コロナ 中国 の せい。 米騒然、パンデミックは中国でなくトランプのせい チョムスキー博士:社会病質者で誇大妄想狂には収束できない(1/6)

【悲報】アメリカ「コロナは全部中国のせいだから全額賠償金払え」|ツチノコ速報

コロナ 中国 の せい

寄稿の中で習国家主席は「人類と疫病との戦いの中で最も有力な武器は科学技術である」と指摘。 「我が国は感染症の予防・治療の領域において、研究の水準やプラットフォームの建設、人材などの面で明らかにレベルアップしている」と記した上で、「疫病の流行拡大を防ぐための人民戦争、総力戦に打ち勝つにはまだ苦しい努力が必要である」として、科学技術に携わる人たちのさらなる奮起を促した。 同じ号の求是はほぼすべての記事が新型コロナウイルスに関連するものとなっている。 その中で「新型コロナウイルスと科学技術」に関する記事が習国家主席のものも含めて、4本並んでいる。 未知のウイルスとの戦いにおいて科学の力が不可欠であるのは当然ではある。 ただ、共産党の「理論誌」との位置づけの求是において、科学技術の必要性を強調するのは、中国の科学技術力が新型コロナウイルスの流行拡大を抑えるのに役立ったと喧伝(けんでん)する狙いがあるように見える。 実際、中国は新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込みつつある。 中国の国家衛生健康委員会は、22日に新たに感染が確認された人の数は39人、死亡者は9人だったと発表した。 新たに感染が確認された39人はいずれも別の国から中国にウイルスを「逆輸入」した人たちだという。 新型コロナウイルスの感染者が最初に見つかった湖北省での新たな感染者はゼロだった。 同省の武漢市政府は22日、移動制限を緩和し、一定の条件を満たせば自宅を出て出勤を認めるとの通知を出した。 一方、中国政府は同日、北京を目的地とする国際便の直接乗り入れを禁じる措置を発表した。 北京を目的地とする航空機はいったん上海や西安、内モンゴル自治区のフフホトなど12の空港に着陸し、乗客への検疫を実施した後、問題がない乗客だけが北京に向かうことができる。 国内での感染拡大以上に、ウイルスの逆輸入を警戒している。 その他の地域も逆輸入を防ぐべく水際対策を実施してきた。 上海市は韓国や日本、米国、イランなど感染が拡大している24の重点国家から渡航してきた人について14日間、指定施設や自宅で隔離する措置を取ってきた(22日に日本が重点国家から除外され、フィリピンが追加された)。

次の

【脅迫】中国「コロナを中国のせいにする国は、収束後に中国人旅行者から排斥されることになる」

コロナ 中国 の せい

フランスの生理学・医学の権威でノーベル賞受賞者のリュック・モンタニエ博士は「武漢コロナは生物化学兵器関連の人工のもの」と断定し、欧米は同博士の見解に賛意を示した。 豪政府は「WHO抜きの調査団を派遣せよ」と発言した。 今や中国は四面楚歌、「中国之夢」は悪夢となった。 元凶説を中国は真っ向から否定するが、もはや欧米は聞く耳を持たない。 そして、中国への賠償訴訟が次々と提示され、民間の弁護士や団体ばかりか、ついに米ミズーリ州の司法長官が正式に提訴した。 米国では、上院のトム・コットン議員やジョシュ・ホーリー議員、下院のランス・グッデン議員やジム・バンクス議員らも、感染拡大を隠蔽した中国当局の高官を処罰し、損害賠償を求める決議案や、最初に告発して犠牲となった医師の名前を冠して「李文亮法案」「ストップCOVID19法案」などを提出した。 英国、エジプト、インド、オーストラリア、ブラジル、トルコ、ポーランドなどでも提訴の動きが表面化している。 中国の死者数を超え、被害が最悪となった米国のドナルド・トランプ大統領は「中国の発表数字はおかしい」と疑問を投げつけた。 これまで親中路線を歩んだアンゲラ・メルケル独首相も「情報の透明性が必要」と中国を諭した。 メルケルは、側近が感染したため自主的に2週間の隔離状態にあった。 ボリス・ジョンソン英首相は一時危篤状態だった。 志村けんの死亡は日本と台湾に衝撃を運んだが、中国は「志村けんの死因は『台湾肺炎』による」とフェイク情報を流した。 また「中国に責任はない。 米軍が持ち込んだのだ」と中東、アフリカで嘘放送のキャンペーンを張っている。 賠償請求の動きに関しては「エイズは米国から発生したが、米国の責任を問うたか。 米国は賠償したか。 中国も今回は被害者である」と嘯いた(中国外交部、4月20日)。 中国経済、マイナス成長で失業者2億人に ともかく「武漢コロナ」の世界的流行、感染拡大によって、2020年第1四半期の中国GDP(国内総生産)は公式にマイナス6. 8%となった。 本当はマイナス30%以下だろう。 毎年高度成長を遂げて弾丸列車のように驀進してきた 中国経済に急ブレーキがかかった。 中国の至るところで失業者があふれ出し、暴動予備軍となっている。 中国の雑誌「財新」でさえ、失業は2億人と見積もっている。 3月に開かれる予定だった全人代(全国人民代表大会)は開催の目処も立たず、4月の国賓としての訪日は流れ、習近平国家主席は窮地に追い込まれた。 もし5中全会(中央委員会第5回全体会議)を開催すると、責任問題が噴出し、習近平は詰め腹を切らされるというシナリオが急浮上した。 しかし、中国の死者より米国、イタリア、スペイン、フランス、英国、イランの犠牲者数が多くなり、とりわけ欧米先進国は病院崩壊の危機対策に追われて、中国バッシングどころではなくなった。

次の

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

コロナ 中国 の せい

2020年4月13日、中国紙・環球時報によると、英紙ガーディアンは新型コロナウイルスの感染拡大について、欧米諸国で中国の責任を問う声が上がっていることを批判的に報じた。 ガーディアンの記事は、「欧米の新型コロナウイルスの感染拡大に対する対応はひどい状況であるが、そうした国々の中には責任を中国に押し付けようとする政治家もいる」と指摘。 例として、米国が「中国は鍵となる数週間に情報を隠蔽(いんぺい)した」と批判していることを挙げて「これは自己弁護だ」と批判した。 その上で、「(欧米諸国の)こうした主張は『元凶は中国人の習慣にある』との考えを暗示している。 この習慣には、野生動物市場の驚くべき衛生条件や、コウモリ、センザンコウを食用することなどを含む」と指摘。 「その意図がどんなものであるかにかかわらず、中国に対する批判が中国人およびアジア人に対する民族主義的暴力の増加へと変化している」と論じた。 さらに、「こうした攻撃は外国敵視の行為である。 疫病大流行における中国の責任を見つけようとする人は、中国が近年、グローバル市場において台頭した特殊な政治経済条件について考えるべきであり、これこそウイルスの拡散を加速させ、欧米の強烈な反中の種となったのである」とした。 また、センザンコウの食用が新型コロナウイルスの感染を引き起こしたとの主張があることについて記事は「データが示すところによると、グローバル化の影響が真のポイントである」と反論。 「センザンコウの価格は急騰しており、多くの中国人は野生動物の消費を厳格に制限することを支持している」とした。 そして、「これは米国が提唱する経済自由化の結果である。 武漢市が経済のグローバル化に追いついたため、こうした経済力がウイルスの拡散を加速させることになったのだ」としている。 記事はこのほか、新型コロナウイルスに対する対策では、「英国は8週間、米国は70日を無駄にした」と主張。 「こうした流行病は貧しい地域や白人の国以外で発生すると考えており、このような民族主義が致命的かつ低効率な対応を招いた」と批判している。 さらに、「こうした心理状態は以前からポピュリズムの中で体現されていた。 米国では中国が製造業の仕事を奪ったとの主張があり、英国では華為技術(ファーウェイ)による5G建設に対する心配の声が出ていた」と指摘。 「西側諸国の中国に対する心配や不安はウイルスが引き起こしたものではない。 こうした心理はワクチンができても消えるものではない。 反中の背後にある政治経済の力や民族主義では、現在のグローバル規模の社会と公共衛生の危機に対応できないことを、われわれは認識すべきである」と結んだ。

次の