郵便局 atm振込。 振込(他の金融機関口座への送金)

郵便局とファミマのゆうちょ銀行ATM土日の振り込み取り扱い時間は? | 悩み解決青空ブログ

郵便局 atm振込

スポンサードリンク 郵便局の窓口やATMの利用時間は? 郵便局の営業時間て短い気がしませんか? 窓口が16時に閉まっていたりして。。。 そうなるとATMの利用時間は何時までなの?という疑問も出てきませんか? 郵便局の窓口には店舗により土日や夜間も利用できたり、24時間利用できるゆうゆう窓口というものも存在していて便利になっているんです。 そしてATMも郵便局だけではなくコンビニにも設置されていて便利になっています。 そんな郵便局の営業時間やゆうゆう窓口、土日祝日の営業・ATMの利用時間や手数料についてまとめていきたいと思います。 ちなみに、郵便局の業務は 「郵便局」が窓口、 「日本郵便」が郵便事業を、 「ゆうちょ銀行」が銀行事業を、 「かんぽ生命」が保険事業を担当しています。 スポンサードリンク 郵便局の営業時間、土日祝日は? 郵便局の窓口業務は、二種類あります。 土日祝日は基本的には休みです。 ただし、一部では土曜日も営業している店舗も意外と多くあります。 さらに、大規模な一部店舗では土曜日も日曜祝日でも、深夜も営業している郵便局もあります。 土日祝日は休みです。 一部地域(都市部など)の大規模な店舗では、16時以降も窓口業務をやっているところもあります。 最寄りの郵便局検索はこちらが便利です。 post. japanpost. そんな方にはゆうゆう窓口がおすすめ。 意外と知らない方も多いようですが、土日祝日、夜間でも利用できる窓口なんです。 昔は時間外窓口という言い方もされていましたが、イメージアップのためにゆうゆう窓口へと呼び方が変わりました。 主な業務は 郵便物の引き渡し、発送、切手やハガキ、その他関連商品の販売となります。 ゆうゆう窓口は、同じ郵便局内に設置されていますが、通常窓口は郵便局会社、ゆうゆう窓口は郵便事業会社が運営を行い、違うものであり、通常窓口が開いている時間帯はゆうゆう窓口は閉まっています。 ゆうゆう窓口自体、設置されている店舗が少ないため、こちらから検索できます。 post. japanpost. html スポンサードリンク ゆうちょ銀行のATMについて ゆうちょ銀行のATMは、郵便局に設置されているATMとファミリーマートに設置されているATMが使い勝手もよく、手数料も安いのでおすすめです。 その他セブン銀行やイオン銀行・メガバンクや地方銀行ATMでも利用できますが、手数料が高くなります。 ゆうちょ銀行ATMの手数料や利用時間を説明します ゆうちょ銀行ATMの営業時間 (平日) 預け入れ:7:00~21:00 払い戻し:24時間利用可能 (土曜日) 預け入れ:9:00~17:00 払い戻し:24時間利用可能 (日曜日・休日) 預け入れ:9:00~17:00 払い戻し:21:00~00:05までだけ利用できません。 その時間以外は利用可能です メガバンクや大手都市銀行atmも終日利用可能です。 しかし、現金の振り込みは8:45~18:00までと制限されています。 <<関連記事>> ゆうちょATM手数料 預け入れ、引き出し ゆうちょ銀行のATMであれば、預け入れ、引き出し手数料ともに24時間無料です。 提携金融機関でのATM・CD提携サービス手数料 (平日)108円 8:45~18:00 (土曜日)216円 9:00~14:00 (日曜、休日)216円 スポンサードリンク 振込手数料 ゆうちょ銀行間の振り込み手数料は月5回まで無料。 月に5回を超えると1回あたり216円必要です。 他行への振込手数料 5万円未満:216円 5万円以上:432円 ファミリーマートやコンビニでの利用 ファミリーマート内に設置されているATMではほぼ全てのATMサービスが24時間利用できます。 (日曜、休日の21:00~23:55までだけは他の金融機関への振り込みはできません。 ) ファミリーマートのゆうちょATMではゆうちょキャッシュカードによる預入、引き出し手数料は無料です。 振り込みや各種金融機関のカードでの利用は手数料がかかります。 その他コンビニ(セブンイレブン等)でもゆうちょ銀行カードが使えますが、手数料、店舗数、時間帯ともにファミマでの利用がとても便利です。 ファミリーマートのゆうちょATM検索はこちらが便利です。 japanpost. しかし、ATMでできる範囲なら利用可能です。 例えば、郵便局店内のATMであれば、営業時間内であれば硬化の入金ができますので、硬化をお札に両替したいときになどには使えます。 しかし、窓口の営業時間外や、コンビニなどの店舗外ATMでは硬化は入金できませんので注意が必要です。 ATMの1日あたりの利用限度額は50万円です。 ファミリーマートのATMでは1日あたり20万円が限度額となります。 ゆうちょ銀行のATMは年末年始やゴールデンウイークやお盆は使える? 年末年始やゴールデンウイークやお盆といった期間は、郵便局に設置されているATMは、郵便局の各店舗によって変わります。 郵便局が営業していなくてもATMだけは使える店舗もありますので最寄りの郵便局でお問い合わせください。 ファミリーマートに設置されているATMは使えますので、ファミリーマートが一番確実です。 post. japanpost. japanpost.

次の

郵便局の振込用紙は赤と青がある?違いについて徹底解説

郵便局 atm振込

<目次>• 銀行窓口で他行宛てに振り込むと手数料が800円超!? 銀行の振込手数料は、振込先や振込金額、振込方法によって異なります。 従来からの都市銀行や地方銀行には次のような傾向があります。 振込方法と振込金額による他行宛て振込手数料 家賃や会費などの振込は、他行宛てのことが多いと思われますから、他行宛ての振込手数料を中心に見ていきましょう。 ちなみに都市銀行や地方銀行では、それぞれに違いはありますが、通常の他行宛て振込手数料は、次の金額が平均的です。 窓口で振込: 振込金額3万円未満 660円 振込金額3万円以上 880円• 現金でATM振込: 振込金額3万円未満 440円 振込金額3万円以上 660円• キャッシュカードでATM振込: 振込金額3万円未満 330円 振込金額3万円以上 440円• インターネットバンキングで振込: 振込金額3万円未満 220円 振込金額3万円以上 440円 3万円以上を窓口で振り込むと、なんと880円もかかってしまいます。 990円かかる銀行もあります。 キャッシュカードでのATM振込やインターネット振込でも、振込金額が3万円以上なら手数料は440円です。 振込手数料には消費税がかかり、紹介した手数料はすべて10%の消費税込の金額です。 他行宛て振込手数料が無料の銀行 この他行宛て振込手数料を無料にしたり、安く設定しているのがインターネット専業銀行です。 住信SBIネット銀行間での振込は無料• 他行宛て振込は預金残高などにより最大で月15回まで無料• 他行宛て振込の無料回数を超える分は振込金額にかかわらず手数料157円(税込) 住信SBIネット銀行はインターネット専業銀行ですから、振込はパソコンやスマートフォンを使ったインターネットバンキングまたはテレフォンバンキングで行います。 店舗はなく、ATMでの振込はできません。 都市銀行などと比べると、他行宛て振込手数料に無料回数が設定されていて、それを超えても一律157円というのはおトクですね。 さらに残高に応じて最大で月11回まで無料。 無料回数を超えた分は振込金額にかかわらず220円。 またソニー銀行では、三井住友銀行ATMでソニー銀行のキャッシュカードを使った他行宛て振込ができます。 この場合はATM手数料は月4回まで無料、三井住友銀行の所定の振込手数料がかかります。 残高100万円以上なら他行宛て振込が無料に 条件付きですが、都市銀行の中にも他行宛て振込手数料を無料にしているところがあります。 みずほ銀行と三菱UFJ銀行です。 みずほダイレクト(インターネットバンキング、テレホンバンキング)を利用して振り込んだ場合です。 他行宛て振込手数料が無料の銀行を上手に活用したいものですが、給与振込などで日常的に利用する銀行が別の場合、お金をどうやって動かすかが問題です。 手数料無料の提携ATMを活用 住信SBIネット銀行は、ゆうちょ銀行ATMやコンビニATM(セブン銀行、ローソン、イーネット)から無料で入金できるので、まずこれらのATMを使って現金を住信SBIネット銀行の口座に入金しておけば、住信SBIネット銀行のインターネットバンキングで振り込めます。 ソニー銀行は、ゆうちょ銀行ATM、コンビニATM(セブン銀行、ローソン、イーネット)のほか、三井住友銀行、三菱UFJ銀行のATMからも手数料無料で入金できます。 給与振込が三井住友銀行や三菱UFJ銀行の人は、ソニー銀行口座へのお金の移動が無料でできて便利ということですね。 家賃など月1回の振込なら、ソニー銀行に口座を作れば手数料無料の他行宛て振込が利用できます。 みずほ銀行は、通常はコンビニATMを使うと手数料がかかりますが、みずほマイレージクラブに入会し月末合計残高30万円以上なら、曜日・時間にかかわらずコンビニATM(イーネット)の手数料が月1回まで無料になります。 みずほ銀行ATM、イオン銀行ATMの時間外手数料も無料になります。 コンビニATM(イーネット)やみずほ銀行ATMから入金できます。 このようにして、他行宛て振込手数料が無料の銀行にお金を入れて、そこから振り込めば、振込手数料を払わずに済みます。 インターネット専業銀行や流通系の銀行では、都市銀行よりも振込手数料が安いところが多いので、こういった銀行を利用する方法もあります。 代表的なところを紹介しましょう。 【関連記事】•

次の

料金一覧:振替-ゆうちょ銀行

郵便局 atm振込

蛇足です。 えー月曜日の朝の寄稿ですが・・・。 あと、質問者さんの「ぱるる口座」有無にも。 前者の「一般振替口座」ならば土日祝でも郵貯ATMで可能です。 「払込取扱票」に記入して現金または「ぱるる」の通帳orカードで。 後者の「ぱるる口座」あての場合は、土日祝は「郵貯ATM」での 「現金送金」は出来ません。 質問者さんが「ぱるる口座」を 持っていれば「ぱるる間送金」が可能です。 どちらの振替口座か、現金か「ぱるる」からか、で違います。 皆さんが、おっしゃるとおり、「通常払い込み」の、用紙を、用いて、 土曜日・日曜日・祝日、などでも、「ATMでの、払い込み、受け付け、可能の、ATM」が、設置されている、郵便局の、ATMで、「現金による、払い込みの、お取り扱い」が、できます。 ただし、ご注意として、「ATMによる、お預け入れ」「現金での、お払い込み」「郵便貯金の、ATMでの、硬貨での、お取り扱い」など、については、最も長い、取扱時間の、郵便局でも、 平日は、7時から21時まで、 土曜日・日曜日・祝日、などは、9時から17時まで、 の、お取り扱い、ですので、ご注意を。

次の