高音質 ヘッドホン 有線。 重低音ヘッドホンのおすすめ13選。低音を堪能できる人気モデルを紹介

【2020年最新版】高性能な機能が充実!高音質有線イヤホンおすすめ11選

高音質 ヘッドホン 有線

By: 重低音ヘッドホンとは、低音に比重をおいたチューニングを施しているヘッドホンのことです。 音楽鑑賞はもちろん、クラブDJなどでの使用もおすすめ。 身体に響いてくる低音を心行くまで楽しめます。 特におすすめなのが、DJプレイ向けの重低音ヘッドホン。 DJで取り扱うダンスミュージックやクラブミュージックなど、重低音の魅力的な曲の再生を目的に作られているため、迫力のある重低音を高解像度で楽しめます。 一方、同じ音楽現場で使用されるヘッドホンでも、プロ向けのモニター用ヘッドホンは重低音を重視した音づくりではありません。 高音質ですが、曲の確認用として作られているため、すべての音域をバランスよくカバーするフラットなチューニングとなっています。 同じプロ向けでも音質に差があるので、重低音を楽しみたいならDJプレイ向けに開発された重低音を重視したモデルがおすすめです。 重低音ヘッドホンの選び方 形状をチェック 開放型ヘッドホン By: 開放型のヘッドホンは耳を密閉しないので、長時間着けていても快適で軽い装着感が魅力。 音の抜けや高音域の伸びのよさが特徴です。 一方、遮音性が低いので周囲の音が大きい街中での使用には向きません。 音漏れも大きいので、人の密集する電車内での使用に不向き。 低音も漏れてしまうので、ダンスミュージックなどを聞きたい方は密閉型をチェックしておきましょう。 密閉型ヘッドホン By: 密閉型ヘッドホンは耳を密閉するように装着するので遮音性が高く、音漏れの心配がありません。 街中の喧噪の中でもはっきりと聴きとれるのが大きな魅力。 音質は重低音が響きやすい傾向にあります。 ただ、音の広がりや繊細な表現描写には向いていません。 音がこもりがちなので、各楽器の音を聴きとりたい方や低音域から高音域までフラットに聴きたい方には不向きです。 密閉型のヘッドホンは、迫力ある重低音を楽しみたい方や、胸に響いてくるビートに乗りたい方におすすめ。 耳全体を覆うタイプのオーバーイヤー型を選べば、外出中もほとんど音漏れしないので、周囲を気にせず楽しめます。 音質をチェック By: 重低音ヘッドホンには有線タイプのモノと無線タイプのモノがあり、有線タイプとは重低音ヘッドホンとオーディオプレーヤーがケーブルでつながっているモノのことを指します。 有線タイプの大きなメリットは音質が劣化しにくい点です。 オーディオプレーヤーと重低音ヘッドホンの間に遮蔽物がなく、ケーブルで直接つながっているので音の劣化を防げます。 また、ケーブルの材質によって音質の変化を楽しめるのも魅力です。 ただ、有線タイプは断線や移動時に邪魔になるというデメリットがあります。 ジョギングなど身体を動かすシーンでの使用には向いていません。 また、収納時はケーブルが絡まって断線しないよう注意する必要があります。 有線タイプの重低音ヘッドホンは、部屋の中でゆっくりと音楽を楽しみたい方や音質を重視している方におすすめです。 ワイヤレス(Bluetooth) By: ワイヤレスは無線タイプ・Bluetoothタイプとも呼ばれます。 ケーブルを気にする必要がないのでダンスなどで身体を激しく動かしながらでも快適に使用できます。 従来なら有線タイプのモノが一般的でしたが、Bluetoothの登場によって無線タイプの重低音ヘッドホンも飛躍的に増加。 無線の届く範囲内ならオーディオプレーヤーから離れられるのが魅力です。 ただ、無線タイプは有線タイプよりも音質が落ちてしまうのがデメリット。 電波干渉などによって本来の音質を十分に楽しめません。 また、一部のオーディオプレーヤーでは対応していない場合もあります。 購入前に使用可能かチェックしておきましょう。 無線タイプの重低音ヘッドホンは、音質はそれほど重視しないが体を動かしながら音楽を楽しみたい方におすすめです。 ダイナミックドライバーをチェック By: 重低音ヘッドホン内部の空気を震わせる構造のことをドライバーといいます。 ドライバーにはダイナミック型・バランスドアーマチュア型・コンデンサー型などがあり、多くの重低音ヘッドホンで採用されているのはダイミック型のドライバーです。 ドライバーは、マグネット・ダイアフラム・ボイスコイルなどから構成されており、ダイナミックドライバーの重低音ヘッドホンは、音楽信号をダイアフラムに伝えて空気を振動させています。 高音質のダイナミックドライバーを見極めるポイントはダイアフラムの大きさ。 ダイアフラムの大きさは「ドライバー口径」と呼ばれ、これが大きければ大きいほど重低音の迫力が増し、より高音質で楽しめます。 重低音ヘッドホンの人気メーカー ソニー SONY By: JVCケンウッドの前身であるJVCは1959年に日本で生まれたブランド。 「日本ビクター株式会社」が海外展開する際に使っていましたが、現在は世界共通ブランドのJVCとして、国内外でオーディオ・ビジュアル製品を展開しています。 なお、日本ビクターはケンウッド KENWOOD と2008年に合併し、「株式会社JVCケンウッド」となり、それぞれのブランドで製品を発売。 イヤホン・ヘッドホン分野においてはJVCブランドをおもに使用しています。 JVCでは「原音探求」の考え方を基にしたオーディオ製品開発が行われてきました。 振動板素材に木材を使用することで、リアルなサウンドを追求しているのも特徴です。 重低音ヘッドホンにも積極的で、「重低音&タフボディ」をコンセプトにした「XXシリーズ」は独特のデザインも相まって、世界的な人気を博しています。 コス KOSS 高音質と多機能性が特徴のヘッドホンです。 Bluetooth接続時にLDACコーデックに対応。 また、非ハイレゾのMP3音源もハイレゾ相当の音質にアップスケーリングできるので、音源を選ばずに高品位でリスニングできます。 Bluetooth接続時に専用アプリを使用することで、プリセットや好みの音質に設定可能。 重低音を強調したサウンドを堪能できます。 ステレオミニジャックによる有線接続もできるので、幅広い機器と接続可能です。 最大30時間のロングバッテリーと長時間の使用も問題ありません。 さらに、持ち運びに便利な折りたたみ構造を採用しているので、外出時の使用にもおすすめです。 重低音再生を強化した「EXTRA BASSシリーズ」のヘッドホン。 重低音を増幅する「ベースブースター」機構と、EXTRA BASS専用設計の振動板により、ライブハウスやクラブで聴いているような臨場感のある低音が楽しめます。 低音を逃さないために気密性を強化しているため、遮音性が高いのも特徴です。 ヘッドバンドからスライダー部分まで、つなぎ目のない金属部品を使用することで、堅牢性と快適な装着性を両立させているのもポイント。 シンプルでスタイリッシュな外観も魅力です。 8台までの機器とペアリングできる「マルチペアリング」のほか、音楽再生用と通話用にそれぞれ1台ずつ同時接続できる「マルチポイント」に対応。 多多機能なBluetoothヘッドホンを探している方におすすめです。 重低音とおしゃれなデザインが特徴のヘッドホンです。 ビーツは伝説的なヒップホップ・アーティストのドクター・ドレが中心となって立ち上げたブランド。 ストリートを意識したファッション性と、重低音を効かせたノリのよいサウンドが持ち味です。 現在はApple傘下となり、iOSデバイスとの親和性の高さもメリットとなっています。 本モデルは、iPhoneとの組み合わせも意識した音質チューニングにより、幅広い音域でクリアなサウンドをバランスよく再生。 ヒップホップやロックを中心に、迫力のある音楽を楽しめます。 バッテリー駆動は最長40時間とハイスペック。 また、5分の充電で最長3時間の再生が可能な急速充電機能の「Fast Fuel」も便利です。 さらに、「Apple W1チップ」を組み込んだことで、iOSデバイスとのペアリングの設定や切り替えがスムーズにできます。 全部で6種類のカラーバリエーションが用意されているのも魅力です。 重低音の再生に特化したコンパクトなワイヤレスタイプのヘッドホンです。 重量がわずか約220gの軽量ボディながら、53mmの大口径ドライバーを搭載。 さらに、硬度の異なる2層のクッション材を採用したイヤーパッドが、耳にかかる圧力を軽減しつつ、体に響く迫力のある重低音を実現しています。 バッテリーの駆動時間は最長40時間。 また、ヘッドホンコードが付属するので、バッテリー残量が少なくなった場合でも有線接続で引き続き音楽が楽しめます。 ハウジング部はフラットに動かせるほか、内側に折りたたんでコンパクトに収納も可能。 また、耳元で音楽や通話の遠隔操作もできます。 汎用性の高いハイコスパな重低音ヘッドホンとしておすすめです。 高性能なノイズキャンセリングヘッドホン。 ユーザーごとに耳の形状をスキャニングし、その形状に応じて最適な音を自動セットアップする「オートキャリブレーション機能」を搭載しているのが特徴です。 また、52mm径と大口径なダイナミックドライバーを採用することで、豊かに広がるワイドレンジな音場を実現しているのもポイント。 さらに、自分の好みに合わせてサウンドをカスタマイズできる「トーンコントロール機能」を活用すれば、重低音を効かせたサウンドも鳴らせます。 音楽ジャンルや曲などに合わせてサウンドステージの広さを切り替えられる「DSP機能」も便利な機能です。 本体の素材にはスタイリッシュな金属と、高級感のある革を採用しているのも魅力。 ヘッドホンの見た目にこだわりたい方にもおすすめです。 高価ではありますが、満足度の高いヘッドホンを求めている方はぜひチェックしてみてください。

次の

お気に入りのヘッドホンをワイヤレス化!高音質オーディオアイテム2選

高音質 ヘッドホン 有線

By: ワイヤレスヘッドホンは、オーディオ機器とヘッドホンをBluetoothで接続するコードレスタイプ。 ケーブルを使用しないため、オーディオ機器と離れた場所でも音楽を楽しめるのが特徴です。 また、モノにひっかかって外れたり、ケーブルが断線して使えなくなったりなど、ケーブルゆえのデメリットを受けにくいのもポイント。 より自由に動けるので、通勤や通学など屋外で使用する方におすすめです。 ただし、無線で接続するため、充電が必要な点に注意が必要。 長時間使用したい方は再生可能時間もチェックしましょう。 なかには、無線接続と有線接続の切り替えができるモデルも存在します。 より高音質で音楽を楽しみたい方や遅延を減らしたい方は、両方に対応したモデルがおすすめです。 By: ヘッドホンを選ぶ際、音の特性を重視するのも重要なポイント。 ヘッドホンの音の特性は「モニターヘッドホン」と「リスニング向けヘッドホン」の2つに大きく分類できます。 モニターヘッドホンとは、原音に忠実な再生を可能にするタイプで、主に音楽制作を目的にしたシーンで活用されることが多いのが特徴。 全体的に音のバランスがよく聞こえるため、ボーカルの声をリアルに聴きたい方やミキシング・マスタリング用として使用する方におすすめです。 リスニング向けヘッドホンとは、その名の通り音楽を聴くのに適したタイプで、迫力ある低音を楽しめる「重低音ヘッドホン」や、繊細な中高音を楽しめるヘッドホンなどさまざまなラインナップがあるのが特徴。 メーカーやモデルによって音の傾向が異なるので、自分の好みに合ったヘッドホンを見つけやすいのも魅力です。 ノイズキャンセリング機能をチェック By: ノイズキャンセリング機能とは、周囲の環境音を内部へ取り込み、逆位相の音を発することで音を打ち消し、ノイズを低減する機能のこと。 賑やかな場所で使用しても音楽に集中できるので、通勤通学で使用する方や飛行機などを利用する機会が多い方におすすめです。 一方で、有線モデルの場合でも、ノイズキャンセル使用時に内部バッテリーを使用するので、充電が必要なことに留意しましょう。 そのほか、周囲の音が聞こえにくくなるので、人と会話がしにくくなってしまったり、車などの音が聞き取れなかったりする点に注意が必要。 なかには、周りの音を聞き取りやすくする「外音取り込み機能」が搭載されているモデルもあるので、安全面に配慮したい方はチェックしましょう。 ハイレゾに対応しているかチェック By: ソニーは常に新しいオーディオの楽しみ方を提供し続けている世界でもトップレベルのメーカー。 高性能なオーディオ機器「ウォークマン」を発売し、携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立しました。 ヘッドホンに関しては、初心者からプロまで使える幅広いラインナップがあるのが特徴。 原音の再生に忠実な「モニターヘッドホン」や、ファッションに馴染む「重低音ヘッドホン」など使用用途に合わせて選べます。 また、ワイヤレスヘッドホンにおいても、ハイレゾ相当の高音質を楽しめる高音質コーデック「LDAC」に対応しているモデルや、ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルなど多機能なモデルが多いのも魅力です。 ボーズ Bose By: ビーツは洗練されたスタイリッシュなデザインが魅力の人気オーディオメーカー。 豊富なカラーバリエーションを展開しており、ファッション性に優れているのも魅力です。 特に重低音ヘッドホンのクオリティが高く、DJやアスリートなどに愛用されています。 また、2014年にAppleに買収され同メーカーの傘下になったことで、Apple製品にも搭載されている「W1チップ」を採用したモデルが多いのもポイント。 W1チップはiPhoneやiPadなどiOS端末との相性がよく、デバイス間をシームレスに切り替えられます。 iOS端末を使用している方やおしゃれなヘッドホンを探している方におすすめのメーカーです。 オーディオテクニカ audio-technica ワイヤレスながらハイレゾ相当の高音質が楽しめる「LDAC」のコーデックに対応した密閉型のオーバーイヤーヘッドホンです。 LDACのほかに、CDやMP3などの音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載しているのも特徴。 音楽だけでなく、動画なども高音質で楽しめます。 本体には最大35時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを内蔵。 加えて、10分の充電で最大2. 5時間の再生が可能な「クイック充電」に対応しているので、よく充電を忘れてしまう方にもピッタリです。 さらに、周囲のノイズを低減する「ノイズキャンセリング機能」を搭載しているのもポイント。 飛行機や街なかなど周りが騒がしい環境でも、音楽に没入できます。 イヤーパッドには「低反撥ウレタン素材」を採用しており、快適な装着性を実現。 長時間着用しても疲れにくいヘッドホンを探している方にもおすすめです。 パワフルなノイズキャンセリング機能を搭載した密閉型のオーバーイヤーヘッドホンです。 高性能なノイズキャンセリングテクノロジーを採用しており、ノイズキャンセリングレベルを11段階で調節可能。 ノイズを自在にコントロールすることで、周囲の音が聞こえるまでレベルを下げられます。 音質に関しても、再生中の音楽の低音や高音などを自動で調節して美しいサウンドを楽しめる「アクティブEQ」を搭載。 小さい音、大きい音関係なく、臨場感あるサウンドを体感できます。 また、4マイクシステムを搭載しており、優れた音声認識機能に対応。 「Googleアシスタント」と「Alexa」の両方を使用でき、ハンズフリーで手軽に操作できます。 使い勝手がよい高性能なヘッドホンを探している方におすすめです。 高性能な「アクティブノイズキャンセリング機能」を搭載した密閉型のオーバーイヤーヘッドホン。 W1チップを搭載しており、最大40時間の連続再生が可能で、バッテリー容量を気にせず使えるのが特徴です。 加えて、わずか10分程度の充電で最大3時間の再生が可能な「Fast Fuel機能」を搭載。 充電が面倒な方にもおすすめのモデルです。 また、安定した接続が可能なClass 1のBluetoothを採用しているのもポイント。 オーディオ機器と離れていても音が途切れることなく、安定した再生が可能です。 豊富なカラーバリエーションも魅力のひとつ。 自分好みのデザインを選べるので、おしゃれなヘッドホンを探している方にもピッタリです。 5時間の充電で最大30時間の連続再生が可能な密閉型のオーバーイヤーヘッドホンです。 大容量のバッテリーを内蔵しているため、通勤通学や旅行のときもバッテリー残量を気にせず使えるのが特徴。 充電ケーブルには急速充電が可能な「USB Type-C」を採用しており、充電をよく忘れてしまう方にもピッタリです。 音質に関しても、ダイナミックな低音と再現性が高くバランスの取れたサウンドを実現。 音楽ジャンルを問わず、高音質で楽しめるのもポイントです。 また、Bluetooth5. 0を採用し、コーデックもaptX・aptX-LL・AACに対応。 iOS端末とAndroid端末のどちらでも高音質・低遅延の再生が可能で、音楽再生だけでなく快適な動画視聴も可能です。 耐久性に優れた素材を使用し、コンパクトに折りたためるのも魅力のひとつ。 屋外へ持ち運ぶ機会が多い方にもおすすめです。 おしゃれなデザインと高い機能性を備えた密閉型のオーバーイヤーヘッドホンです。 友人と会話したり、大切な仕事の電話をしたりと、さまざまなシチュエーションに対応できます。 また、同社独自のアクティブノイズキャンセリング ANC に対応しているのも魅力のひとつ。 外音を最も遮断する「最大モード」、移動時に効果的な「風切り音低減モード」、ノイズキャンセリングの圧迫から少し解放されたいときに便利な「圧迫感低減モード」の3モードを搭載しており、状況に応じて切り替えられるのも便利です。 最大17時間の連続再生に対応しているのもポイント。 外出時などで長時間使用したい方にもおすすめです。 高域再生を実現する40mmドライバーユニットを採用した、密閉型のオーバーイヤーヘッドホン。 再生周波数帯域が3〜100kHzと幅広く、ハイレゾ音源の高音質再生に対応しているのが特徴です。 また、軽量CCAWボイスコイルを採用することで、高域での高いレスポンスを実現しているのもポイント。 ハウジング状に通気孔が設けられているので、通気抵抗をコントロールし、重低音のリズムも正確に再現できます。 イヤーパッドは人間工学に基づいた設計により、頭部の凹凸に優しくフィット。 ウレタンフォームの柔らかさを最大限に引き出すことで快適な装着性を実現しています。 ハイレゾの高音質を長時間楽しみたい方におすすめのヘッドホンです。 ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同開発したハイレゾ対応のスタジオモニターヘッドホンです。 独自開発のドライバーユニットを採用しており、可聴帯域を超えるハイレゾ音域をダイレクトかつ正確に再現できるのが特徴。 ジョイント部にシリコンリングを採用しており、体を動かす際に生じるノイズを低減できるので、原音に忠実でクリアなサウンドを聴けます。 人間工学に基づいて作られたイヤーパッドを搭載しており、長時間のリスニングも快適。 可動部の耐久性や耐落下強度も優れているので、長期的な使用にも耐えられる品質を実現しています。 プロのレコーディング現場でも使われるほど高品質なため、自宅で音楽制作をする方におすすめです。 大口径70mmドライバーユニットを搭載し、高音質を実現した密閉型のオーバーイヤーヘッドホン。 LCPとアルミニウムの相互作用により全帯域で高くフラットな内部損失特性を実現し、色付けのないクリアな中高音を楽しめるのが特徴です。 大サイズのネオジウムマグネットを使用しており、ハイレゾ音源の入力信号にも素早くレスポンス。 解像度の高いクリアなサウンドを楽しめるのもうれしいポイントです。 また、ハウジングに設けられた通気孔により、空気の流れを調節することでリズムを再現。 量感ある重低音サウンドもしっかり体感できるのが強みです。 イヤーパッドには高いフィット感を実現する「低反撥ウレタンフォーム」を使用。 長時間のリスニングでも疲れにくいので、ハイレゾの高音質を快適に楽しみたい方におすすめです。 5〜40kHzの幅広い再生周波数帯域に対応した密閉型のオーバーイヤーヘッドホンです。 大口径50mmドライバーユニットを採用しており、低域の量感と中高域の抜けのよさを両立。 高精細なハイレゾの高音質を楽しめるのが特徴です。 密閉型ながら音がこもりにくく、開放的で豊かなサウンドを実現します。 ハンガー部には軽量かつ堅牢な「アルミダイキャスト」を採用。 音響的なパフォーマンスをサポートするだけでなく、洗練された美しいデザインも満足感を高めます。 付属のケーブルはアウトドアの使用に丁度よい1. 3m仕様。 iOSに対応したリモコンも搭載されているので、スマートフォンを取り出さずに音楽の操作ができます。 高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視する方にもおすすめです。 原音の再現性を追求した、独自のハウジング構造を採用した開放型のオーバーイヤーヘッドホンです。 目の前で演奏を聴いているかのように音場が広く、音の定位置や奥行きを正確に再現。 開放型で空気の流れを妨げないため、ドライバーの再生能力を最大限に引き出し、より自然なサウンドを楽しめるのが特徴です。 高性能ドライバーユニットを搭載しており、再現が難しい低域も鮮明かつ量感豊かに出力可能。 イヤーパッドには耳の形状にフィットする低反発素材を使用しており、ドライバーの音を余すことなく聴けるのもポイントです。 高い装着感を実現し、長時間の着用でも疲れにくいのも魅力のひとつ。 原音に忠実なサウンドを聴けるので、音楽制作をする方におすすめです。

次の

【高音質・ワイヤレスも】ヘッドホンのおすすめ人気ランキング15選【2019年最新版】

高音質 ヘッドホン 有線

最高のスピーカー素材:クリアなサウンドと高音質-無類の自然なサウンドパフォーマンスをお楽しみください、毎日の通勤、旅行に最適です。 小型・軽量化により快適な装着感を実現:ユニークな独立した設計-快適で落ちにくい装着性、快適な装着感と高音質を楽しむことが出来ます。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 連絡先について 返品について 電話番号:096-240-2152 メールアドレス: volcano shop. rakuten. jp 住所:熊本県上益城郡甲佐町麻生原11-9 店舗運営責任者名:矢部 麻耶 ご注文の返品・交換・キャンセルに関しましては、 をご確認ください。

次の