アメリカ アリゲーター。 アメリカアリゲーターとは

「アリゲーター」

アメリカ アリゲーター

8~4m 程度 体 重 200~350kg 程度 アメリカアリゲーターはアメリカ合衆国の南東部に分布している固有種で、別名・ミシシッピーワニやミシシッピーアリゲーターなどとも呼ばれている。 テキサス州南部からルイジアナ州、ミシシッピー州を経て、フロリダ州からノースカロライナ州に至る平野部に分布しているほか、アーカンソー州のミシシッピー川流域にも分布している。 吻は長くて縦扁し、吻先は丸みを帯びている。 首は太くて、上側には4枚の頸鱗板がある。 尾も太くて長く、脊鱗板は8列で、いずれもよく目立つ。 四肢には水掻きをもっていて、前肢のものはあまり目立たないが、後肢のものはよく発達している。 また、指は前肢に5本、後肢に4本ある。 体色は、茶色や灰色、緑がかった黒褐色のような色合いをしているが、腹側は淡い褐色をしている。 子どもには、背側にはっきりとした黄色い横縞があるが、成長と共に薄くなり、やがて消えていく。 体格や体つきは、食べ物や生息環境によって差があるが、体は雄の方が大きい。 また、例外的に5mを超えるものも知られているが、大きいものでも全長4. 5m程で、4mを超えるものは珍しい。 アメリカアリゲーターは淡水性のワニで、平野部の河川や湖沼、湿地などに生息している。 マングローブが茂る河口域などで見られることもあるが、塩分の高い海水には適応しておらず、長い時間は留まっていない。 昼間に活動するが、時に夜間も活動し、子どもは群れで生活しているが、成長と共に分散していく。 縄張りをもった生活をしていて、侵入者に対しては、大きなうなり声を上げて威嚇する。 声帯はもっているが、この音は、肺に空気を吸い込み、断続的に吐き出すことによって出している。 行動範囲は食糧事情などによって変化するが、雄は5平方キロメートルよりも広い行動範囲をもっていると言われている。 雌は普通これよりも狭い範囲を縄張りとしているが、雌雄共に、繁殖期などでは行動範囲が広くなる。 陸上での動きは鈍いように見えるが、意外と素早く動くことができる。 アメリカアリゲーターはしばしば早歩きをしていて、他の爬虫類などと違って、尾をほとんど持ち上げて歩くこともできる。 獲物を捕らえるときなど、短い距離なら一気に襲いかかるほどに速い。 泳ぎもうまく、水の中では敏捷に動きまわる。 太くて丈夫な尾は推進力を得るのに適していて、長い尾を左右に振って自由に泳ぐことができる。 子どもの内は、主に水生昆虫やカエル、ワーム類、小魚などを食べるが、成長するにしたがって鳥類や哺乳類なども捕らえるようになり、カメや甲殻類、貝類などを含め、環境に応じて様々なものを捕らえ、僅かながら果実なども食べる。 獲物を捕らえる時は、水の中に体を沈め、目と鼻だけを出して、水辺に近寄ってくるものを待ち伏せしたりする。 小さい獲物は丸呑みにするが、時にはや、イヌなども捕らえる。 このような大きい獲物は水の中に引き込み、食いちぎるようにして食べるが、食べやすくなるよう、しばらくは水の中に置いたままにしたり、口の中に入れたままにしていることもある。 また、大型のアメリカアリゲーターは稀にを捕らえることもあり、ピューマにとっては唯一の捕食者になっている。 性質は、クロコダイル科のやアメリカワニに比較しておとなしいと言われていて、人を襲うようなことあまりないが、子どもを連れているようなものは気が荒くなる。 噛み付くだけでなく、尾で叩く力も強く、人への被害も報告されているので、無用に近寄るのは危険である。 気温が低いと動きは鈍くなり、川岸などに穴を掘ってじっとしていることが多く、冬に気温が下がる地域のものは冬眠する。 穴は年とともに大きくなり、しばしば20m程の長さになるが、寒いときだけでなく、非常に暑いときも日差しを避けて休んでいる。 この穴には乾季でも水が溜まっていて皮膚の乾燥を防いているが、この水は水生生物や昆虫、両生類や爬虫類、鳥などにとっても大切なものとなっている。 一夫多妻で、繁殖期は5月頃に見られ、この時期の雄は、しばしば大きな声を上げて雌を誘う。 また、人に聞き超えないような音を出すとも言われていて、この時は、水面に泡がたったり、波紋が広がったりすることが観察されると言われている。 交尾は水の中で行われ、産卵は6~7月頃に見られる。 雌は泥や植物などで産卵用の塚状の巣をつくるが、巣は直径2m、高さ1m程もあり、水源の近くに作られる。 巣の上部をすり鉢状に掘って、長径7. 5cm、短径4cm程の白色の卵を20~60個程産み落とす。 その後、巣は植物などで覆われるが、巣の中の温度は、巣を覆う植物が腐敗するときに発する発酵熱で保温される。 また、雌は孵化するまでのあいだ巣を守る習性があり、雨などで巣が崩れそうになると、体で巣を押さえつけて整えるようなこともする。 孵化がはじまると、雌は、殻を破る音や子どもの鳴き声に呼応して植物や泥を取り省き、子どもを巣から咥えて水辺へと運んでいく。 孵化したばかりの子どもは全長15~20cm程で、すぐに水の中に入っていく。 子どもは群れをつくって生活し、半年から1年、長いものは2年程は親の近くに留まっている。 最初の4年程は成長が早く、1年で30cmを超えることもある。 8年程で1. 8~2m程に成長するが、その後は、生涯を通してゆっくりと成長を続ける。 早いものは6年程で成熟するが、普通は8年程度、遅いものだと10~12年程で成熟すると言われている。 成長したアメリカアリゲーターにはほとんど外敵がいないが、子どもは大型のヘビや猛禽類、アライグマやカワウソ、やなどのほか、成長したアメリカアリゲーターに襲われることもある。 野生でのは35~50年程度と考えられているが、飼育下では70年を超えたものがいる。 アメリカアリゲーターは、生息地の開発や皮を目的とした乱獲などによって一時は生息数が激減し、絶滅が危惧されていたが、保護政策などにより生息数は回復してきている。 この他、アメリカアリゲーターはアリゲーター科・アリゲーター属に属していて、同属のものでは中国の揚子江 長江 に生息する Alligator sinensis が知られているが、同属のものが海を隔てて分布しているのは興味深い。 Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。

次の

ワニ(鰐)の全23種類、分布域や特徴、生態について

アメリカ アリゲーター

8~4m 程度 体 重 200~350kg 程度 アメリカアリゲーターはアメリカ合衆国の南東部に分布している固有種で、別名・ミシシッピーワニやミシシッピーアリゲーターなどとも呼ばれている。 テキサス州南部からルイジアナ州、ミシシッピー州を経て、フロリダ州からノースカロライナ州に至る平野部に分布しているほか、アーカンソー州のミシシッピー川流域にも分布している。 吻は長くて縦扁し、吻先は丸みを帯びている。 首は太くて、上側には4枚の頸鱗板がある。 尾も太くて長く、脊鱗板は8列で、いずれもよく目立つ。 四肢には水掻きをもっていて、前肢のものはあまり目立たないが、後肢のものはよく発達している。 また、指は前肢に5本、後肢に4本ある。 体色は、茶色や灰色、緑がかった黒褐色のような色合いをしているが、腹側は淡い褐色をしている。 子どもには、背側にはっきりとした黄色い横縞があるが、成長と共に薄くなり、やがて消えていく。 体格や体つきは、食べ物や生息環境によって差があるが、体は雄の方が大きい。 また、例外的に5mを超えるものも知られているが、大きいものでも全長4. 5m程で、4mを超えるものは珍しい。 アメリカアリゲーターは淡水性のワニで、平野部の河川や湖沼、湿地などに生息している。 マングローブが茂る河口域などで見られることもあるが、塩分の高い海水には適応しておらず、長い時間は留まっていない。 昼間に活動するが、時に夜間も活動し、子どもは群れで生活しているが、成長と共に分散していく。 縄張りをもった生活をしていて、侵入者に対しては、大きなうなり声を上げて威嚇する。 声帯はもっているが、この音は、肺に空気を吸い込み、断続的に吐き出すことによって出している。 行動範囲は食糧事情などによって変化するが、雄は5平方キロメートルよりも広い行動範囲をもっていると言われている。 雌は普通これよりも狭い範囲を縄張りとしているが、雌雄共に、繁殖期などでは行動範囲が広くなる。 陸上での動きは鈍いように見えるが、意外と素早く動くことができる。 アメリカアリゲーターはしばしば早歩きをしていて、他の爬虫類などと違って、尾をほとんど持ち上げて歩くこともできる。 獲物を捕らえるときなど、短い距離なら一気に襲いかかるほどに速い。 泳ぎもうまく、水の中では敏捷に動きまわる。 太くて丈夫な尾は推進力を得るのに適していて、長い尾を左右に振って自由に泳ぐことができる。 子どもの内は、主に水生昆虫やカエル、ワーム類、小魚などを食べるが、成長するにしたがって鳥類や哺乳類なども捕らえるようになり、カメや甲殻類、貝類などを含め、環境に応じて様々なものを捕らえ、僅かながら果実なども食べる。 獲物を捕らえる時は、水の中に体を沈め、目と鼻だけを出して、水辺に近寄ってくるものを待ち伏せしたりする。 小さい獲物は丸呑みにするが、時にはや、イヌなども捕らえる。 このような大きい獲物は水の中に引き込み、食いちぎるようにして食べるが、食べやすくなるよう、しばらくは水の中に置いたままにしたり、口の中に入れたままにしていることもある。 また、大型のアメリカアリゲーターは稀にを捕らえることもあり、ピューマにとっては唯一の捕食者になっている。 性質は、クロコダイル科のやアメリカワニに比較しておとなしいと言われていて、人を襲うようなことあまりないが、子どもを連れているようなものは気が荒くなる。 噛み付くだけでなく、尾で叩く力も強く、人への被害も報告されているので、無用に近寄るのは危険である。 気温が低いと動きは鈍くなり、川岸などに穴を掘ってじっとしていることが多く、冬に気温が下がる地域のものは冬眠する。 穴は年とともに大きくなり、しばしば20m程の長さになるが、寒いときだけでなく、非常に暑いときも日差しを避けて休んでいる。 この穴には乾季でも水が溜まっていて皮膚の乾燥を防いているが、この水は水生生物や昆虫、両生類や爬虫類、鳥などにとっても大切なものとなっている。 一夫多妻で、繁殖期は5月頃に見られ、この時期の雄は、しばしば大きな声を上げて雌を誘う。 また、人に聞き超えないような音を出すとも言われていて、この時は、水面に泡がたったり、波紋が広がったりすることが観察されると言われている。 交尾は水の中で行われ、産卵は6~7月頃に見られる。 雌は泥や植物などで産卵用の塚状の巣をつくるが、巣は直径2m、高さ1m程もあり、水源の近くに作られる。 巣の上部をすり鉢状に掘って、長径7. 5cm、短径4cm程の白色の卵を20~60個程産み落とす。 その後、巣は植物などで覆われるが、巣の中の温度は、巣を覆う植物が腐敗するときに発する発酵熱で保温される。 また、雌は孵化するまでのあいだ巣を守る習性があり、雨などで巣が崩れそうになると、体で巣を押さえつけて整えるようなこともする。 孵化がはじまると、雌は、殻を破る音や子どもの鳴き声に呼応して植物や泥を取り省き、子どもを巣から咥えて水辺へと運んでいく。 孵化したばかりの子どもは全長15~20cm程で、すぐに水の中に入っていく。 子どもは群れをつくって生活し、半年から1年、長いものは2年程は親の近くに留まっている。 最初の4年程は成長が早く、1年で30cmを超えることもある。 8年程で1. 8~2m程に成長するが、その後は、生涯を通してゆっくりと成長を続ける。 早いものは6年程で成熟するが、普通は8年程度、遅いものだと10~12年程で成熟すると言われている。 成長したアメリカアリゲーターにはほとんど外敵がいないが、子どもは大型のヘビや猛禽類、アライグマやカワウソ、やなどのほか、成長したアメリカアリゲーターに襲われることもある。 野生でのは35~50年程度と考えられているが、飼育下では70年を超えたものがいる。 アメリカアリゲーターは、生息地の開発や皮を目的とした乱獲などによって一時は生息数が激減し、絶滅が危惧されていたが、保護政策などにより生息数は回復してきている。 この他、アメリカアリゲーターはアリゲーター科・アリゲーター属に属していて、同属のものでは中国の揚子江 長江 に生息する Alligator sinensis が知られているが、同属のものが海を隔てて分布しているのは興味深い。 Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。

次の

ワニを英語で言うと?アリゲーターとクロコダイルの違い

アメリカ アリゲーター

1980年のアメリカ映画「アリゲーター」を見ました。 これはいい映画です。 面白い。 あらすじ 下水道に捨てられたワニの赤ん坊が、成長ホルモンの実験材料の死体を食い漁り、巨大化。 そして人間を襲い始める。 刑事と生物学者のカップルは、この危機に立ち向かうことができるのか。 ネタバレ やっぱり元祖パニック映画は面白い! 冒頭から、 アリゲーターショーを見に来ているホットなほかほか家族たちの様子が映し出されます。 案の定、 油断した隙にアリゲーターにばりばり食われる係の人。 もう、後ろから前からばりばり食われるので、客はカチカチに凍ってます。 そんな悲劇を目撃しながらも、赤ちゃんアリゲーターを購入してお持ち帰りした女の子。 この家は、アリゲーターを放し飼いにしているのかね? とりあえず下水道に流れてすくすく成長するアリゲーター。 「ミュータントタートルズ」も真っ青のデカさです。 こんなに大きくなったら下水道通れないと思うんだけどな。 下水道もアメリカサイズなのかな。 12年後、主人公のデヴィッド・マディソン刑事はペットショップで犬を購入しているところからようやく本編がスタート。 未だかつてありましたでしょうか、犬を購入する刑事のシーンから始まるホラー映画。 ヨークシャテリアみたいな犬を、いかにもワルそうな親父からお買い上げする刑事であります。 本編とは関係ないですが、この俳優さんは薄毛なのですね。 だからやたらと薄毛をいじられるし、薄毛の自虐ネタすら入っているのです。 ここでも、じいさんに薄毛いじられる刑事。 もう、面白い要素が多すぎです(本編と関係ない場面で)。 まあ、そもそも刑事の飼っていた犬が盗まれたり( 探せよ)、それだけでなくペット泥棒が多発しているのはこのペットショップのじじいが研究所の実験材料にするためにさらっていたから。 すごく効率が悪そう。 そして、その死体を下水に捨てるのもじじいの仕事です。 愛犬家としては非常に腹立たしいなあ。 この近辺では連続殺人事件が起きているのですが、人の腕やら犬の死体やらが良く見つかります。 それを担当しているのがマディソン刑事なのですが、珍しい犬の死体が下水処理であがったので飼い主を呼んだところ、「うちの犬はもっと小さいはず」と言われてしまいます。 それはなぜ……? 悪事を繰り返すじいさんですが、当然アリゲーターに下水道で食われてその死体が見つかります。 ちなみに、アリゲーターの迫ってくる時のBGMは「ジョーズ」のそれにすごく似ている。 そのじいさんの死体と所業を調べるうちに、すぐに研究所に辿り着く刑事。 しかし、彼らは悪事を認めません。 それどころか、記者会見を開いたマディソン刑事に「アンタの相棒はアンタのせいで死んだそうですね」とニヤニヤ質問してくる意地悪記者が出現して、どっちかというと刑事のほうが立場悪くなります。 悪い噂のせいでみんなが彼と組みたがらず(今更?)相棒が見つからない刑事。 しかしキュートな新人警官が名乗り出て、彼と組んでくれます。 でもこの直後に「オレが犯人なんだぜ」というキチが出てきたり(本当に頭がおかしい人)、寄り道が多い話です。 下水道を新人警官と捜索する刑事ですが、案の定アリゲーターにぱっくんちょされ、新人くんは犠牲になったのであります。 刑事も入院しますが、そこにまでやってくる意地悪記者。 当然、次の犠牲者はコイツ。 下水道に取材として入り込み、フラッシュを炊きながら死亡します。 ここで警察も陽動作戦としてアリゲーターを追い込んで始末しようとしますが、何も収穫なし。 マディソン刑事は立場が非常に、ヒジョーに悪くなり、識者として呼ばれた生物学者のマリサともあまり意見が噛みあいません。 ですが、ツンツンデレデレしているうちにマリサに夢中になるハゲ刑事。 ピロートークでハゲネタを盛り込むのはお約束か? ここでアリゲーターのことを忘れて彼女とイチャイチャしたり、彼女の親に挨拶したりと、 ワイルド刑事の清らかなお付き合いを延々と見せられます。 しかし、アリゲーターは既に人間の世界に進出!なんと、 マンホールを突き破って、コンクリすら砕いて地表に出てきます。 尻尾の力で人やものをなぎ倒し、パトカーまで横転させるアリゲーター。 でもまた隠れてしまったので、アリゲーター探しは終わりません。 ですが、あまりに一匹狼なせいで刑事をクビになったマディソン!ここでマリサと協力して、なんとしてもヤツを叩きのめそうと約束します。 一方、やりたい放題のアリゲーターは子どものお誕生日会にまで侵入し、プールに飛び込んだ子どもをパックンチョ。 ちなみにマリサの代わりに警察に協力していた底意地の悪い大佐も、フツーにアリゲーターに立ち向かおうとしてバクバク食べられて即死亡。 そんなこんなで人間界を満喫しているアリゲーターですが、なんと研究所の元締め企業の社長の家を襲来。 ご自慢のバーベキューの匂いにつられてきますが、食べるのは人肉じゃ! 社長の娘の結婚式は台無しです。 次々食われるウェイターやウェイトレス。 そして車ごとぶっつぶされる社長。 そんなアリゲーターがそろそろ巣に戻るはずだ!と下水道に爆弾を仕掛ける刑事とマリサですが、刑事が下水道に爆弾を仕掛けている間に、 逃げ道として確保していたマンホールの上に駐車するおばさまが登場。 マリサが車を奪って運転し、すんでのところで刑事は外へ。 そのまま下水道は爆発します。 「とうとうやった」と手を取り合う刑事とマリサ。 しかし、下水道にはまだまだ小さいアリゲーターが潜んでいるのだ……! という、続編作る気マンマンのエンドでした。 アリゲーターの造形そのものは当時としてはよくできているのでしょうが、 なーんか立ち上がってラップしながらラジカセ肩乗せて踊り出しそうな顔をしているような気もしないでもないのであります。 サトームセン顔っていうんですかね。 Bookmark the. Post navigation.

次の