かる キャン 軽 キャンピングカー レンタル。 軽キャンピングカーのおすすめ人気ランキング9選【バンコン・キャブコンタイプも!】

キャンピングカーをレンタルするなら CANTAL(キャンタル)

かる キャン 軽 キャンピングカー レンタル

キャビンの変形機構はタバコの箱のフタを見てて思いつきました。 200万円台から買える手軽さが魅力 軽自動車をキャンピングカーに仕立てた「軽キャンパー」が、シニア層やアウトドア愛好家を中心に人気を集めている。 軽キャンパーの魅力は、何といっても購入のハードルの低さにある。 キャンピングカーというと、車両価格600万〜800万円以上というのが一般的だが、軽キャンパーは200万円台から購入可能。 税金や保険料、ガソリン代といった維持費も安く抑えられる。 また、車体サイズがコンパクトなため、車庫入れや市街地での運転も楽だ。 軽キャンパーは現在、各社からさまざまな車種が発売されているが、中でも独自の存在感で人気なのが、コイズミの「トランスフォームキャンパー かるキャン」(以下、かるキャン)だ。 「かるキャンの最大の特徴は、走行時や通常の駐車時には箱型でありながら、車中泊時には家のような形になる変形機構です。 これにより、軽キャンパーの弱点である室内空間の狭さを解消しており、大人でも立ち上がったり寝返りを打つことができるスペースを実現しています」 こう話すのは、かるキャンの企画・開発を手がけた同社カルコア事業部の宮田芳孝さん。 開発のきっかけは、今から10年ほど前に、同社社長から新製品の開発を進めるようにいわれたことだったという。 当時、個人的に軽キャンパーに興味を持っていた宮田さんは、同社の主力製品の一つであるゴム製タイヤチェーンの耐久テストで訪れた夏場の北海道で、キャンピングカーに乗って旅をする中高年夫婦を数多く目撃。 軽キャンパーの市場は拡大するはずだと感じて、独自の製品開発を模索し始めた。 「かるキャンの肝である変形機構は、タバコのボックス型パッケージのフタ部分がヒントになっています。 このアイデアを思いついたときは、すぐにバルサ板を買ってきて試作品を製作。 社長にプレゼンして1000万円の予算を手に入れ、開発をスタートさせました」 その後、開発費用が予算を大幅オーバーしてしまったものの、無事に製品は完成。 2009年9月の関西キャンピングカーショーで初お披露目され、2010年2月に発売。 ユニークな変形機構は大きな注目を集め、2010年度のグッドデザイン賞も受賞している。 軽自動車とは思えないほどの広々とした居住性。 窓も多く、明るくて開放的なキャビンに感動! リビングスペースには対面・対座式のソファーがあり、間に収納式のテーブルが設置されている。 このソファーとテーブルは、就寝時は大人がゆったりと横になれるベッドになる。 実際に体験してみると想像以上に快適な空間 かるキャンのベースとなる車両は、5速オートギアシフトのスズキ「キャリイ」。 軽トラックの荷台にFRP(繊維強化プラスチック)製のシェルを載せた、いわゆる「キャブコンバージョン」タイプのキャンパーだ。 変形機構はこのシェル部分に搭載されている。 ドライブモードから車中泊用のステイモードにすると、室内の高さは820ミリ、幅が695ミリもアップ。 室内空間は約2. 5倍となる。 「ドライブモードからステイモードへの切り替えはウインチを回して屋根を上げ、車両右側の拡張壁を引き出すだけ。 力は必要ありませんし、どんなに不慣れな人でも数分でセットが完了します。 スタビライザージャッキを搭載しているので、車体の安定性も確保されています」 水を使って冷たく爽やかなミスト風を発生させる「トランスクール EC3」(3万9852円)。 4人家族でも使えるツー・イン・ワンモデル さて、かるキャンで軽キャンパーに革新をもたらしたコイズミだが、現在は、そこから派生した製品も販売している。 その一つが、ルーフテントとサンルーフを組み合わせた「ツー・イン・ワン システム」。 ユーザーが使用中の車にサンルーフを追加し、そこから車上に設置したルーフテントへの出入りを可能にする仕組みだ。 「ツー・イン・ワン システムの利点は、ユーザーが好みの車を選べることです。 既存の車にテントを設置する「ツー・イン・ワンシステム」やそのシステムを生かした「デッキクルーザー」も人気 「かるキャン デッキクルーザー」(218万円〜) は、ダイハツのハイゼット・デッキバンがベース。 「かるキャンは2人乗りのため、ユーザー層は中高年夫婦がメインです。 ところが、市場には家族みんなで出かけたいというニーズもあり、これには4人乗りのキャンピングカーが必要。 ツー・イン・ワン システムも、かるキャン デッキクルーザーも、このニーズにこたえるために開発した製品で、現在はこちらが売れ筋になっています」 軽キャンパーは、日本独自の自動車規格である軽自動車と、日本のモノ作りが得意とする創意工夫が組み合わさって生まれた製品カテゴリー。 ユーザーの要望を取り入れて進化を続けており、独特の文化を醸成しているのが興味深いところだ。 今後も、個性豊かな製品が登場することを期待したい。 リアデッキにオプションのキッチンセット(10万8000円・税抜)を設置できるなど、拡張装備も充実。 軽キャンパーは、日本独自の自動車規格である軽自動車と、日本のモノ作りが得意とする創意工夫が組み合わさって生まれた製品カテゴリー。 ユーザーの要望を取り入れて進化を続けており、独特の文化を醸成しているのが興味深いところだ。 今後も、個性豊かな製品が登場することを期待したい。 【Memo】 かるキャンは発売以来、改良や仕様変更を重ねて進化してきた。 宮田さんによれば、「現在、ゼロからの開発を前提としたさらなる進化を構想中です」とのこと。 今後の展開にも注目だ。

次の

軽キャンピングカーに乗ってみよう|キャンピングカーはレンタル キャンピングカー ネット

かる キャン 軽 キャンピングカー レンタル

じわじわと人気が高まる、軽自動車のキャンピングカー 「はじめての土地で大きなキャンピングカーの運転は不安。 」「ペットと一緒に旅行を楽しみたい。 」「本格的なアウトドアというよりは、車中泊ができる程度で十分。 」など、子供の小さい若いファミリーやシニア夫婦の需要が多い軽キャンパー。 その魅力をご案内します。 メリットその1:運転しやすい なんといっても軽キャンパーの魅力ははじめてキャンピングカーを運転する人でも、大きさをあまり気にせず乗れることでしょう。 初めて旅する不慣れな土地でも気楽にスイスイ走れます! 一般的なキャブコンのサイズは長さ5メートル、幅2メートル、高さ3メートル程度でその大きさが気になるところですが、軽キャンピングカーは軽の規格にそのまま収まるものから改造型でも長さ3. 5メートル、幅1. 5メートル、高さ2メートル程度なので、市街地や細い道での運転も楽々です。 メリットその2:車両価格が安い なんといっても普通車のキャブコンやバンコンよりも価格が安いことがメリットです。 普通車のキャンピングカーがおおよそ500万円程度~という価格に対して、軽キャンピングカーは200万円~300万円程度で購入することが可能です。 あとは税金や車検(軽自動車ナンバー取得可能車の場合)、燃費などを比べても普通車キャンピングカーよりも断然安いです。 メリットその3:停泊場所に困らない お話しした通り、軽キャンピングカーは普通車ワンボックスよりも小さく、3ナンバークラスよりも幅・長さが短いので、駐車場所とくに停泊場所には困りません。 コンパクトなボディーは狭い駐車スペースにも十分おさまります。 いいコトばかりのように書いてしまいましたが、デメリットも当然あります。 パワーとスピードがでない、風の影響を受けやすい、車内が狭いなどなど…。 とはいえ、すべてのキャンピングカーにはメリット・デメリットがあるわけですから。 大切なのは自分が気に入ったキャンピングカーを選んで乗ることです。 まずは人気の軽キャンピングカーをレンタルしてみましょう! 人気の理由• 気軽に一人旅:ペットと一緒でもOK!• 釣り:狭い道も楽々。 釣り道具の準備や休憩にはキャンピングカーの中は最適!• 子供たちとのキャンプ:夫婦二人と小さな子供さん二人なら軽キャンピングカーでもOK!• シニア夫婦の二人旅:将来キャンピングカーを買おうかな。 でもどんなものか使ってみたい。 軽キャンピングカーは試し乗りにも最適です。

次の

キャンピングカーをレンタルするなら CANTAL(キャンタル)

かる キャン 軽 キャンピングカー レンタル

ある程度の居住空間が必要なキャンピングカーで、ワゴンや軽トラとはいえ、軽の小さな車を使うことにデメリットはないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 当然ながら、車両内部の広さは通常のキャンピングカーには叶いませんが、軽キャンピングカーには本体価格が安いこと以外にもいくつかメリットがあります。 まずは、外装が通常の車両とあまり変わらないので、普段の買い物などにも使いやすいこと。 また、軽自動車の長所でもある小回りが利くこともメリットの一つです。 コンパクトなので、細い道もスイスイ運転できますよ。 さらに、本体価格以外に維持費が安く済むのもポイント。 税金や保険料、高速道路の料金も安く抑えられます。 本格的なキャンピングカーを導入するまでではないけれど、アウトドアの際はもちろん、災害対策用としても機能するので、検討する方が増えているんですね。 当然ですが、乗車定員はまずはじめに確認しておくべきポイント。 ほとんどの軽キャンピングカーは2~4人が定員ですが、気をつけておくべきは人数だけではありません。 例えば4人乗りの軽キャンパーについて考えた場合、1~2人でゆったりと旅をしたい人向け、家族みんなで楽しく旅したい方向けなどでは、同じ4人乗りでもレイアウトはかなり異なるもの。 「就寝を重視したいから装備は最低限でいいからフルフラットタイプで」「家と同じように快適に過ごしたいからシャワー付きシンクや冷蔵庫など、一通りの装備はつけてほしい!」などのように、求めるところは人によってかなり変わってきますよね。 「どんな人に向けたレイアウトか」という点は、公式のコンセプトなどにはっきりと提示されていることが多いので、こちらも確認してみてくださいね。 大事なペットとお出かけしたいなら、絶対おすすめの軽キャンパーがこちら。 キャンピングカーでの旅行をしている方の半分以上がペット同伴というデータもあるほど、ペットとの旅行を楽しみにしている人も多いと思います。 そんな方向けに考えられたのがこの「愛犬くん」。 大人2人以外にペット2匹の就寝が可能な作りとなっています。 ペットの足を洗うことができるトレー、ケージ置場などが装備されており、床材も傷に強い材質が使用されています。 どうしてもペットを連れて行けない施設などでは車内に残す場合などもあるかもしれませんが、とっても心配ですよね。 愛犬くんなら温度感知式のベンチレーターが標準装備されているので、温度センサーで車内の空気を換気してくれるので安心ですよ。 タイプ 軽バンコン(ペット連れ向け) ベース車両 スズキ エブリィ 乗車定員 4名(就寝定員:2名) 標準装備 ソーラーパネル・ベンチレーター・脱着式センターテーブル・就寝マット・ミニクッション・カセットコンロ等 オプション装備 カーテンセット・防虫ネット・給排水タンクセット・電子レンジ等 収納 オーバーヘッドキャビネット・洗い場付き床下収納 ポップアップルーフ なし 続いてご紹介する「Lunetta」は、その上質な仕上げが魅力の一台。 美しい曲線を描く家具に、柔らかい間接照明が装備された車内で優雅な時間を演出してくれます。 全体に落ち着いた色合いの車内に、ツートンカラーのマットが上品なアクセント。 豊かな過ごしたい方におすすめの軽キャンピングカーです。 足回りに定評があり、面持ちもスタイリッシュな「スズキ・エブリイワゴン」がベース。 フルサイズのキャンピングカーでも安定の信頼度のあるバンテックが手がけた車なので、初めてキャンピングカーに挑戦する方も安心して乗ることができますよ。 タイプ 軽バンコン(一人旅・二人旅向け) ベース車両 スズキ エブリィワゴン ハイルーフ 5ドア 乗車定員 4名(就寝定員:2名) 標準装備 フルフラットマット・ステンレス製スクエアシンク・タッチ式間接照明スイッチ オプション装備 19インチテレビ・プルダウンベッド・電子レンジ 収納 上部吊り棚 ポップアップルーフ なし トラックの荷台部分に住居を乗せた形の、キャブコンタイプをお求めならこちらもおすすめ。 レイアウトが自由にできるので、広々とした空間、自分の居心地のいい空間に仕上げたいというこだわりをお持ちの方にもぴったりの一台です。 ウッド調の内装は高級感があり、落ち着きを感じると大変好評。 アッパーBOXやカウンター収納、床下収納などたくさん収納があるので、軽キャンピングカーで悩みがちな荷物の置き場所にも困りません。 またセミダブルサイズになるベッドには、大人2人と子供2人までゆっくりと寝ることができますよ。 タイプ 軽キャブコン(ファミリー旅向け) ベース車両 マツダ スクラムT 乗車定員 4~5名(就寝定員:大人2人・子供2人) 標準装備 セミダブルサイズベッド・カウンター・サイドテーブル オプション装備 テレビ・電子レンジ・ポータブル冷蔵庫 収納 床下収納・アッパーBOX・カウンター収納 ポップアップルーフ - ミニチュアクルーズの特別仕様車である、デニムエディションが6位にランクインしました。 こちらはデニムをこよなく愛する人、他の人とあまりかぶらないおしゃれな軽キャンピングカーに乗りたい人におすすめです。 ジャパンデニムを加工して作られたベッドマットは、オレンジ色のステッチでよりデニムっぽさをアップ。 でもソフトで触り心地よく仕上げられているので、快適に過ごすことができます。 さらにベッドは21段階ものリクライニングが可能。 自分にあった傾きに調整できるので、快眠に一役買ってくれるはず。 200Lもの大容量を誇るセカンドシートの足元収納もポイントで、クーラーボックスなどの大きな荷物も収納できると高評価です。 タイプ 軽バンコン(一人旅・二人旅向け) ベース車 スズキ エブリィ バン 乗車定員 4名(就寝定員:2名) 標準装備 ステンレス製コンパクトシンク・跳ね上げ式テーブル・伸縮式シャワーヘッド オプション装備 ソーラーパネル・オーニングテント・冷蔵庫 収納 プルダウンフリーBOX・セカンドシート足元収納 ポップアップルーフ なし こちらは、ワーゲンバスのようなレトロさとキュートな外観に一目ぼれする人も多い軽キャンパー。 赤・緑・青のカラーバリエーションがあり、いずれもポップな配色で気分を盛り上げてくれます。 内装もブラウン・ホワイト・ブラックの3タイプから選ぶことができるので、デザインにこだわりたい人には特におすすめ。 こちらのスピナは業界初の「ビッグサイズ簡単対面ダイネット」が標準装備されているのもポイント。 マットを移動するだけで簡単に対面ダイネットへの展開が可能なので、軽キャンピングカーなのに、向き合って食事やおしゃべりを楽しむことができると人気です。 基本の設備は備わっていますが、こちらはシンプルなレイアウトで室内の広さを確保しているのが特徴的。 とにかく荷物をたくさん積みたい人や、自分で色々カスタマイズしたい人にぴったりです。 脱着式のセンターテーブルは、外でも車内でも使えて大変便利。 使わない時にはサイド部分に納まるので、邪魔になりません。 大きな荷物をたくさん積めることで人気ですが、細かいものについても床下収納や、オプションのフロントキャビネットなどにきちんと収納できますよ。 100%リサイクル可能なアルミニウムは、省エネなどの面についても優秀!環境にも配慮したい方におすすめです。 こちらは、ボディのカラーをルビーレッドメタリックやロイヤルブルーメタリックなど、5色から選ぶことができます。 「寝るだけじゃもったいない」をコンセプトに設計された内装は、軽キャンピングカーとは思えないゴージャスな空間に仕上がっています。 本格的なキャンピングカーに迫る快適さを追求したいなら、ぜひチェックしてみてくださいね。 タイプ 軽キャブコン(ファミリー旅向け) 就寝定員 4名(お子様含む) ベース車両 ダイハツ ハイゼット 標準装備 脱着式テーブルセット・カセットコンロ・シャワー付きステンレス製シンク オプション装備 ソーラーパネル・冷蔵庫 収納 左右上部キャビネット ポップアップルーフ なし 2位でご紹介するのは、走行時は箱バン形・車中泊の時にはおうち型にトランスフォームする軽キャンピングカー。 屋根が上がって壁が突き出すことで、大きな室内空間を生むことができるこちらは、特に広さを求める人におすすめです。 天井付近にロフトベッドがついているロフトタイプと、11枚のクッションシートをアレンジして広い空間を確保したル~ミィタイプの2タイプがあります。 変形が大変そうにも思えますが、慣れれば1分かからずできてしまうとのことですよ。 タイプ 軽キャブコン(一人旅・二人旅向け) ベース車両 スズキ キャリィ 乗車定員 2名(就寝定員:2名) 標準装備 収納式木製テーブル・LED室内灯 オプション装備 冷蔵庫・折りたたみテーブル・電子レンジ 収納 ギャレー ポップアップルーフ - さあ、いよいよ1位のご紹介です。 今回1位でご紹介するのは、ダイハツクラフトの「ATRAI楽旅」。 高品質なダイハツ車をベースに、車の構造仕様は一切変えずにキャンピングカーの機能を搭載しています。 楽旅はメーカー系なので、ダイハツの販売店で購入したり、サービスを受けることができるのも大きなメリット。 軽キャンパーの購入が初めてだからとにかく心配、安心して購入したいという方にもおすすめです。 またこの楽旅には、収納がたくさんついているのも魅力です。 ベッド下収納や天井の収納スペース、サイドキャビネットなど荷物が多くなるキャンピングカーの旅にはとっても便利!表示しているのは本体のみの価格ですが、お手頃なのも1位になった大きな要因の一つと言えます。

次の