾液腺)を取り除きます。 ヘタが外れると茹で上がった証拠 縦に割って中に見える脂を取り除こう あとは食べるだけの茹でツブ! ヘタも脂も取ってしまったら、 このままかぶりつくも良し!殻に戻して焼きつぶにするも良し!刻んで炊き込みご飯に良し!つぶ料理レパートリーの原点です。 茹でた時点で固くなってしまっては、他の料理はできません。

次の

つぶ貝を刺身で食べるときのさばき方。内臓、食中毒に注意!

青 つぶ 貝

「 灯台つぶ」という名前で売られていることが多いようです。 今回私が購入した「灯台つぶ貝」は、平均5センチから7センチの大きさでした。 「真つぶ」はもっと大きいようですが、この灯台つぶは大きくなっても12センチほどだそうです。 ) 筋がハッキリしていて、細長く伸びたらせん状の巻貝です。 「クビレバイ」という名前の通り、はっきりとした「クビレ」があります。 ほかのつぶ貝やバイ貝のように、口先が割れやすいです。 見た目はシュッとしていて色合いもオシャレです。 主な産地は島根県など。 島根県より北に生息しています。 北海道でも採れます。 なんと、 旬は「不明」なのです。 専門の漁をする人もなく、ましてや養殖されているわけでもありません。 一般の我々は、「水揚げがあれば買える」という感じの貝です。 ただ 「つぶ貝」一般の旬は春から秋と言われていますので、灯台つぶ貝に出会える確率が高いのもこの時期です。 「灯台つぶ」貝は下処理の必要がある?砂抜きは必要?唾液腺についてはどうか? ・「唾液腺(あぶら)」について つぶ貝やバイ貝類には、 「あぶら」と呼ばれる「唾液腺」があります。 これには「毒」(テトラミン)があります。 めまいがしたり、頭痛がしたり、ふらつく、モノが2重に見える、などの症状が数時間続きます。 死亡例はないですが危険と言えますし、水洗いや加熱で消える物質ではないので、しっかりと取り除く必要があります。 しかし、 「灯台つぶ」には取り除くべき「唾液腺(あぶら)」はないそうです。 なので、 そのまま調理していいし、取り除く必要のある部分は、毒についてはありません。 あとは好みでワタなどを食べるか食べないか、の選択程度ですね。 ・砂抜きは必要? 「灯台つぶ」貝は、 基本砂抜きは必要ない、と言われています。 特に、スーパーや魚屋で買ったものはほぼ大丈夫です。 ただ、海水と同じ濃さの塩水につけておくと、汚れやぬめりを吐き出すそうです。 数時間、ときどき塩水を変えてつけておくとより安心です。 調理の前は、流水でお互いこすり合わせたり、ブラシなどを使ったりして、表面の汚れはできるだけ落としてくださいね。 灯台つぶ貝のおすすめの食べ方! 灯台つぶは「刺身」も可能だそうですが、鮮度などの安全性や、歩留まり(ひとつの魚介からどれだけ可食部がとれるかということ)、手間を考えると、 煮つけなどの加熱調理がおすすめです。 特におすすめしたいのが、「 塩ゆで」です。 流水でよく洗った灯台つぶを鍋に入れ、海水程度の濃さの塩水(1000㎖の水に大さじ2杯=30gの塩の割合。 )を入れます。 必ず「水」の温度の状態からスタートしてください。 私は、自分の好みで、もうちょっと多めの塩分で茹でました。 沸騰したら、10分ほど茹でてください。 アクが出たら、取り除いてください。 茹で終わったら、ザルに揚げましょう。 出来上がると早く食べたくなりますが、貝がかなり熱いので、お気を付けください。 キレイな軍手かキッチンペーパーで貝をつかんで、そっと楊枝で取り出してください。 「フタ」はもちろん食べられません。 すぐ剥がれますので取り除いてください。 灯台つぶ貝はそもそもが小さく、唾液腺(あぶら)が無いつぶ貝です。 ワタまで食べても大丈夫です。 あとはお好みでワタを食べるか食べないか判断していただければと思います。 塩ゆでですと、身に適度に塩気がついて、シンプルながら、灯台つぶの旨さが引き立てられるような、すごくおいしいものになります。 他には、 焼いてみりん醤油 で味付けするのもおすすめです。 ソテーや 酒蒸しも簡単においしく食べられます。 生の状態で貝から出したいときは、貝を新聞紙でくるんだり、丈夫なビニールに入れて、金づちで割って取り出すのが簡単です。 カテゴリー•

次の