試練を与える人。 霊格が高い人は、試練が与えられる理由

よく「神は越えられない試練は与えない」と言う言葉を耳にしますが、...

試練を与える人

御言葉讃美歌• 教会生活の賛美歌• 人が神への信仰において求めるのは、将来のための祝福を得ることです。 それが人の信仰における目的なのです。 誰もがこの意図と望みを持っていますが、人間の本性にある堕落は試練を通じて解決されなければなりません。 あなたが清められていない側面はどれも、あなたが精錬されなければならない側面です。 これが神の采配です。 神はあなたのためにある環境を作り、そこで強制的に精錬されるようにすることで、自らの堕落を知ることができるようにさせます。 最終的に、あなたはむしろ死んで自分の企みや欲望を捨て、神の主権と采配に服従したいと思うまでになります。 それゆえ、数年間の精錬を受けておらず、ある程度の苦難を経ていない人は誰も、自身の考えや心における肉の堕落の束縛を捨て去ることが出来ないでしょう。 あなたはどの側面においてもいまだサタンに束縛され、自分の欲望と要求を抱いていますが、それらの側面において試練を受けなければなりません。 人は試練を通じることでのみ教訓を学び、真理を得て、神の意図を理解することができます。 実際、多くの真理はつらい試練を経験することで理解されます。 楽な環境にいるときや状況が好都合なとき、神の考えを理解したり、神の全能性と知恵を認識したり、神の義なる性質を正しく理解したりすることは誰にもできません。 そのようなことはありえないでしょう。 数年間の精錬を受けておらず、ある程度の苦難を経ていない人は誰も、自身の考えや心における肉の堕落の束縛を捨て去ることが出来ないでしょう。 『キリストの言葉の記録』の「試練のさなかに神を満足させるには」より編集.

次の

神様はなぜ試練を与えるのですか?何のために。

試練を与える人

「神様は乗り越えられない試練は与えない」 ・・・マザー・テレサが口にされていた言葉です。 僕はマザー・テレサが語られた言葉を信じています。 苦難の真っただ中にいる時、「神様は乗り越えられない試練は与えない」・・・自分のためにそう思ってみたりします。 僕には本当のところはわかりません・・神様が試練を与えることも、それを乗り越えることに意味があることも・・それが本当だと証明するものは何も持っていなくて。 ただ、僕はそれが嘘か本当かということは別にして、そう信じてみることで、「これは神様が与えた試練」なんだと思って、信じてみることで、ふっと気持ちが楽になれたことが何度も何度もあって。 そう思えた時、そう信じてみようと思った時に、その試練であったり、苦難というものに対する見方であったり、捉え方や感じ方がガラリと変わることがありました。 僕は人様に、神様は乗り越えられない試練は与えないから前向きに生きましょう・・・なんてとても言えませんし、そんなつもりもありません・・。 ただ、何かを信じてみることが、自分の力になったり、時にはそれが心の支えになることもあるのかなと、そう思ってきました。 試練は乗り越えるだけ・・じゃない 試練を乗り越える・・・というと、頑張って努力して乗り越える・・・というイメージがあります。 でも、試練の乗り越え方ってそれだけではないのかも・・知れません。 サッとかわすことだって、時には必要だったりして。 嫌いな人を克服して好きになる修業をするほど・・・人生は長くはないのかも知れなくて。 修業って辛いことを克服する・・・そんなイメージがありました。 でも、楽しむ工夫をする修業というものもあってもいいんじゃないかなと・・・僕は思うようになりました。 人生は、自分が苦手なものや嫌だと感じたことや人、それを1つづつ、つぶしていって、もしくは乗り越えていこうとすると、きっと、ずっと歯を食いしばったままで終わってしまうと思うんです。 全部克服していったら、完璧な人生になるかも・・・知れません。 でも、1つ忘れていることがあって、それはきっと、「人生を楽しむ」ということなんだと思うんです。 僕は苦しむことは決して悪いことばかりじゃないと・・・思ってきました。 でも、苦しんでいる自分に気づいた時に、それを何とかして克服しようと思う代わりに、今は、「どうやったら、自分が笑っていられるだろう?」と自分に問いかけることにしています。 歯を食いしばって生きるより、笑っていられる方を選択してゆきたいです。 それがたとえ、その時は辛く苦しい決断だったとしても、その後の自分が笑っていられる方を選びたいと思うんです。 ツイッターでも発信しています では心が楽になる考え方や悩みの解消方法、新着記事のお知らせなどを毎日発信しています。 自分を粗末に扱っていると、自分のことを都合よく使おうとする人や自分のことを利用しようとする人が寄ってくることがあります。 何故かというと、自分を大事にしていないから。 自分を大事にしていないから、同じように自分を大事にしてくれない人が寄ってくるのです。

次の

よく「神は越えられない試練は与えない」と言う言葉を耳にしますが、...

試練を与える人

壁にぶち当たると、よく、神様が自分に試練を与えている。。 とか、神様は、乗り越えられない試練を与えない。。 などと、自分に言い聞かし、やる気を奮起させるものでありますが、私は、それは違うだろう。。 と思います。。 これは一つのポジティブシンキングですね! 神様が試練を与えているのでゃなくて、自分が、今自分に必要な経験を呼び込んでいるのですね。。 身体が呼び込む経験とは、頭脳思考が思う、自分に都合の良い事ばかりではないのです。。 都合の良い事ばかりしか起きない毎日に、気づきはありません。。 都合の良い事も、都合の悪い事も、同じだ。。 と思える事が、人生を理解した事になる。。 自由自在を手に入れた事になります。。 皆さんが試練と思うのは、都合の悪い事を、都合の良い状態にしようと努力する事ですね。。 そうではないのです。。 都合の良い事、都合の悪い事。。 どちらでもない所に中心が、空即是色があるのだ。。 と、気づかされる経験なのです。。 例えば、桃田くん。。 バトミントンの。。 今回も目の怪我で、ひょっとしたら二回連続の、オリンピック不参加の可能性も出てきました。。 多くの方は、桃田くんはついてない。。 とか不運だとか、思った方が多いでしょう。。 しかし、私にはそうは見えないのですね。。 もし、オリンピックに出て、金メダルを取る事が、桃田くんの魂の成長に必要であるならば、オリンピックにも出るだろうし、金メダルも取るでしょう。。 池江さんもそうですが、オリンピックで金メダルが取れる可能性が高い人が、怪我や、病気によって、目前でその道を閉ざされるという経験。。 これを受け入れた時にしか得られない、魂の大きな気づきを得るのに必要な経験を、今 まさに呼び込んでいるんだなあ。。 と、見えるのです。。 それは、きっと、オリンピックで金メダルを取る事以上に、必要な気づきなのだと思うのです。。 中学生に頃、同級生に、とっても勉強ができて、明るくて、気さくな友人がいました。 彼も、高校受験を目前にして、で入院したんです。。 そのため、高校受験は一年遅れ、私が2年になった時、彼は一年生でした。。 4月に、電車の駅で彼を見つけ、懐かしさで、話しかけて、少し話をしました。。 驚いたのは、彼が大人になっている事でした。。 同じ歳とは思えないほど、落ち着いていました。。 そして、一年遅れた事について、質問しても、完全にそれを受け入れていて、愚痴や後悔の言葉は一つも出てきませんでした。。 その時に感じました。。 彼は、で一年遅れた事によって、人間的に大きく成長したんだなあ! 大きく成長した魂は、その後の人生で、使い続ける事のできるスキルです。。 オリンピックで金メダルを取る事でしか、解らない世界もあるのでしょうが、テレビで見ていても、元金メダリストの言葉が、他の人達より、響いているとは思えません。。 目標を達成することも、大切ですが、人間が一番成長するのは、自分にとって不都合な出来事を、ありがたく受けいられた時です。。 さんなんか、乳癌手術後、雰囲気が優しくなったと思いませんか? 私は、桃田くんは、オリンピックで金メダルを取れるという器以上の器を持っている人なんだなあ。。 だから、こういう経験を呼び込んで、成長しようとしてるんだなあー。 と見えます。。 試練といえば、乗り越えないといけないものだと思い込んでしまう。。 しかし、明らめることで、次の扉が開くのかもしれない。。 試練には、乗り越える試練と、明らめる試練があるのです。 共に気づきがあるのです。 明らめる。。 とは、難しいのです。。 執着を手放す事ですから。。 だから、強制的に手放させる経験を、自分で呼び込むんです。 池江さんも、あのまま無理な練習を続けると危ないから、にして、練習を中止させた身体の意思があったのだと思うのです。 試練と戦わないことです。。 受け入れてこそ、道が開く。。 それが、怪我を克服してメダルを取る事なのか、オリンピックメダル経験無しという人生を、受け入れられる人物となる事なのか? それは、その人その人の、今、必要な成長が何なのか?によります。 人が必ず老いてくる。。 という事も、最終的には、受け入れるしかない。。 受け入れる事を促しているのだと思うのです。。 kawamuraseitai.

次の