アドマチック 天国。 「出没!アド街ック天国@五反田2020」のランキングを勝手に予想してみた | 五反田計画

「出没!アド街ック天国@五反田2020」のランキングを勝手に予想してみた | 五反田計画

アドマチック 天国

主催:横浜西口エリアマネジメント・ココペリプラス 17位 バーバーショップNARITA 横浜駅東口スカイビル内の明治27年創業の「バーバーショップNARITA(ナリタ)」。 崎陽軒の社長も30年通っているとのこと。 16位 ハマのWドラゴン 相鉄線 五番街改札口から直結の「」 昭和54年創業。 地元の人で賑わう超大衆的なお店。 看板メニューは龍王ラーメン 590円 ジョイナス「」 1番人気はサンマーメン 480円 15位 日本のサグラダ・ファミリア ずっと工事している横浜駅、いつも工事している横浜駅の印象から付いたあだ名。 本家サグラダ・ファミリアは2026年完成予定。 横浜駅の工事はまだまだ終わらない…笑 西口の駅ビルは2020年完成予定。 横浜高島屋8階 ホテルニューグランド唯一の直営レストラン「」 ホテルニューグランド発祥と言われているシーフードドリア、ナポリタン、プリンアラモードをセットにした「ブルーライトセット(3,888円)」を同店のみ提供。 11位 アソビル 今年3月、横浜中央郵便局別館をリノベーションするかたちで、新たにオープンした複合エンターテイメント施設。 遊べる駅近ビル。 開業時から今日まで子どもや若い女性に世界初の「うんこミュージアム」が大人気。 個人的には同施設1階のグルメストリートに出店しているお店のラインナップがよくご飯食べるスポットとしてもおすすめです。 10位 ハマボール 昭和45(1970)年に誕生したハマボール。 何度も閉鎖の危機に見舞われながらもハマっ子の熱いラブコールを受けて存続。 9位 狸小路 昭和の香りが立ち込む場所。 ・ 「ラッパ」と呼ばれるラーパーサイ(白菜の甘酢漬け)と「やかん」と呼ばれるストレートの焼酎で常連さんはチビチビと。 豚の頭から尻まで6種類の部位を創業以来継ぎ足し続ける醤油ベースのタレでじっくり煮込んでいる珍味が名物。 8位 有隣堂 横浜駅周辺に4店舗 西口コミック王国は12万冊の漫画が揃う聖地 店内に飾られている漫画家のサインは実はほんの一部。 7位 横浜西口五番街 西口五番街で59年続く「ジャン トクナガ」 アイビーブームを牽引した老舗トラッドショップ。 中華コースなら中国料理「彩龍」の総料理長自らが手がけた一品をランチでいただくことができるとのこと。 パーティープラン(3時間)1人5,000円 4位 ショッピング天国 横浜ジョイナス、横浜モアーズ、横浜ビブレ、ルミネ横浜、マルイシティ横浜、横浜ポルタなど商業施設が集結。 駅周辺の商業売上は新宿、池袋に続き、首都圏3位。 横浜駅で何でも揃うので都内まで行かないです。 3位 崎陽軒 明治41年 横浜駅の売店として創業、シウマイの発売は昭和3年。 名物駅弁「シウマイ弁当」は横浜版と東京版で違いが…。 横浜版は竹紙を紐で結わえるスタイル、東京版は蓋をかぶせてビニールの帯でくるむスタイルとのこと。 中身は同じ。 これまでに何度も「シウマイ弁当」は食べているものの東京版のビニールスタイルは番組内の映像で初めて見ました。 東京版買ったことがない。

次の

出没!アド街ック天国 ~カレーの美味しい街~

アドマチック 天国

主催:横浜西口エリアマネジメント・ココペリプラス 17位 バーバーショップNARITA 横浜駅東口スカイビル内の明治27年創業の「バーバーショップNARITA(ナリタ)」。 崎陽軒の社長も30年通っているとのこと。 16位 ハマのWドラゴン 相鉄線 五番街改札口から直結の「」 昭和54年創業。 地元の人で賑わう超大衆的なお店。 看板メニューは龍王ラーメン 590円 ジョイナス「」 1番人気はサンマーメン 480円 15位 日本のサグラダ・ファミリア ずっと工事している横浜駅、いつも工事している横浜駅の印象から付いたあだ名。 本家サグラダ・ファミリアは2026年完成予定。 横浜駅の工事はまだまだ終わらない…笑 西口の駅ビルは2020年完成予定。 横浜高島屋8階 ホテルニューグランド唯一の直営レストラン「」 ホテルニューグランド発祥と言われているシーフードドリア、ナポリタン、プリンアラモードをセットにした「ブルーライトセット(3,888円)」を同店のみ提供。 11位 アソビル 今年3月、横浜中央郵便局別館をリノベーションするかたちで、新たにオープンした複合エンターテイメント施設。 遊べる駅近ビル。 開業時から今日まで子どもや若い女性に世界初の「うんこミュージアム」が大人気。 個人的には同施設1階のグルメストリートに出店しているお店のラインナップがよくご飯食べるスポットとしてもおすすめです。 10位 ハマボール 昭和45(1970)年に誕生したハマボール。 何度も閉鎖の危機に見舞われながらもハマっ子の熱いラブコールを受けて存続。 9位 狸小路 昭和の香りが立ち込む場所。 ・ 「ラッパ」と呼ばれるラーパーサイ(白菜の甘酢漬け)と「やかん」と呼ばれるストレートの焼酎で常連さんはチビチビと。 豚の頭から尻まで6種類の部位を創業以来継ぎ足し続ける醤油ベースのタレでじっくり煮込んでいる珍味が名物。 8位 有隣堂 横浜駅周辺に4店舗 西口コミック王国は12万冊の漫画が揃う聖地 店内に飾られている漫画家のサインは実はほんの一部。 7位 横浜西口五番街 西口五番街で59年続く「ジャン トクナガ」 アイビーブームを牽引した老舗トラッドショップ。 中華コースなら中国料理「彩龍」の総料理長自らが手がけた一品をランチでいただくことができるとのこと。 パーティープラン(3時間)1人5,000円 4位 ショッピング天国 横浜ジョイナス、横浜モアーズ、横浜ビブレ、ルミネ横浜、マルイシティ横浜、横浜ポルタなど商業施設が集結。 駅周辺の商業売上は新宿、池袋に続き、首都圏3位。 横浜駅で何でも揃うので都内まで行かないです。 3位 崎陽軒 明治41年 横浜駅の売店として創業、シウマイの発売は昭和3年。 名物駅弁「シウマイ弁当」は横浜版と東京版で違いが…。 横浜版は竹紙を紐で結わえるスタイル、東京版は蓋をかぶせてビニールの帯でくるむスタイルとのこと。 中身は同じ。 これまでに何度も「シウマイ弁当」は食べているものの東京版のビニールスタイルは番組内の映像で初めて見ました。 東京版買ったことがない。

次の

『出没!アド街ック天国』放送25年、1250回記念特番4・4放送

アドマチック 天国

テレビ東京系で1995 年の春、愛川欽也さんが「おまっとさんでした!」といってスタートした『出没!アド街ック天国』。 第1回の「代官山」から25年。 4月4日の放送で1250回を迎えることから、この日は「アド街の25 年SPECIAL」(仮)と題したスペシャルを放送する(後9:00〜10:24)。 日本全国、海外まで、さまざまな街に出没してきた同番組。 25年前、今とは全く違う光景の街もあり、今となっては撮影できない貴重で懐かしいシーンがあまたある。 今回は、同番組がこれまでに撮影してきた25年分の秘蔵映像を一挙大公開する。 25年の長きにわたり撮影してきたさまざまな美しい街の風景。 各地の温泉ではうるわしい入浴シーンにもチャレンジしてきた。 街で生きる人々の暮らしにも着目してきた同番組だからこそ立ち会えた、素敵な物語も。 とある街で出会った少年少女の中には、後の大スターもいた。 今や誰もが知る有名人の貴重な姿も発掘する。 そして、街に人を呼ぶ最大の引力である食べものも。 これまで紹介してきた飲食店は1万軒以上。 日本全国のグルメスポットから厳選した名物の数々を紹介する。 私は5代目のプロデューサーなので、全てを知るわけではありませんが…一人の人間が生まれて社会人になる以上の年月を『アド街』は生きてきたことになります。 生まれて、育てられて、成長して…挫折や危機もあったと思います。 紆余曲折、悲喜こもごもの末に今の『アド街』があると感じています。 しかし『アド街』は決して老舗の看板にあぐらをかくような番組ではありません。 25 年を機にまた新たに生まれ変わるつもりで、これからも日々成長し、全ての世代から尚一層愛される番組となれるよう、これからも頑張っていきたいと思います。

次の