青あざ 治る期間。 青あざができる原因は?治るまでの期間はどれくらい?

[看護師監修]青あざをアロマオイルではやく治そう

青あざ 治る期間

今回のあざの経過 青あざ発見に先立って、低用量アスピリンを服用開始していました。 1日1回、100mg、血液サラサラ。 あざができたことに気付く 青あざ アスピリンの服用開始2日目くらいに、腕のあざに気付きました。 右腕の内側の手首近くで、自分でも目に入りやすい場所なので、できてまもなく気付いたものと思います。 ぶつけた覚えはないけれど、寝ている最中とかなら分かりません。 押さえてもほとんど痛くはありません。 だんだん赤っぽくなる 数日くらいで、赤いような黄色いような、一番色みが濃くて目立つ状態に移行します。 まだ写真を撮ることは思い付いていません。 あざが薄くなってきた ここから写真 あざを見つけてから1週間後、色がやや薄くなってきた頃に写真を思い付きました。 8日目。 9日目。 10日目。 アスピリン中止。 あざはさらに薄く 11日目に、アスピリン中止になりました。 あざとは関係ないです 12日目。 だいぶ引いて、びっくりしない程度の薄さになりました。 丸かったのが三日月くらいになっています。 まだアスピリンの影響下です。 14日目。 ほぼ消えました。 名残程度に色が付いています。 その後、18日目には、あざは完全に消えました。 アスピリンの影響も、だいぶ抜けた頃です。 青あざが治るまでの期間について 青あざが治るのにかかる期間は、ぶつけた強さや年齢など様々な要因があるので、今回が早かったとか遅かったとは言えません。 アスピリンを飲んでいたので、飲んでいない場合よりも多少時間がかかったのだろう、とは思いますが。 少なくとも内出血が止まるまでの時間は、通常より長かったはず そもそも普段も青あざができたって、ここまでしげしげと見ることはなくて、いつの間にか治っていることばかりです。 アスピリン服用中ならではの注意 あらためて気をつけたいと思うのは、アスピリンを飲んでいると、やっぱり出血しやすい状態なのだ、ということ。 今回はいつの間にか腕に出来てた、というパターンでしたが、 たとえば頭を打ったら、頭蓋骨の内側で出血するリスクが大きいわけです。 なので、頭を打った時は、たとえすぐには変な症状がなくても、念のため「アスピリンを飲んでいる」と申告して診察を受けるのが安心です。

次の

青あざができやすい原因は?消えない青あざは病気の危険性も

青あざ 治る期間

Q どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の皮下出血ではないかという事でした。 おじいちゃん先生だったので正確な診断だったかは分かりませんが、 あざが出ても押して痛い訳でなく、色だけの症状だったので今まで特に気にしていませんでした。 ただ現在私には家庭もあり、変な病気になっても困るので今さら心配しています。 ちなみに私は基本的には抵抗力が弱く、数年前までは毎年絶対声が出ないほどの風邪を引いてました。 現在は過敏性腸症候群で、ストレスや睡眠不足が続くと慢性的な胃や腸の 痛みに襲われます。 (下痢タイプではないです) また、今年の5月から爪の甘皮がなくなり爪がでこぼこするという症状が出ています。 (これは5月の診察では貧血気味じゃないかと医師に言われました。 血液検査はしていません。 先日は甘皮が無いため細菌感染し膿が溜まったので、別の医師に診てもらったところ 乾燥が原因だと言われました) 青あざは一年に数回出ることもあれば一回しか出ないこともあります。 昨年10月に出産したのですが、妊娠中から先日までも出たことは無かったはずだと思います。 あ、それと先日献血に行ったのですが、後日検査表みたいなのが送られてきましたが 特に数値が異常な項目はありませんでした。 どんな事でもいいので何か教えてください。 どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の... A ベストアンサー 医師です。 青あざは皮下出血です。 通常はいわゆる打撲によるものがほとんどですが、血液凝固能(血を固まらせる機能)が低下すると、皮下出血などしやすい状況になります。 いわゆる紫斑病といわれる疾患群などがその代表ですが、紫斑病の特徴は全身性であることが多いので、ある部分だけできやすい、ということはあまり考えられません。 また、他にも歯肉出血(歯茎から血が出やすくなる)なども合併します。 検査所見上は、血液凝固時間の亢進がみられたり、血小板の減少がみられたりします。 血液凝固能についてはPTなどの検査値を見ますが、これが正常であればまず紫斑病は否定されます。 全身に複数の青あざができるようでしたら、内科の受診をお勧めしますが、症状を拝見する限りは、まず経過観察でよろしいかと存じます。 貧血が強く出たりするようであれば、すぐに内科を受診してくださいね。 A ベストアンサー 無難なところで、近くの内科でしょう。 足!の痣ですが、整形外科にいくのは遠回りだと思います。 めまいや立ちくらみ、微熱、倦怠感など、何か他に特別な変化を感じなければ、健康診断の採血の結果を待っても大丈夫かと思います。 健康診断の採血の結果として、もし血が止まりにくいようなら『plt』という検査項目を見てください。 血小板(プレート)の数が出ています。 一般に血小板が少ないと、血が止まりにくい傾向となります(ものすごく大雑把ですが)。 もし他に随伴して注意しなければいけない項目があるとしても(厳密にはpltだけが大丈夫なら良いとも言えない場合があるので)、検査結果には標準値(正常値)と比較出来る表になっているかと思います。 茶色や緑がかったものは、時間の経っている出血で、それが長く続いているものではありません。 血は止まっていて、皮膚の下に溜まった血液が自然に消えていく(吸収されて見えなくなる)のを待っている状態です。 あざの出来る頻度や数が多く感じて不安でいらっしゃるので、急ぐ必要は無いと思いますが、心配であれば内科か血液内科(加えて、小さい病院から総合病院)での受診もひとつの方法です。 おそらくどの病院・科にいっても、最初はまた血液検査です。 健康診断から日が浅ければ、結果にはそう大差無いかと思いますので、様子を見ましょうとなるかもしれません。 自覚症状が特になければ、検診の結果を待っても遅くないと思います。 他に気掛かりがあれば、大きめの病院の内科・血液内科・循環器科など(受付で症状を話すと振り分けてくれます)の受診となるでしょう。 余談まで、近くの小さな病院と大きな病院の料金の違いとして、大きな総合病院や大学病院は初診料として(小さい病院の紹介状が無い場合など)2000円取られます。 身近なかかりつけ医から受診をし、大きな病院にはさらに高度な治療を必要する場合の人だけを振り分けようという流れがあるので。。。 (ちょっと簡潔過ぎて誤解を招く言い方なのですが。 でもいきなり大きいところに行ってみてもらえないと言う訳ではないのです、行って良いんですよ) 無難なところで、近くの内科でしょう。 足!の痣ですが、整形外科にいくのは遠回りだと思います。 めまいや立ちくらみ、微熱、倦怠感など、何か他に特別な変化を感じなければ、健康診断の採血の結果を待っても大丈夫かと思います。 健康診断の採血の結果として、もし血が止まりにくいようなら『plt』という検査項目を見てください。 血小板(プレート)の数が出ています。 一般に血小板が少ないと、血が止まりにくい傾向となります(ものすごく大雑把ですが)。 もし他に随伴して注意しなければいけない項目がある... 皮下の毛細血管が損傷されて内出血すると、誰でも血液は重力に従って下部へ 下部へと移動します。 血液は皮膚を通すと青く見え、その血液が滞留した部位が青あざです。 毛細血管が自然に修復されるまで、青あざは一旦は広がりをみせます。 やがて青というより暗い紫色を呈するようになり、徐々に色も広がりも減退し、 若干の黄みを帯びつつ縮小し、ようやく消退していきます。 これが標準的な経過で、期間は短くても1週間~10日を要します。 痛みが増す、吐き気を伴う、血しょう板が少ないと医師に指摘されたことがある、 血栓ができにくい薬を内服している、というような方は早く受診する必要があります。 質問者さんがこれらに該当しないなら、病院に行っても何もすることがありません。 そのまま経過をみて下さいとほぼ間違いなく言われます。 頭部を強打して心配だからということでCTなどの諸検査を希望される場合などで 念のため受診なさるなら、内科でも整形外科でも良いです。 顔に青あざが広がってきて、それが打撲部位とズレているので余計に 皆さん一様にとても驚かれます。 ご不安かと思いますが、私ならそのまま様子をみるケースです。 どうぞお大事になさって下さい。 皮下の毛細血管が損傷されて内出血すると、誰でも血液は重力に従って下部へ 下部へと移動します。 血液は皮膚を通すと青く見え、その血液が滞留した部位が青あざです。 毛細血管が自然に修復されるまで、青あざは一旦は広がりをみせます。 やがて青というより暗い紫色を呈するようになり、徐々に色も広がりも減退し、 若干の黄みを帯びつつ縮小し、ようやく消退していきます。 これが標準的な経過で、期間は短... Q 日曜日にバイクで転倒し、足首をバイクの下敷きにしてしまいました。 地面とバイクの間に右足を挟んだような格好です。 当初はぶつけたくるぶし辺りが大きく腫れ上がり、歩くのも困難なくらい痛みがありましたが、4日経った本日では痛みもだいぶ引き、普通の歩行ならば問題ない程度です。 心配なのは、痛みがあるくるぶし部分よりも、周辺に青あざが広がっていることです。 実際、くるぶし部分はなんともきれいなものなのですが、足の指先や外側のライン(土踏まずの反対側)、くるぶしよりもだいぶ上の部分など、ぶつけてもいなければ、痛みもない部分が青くなっています。 しかも、靴下の跡などにそって青あざの模様にパターンができているような・・・。 これって普通のことなのでしょうか。 それとも心配すべき状況なのか、教えていただければと思います。 A ベストアンサー 心配いりません。 怪我で内出血を起こした場合、皮膚の中で血管から出てしまった血液は骨・筋肉などの間を、 重力に従い下の方へと移動し、皮膚に近い場所で青あざとして確認されます。 例えば鎖骨を骨折したときなど、鎖骨本体からの出血が下に移動し、胸はいうに及ばず、 下腹の当たりまで、まるで肩からインクをこぼされたように、一面の青あざになる事もあります。 もし、骨折などで足くびからの出血が多ければ、それよりも低い部分にある足の指部分まで、内出血で腫れあがる事もあります。 靴下のゴムや包帯で締め付けられている皮膚の部分には、押しのけられる形で血液成分が寄りませんので、 靴下の模様、包帯の跡などに一致した形でアザが片寄ります。 やったことはありませんが、一円玉でもはさんでいれば恐らく一円玉の跡がつくかもしれません。 いったん血管から流れ出た血液はふたたび血管から戻る事はなく、やがて破壊し、 マクロファージなどの「体内のお掃除屋さん」により処理されます。 内出血が続いている間は青~赤紫色ですが、内出血が収まってくると青いあざはやがて茶色く変色し(これが直るサインと言えます)、その後速やかに吸収されて消えます。 心配いりません。 怪我で内出血を起こした場合、皮膚の中で血管から出てしまった血液は骨・筋肉などの間を、 重力に従い下の方へと移動し、皮膚に近い場所で青あざとして確認されます。 例えば鎖骨を骨折したときなど、鎖骨本体からの出血が下に移動し、胸はいうに及ばず、 下腹の当たりまで、まるで肩からインクをこぼされたように、一面の青あざになる事もあります。 もし、骨折などで足くびからの出血が多ければ、それよりも低い部分にある足の指部分まで、内出血で腫れあがる事もあります。 靴下のゴム... Q 2,3週間前から太ももに直径1,5センチくらいのうっすらと赤いアザ?のようなものに気付き、最初は自分でかいたりして傷が出来ていると思って気にしないでいたのですが、いまだに治らず、それどころか赤みが増し、大きくなっているように思います。 痛みはまったく無く、腫れや凹凸も無いです。 少しだけ表面がざらついているような気はします。 ぶつけたわけでもないし、ひっかいたわけでもないのに突然アザ?が出来、消えないのが段々と不安になり、ひょっとして皮膚ガンかも?と心配です。 やはり病院に行くべきでしょうか?病院に行くとしたら個人病院でもしっかり検査などをしてもらえるでしょうか? 説明がわかりにくかったらすみません。 回答をよろしくお願いします。 A ベストアンサー こんばんは。 私の友人も同じようなアザができて、すぐに病院に行きました。 検査は尿検査・血液検査・一般検査とうでした。 その時の原因はビタミン不足ということでした、まぁ栄養が偏った生活をしていたからですが・・・。 よく聞く原因がビタミン不足ですが、その外に心配されたようにガンの可能性もぬぐいきれません。 不安を取り除くためにも早めに病院にいって検査してスッキリしましょう。 yahoo. すなわち、直ちに冷やします。 水をジャージャーかけたり、氷のうを当てます。 とにかくどんどん冷やす 大分冷えたなと思ったら(冷やすのをやめ30分経過してもあまり熱っぽくなかったら)痛んだ組織を復活させるために血流をよくします。 それでも炎症は続いてるので冷ながら血流をよくします。 つまり市販されている冷湿布です。 患部を直接マッサージしてはいけません。 患部以外の場所を広くマッサージをしましょう。 これで、炎症を抑えながら組織の復活ができます。 内出血は10分の圧迫止血(かなり強い力です)。 太い動脈以外なら、これでたいてい止まります。 再出血を防ぐために安静にします。 冷やすとさらに再出血の予防になります。 2~3時間して周囲の炎症がなければ、暖めて自然吸収を促進させます。 (暖めはじめは内出血範囲が広がってこないか観察して下さい。 マッサージは再出血の可能性があるので禁止です。 患部以外のマッサージは有効です。 重力の影響で下側の血流の方が悪くなります。 足や手なら末端の方でむくみを起こします。 痛みを起こす物質も下の方に溜まりやすくなります。 これも、暖めとマッサージが有効です。 できるだけ患部を挙上したほうがいいです。 最短コース(冷湿布) 打撲・打ち身・捻挫は組織の炎症なので、まず、炎症を最小限に押さえる事をします。 すなわち、直ちに冷やします。 水をジャージャーかけたり、氷のうを当てます。 とにかくどんどん冷やす 大分冷えたなと思ったら(冷やすのをやめ30分経過してもあまり熱っぽくなかったら)痛んだ組織を復活させるために血流をよくします。 それでも炎症は続いてるので冷ながら血流をよくします。 つまり市販されている冷湿布です。 患部を直接マッサージしてはいけません。 患部以外の場所を広くマッサー... A ベストアンサー まあ、文章だけで見ていないので紫斑病の可能性も捨て切れませんが、多くはビタミンの不足からくるものが多いです。 他に出血しているような事はないんでしょう? せいぜい歯磨き時に歯茎から血が出る程度でしょう。 もし、便や尿に出血傾向があるなら、病院へ行きましょう。 大人だと慢性の経過をしますが、確かにこれだと脳出血に結びつきます。 コンビニに行って、ビタミンCを重点的に、そのほかにビタミンAとB系統、それから蛋白質を多めに飲めば治ります。 量は、特にビタミンCは500ミリグラムを毎時間一つづつ飲んで、下痢する寸前量が現在の貴君の必要量ですから、それを覚えて、毎日タイムピルでなければ、分けて飲みましょう。 これが原因なら、短期日で止まるはずですから、試してください。 だめなら病院へ。 どうせ慢性経過中のはずですから。 これ以外と今でも多いのです。 A ベストアンサー はじめまして、この度は大変でしたね。 私も以前 トラックの積荷のH鋼材が目にぶつかり、目の周囲と眼球の内出血を経験しました。 骨には異常が無いと言う事ですので、単純に皮下出血だとして回答しますね。 顔なので一刻も早く治って欲しいところですが、やはりお医者様が言われた通り 数日~数週間かかると思いますよ。 しかし外傷ではないので、ご心配の様なアザになって残る事は心配しなくて良いと思います。 今は紫色でも徐々に茶色から薄い黄色になって、その内にきれいになくなると思います。 私も目の周りが真っ黒になり、本当にこの色が消えるのか?と心配でしたが 2週間ほどで 薄黄色になり、1ヶ月後には ほぼ消えていました。 これは皮下で毛細血管が破れて内出血した血液が、段々と吸収されていくからです。 やってはいけない事は、患部を強く押さえる等 再度内出血させる様な刺激を与えない事です。 痛みや腫れが治まっており、内出血の色だけが気になる程度でしたら 毎日入浴し血行を良くして 十分睡眠をとっていると、治りも早いと思います。 眼球や骨に異常が無くて幸いでしたが、くれぐれもお大事になさって下さいね。 はじめまして、この度は大変でしたね。 私も以前 トラックの積荷のH鋼材が目にぶつかり、目の周囲と眼球の内出血を経験しました。 骨には異常が無いと言う事ですので、単純に皮下出血だとして回答しますね。 顔なので一刻も早く治って欲しいところですが、やはりお医者様が言われた通り 数日~数週間かかると思いますよ。 しかし外傷ではないので、ご心配の様なアザになって残る事は心配しなくて良いと思います。 今は紫色でも徐々に茶色から薄い黄色になって、その内にきれいになくなると思いま...

次の

治る早さが断然違う!打撲の4つの応急処置「RICE」を知っとこ

青あざ 治る期間

24時間以内なら「冷やす」 青あざをいち早く治すためには、 「最初が肝心」です。 仕事のトラブル対応や恋人とのけんかでも、初期対応を間違えると、火に油を注いで大きなトラブルに発展してしまいますよね。 それは、青あざも同じです。 どこかにぶつけたりして青あざが出てきたときは、まずはすぐに冷やしましょう。 ぶつけた直後は、その部分が熱を持って炎症を起こしている状態です。 また、あざは皮下出血を起こしている状態でもあります。 そのまま放置していると、「炎症の領域」と「出血」が広がり、 青あざが大きくなってしまいます。 この炎症が起きている段階では、患部を冷やす(アイシングする)ことが有効です。 冷やせば、血管が収縮して流れる血液量が減り、出血を抑えることができます。 冷やし方はいろいろ 青あざを冷やす方法はいろいろあります。 例えば、• 氷水で絞ったタオルを当てる• 冷蔵食品を買ったときにもらった保冷剤を当てる• ポリ袋に氷水を入れて当てる など、「急速に青あざ部分を冷やせる」のであれば何でもOKです。 外出先で保冷剤や氷水が手に入らないときは、冷たい氷入りの飲み物をテイクアウトして、それを青あざ部分に当てても良いでしょう。 自動販売機で購入できる缶のドリンクも、ひんやりとした冷感があるのでおすすめです。 凍傷には注意が必要 ただし、青あざになるのが嫌だからといって、冷やし過ぎないように注意してください。 今度は「凍傷」になるリスクが出てしまいます。 保冷剤や氷はタオルにくるんで、 直接肌に当てないようにしましょう。 また、「10分冷やして10分休む」といった具合に、間隔を開けて冷やすようにしてください。

次の