いみじく 意味。 「いみじくも」の意味と正しい使い方!類語や誤用表現も徹底解説

いみじくもの意味や由来とは?漢字で書くと?正しい使い方は

いみじく 意味

5GHzから3GHz に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。 入力矩形波の繰り返し周波数は 500MHz,500kHz,500Hz で、それぞれデューティ比50%です。 添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。 なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか? 入力矩形波のスペクトラムを考えると、500MHzの矩形波の場合、500MHz 基本波周波数 ,1. 5GHz 第3次高調波 ,2. 5GHz 第5次高調波 ,3. 5GHz 第7次高調波..... とスペクトラムがたつと思います。 バンドパスフィルタの帯域が1. 5GHzから3GHzであれば通過するスペクトラムは第3次と第5次高調波だと思います。 すなわち出力波形は第3次高調波と第5次高調波の足し合わせたような波形になると思います。 同様に500kHzの矩形波の場合は、通過する高調波成分は第3001次高調波から第5999次高調波なので、通過後の波形はその足し合わせになると思います。 第3次と第5次高調波あたりでは振幅はまだ大きいと思いますが、第3001次高調波あたりになってくるとほぼ0になると思います。 500kHzの入力矩形波の場合、上記バンドパスフィルタを通すと第1次から第2999次高調波を捨てることになるのでかなり大部分のエネルギーを捨てていると思います。 それなのに同じような出力波形になることに違和感を覚えます。 なにか私の考えに誤りはありますでしょうか? 有効帯域が繰り返し周波数によらず、0. 5GHzから3GHz に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。 入力矩形波の繰り返し周波数は 500MHz,500kHz,500Hz で、それぞれデューティ比50%です。 添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。 なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか? 入... A ベストアンサー もう少し厳密に言うと、物理の法則に理由がないというには、いくつかのパターンがあります。 例えば、ニュートンが古典力学を発表し、万有引力があるんだ・・・といってから、それが、アインシュタインの相対性理論に上書きされるまでの数百年間、 ・質量のあるものには、万有引力がある。 地球から生じる万有引力が重力だ。 という理論にはそれ以上の説明はありませんでした。 そう考えて作った力学の体系で、星の動き、ボールの軌道などを計算してみると完璧に一致している。 だから、その理屈は正しい・・・というだけです。 なぜ万有引力が生じるのか? いくら問いかけても答えはありません。 万有引力がなんてない。 質量が存在すると、空間が歪む。 その歪みに応じて、重力が発生するのだ・・・ となりました。 なるほど、万有引力がある理由は、わかったのですが、それなら なぜ、質量があると空間は歪むの? なぜ空間が歪むと、重力が発生するの? という別の疑問にすり替わっただけです。 いくら解明が進んでも、その理論には、本質的には原因も根拠もなく、自然がそうなっていることがわかった、でしかないのです。 自然はそうなっている・・・というのが、一般的です。 その相対性理論さえ、量子論のまえでは古典論とされ、場の量子論で、電磁気学はより洗練され、世は統一理論に向かっている・・・考えればきりがありませんが、どの場合にも、質問者がいうところの、理屈など存在しない。 するわけがない。 すると思っている時点で、物理のことを本質的には理解していないのだ・・・ということがポイントです。 朝永振一郎先生の、物理学とはなんだろう・・・とか、アインシュタインの物理学はいかに創られたか?など、読んでみることをすすめます。 もう少し厳密に言うと、物理の法則に理由がないというには、いくつかのパターンがあります。 例えば、ニュートンが古典力学を発表し、万有引力があるんだ・・・といってから、それが、アインシュタインの相対性理論に上書きされるまでの数百年間、 ・質量のあるものには、万有引力がある。 地球から生じる万有引力が重力だ。 という理論にはそれ以上の説明はありませんでした。 そう考えて作った力...

次の

「いみじくも」とは?意味や使い方を「いみじ」との違いを含めてご紹介

いみじく 意味

5GHzから3GHz に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。 入力矩形波の繰り返し周波数は 500MHz,500kHz,500Hz で、それぞれデューティ比50%です。 添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。 なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか? 入力矩形波のスペクトラムを考えると、500MHzの矩形波の場合、500MHz 基本波周波数 ,1. 5GHz 第3次高調波 ,2. 5GHz 第5次高調波 ,3. 5GHz 第7次高調波..... とスペクトラムがたつと思います。 バンドパスフィルタの帯域が1. 5GHzから3GHzであれば通過するスペクトラムは第3次と第5次高調波だと思います。 すなわち出力波形は第3次高調波と第5次高調波の足し合わせたような波形になると思います。 同様に500kHzの矩形波の場合は、通過する高調波成分は第3001次高調波から第5999次高調波なので、通過後の波形はその足し合わせになると思います。 第3次と第5次高調波あたりでは振幅はまだ大きいと思いますが、第3001次高調波あたりになってくるとほぼ0になると思います。 500kHzの入力矩形波の場合、上記バンドパスフィルタを通すと第1次から第2999次高調波を捨てることになるのでかなり大部分のエネルギーを捨てていると思います。 それなのに同じような出力波形になることに違和感を覚えます。 なにか私の考えに誤りはありますでしょうか? 有効帯域が繰り返し周波数によらず、0. 5GHzから3GHz に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。 入力矩形波の繰り返し周波数は 500MHz,500kHz,500Hz で、それぞれデューティ比50%です。 添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。 なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか? 入... A ベストアンサー もう少し厳密に言うと、物理の法則に理由がないというには、いくつかのパターンがあります。 例えば、ニュートンが古典力学を発表し、万有引力があるんだ・・・といってから、それが、アインシュタインの相対性理論に上書きされるまでの数百年間、 ・質量のあるものには、万有引力がある。 地球から生じる万有引力が重力だ。 という理論にはそれ以上の説明はありませんでした。 そう考えて作った力学の体系で、星の動き、ボールの軌道などを計算してみると完璧に一致している。 だから、その理屈は正しい・・・というだけです。 なぜ万有引力が生じるのか? いくら問いかけても答えはありません。 万有引力がなんてない。 質量が存在すると、空間が歪む。 その歪みに応じて、重力が発生するのだ・・・ となりました。 なるほど、万有引力がある理由は、わかったのですが、それなら なぜ、質量があると空間は歪むの? なぜ空間が歪むと、重力が発生するの? という別の疑問にすり替わっただけです。 いくら解明が進んでも、その理論には、本質的には原因も根拠もなく、自然がそうなっていることがわかった、でしかないのです。 自然はそうなっている・・・というのが、一般的です。 その相対性理論さえ、量子論のまえでは古典論とされ、場の量子論で、電磁気学はより洗練され、世は統一理論に向かっている・・・考えればきりがありませんが、どの場合にも、質問者がいうところの、理屈など存在しない。 するわけがない。 すると思っている時点で、物理のことを本質的には理解していないのだ・・・ということがポイントです。 朝永振一郎先生の、物理学とはなんだろう・・・とか、アインシュタインの物理学はいかに創られたか?など、読んでみることをすすめます。 もう少し厳密に言うと、物理の法則に理由がないというには、いくつかのパターンがあります。 例えば、ニュートンが古典力学を発表し、万有引力があるんだ・・・といってから、それが、アインシュタインの相対性理論に上書きされるまでの数百年間、 ・質量のあるものには、万有引力がある。 地球から生じる万有引力が重力だ。 という理論にはそれ以上の説明はありませんでした。 そう考えて作った力...

次の

「いみじくも」とは?意味や使い方を「いみじ」との違いを含めてご紹介

いみじく 意味

「いみじくも」の意味と使い方 「いみじくも」は「実にうまく」「適切に」などの意味をあらわす言葉です。 おもに他者の発言や文章について「要点や特徴を的確にとらえてうまく表現できている」と賞賛する際に使う言葉です。 具体的な使い方としては「社長がいみじくもおっしゃったように、新型ウイルスの感染拡大は世界経済に大打撃を与えております」といった形で用いられます。 「いみじくも」の語源 「いみじくも」の語源は「忌む(いむ)」とされています。 これは「忌み嫌う」の「忌み」と同じです。 「いみじ」は「忌む」の形容詞で、「忌まわしい」「不吉に感じるほど程度が甚だしい」という意味をあらわします。 やがてそれが転じて、悪い意味だけでなく、良い意味でも「程度が甚だしい」ことをあらわすようになり、ついには「素晴らしい、上手だ」という全く逆の意味に変化しました。 「いみじくも」は「いみじ」の連用形になります。 「いみじく」+助詞の「も」ではなく、「いみじ」の連用形が「いみじくも」なので、品詞分解はできません。 「いみじくも」の意味に「忌む」のネガティブなニュアンスはなく、「まことにうまく」「適切に」という賞賛に近い肯定的な表現として用いられます。 「いみじくも」と「いやしくも」の違い 「いみじくも」とよく似た言葉に「いやしくも」があります。 両者は字面と発音が似通っているために、ややもすると混同されがちですが、意味や語源は全く異なる言葉ですから、使い分けに注意が必要です。 「いやしくも」は、形容詞の「いやし」の連用形に助詞の「も」を連結した言葉です。 もともと「卑下する」「見下す」というニュアンスの言葉でしたが、「卑下しながらも本心では高い自負心を抱いている」という裏腹な気持をあらわす用法もあります。 古代の日本語は漢字の意味とは無関係に読みで文字を当てていたので、「いやしくも」も「卑しくも」と読みが同じ「苟 いやしくも 」という漢字が当てられるようになりました。 その結果、「いやしくも」に「苟」本来の意味となる「かりそめに」「まことに」「もしも」「あるいは」などの意味合いが上乗せされ、「卑下する」というニュアンスが徐々に希薄化したものと考えられています。 現在では「いみじくも」も「いやしくも」も共にひらがなで用いられます。 さらに「いみじくも」の現在の意味に「忌」という漢字のニュアンスがないのと同様に、「いやしくも」にも「卑」という漢字のニュアンスはなくなっています。 「いやしくも」の使用例をあげると、「いやしくも教師たる者が生徒にそのようなことをすべきではない」という言い回しで用いられます。 この場合「いやしくも教師たる者」は「仮にも教師たる者」と同じ意味になります。 「卑しい教師」ではありません。 「いみじくも」を使うときの注意点 「いみじくも」を日常生活で使う機会はそれほど多くありません。 そのため誤った使い方をしても気づきにくい問題があります。 「いみじくも」を使うときには誤用を避けるためにも以下の点に注意しましょう。 「いみじくも」は漢字で書かない 「いみじくも」の語源は前述したように「忌みじ」になります。 ただし現代では「忌みじくも」と漢字で表記せず、ひらがなで使うのが一般的です。 意味的にも「忌」のニュアンスはなく、「実にうまく」「適切に」という意味で使われることに注意してください。 「偶然にも」という意味で使うのは誤用 最近、「いみじくも」を「偶然にも」の意味に誤用する例が少なからず見うけられるようになりました。 一例をあげれば「いみじくも彼女の父と私の母が同じ日に亡くなった」というような使い方をされるケースです。 これは「偶然にも彼女の父と私の母が同じ日に亡くなった」という意味で言った誤用です。 この「いみじくも」を、正しい意味の「実にうまく」に置き換えると、「実にうまいことに彼女の父と私の母が同じ日に亡くなった」という変な意味になってしまいます。 この場合は「いみじくも」ではなく「奇しくも」に置き換えて、「奇しくも彼女の父と私の母が同じ日に亡くなった」と表現すると意味の通る自然な文章になります。 「いみじくも」のビジネス上での使い方 「いみじくも」には相手の発言を肯定して持ち上げるニュアンスがあります。 そのためビジネス上ではよく使われる傾向があります。 以下にビジネスシーンを想定した例文をふたつあげてみましょう。

次の