メアリー ウィックス。 祝「天使にラブ・ソングを…」放送!制約の中から光を探すヒントを見つけよう

天使にラブ・ソングを…|ブルーレイ・DVD・デジタル配信|ディズニー公式

メアリー ウィックス

新規登録(2004-07-30)【】さん 人物情報更新(2007-10-30)【】さん・ ・ ・ プロフィール 1910年ミズーリ州生まれ。 ドイツ、スコットランド、アイルランド系の厳格なプロテスタント家庭で育った。 成績優秀で、ワシントン大学(政治学専攻)を18歳で卒業。 1929年、優等生協会の一つ"Mortar Board"に名を連ねたが、女優になる夢を追う。 1934年ブロードウェイデビューし、ヘンリー・フォンダと共演。 30年代からは映画にも進出。 以降、テレビ、映画の脇役で活躍した。 映画では「天使にラブソングを」シリーズでのシスター役でも知られる。 また自慢の美声を活かし、「101匹わんちゃん 1961 」などで声優もこなす。 95年没。 【】さん 2013-11-06.

次の

メアリー・ウィックスとは

メアリー ウィックス

来歴 [ ] にに生まれる。 ドイツ系、スコットランド系、アイルランド系の家庭で、プロテスタントの家系だった。 (専攻は)を卒業後に、女優として活動を始め、にとの共演舞台でデビュー。 1930年代後半からはにも出演し始め、徐々に知名度を上げていく。 主催のラジオドラマ『The Mercury Theatre on the Air』にも登場している。 背の高さと独特な声で、個性派としての才能を発揮し、1950年代あたりからはテレビドラマやなどのテレビ番組にも出演。 ラジオ版ではあるが、ディズニーの声優として101匹わんちゃんの悪役であるクルエラ・ド・ヴィルの役を演じた。 尚、メアリー自身がクルエラのモチーフとも言われており、メアリー 当時50代 がクルエラの衣装を着用し、撮られている写真も存在する。 1990年代に入ると、かつてでも放送された・主演のミステリー・ドラマ『』では、主人公ダウリングが神父を務める教会の家事係マリーを演じた。 その他、主演の『』シリーズにおいては、年配シスターのメアリー・ラザラスをユーモラスに演じ、その歌声も披露した。 にはにもノミネートされたが、受賞には至っていない。 死去 [ ] 晩年は腎不全と癌、及び合併症による壮絶な闘病生活をしながらも女優魂でラヴァーンの声優を務めていたがに術中・術後合併症により満85歳で亡くなった。 彼女の遺作となったのはノートルダムの鐘であり、役どころは3体の石像のうちの纏め役のおばあさん、ラヴァーンで、声優を務めた ただし、完成前にメアリー・ウィックスが亡くなった為、一部分はジェーン・ウィザーズの声。 にその功績が称えられ、地元であるのにその名が刻まれた。 出演作品 [ ] 映画 [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1938 ジョンソンにはうんざり Too Much Johnson バティッシュ夫人 1942 晩餐に来た男 The Man Who Came to Dinner プリーン夫人 プライベート・バッカルー Private Buckaroo ボニー・ベル 凸凹探偵の巻 Who Done It? ジュリエット・コリンズ Now, Voyager ドーラ・ピックフォード 1943 天晴れ着陸 Happy Land エミー ノークレジット どんどん高く Higher and Higher サンディ・ブルックス 1948 花嫁の季節 June Bride ローズマリー・マクナリー クリストファー・ブレイクの決断 The Decision of Christopher Blake クララ 1950 プリティガール The Petty Girl ウィットマン教授 1951 ムーンライト・ベイ On Moonlight Bay ステラ 1953 銀色の月明かりの下で By the Light of the Silvery Moon ステラ 女優 The Actress エマ・グレイヴィー 1954 ホワイト・クリスマス White Christmas エマ・アレン 砂塵 Destry ベッシー・メイ・カーティス 1955 美わしき思い出 Good Morning, Miss Dove ロレイン・エルウッド 1958 誇り高き反逆者 The Proud Rebel アンズリー ノークレジット 1959 ハッピー・ロブスター It Happened to Jane マチルダ 1960 Cimarron ニール・ヘフナー夫人 1962 ミュージック・マン The Music Man スクイアーズ夫人 1964 不時着 Fate Is the Hunter ルウェリン夫人 ニューヨークの恋人 Dear Heart ミス・フォックス 1965 女房の殺し方教えます How to Murder Your Wife ハロルドの秘書 1966 青春がいっぱい The Trouble with Angels シスター・クラリッサ 1967 幽霊たちの餐宴 The Spirit Is Willing グロリア 1968 青春ダイナマイト Where Angels Go Trouble Follows! シスター・クラリッサ 1972 ジョディ・フォスターのライオン物語 Napoleon and Samantha クラーク係 雪だるま超特急 Snowball Express ウィギントン夫人 1979 激走!コンボイウーマン・ウイラ Willa ユーニス テレビ映画 1980 ラスト・レター Touched by Love マーガレット 1985 幽霊は臆病者 カンタヴィル・ゴースト The Canterville Ghost ウムニー夫人 テレビ映画 1986 クリスマス・ギフト The Christmas Gift ヘンリエッタ・ソイヤー テレビ映画 1990 ハリウッドにくちづけ Postcards from the Edge おばあちゃん 1992 Sister Act シスター・メアリー・ラザラス 1993 Sister Act 2: Back in the Habit シスター・メアリー・ラザラス 1994 Little Women マーチ叔母さん 1996 The Hunchback of Notre Dame ラヴァーン ピンク色味のおばあちゃん石像 長編アニメ映画、声の出演 テレビドラマ [ ] 放映年 邦題 原題 役名 備考 1948-1952 Studio One メリー・ポピンズ、ほか それぞれ別の役柄で4エピソード出演 1952 I Love Lucy マダム・ル・モンド バレエ教師 エピソード『The Ballet』に出演 1954-1955 The Halls of Ivy 家政婦のアリス レギュラーキャスト 27エピソード出演 1956 マチネー・シアター Matinee Theatre 役名不明 1エピソード出演 ヒッチコック劇場 Alfred Hitchcock Presents フォスター夫人、他 エピソード『Toby』、『The Baby Sitter』 それぞれ別の役で2エピソードに出演 1956-1957 Make Room for Daddy リズ・オニール レギュラーキャスト 21エピソードに出演 1957 プレイハウス90 Playhouse 90 グレース 1エピソード出演 1958 アネット Annette ケイティ レギュラーキャストとして11エピソードに出演 Zorro ドロリス・バスティナード 3エピソード出演 1959-1962 わんぱくデニス Dennis the Menace Miss Esther Cathcart 10エピソード出演 1963,1966 Bonanza ハティー、他 それぞれ別の役で2エピソード出演 1964 パパ大好き My Three Sons ジェリ・シュロンク 1エピソード出演 1963-1967 The Lucy Show フランセス、ほか それぞれ別の役で9エピソードに出演 1965 Ben Casey ミス・ブリンク 1エピソード出演 1967 The Beverly Hillbillies アデリン・アシュリー 1エピソード出演 1968 I Spy ミルドレッド 1エピソード出演 1969 オペラハット Mr. トラッパー サンフランシスコ病院物語 Trapper John, M. ヘイゼル、ほか それぞれ別の役で3エピソード出演 1984 マット・ヒューストン Matt Houston ネリー・コクラン 1エピソード出演 1985 Murder, She Wrote マルヴァ・クレイン 1エピソード出演 1989-1991 Father Dowling Mysteries マリー・マーキン 家政婦 レギュラーキャスト 42エピソードに出演 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の

天使にラブ・ソングを…

メアリー ウィックス

日本テレビ「金曜ロードSHOW! 」で募集されている「みたい映画リクエスト」の第1弾として、5月15日(金)21:00~22:54に「天使にラブ・ソングを…」の放送が決定! 1992年公開ながら、歌あり、笑いあり、涙ありと色褪せず、子どもから大人まで楽しめるこの作品。 街クリ映画部でも、ワイワイ言いながらリアルタイム視聴をするZoom飲み会を予定しています。 今回は、放送日を一緒に楽しむための、予習コラムです。 「天使にラブ・ソングを…」ってどんな作品? 今から28年前、1992年にアメリカで公開され、約6か月ものロングランヒットになった作品です。 (著作権の都合からここでは載せませんが、私は婚活版と自動車メーカーの工場実習版が好きです) ストーリーを簡単におさらい 主人公のデロリス・ヴァン・カルティエ(ウーピー・ゴールドバーグ)は、ネバダ州リノのナイトクラブの歌手。 2人の同僚と共に歌う曲の構成や編曲などもしているがパッとせず、マフィアのボス、ヴィンス(ハーヴェイ・カイテル)の愛人をしていました。 ある日、ヴィンスが部下を始末する現場を目撃し、命を狙われるように。 重要参考人として警察に保護された彼女は、裁判の日まで命を守るため、サウザー警部補(ビル・ナン)の説得により、戒律の厳しい聖キャサリン修道院に尼僧としての生活を余儀なくされます。 出典: 左がサウザー警部補、名前的に師匠を殺すヒール感を覚えますが、なかなか男気あるキャラクターです。 「スパイダーマン」シリーズのロビーといえばお馴染みかもしれません。 修道院長(マギー・スミス)も、拒絶反応を示しますが、修道院の資金難からデロリスを「シスター・メアリー・クラレンス」として受け入れることを決めます。 出典: お互いが生きるために、閉ざされた環境での我慢を受け入れるところから、物語はスタートします。 何となく、ウイルスの感染拡大を防ぐために、世界中で多くの人が我慢している今の状況とも通じるものがあります。 見どころ 聖キャサリン修道院で、「シスター・メアリー・クラレンス」として2か月過ごすことになったデロリスは、もちろんその実情を他のシスターにも話すことができません。 最初は好奇の目を向けられたり、怒られてばかり。 小さい頃カトリック系の学校でシスターに叱られたことも想起し、デロリスは苦々しい気持ちを抱えながら修道院生活を始めます。 出典: けれども、そこでメアリー・ロバート(ウェンディ・マッケナ)と、メアリー・パトリック(キャシー・ナジミー)と交流するうちに、この修道院にいる人達もまた、自分に悩みながら「こんな私でもやれることはあるはず」という想いがあることを知り、打ち解けていきます。 全員がド音痴と自覚する聖歌隊に入ったデロリスは、歌手としての経験をいかんなく発揮。 歌う楽しさやゴスペル風の編曲を交え、聖歌隊を鍛えていきます。 出典: デロリスはメアリー・ラザラス(メアリー・ウィックス)と指揮者を交代するのですが、2人の間に勝ち負けも序列もありません。 メアリー・ラザラスも特にデロリスと仲良くするメンバーとなります。 この年齢も序列もなくフラットに手を取り合う空気が、本作が色褪せさせない魅力の一つだと感じています。 変化を遂げた修道院は街で人気となり、テレビの取材も来るようになりますが、それをきっかけに、マフィアの追っ手がデロリスに迫ります。 この先は、ぜひ、ドキドキしながら本編を見ていただけたら嬉しいです。 出典: 普遍的な問いにヒントをくれる映画 比較的シリアスな作品では、前半の伏線の回収の巧妙さが語られますが、この作品ではコミカルさも交えて回収していきます。 何よりも、「キューティー・ブロンド」などのアメリカ映画に見られるような「俺が! 私が! 元気にサクセス!」という要素が存在しません。 ぜひ、多くの人に見ていただけることを願っています。 — 明日(5月15日)オンラインコミュニティ「」内で「天使にラブソングを」Zoom飲み会を実施します。 このコラムを読んで「みんなで映画を見ながら語り合いたい!」という方は是非ご入会下さい! [イラスト]清澤春香.

次の