太陽 光 売 電 単価。 2019年度の太陽光発電の売電価格と設置費用

太陽光発電の売電収入って年間いくら?誰でも簡単にできる計算方法(最新)

太陽 光 売 電 単価

・土地を相続したけれど住んでいるところが違うので持っていても仕方がないと考えている ・遊休地があるけれど固定資産税だけ支払っていてなんの活用法もないと思っている ・地元の不動産に土地を売ってほしいと依頼しているけれどもよい返事が一切もらえていない 上記に当てはまる方だと思います。 本記事ではそのような余った土地を早く、しかも通常よりも高く売却する方法についてご紹介させていただいております。 実際に売却に苦労した方からすると、『土地価格よりも高い金額で売れるわけがない!』と考えるかもしれません。 確かに人口の減少や都心部に人が集まっていることで、今までよりも高い人気な土地が出てくるよりも、価値が下がり続けている土地の方が多いため、あなたがお持ちの土地は今までと同じような売却方法だとそもそも売ることが難しく、不動産が負動産になる可能性の方が高いと思います。 ただ、ある用地を売却をすると今まで利用価値がないと思われていた土地が引く手あまたな人気な土地に変わります。 売れない・なんの価値もない土地が高価格で売却できるのであれば、そんな方法知りたくありませんか? それは 太陽光発電事業用の土地として販売を行うことです。 太陽の光が当たる場所で一定の広ささえあれば、太陽光用地として活用することができます。 太陽光用地は多くの方が探していて、条件の良い土地はあっという間に売れていくのです。 本コラムではなぜ、太陽光用地にすると土地が売れるのか?という点から気を付けるべき点などをご紹介していきたいと思います。 太陽光発電所用として土地を売るためには適切な時期があります。 少しでも考えている方はまず相談することをおすすめします。 査定、お問い合わせはこちらから 目次 1. なぜ太陽光発電用に売ると高く売ることができるのか? 売ることが難しい、人気のない土地を太陽光用地として売却すると、なぜ高くしかも早く売れるのでしょうか? 太陽光発電事業を全く知らない方だと騙されるのでは?と勘ぐってしまうと思います。 そんな方へ、この項目ではなぜ太陽光発電用地に人気があるのか? またその人気を支える制度や実際の相場についてご紹介していきたいと思います。 1-1 固定価格買取制度により高い売電収入を得ることができる 太陽光発電用地として多くの土地で売買が成立したのは実はここ3-5年くらいの話です。 この3-5年の間に何が行ったのか?どのような人たちが土地の購入を行ったのか? その後どのように土地を活用しているのかをご紹介します。 ここ数年太陽光バブルという言葉が生まれるくらい太陽光発電所の建設ラッシュが起こっています。 その理由となるのが固定価格買取制度といわれる2012年7月から始まった制度です。 固定価格買取制度は再生可能エネルギー(太陽光・風力など)で発電した電力を20年間、決められた高価格で電力会社は買取を行わないといけないことを定めた制度です。 この制度が始まったことで太陽光発電所の建設を行うことにより、アパートやマンションなどに投資を行うよりもはるかに低リスクで高収益を得られることができるようになりました。 その結果、投資に興味がなかった多くの方が太陽光発電所の設置に踏み切りました。 今まで売却が難しい土地も、太陽光発電やりたいけど土地を持っていない人達に飛ぶように売れました。 固定価格買取制度についての詳細はエネルギー庁のをご参考ください 査定、お問い合わせはこちらから 1-2 太陽光発電に向いている土地は 前項では、固定価格買取制度が太陽光発電で作った電気を高く長く買い取ってくれるので、多くの方が土地を探し始めたことによる土地を高く早く売却できる理由をご紹介しました。 ここではどのような土地が太陽光発電に向いているのかをご紹介したいと思います。 太陽光発電所が発電するためには太陽の力が必要になります。 そのため太陽光発電に向いている土地は日陰になるようなものが少ない土地となります。 そんなこと言われなくてもわかる!といわれそうですのでもう少し細かく紹介していきたいと思います。 50kWから90kW程度の発電所の設置には土地の形にもよりますが300~500坪程度の広さが必要になります。 300-500坪よりも大きくても小さくても売却は可能ですが小さい土地は買い手が付きにくくなります。 500-1000坪程度だと融資の問題があり、購入できる方が少なくなってしまい、売却に時間がかかってしまいます。 1000坪以上の土地も売却は可能ですが、制度の問題で売却に時間がかかったり、売却が決まったとしても融資の問題など、途中で計画が終わってしまうことがあります。 そのため、早く高く売るためには300-500坪程度の土地がベストです。 そのため電柱が遠くにある場合、発電所までの電柱を立てる必要があり、費用が多くかかってしまいます。 土地費用が安かったとしても、建柱費用などが高くなりすぎて太陽光発電ができなくなる場合があります。 そのため、あまりにも電柱が遠すぎる場合、太陽光発電事業の採算が合わず土地の売買が成立しないことがあります。 草が生えている程度であれば、そこまで大きな手間や費用は必要ありません。 凸凹がひどい場合、平らにするために土を新たに入れたり、ローラーをかける必要がでてくると費用が高くなってしまい、土地の費用を下げて売るなどの選択が必要になります。 詳しくは事項でご紹介しますが、太陽光発電所用の土地の価格はどうしても設置可能パネル容量で査定されますので、四角の土地が方が早く高く売却できます。 固定資産税が高すぎる土地の売却は難しいですが、そうでなければ特に問題はありません。 ただし、農地は基本的に太陽光発電所の設置ができませんので注意が必要です。 これらの条件をふまえて太陽光に向いている土地かどうかを確認しましょう。 高く売れるといってもどれくらいの価格になるのでしょうか? 太陽光用地も場所によって価格が異なります。 ズバリこれぐらいの価格ですというのは難しいのですが、買いたたかれないように最低限押さえるべきポイントを確認しておきましょう。 太陽光発電用地としての土地価格は、事業収支で決まります。 通常、土地の売買の際に価格を決める参考になるのは、地価公示価格です。 しかし、太陽光発電用地の場合、あくまで 事業収支として考えたときにどれくらい利回りが確保できるのかが重要になります。 適用される売電価格と発電所設置費用と土地の費用を計算して、利回りが12%前後取得できる金額になれば土地の売買は比較的スムーズにいきます。 発電所設置費用は設置する会社によって異なりますがおおよそkW15~16万円程度となります。 土地のサイズにもよりますがこの設置価格で現在の売電単価から土地の金額を考えていくと、300-500坪程度の土地で坪単価3,000円から5,000円程度になります。 まずは希望金額を伝えて相談するのが良いと思います 査定、お問い合わせはこちらから 土地価格は、下記2点で決まります。 ・何円の売電単価が取得できるのか? ・何枚のパネル設置が可能なのか? 売電単価が変わってしまうと土地の査定金額が大きく下がってしまうので売電単価の締め切りには注意が必要です。 売電単価が土地最低金額にどれくらいの差を与えるのかは下記表をご参考ください。 売電単価 土地の大きさ 概算設置可能容量 概算売電収入 概算土地価格 21円 300坪 86. 4kW 1,995,840円 2,400,000円 18円 300坪 86. 4kW 1,710,820円 1,500,000円 14円 300坪 86. 査定金額は売電収入によって決まるため売電単価が下がると土地の価格も下がってしまいます。 1-4 売却までの流れ 太陽光発電用地として土地を売る場合、売買契約を交わしてから早くても3-6か月程度の時間がかかります。 太陽光発電所は実際に設置する場所が決まってから発電所の設置ができるまでに様々な申請や許可を取る必要があり、これらの 手続きに3-6か月程度の時間がかかってしまうためです。 契約書には太陽光発電所が設置できる状態にならなければこの契約は白紙とするなどの特約を盛り込んだものを交わします。 購入者側都合でキャンセルすることもできませんが土地や周りの状況で設置ができなくなった場合に売買が成立しないようになっています。 ただし、この場合土地を遊ばせておかないといけない点や販売できないリスクなどが考えられるため、掲載している坪単価3,000-5,000円よりも安く購入させていただいております。 すぐにお金を払うので、その分安くなりますということです。 弊社で土地を買って発電所を建設し、販売が決まった段階でできるだけ高い坪単価で売却させていただくといった方法です。 この方法であれば販売会社自体にリスクがほとんどないため、高い価格で土地の売却ができることが多いです。 すぐに資金が必要で土地をすぐ売りたいということでないのであれば多少時間がかかりますが、 土地を預けるほうが販売価格は高くなります。 詳しい流れやご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。 査定、お問い合わせはこちらから 2. 売却できない場合は貸す選択肢 土地を持て余してしまっているけれど、ご先祖様から受け継いだ土地を簡単に売却することはできない・・・とお考えになられている方もおられると思います。 そのような方には土地を貸すことをおすすめします。 2-1 どれくらいの期間貸せるのか 太陽光発電所は固定価格買取制度によって20年間と買取期間が明確になっているため、20年間の賃貸契約になります。 契約の際に20年間の地上権の設定を行うため、貸した後に何かに使いたいとなっても使うことはできなので注意が必要です。 2-2 気を付けなければいけないこと 賃貸契約を締結するにあたり気を付けなければいけない点を紹介していきます。 先ほど少し記載しましたが賃貸の場合、地上権の設定を行います。 そのため地権者様が急に何かに使いたくなったとしても使うことはできません。 途中で発電所を中断して返してもらうことはできませんので、あらかじめご注意ください。 太陽光発電所を設置することにより固定資産税が変わることもありますのであらかじめ確認しておきましょう。 また、賃貸といってもアパートやマンションのように毎月賃料をもらうことはありません。 ほとんどの場合は初年度(発電所完工時)に20年分の賃料を一括で支払ってもらいます。 賃料に固定資産税も含まれていますので、将来的に固定資産税を払うことができなくなることがないようにしましょう。 2-3 20年後の返却時にどうするのか? 固定価格買取制度が終る20年後に、設置されている発電所をどうするのかをはじめに考えておかないといけないのも賃貸の特徴です。 よくある選択肢は下記3つです。 そのため、継続してそのまま利用してもらうか、設備と土地をセットで土地のオーナーに返却するようにしていることが多いみたいです。 ただし、設備と土地をセットで返却をしてもらったとしても修理や交換などで収支がマイナスになってしまう可能性もありますので注意が必要です。 査定、お問い合わせはこちらから 3. 農地も売ることができるのか? 地目が農地の土地でも太陽光発電用地として売却することができる場合があります。 必ずしも農地だからできないというわけではありません。 3-1 売れる農地の種類 太陽光用地として売却が可能な農地は 地目変更が可能な農地です。 お持ちになられている農地が地目変更可能かどうかについては担当の農業委員会に確認すれば教えてくれます。 なお農地の種類は下記のとおりです。 農地転用ができない場合は、ソーラーシェアリングという農業をしながら頭上で発電事業を行う方法で販売できる場合があります。 しかし、ソーラーシェアリングの場合、農業法人か農家でないと土地が購入できない点、実際に発電事業を行うまでの手続きが煩雑でなかなか事業開始ができない等現実的でない点が多いです。 3-2 農業振興地域の場合 農地の場合地目とは別に農業振興地域というものに指定されている場合があります。 農業振興地域の場合、農地転用ができる土地だったとしても農業振興地域の除外を行わないと農地転用を行うことはできませんので注意してください。 農業振興地域は除外申請を行うことで基本的には指定地域から外すことができます。 ただし、除外申請の受け付けは1年のうちに2回ほどしかありません。 そのため、タイミングを逃してしまうと契約に至るまでに時間がかかりすぎてしまい販売が難しくなることがあります。 購入者にとって良い条件でないと時間がかかる土地は購入しにくいので、売却するときはよく相談するようにしましょう。 2019年2月以降土地売却をお考えの方へ 太陽光用地として土地の売却をする際、査定に最も影響を与えるのは毎年設定される売電単価といわれるものです。 売電単価は年度ごとに替わるのですが2019年度の売電単価は18円とすでに決まっております。 KGSではできるだけ高く売却することができ、さらに 売却手数料を0円とすることで地権者様にできるだけ多くのお金を残す太陽光発電事業者の紹介に取り組み始めました。 KGSで土地の調査をし、太陽光発電所の設置が可能と判断して、発電事業者を直接地権者様に紹介し土地の売買契約を締結することで土地の締結を早く、仲介マージンを発生させない契約にすることで土地をできるだけ高く早く売却します。 残念ながら土地の価格は今までの売電単価と同じというわけにはいきませんが、地権者様にとってメリットのある価格であると自信をもってお伝えできます! 査定、お問い合わせはこちらから 5. 土地売却と税金について 太陽光用地として売却するときだけに限らず土地の売却時に必ず話題になるのが税金についてです。 弊社は税金のプロではないので専門的なことは税理士さんに相談が必要ですが最低限知っておくべきことをご紹介しておきます。 土地売却による収入にかかる税金 土地を売却することで得た収益には税金がかかります。 販売金額から取得金額と経費を差し引いた金額が利益になり税金の計算するときの金額になり、この金額を譲渡所得といいます。 古くから持っている土地で取得費用がわからない場合販売金額の5%で計算することができます。 取得金額がわからない土地を300万円で売却する場合、15万円を取得費用とすることが可能です。 土地売却に掛かる手間は経費にすることができます。 税金は進め方によって高くも安くもなりますので、信頼できる会社と一緒に進めるようにしましょう。 郊外・田舎以外の土地について ここまでは有効活用方法が少ない郊外や田舎の土地をベースに太陽光発電用地として販売するためのメリットなどについてご紹介していきました。 ここでは住宅地や山、僻地や離島などの土地を太陽光発電用地として売却することができないかご紹介していきます。 6-1 住宅地の場合 住宅地を太陽光発電用地として販売するのは難しくなってきています。 理由は大きく2つあります。 購入者の中には、20年後に別の用途で活用するから多少高くてもかまわないと考えている方もおられます。 20年後はわからないことが多いため、このように考えている購入者は少ないです。 近隣住民とのトラブルが全国的に多く新しく発電事業を行う場合注意が必要になっています。 この2点から住宅地を太陽光発電用地として売却しても買い手が付きずらかったり、希望価格で売却できないことがあります。 6-2 山の場合 太陽光用地として山を売却しようとしても現在ではよほど条件を良くしないと買い手がつかない状態です。 ひと昔前であれば、山を削ってそこにいくつかの発電所を設置できたり、売電単価が高かったので伐採や整地を行っても事業収支は良かったのですが、 現在では1つの場所に1つの発電所しか設置ができなくなったため、木を切ったり整地する費用が事業収支を悪くしてしまいます。 また、様々な法律に引っかかり太陽光発電所の設置ができない場合もあり、山の売却は難しくなっています。 6-3 僻地や離島の場合 僻地や離島の土地は価格は安いのですが、そもそも太陽光発電所が設置できない場合があります。 例えば九州電力管内の離島は九州電力が買取できませんとパブリックコメントを上げており、売電できない離島は今後も増えていくといわれています。 僻地においても太陽光発電所の設置はできるけど買取がスタートするまでに数年以上かかってしまう等、特殊な場所に指定されている場合があります。 これらは電力会社に聞けばすぐに調べてもらえますので、僻地や離島に土地を持っていて売却したいと考えられている方は電力会社に確認してみましょう。 まとめ 太陽光発電用地として土地を売却することで、土地を早く・高く売却できることを何となくご理解していただけたのではないかと思います。 太陽光発電事業が固定価格買取制度に則って行われるため、制度が変わってしまった結果、時間がかかったり希望価格で売れなかったことがよくあります。 固定価格買取制度によって定められた電気の買取価格が年々安くなってきているため、太陽光事業をやってみたいと考える事業者は今後減っていくことが考えられます。 そのため土地を売却したいと考えられている方は、できるだけすぐに売却のために動くことをおすすめします。 弊社は宅建免許を持っているわけではありませんので売買の仲介などはできませんが直接買取をさせていただくこともありますのでお気軽にお問い合わせいただければと思います。 できるだけ早急の依頼が売電単価の獲得には必要です 土地買取のお問い合わせ.

次の

買取単価および買取期間|関西電力 個人のお客さま

太陽 光 売 電 単価

買取単価および買取期間• 買取単価および買取期間 買取単価および買取期間 2020年度の買取単価、買取期間は以下のとおりです。 買取単価等は調達価格等算定委員会での議論を踏まえ、電源(買取区分)毎に中長期的な買取価格の目標を設定、発電事業者の予見可能性を高めるため、予め複数年度の調達価格等が設定されます。 2020年4月1日以降に事業認定を取得する対象の買取単価、買取期間は、原則、経済産業大臣の事業認定日が属する年度が適用されます。 00円 10年 出力制御対応機器 設置義務あり 21. 30円 20年 13. 80円 陸上風力(リプレース) 17. 60円 着床式洋上風力 入札で 決定 浮体式洋上風力 39. 60円 水力 200kW未満 37. 40円 200kW以上1,000kW未満 31. 90円 1,000kW以上5,000kW未満 29. 70円 5,000kW以上30,000kW未満 22. 00円 水力 既設導水路 活用型 200kW未満 27. 50円 200kW以上1,000kW未満 23. 10円 1,000kW以上5,000kW未満 16. 50円 5,000kW以上30,000kW未満 13. 20円 バイオマス メタン発酵ガス化発電(バイオマス由来) 42. 90円 間伐材等由来の木質バイオマス 2,000kW未満 44. 00円 2,000kW以上 35. 20円 一般木材等 10,000kW未満 26. 40円 10,000kW以上 入札で 決定 建築資材廃棄物 14. 30円 一般廃棄物・その他のバイオマス 18. 70円 液体燃料 入札で 決定 地熱 15,000kW未満 44. 00円 15年 15,000kW以上 28. 60円 全設備更新型リプレース 15,000kW未満 33. 00円 15,000kW以上 22. 00円 地下設備流用型リプレース 15,000kW未満 20. 90円 15,000kW以上 13. 20円• ただし、淡路島南部地域(洲本市、南あわじ市、淡路市の一部)については、発電者に出力制御対応機器の設置が義務付けられている四国電力の送電系統から送られてきた電気を供給している関係上、出力制御対応機器の設置が義務付けられているため、「出力制御対応機器設置義務あり」の調達価格が適用されます。 ・燃料費調整制度は適用いたしません。 ・複数の再生可能エネルギー発電設備を併設した場合で、それぞれの設備からの再生可能エネルギー電気の供給量を特定することができない場合に適用される買取単価は、当該複数設備に適用される買取単価のうち、最も買取単価の低いものを適用し、買取期間もこれに従うこととなります。 過去の買取単価.

次の

2020年(令和2年)太陽光発電の売電価格 仕組みや採算性

太陽 光 売 電 単価

10kW未満の余剰太陽光発電設備においては、平成27年度(2015年度)以降 地域によって異なる買取単価が適用されていましたが、2020年以降は いずれの地域も同じ単価が適用されることになります。 21円は、ほとんどの電力プランの購入電力単価を下回っているため、 自家消費量が多ければ多いほどお得になります。 さらに太陽光発電の設置量の多い地域では引き続き の(電力需要が減り太陽光発電の出力が上回りそうな際に発電量が抑制され、売電が一時停止する)可能性があるので、 売電に頼らない、自家消費型への対応は必須と言えます。 10kW以上の全量売電については以下のページでも詳しくご案内していますのでご参照ください。 10kW以上でも余剰は選択可能?「環境価値」も加わってCSRにも 10kW以上の場合、全量買取/余剰買取のどちらを選択することも可能です。 売電条件は10kW以上のものが適用されて 13円で20年が適用されます。 余剰を選択すると 売電収入は減る分、電気代の削減効果が期待できます。 業務用電力の単価よりも安いので、工場や商業施設の屋根に設置して自家消費をするのがお得です。 さらに蓄電池をうまく使えば ピークカットができ、高圧受電契約アンペアを下げることもできる可能性が高いです。 こうしたお得でエコなエネルギーを活用することで、さらに 環境価値も加わり企業イメージの向上にも繋がるため、今後産業用の余剰売電はスタンダードになってくると考えられます。 環境価値とは 太陽光発電が環境に優しい発電方法であるには違いないものの、全量売電の太陽光発電設備を導入して環境・社会貢献をアピールするのは本来の固定価格買取制度の解釈からすると間違っています。 以下は資源エネルギー庁の見解です。 「固定価格買取制度では、環境価値も再生可能エネルギー電気と一緒に買い取られるため、発電者のもとに環境価値は残らず、を負担される電気の消費者に帰属します。 余剰で売電する場合は、 自家消費分については環境価値が残ります。 」 産業用設備が急速に増えている昨今、この境目がないがしろにされているきらいがあるのは否めませんが、売電単価も下がり出力抑制の可能性も高まっている昨今、経済的なメリットとCSRアピールを両立できる余剰売電もしくは自家消費用設備の価値により多くの企業が気づき始めているのも事実です。 「」ではそうした企業の事例もご案内しています。 前身の余剰買取制度との違い 太陽光発電からの売電については、同じような制度が固定価格買取制度以前にもありました。 2009年11月に施行された余剰電力買取制度は期間は10年間、余剰分を固定価格で売電という内容で、現在の固定価格買取制度の10kW未満の条件と同じようなものでした。 2012年7月からは固定価格買取制度に移行していますが、その際10kW以上について「全量売電」さらに「20年間買取」と大規模太陽光発電を優遇する内容に変更されたため、急速に普及が進みました。 またこれまでは10kWを境に「住宅用」「非住宅用(産業用)」の定義分けが行われていたのに対して新制度ではこの定義が取り払われ、10kW以上か未満かの容量の違いによって売電方法を適用するよう変更されたため、住宅でも大規模な設備を導入する例が増え、住宅メーカーはこぞって屋根いっぱいにパネルを敷き詰めた「全量売電の住宅商品」の開発を行いました。 ダブル発電ってなんだっけ? 固定価格買取制度では主に家庭での利用を想定した10kW未満の設備に対して家庭の省エネを促進することを目的に余剰売電を適用しています。 売電収益を増やしたかったら節電に励んでくださいという具合です。 一方10kW未満の余剰売電の太陽光発電設備とエネファームや蓄電池など併用した場合、以前は ダブル発電と呼ばれて通常の余剰売電設備と区別されました。 これは、エネファームや蓄電池を太陽光発電の発電中に使用すると、実質的に 売電できる電力量が増えることになりますが、この増加分は省エネ努力によるものではないため差し引かれるべきだという考えに由来します。 実際にはエネファーム等の機器でどれだけ売電量の押し上げ効果が得られたかということを測ることは難しいため、制度では ダブル売電の家庭にのみ売電単価を低く設定することで対応されました。 ただ2019年以降はダブル発電をする方が損になってしまうことが多いので、売電単価を分けて考えることはしなくなしました。 無事に設置が終えたら売電が開始されますが、特に選択しない限りその地域をもともと管轄していた電力会社が買い取り、対価(売電収入)も電力会社によって支払われるのが通常です。 売電先はを含め任意の選択も可能です。 売電収入の振り込み元は電力会社ではあるものの、原資は電力会社の経営資金ではなく、各電力会社が電力を販売している先の需要家がという形で負担しています。 賦課金は全国一律で、FIT電源の売電単価が決められる際に一緒に決められます。 FIT電力の買取り金額のすべてが賦課金で徴収される対象となるわけではなく、回避可能費用といって、FIT電力によって電力会社が回避することができた支出分、例えば火力発電の燃料費などに相当する額はそれぞれの電力会社が補てんしたうえで、残りが需要家によって負担されます。 10kW未満住宅用の採算性は? 以下の表では、2020年の売電価格において10kW未満の採算性をシミュレーションしています。 (売電単価は21円、自家消費による電気代の削減額は単価を31. 5円として計算) 設置容量 初期費用 年間 発電量 自家 消費率 10年間 の収益 3. 10年での初期費用回収は難しくないと考えられますが、ソーラーパネルは30年近くの耐用年数が期待されているため、収益計算の際は10年の固定価格買い取り期間が終わった後の稼働量も考慮したいところです。 のページでは毎月更新される太陽光発電の最新価格情報を元に、各メーカーにおける10年間、さらには20年間の収支シミュレーションも併せてご案内しています。 HEMSと蓄電池が設置のカギになる? 住宅用でも出力抑制がかかる(売電ができない時間帯が出てくる)可能性がある東北や九州などの地域では、発電した電力が そのまま無駄になってしまえば直接的な収入減につながります。 一方で、今後はによって電気代が値上がりする可能性が高く、 太陽光発電の自家消費と上手な電力使用の時間帯シフトなどで電気代を大幅に減らせばよりお得にエコ生活を満喫できることになります。 自宅のエネルギーマネージメントの要となるHEMS、そして太陽光発電の自家消費率を上げるために欠かせないのがです。 見積もりの際には同時設置でお得に購入できる場合も多く、各施工店のキャンペーンなどをうまく利用することをおすすめします。 その際はあれもこれもと どんどんオプションを売りつけようとする業者はなるべく避け、ご家庭の電力使用パターンをきちんと汲み取って 長期的なスパンで最良の選択肢を提案してくれる業者をいかに見つけられるかが重要です。

次の