悪役令嬢 修羅場。 悪評?令嬢 小説家になろう 作者検索

鉄箱のブックマーク一覧

悪役令嬢 修羅場

作者:• アイリス大賞6金賞受賞に伴い、一迅社様にて書籍化の話が進行中です。 ありがとうございます。 元は『悪役令嬢は引き籠りたい~転生したら修羅場が多い~』です。 6月に名前を変更しました。 中身は変わってないです。 こうなったら、私を溺愛するお父様にお願いして領地に引きこもって徹底的にやり過ごして見せる! 王子もヒロインもしるものかー! 領地に引きこもりながら残虐行為からは一切距離を取りつつ、死亡フラグ=攻略対象者を餌付けしたり、可愛がったり、自分勝手に生活を魔改造しながら、悠々自適な有閑貴族としてヒキニート令嬢として暮らしていくが・・・・あれ? なんだか周りの様子がおかしいぞ? 前半はコメディ多め、後半シリアス入ります。 ハピエン予定です。 異世界[恋愛] 連載:全103部分• 乙女ゲーム 悪役令嬢 ラブコメ 女主人公 ほのぼの 後半シリアス アイリス大賞6 書籍化• R15 残酷な描写あり• 作者: 三ツ巴マト• 私、モブな悪役令嬢に転生しました。 最初は関わりたくなかったんですが、婚約者になった彼が大好きになりました。 ヒロインに奪われる訳にはいきません。 留学先から戻ったので、平和的に取り戻します。 なので一話ごとの話の長さにばらつきがあります。 順次投稿予定です。 後日談の短編「それでも彼が好きなので」を投稿しました。 異世界[恋愛] 完結済:全7部分• 乙女ゲーム 悪役令嬢 女主人公 西洋 学園 逆ハーレム? ハッピーエンド• 残酷な描写あり• 作者:• 「アリス貴様とは婚約破棄する!」 そんな声と共に前世の記憶を思い出した主人公。 夜会の会場にて今まさに王子の婚約破棄がおこなわれているその状況で彼は前世の乙女ゲームにて全く同じ展開があったのを思い出す。 あきらかに冤罪なのに、悪役令嬢を責める王子と他の攻略対象、そして、こっそりと不敵に微笑むヒロインを見てから彼は決めた。 大好きな悪役令嬢を救って自分のものにしようと。 これは乙女ゲームの攻略対象の一人、騎士団長の息子に転生した主人公が悪役令嬢を溺愛していく甘いだけの物語。 他サイトで書きかけていたのを少しだけいじって糖分を注ぎ込むいつもの作者特有の溺愛ものです。 異世界[恋愛] 連載:全101部分• 身分差 乙女ゲーム 悪役令嬢 溺愛 婚約破棄 攻略対象 騎士団長の息子 ヤンデレ ご都合主義 甘々 魔法 プチ アイリス大賞6• R15 残酷な描写あり• 作者:• 公爵令嬢のわたし、アンヌには悲惨な運命が待っているらしい。 うっすら覚えている前世の記憶によるとこの世界は乙女ゲームの世界で、私は悪役令嬢として活躍するようだ。 そんなの、もちろん回避する!攻略対象たちには近づかない! だけどその前に…。 公爵令嬢って堅苦しすぎる。 仕方ないから普通の娘に扮して町に出て、息抜きをしているんだけど。 そこで怪しい男に出会っちゃったよ。 みんながみんな、口を揃えて信用するなって言うけれど、案外いい奴で…。 異世界[恋愛] 完結済:全236部分• 乙女ゲーム 悪役令嬢 ミステリー風味 OVL大賞6F• R15 残酷な描写あり• 作者:• 【書籍化予定】 イリス・アラーナ伯爵令嬢と友人三人は、全員が転生者であり悪役令嬢。 三人目が乙女ゲーム『碧眼の乙女』に敗北した時に、イリスは腹を括った。 シナリオを回避しても、逃避しても、応援しても駄目なら、残念な方向で応戦するしかない! 顔には醜い傷をつけ、太ったように偽装し、流行を嘲笑ういかれたドレスに身を包んで、両手に肉を掲げて夜会を徘徊。 今日もイリスは、残念装備で突き進む。 「必ず、立派に残念な令嬢になって、生き延びてみせるわ」 残念な令嬢を目指す、残念なお話です。 【 第五回アイリスNEOファンタジー大賞、銀賞受賞しました。 本編に関わる内容もありますので、読むとより楽しんでいただけるかと思います。 「残念令嬢」シリーズからご覧ください。 【本編第一〜第七章完結済】 いずれ続編を連載するつもりです。 異世界[恋愛] 完結済:全207部分• 乙女ゲーム 悪役令嬢 ラブコメ 女主人公 勘違いでじれったい 素で残念 段々と溺愛方向 両手に肉 学園 剣と魔法 貴族 面倒見の鬼 ハッピーエンド ファンタジー 鈍感• R15• 作者:• 不慮の事故で、異世界転生を果たしたテレサ・ルーベルン。 暫くは、なんの不自由もない伯爵家で暮らしていたのだが、弟に読み聞かせしていた時に、前世でプレイした乙女ゲームの記憶が蘇った。 そして気づく…転生した先がその乙女ゲームの世界だった事に…。 でも、自分は見た事も聞いた事もない存在で、モブ以下の存在だった。 なんの役目もないテレサは、前世と同じくこの素晴らしい世界で人生を謳歌する事を決めた。 異世界[恋愛] 完結済:全51部分• 乙女ゲーム 変人 転生 性的虐待要素あり• 残酷な描写あり• 作者: 麦 若葉• ヒーローとヒロインがめでたく結ばれたハッピーエンド後の乙女ゲームの世界。 しかしその幸せの裏に、ある理由のため好感度マックスのままヒロインに選ばれず想いを取り残されたままの攻略対象者たちがいた。 その攻略者の一人で騎士のアランはソフィアと幼馴染で相思相愛であった。 しかしヒロインに出会い心変わりしてしまった。 ヒロインが他の対象者と結ばれた後も彼女を想い続けるアランと跡継ぎを産むためソフィアはそのまま結婚することになる。 一方でヒロインと結ばれたメインヒーローのアルフォンスに生まれる前から決められていた婚約者がいた。 彼女は生まれる前から決められた結婚から逃げられないと諦めて、幼い頃からそれまで必死に王妃教育を受けていたのだった。 そのため王太子は王太子妃、のちの王妃の執務をさせるためだけに元々の婚約者を側妃として迎える。 一方で同じくヒロインに熱い想いを向けている他の攻略対象者のオズワルドは自身の婚約者を無実の罪で婚約破棄をする事に成功する。 しかしその後彼女は姿を消してしまった。 その後のヒロインの思惑と結婚後のソフィアの幸せの行方、他の攻略対象者に関わった令嬢達の運は・・• 異世界[恋愛] 連載:全90部分• 悲恋 乙女ゲーム 日常 ハッピーエンド 魔法 子育て ざまぁ• R15 残酷な描写あり• 作者:• 私、悪役令嬢? 逆ハーレムは私を巻き込まずにやってくれ。 魔法凄い。 魔獣可愛い。 兄尊い。 悪役も妃も回避して、田舎で魔獣達と暮らすつもり。 異世界[恋愛] 完結済:全40部分• 乙女ゲーム 悪役令嬢 冒険 女主人公 魔法 男装 ほのぼの モフモフ ハッピーエンド• 作者:• ブラック企業に勤めていた主人公は通勤中に事故に遭い、気付けば大好きな乙女ゲームの最新作の世界に転生していた。 最推しが第一作目に登場したキャラだったため少しがっかりした主人公だが、攻略対象の一人だったキャラと恋人同士に、ゲーム主人公とは友人になり日々を過ごす事に。 そんなある日、恋人が婚約破棄を告げてきた理由は我が儘し放題の姉の事で……。 婚約破棄に加えて冤罪まで掛けられ、特殊な空間に永遠に一人きりで幽閉される事になった主人公だが、実は持っていた前世の世界へ繋がるパソコンで幽閉生活を満喫する事に。 そんな主人公の元に何故か最推しキャラが訪ねて来る事から始まるちょっと変わった異世界話。 異世界[恋愛] 完結済:全45部分• 乙女ゲーム 悪役令嬢 日常 ギャグ ほのぼの 女主人公 和風 ハッピーエンド ざまぁ シリアス 恋愛• 作者: 伊礼 圭• 仕事に行こうとして事故に遇い、目覚めたら私は10歳の公爵令嬢で悪役令嬢!?しかも元のこの身体の持ち主は、乙女ゲームの崇拝者でヒロインの身体を魔法で乗っ取った疑惑有り!そんな怖すぎる子、関わりたくないわ…。 という訳で、私はせっかくの二度目の人生は、普通の令嬢として生きていきたいと思います。 公爵令嬢ってだけで華々しいのに悪役令嬢なんて絶対回避!• 異世界[恋愛] 連載:全27部分• 乙女ゲーム 悪役令嬢 ラブコメ 女主人公 学園 ハッピーエンド 西洋 近代 魔法 ざまぁ• R15 残酷な描写あり.

次の

転生したら悪役令嬢だったので引きニートになります(旧:悪役令嬢は引き籠りたい)

悪役令嬢 修羅場

私の企みはいたって単純…だと思う。 まず、この二人を絶対に結婚させると言う確約を取る。 これ大事。 そうすれば私は、アンドレア王太子殿下と結婚しなくて済むのだ。 つまりは、この先一生、アンドレア様の嫌がらせを受けず、その行動や気分に振り回わされず。 心穏やかに過ごせるのだから。 結婚? そんなもの、当分考えたくもないわ。 しかし、私もこの国の国民の一人。 アンドレア様が国王に立った時、この国の行く末を考えると少々罪悪感が残る。 此処はやはり私が我慢をし、アンドレア様と結婚をして、何とか宥めすかしながら手綱を取るべきかとも思った。 ………ダメだわ、絶対耐えられそうもない。 私にも幸せを夢見る権利があったっていいじゃない。 だから私は、自分への確約がもらえてから、 アンドレア様をその座から引きずり下ろし、 代わりにスティール様を王太子殿下の座に据えたらどうかと考えた。 彼なら年は若いが、アンドレア様よりよっぽど国王に相応しい。 そして私はまた考えた。 考えて、考えて、考えた結果、この場でその考えを実行に移すことにしたのだ。 だからお願いスティール様、変な事言いだして、私の計画を台無しにしないで。 「ジュリエッタ嬢ほど、これからの我が国の王妃に相応しい女性を私は見た事がありません。 何よりも我が国の事を思い、思慮深く、つつましい。 かといって、決して消極的でもなく、やらなければいけない事は行動に移す。 」 「ちょ、スティール王子殿下、私の事などどうでもいいのです。 今はこのお二人の幸せを……。 」 「ほら、このようにして自己犠牲をもいとわないその姿。 何と美しいのでしょう。 私は幼い頃から、兄上とジュリエッタ嬢の事を見て参りました。 兄上の嫌がらせにも耐え、それでもこの国の為、良い王妃になるよう努力を重ね、 ずっと兄上の行いに耐えてきたのに、 最後には自ら身を引き、他国へと行かなければならなくなるこの仕打ち。 これでは余りにもジュリエッタ嬢がお気の毒です。 」 いや、私は自分が幸せになる為にこれをやっているんです。 頼みますからスティール様は、くちばしを突っ込まないで下さい。 お願いします。 「何と…。 アンドレアがジュリエッタ嬢を虐げていたと申すか。 しかしアンドレアの話を聞けば、ジュリエッタ嬢とはうまく行っていると、 そう申していたぞ。 時にはジュリエッタ嬢の素晴らしさを、まるで惚気る様にも言っていた。 信じられぬ……。 」 「信じられぬと言われても、それでは今のこの状況をいかがされます。 兄上はミレニア男爵令嬢をパーティーのパートナーとして伴い。 婚約者であるジュリエッタ嬢は、一人壁の花となっています。 おまけに兄上とミレニア男爵令嬢の、結婚宣言の証人は多数いる始末。 これでも父上は、二人がうまく行っていたと思われますか。 」 スティール様の言葉に、詰まる国王陛下。 いけない、このままでは話が有らぬ方向に行きそうだ。 まずは最初の目的に話を戻さねば。 「国王陛下、私の事など、どうでもいいのです。 私とアンドレア王太子殿下は、 お分かりのように、何の思いも通っておりません。 しかし、ミレニア男爵令嬢様とは深く愛し合っているご様子。 お願いいたします、どうぞお二人の結婚を認めてあげて下さいませ。 その為でしたら私…、そうだわ、国王陛下の仰るままクリュシナに参ります。 お願いします。 そうさせて下さい。 」 アンドレア様の妻になるぐらいなら、クリュシナの高級保養所で、 優雅に過ごした方が、今と比べようが無い程素晴らしい筈ですわ。 「それほどまでにジュリエッタ嬢は愚息の事を思っていてくれるのか。 ならば今一度、アンドレアの事を考え直してくれぬか。 」 …………嫌です。 「そのような顔をせず。 な、ミレニア嬢の事はこちらで何とかするから、どうかもう一度。 」 ……絶対嫌です。 「そんな!王様酷いです! 私とアンドレア様は愛し合っているのに、それを引き裂くんですか! 酷過ぎます~~~~~。 」 またも大声で泣き崩れるミレニア嬢。 その横で、慌てふためくアンドレア様。 さすがに泣いている女性を放置は出来ないのか、 抱き起し涙を拭いたり介抱している。 そうそう、泣いている少女には、優しくしてあげてね。

次の

【朗報】アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった」2期制作!!

悪役令嬢 修羅場

この国の王女《フォセカ・アルニタク》からは、道具のように扱われる、地獄の日々を送っていた。 ロベリアが王女を取り巻いているのも、王女からの命 令に過ぎない。 取り巻き「役」として仕えていたのだ。 しかしある日、ロベリアは、この取り巻き役をクビにされる。 そして、冷酷非道な剣士として悪評が漂う辺境伯《ゼラ・キファレス》と婚約させられてしまった。 ゼラに脅かされる毎日を過ごすのかと思いきや、不器用にも彼に愛されるロベリア。 愛を知り、友に支えられ。 ロベリアの失われた過去も紐解かれていく。 「おまえは隣国の王女だったんだ」 そう明かすゼラは、ずっと昔からロベリアのことを一途に想い続けていた。 しかし彼女に記憶もなければ、今の隣国に地位も居場所も何もない。 そこには、フォセカ王女の家、アルニタクが絡んでいたのだ。 黒幕のフォセカを潰すべく、取り巻き令嬢と鬼畜剣士、厄介な二人が国奪還の復讐へと挑む。 公爵令嬢であるヴィオレットはその日、婚約破棄されて落ち込んでいた。 実は前世の記憶があり、悪役令嬢だと気づいた時からその運命を回避しようとしてきたのだ。 それなのに、悪評を消すことは出来ずに婚約破棄。 それなら、もう、我慢しなくていいはずだ。 そ う思ったヴィオレットは仮面舞踏会に参加し、公爵家から逃げ出す。 そんな時、参加していたパーティーで、声をかけられた青年と一夜を共にしたのだった。 そして次の日。 公爵である父から勘当され、他国の公爵である母方の叔父に雇ってもらおうとする。 道中の宿で出会ったのは、なんと昨日の青年だった。 しかも、彼は隣国の若き皇帝陛下。 「昨日は、本っ当に、すまなかった!! 」 「構いませんわ。 但し、許す代わりにわたくしの事を雇ってくださいませんか」 どうせならとヴィオレットが提示した条件は、皇帝陛下にねじ曲がって伝わったらしく……!? 基本マイペース更新です。 公爵家の令嬢エリーゼ・スティアートには、自分ではない『誰か』の記憶があった。 幼少時は記憶に引き摺られ、その『誰か』であろうとしてしまう。 その結果、自分を見失い、嫌われる ことが『私』を見ることだと信じていた。 そんなエリーゼの転機は、悪評塗れの次期王太子妃との出会い。 噂とは違う姿に心を許していく中、噂の真実に気づいてしまう。 次期王太子妃を救うべく行動を始めたエリーゼは、想いがけず自分が処刑される『未来』を知る。 それは、次期王太子妃を嵌めた罪によるものだった。 エリーゼは次期王太子妃を救えるのか。 バッドエンド回避に向けて走り出したエリーゼを、『未来』を知る者たちが翻弄する。 協力? 敵対? それぞれの思惑が絡み合い、『未来』は別方向へと進んでいく。 これは記憶に翻弄されながらも、『未来』を掴む物語。 ジュエリッタは捨てられた王女。 魔力だけで学園に入学したものの成績は下位。 出るはずのなかった学園の大会で選抜メンバーとなってしまう。 【元令嬢は守銭奴教祖】主人公レレイユは宗教激戦区の惑星サニュで教祖となり、頂点たる主教の座を目指す。 未来 の有力者が集まる魔法学園に通い信者を集めることにした。 【地下書館籠城記~】主人公アンノミアは次期魔導一族の長。 【カモフラージュ】主人公ファメラは王女として国の悪評を払拭したい。 【誰が私を殺したのか?】主人公ライラナは殺されてしまい生き還りを目指す。 【全知全能の私】主人公ラミラは天上神から全知全能の力を奪ってしまった。 【5人の王子のためにアイテム調達がんばる私】主人公の理琴は父のリストラを機に玉の輿を狙う。 【悲劇の女王は芳しい神にほだされる】主人公セーナは次期ジュラス星の女王。 古の龍王から譲り受けた香水瓶を割ってしまう。 金では買えない香水を作り直すことになった。 【創立者は傍若無人のドラゴン娘】主人公ルイルは人間に育てられたドラゴン。 彼女は後に魔法学園を創立する大者となるのだった。 【魔法学園リリノア~神官様の補佐役は女神様~】主人公リリノアは不時着し、神官に保護された。 【人生は全然甘くない】主人公シューガレナは国王が魔王を討伐した者に王位を譲るというのであわよくば貴族の妻になれればと参戦。 主人公クレマレナは悪役令嬢だったが近未来の少女カスミと世界を交代してしまう。 それは彼女にとって願ってもみない幸運。 【悪役令嬢ランボルティーニ】主人公カスミは地球で死に異界で悪評高い令嬢クレマレナと入れ代わる。 小国王子に婚約破棄された挙げ 句、どの世界線でも死ぬ運命。 しかし神の慈悲で死の寸前に時を巻き戻す。 【黄金の女神~自然界に私はいない】主人公リホウは人類が滅亡する前に46億年前の地球と同じ惑星アテラスへ連れてこられた。 彼女はまだ誰も居ない星を好きなように改造する。 【異世界進行系】気がつけば苹果は王国デスロックハートにいた。 悪い神の呪いで人々がしんでしまうらしい。 現代人転移 【私マじで異世界いキナんですか!? 】主人公マキナは拐われ未来の異界ミーゲンヴェルドへ。 近未来人転移 【左利きの逆襲?魔法の絵の具で画家チート】千奈はいつの間にか異世界のキャンバリテ王国にいた。 神様に誰でも絵が上手くかける魔法の絵の具をもらう。 現代人転移 アイリーン・ブラニングは、恋人ヴィクトル・スラッドリーと付き合うようになってから悪評を流され、友人を失った。 新月の貴公子、などと呼ばれている彼と付き合う私を僻んでいる、そう思っていた。 ある日、私は三人の令嬢に人気のない所まで乱暴に引 き回された。 彼女らは私の髪をナイフで短く乱雑に切っていった。 貴族令嬢が短く髪を切ると言う事は、俗世を離れ修道院へ行く時だ。 私はもう、幸せな結婚が出来ない。 修道院へ行くしかない。 絶望に打ちひしがれていると、ヴィクトルがやってきた。 しかし彼は、助けてはくれなかった。 私を見下ろし、四人で笑っていた。 「ただの遊びだ」 ヴィクトルはそう言って、三人をはべらせて出て行った。 私の髪を切ったのはヴィクトルの仕業だとようやく気が付いた。 お兄様の手を借りて家に帰り、自室で一晩泣き続けた。 泣いても仕方ないと髪を切り整えると、太陽の貴公子と呼ばれるお兄様にそっくりだった。 これを武器に出来ないだろうか。 私はもう幸せにはなれない、なら復讐の限りを尽くしてやる。 今、会いに行くからな。 女である主人公が令嬢に言い寄るシーンがありますが、恋愛の為では無いのでガールズラブ要素は皆無だと思っております。 基本週2(土曜日曜)更新です。 特殊な力「コード能力」の使い手である少年レイは、容姿端麗、文武両道の大貴族様。 ただし「サギ王子」と呼ばれるほどに、女性泣かせな事がたまに傷。 一方、同じくコード能力者である元気印のユイトは、レイによく似た美少年ながら、女の子には凄く 奥手。 ある時、ユイトを見つけたレイは告げる。 「僕のふりして、僕の代わりに能力者の学園に通ってほしい」 承諾したユイトだが、実のところ、問題は山積みだった。 気まずい関係の美少女婚約者。 謎の潜入エージェント。 悪評高い幼馴染みとの敵対。 それに軟派なレイとは正反対なユイトに好印象な女の子も案外多くて……。 昔々あるところに、ねちっこくド田舎男爵令嬢をイビり続ける公爵令嬢様がいらっしゃいました。 ド田舎令嬢はなんと、公爵令嬢様の婚約相手であらせられるところの第一王子様とデキてしまっていたのです!憤慨した公爵令嬢様が執拗に攻撃するのも納得出 来るというもの。 しかし第一王子様はそんな陰湿な公爵令嬢様に嫌気が差し、一方的な婚約破棄を言い渡してしまったのです!傷付いた公爵令嬢様は引きこもり、悪評で家は没落し……、などということにはなりませんでした。 王子様は忘れていたのです。 公爵令嬢様は、あらゆる要素をフィジカルに極振りした破壊の化身、即ち脳筋だったということを……!! 「許しませんことよ……ワタクシを当て馬にしたゴミ虫どもがああああああア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ッ!!」 ブスでデブな俺 (男)、南雲スバルは聖女として召喚されてしまった。 召喚されたのは俺を含めて7人。 3人は美少女、1人は美少年、1人はハゲ散らかしたおっさん 元イケメン 、1匹はメス猫。 なぜか皆聖女ということになった。 本当になんで? で 、いきなり始まったシスター&ブラザー選考会。 自分の姉妹、兄弟にしたい者を自ら名乗り出て指名し、各宮殿に迎えるのだ。 赤薔薇、白薔薇、青薔薇、黄薔薇、緑薔薇、紫薔薇、黒薔薇の7つの宮殿。 各宮殿で過ごし、聖女としての素質を開花させていく。 そんな中、メス猫やはげ親父までに遅れをとった俺は、最低最悪と悪評高い「黒薔薇」宮に選ばれる。 ちっこいお姉ちゃんと暮らしながら、料理スキルLV80のチートを活かして生活していく。 そして決めた。 しょうがない、こうなったら最高の聖女になってやると。

次の