都 道府県 駅伝 2020 男子。 天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会

都道府県対抗男子駅伝の優勝候補は 2020年、設楽悠太や服部勇馬ら出場

都 道府県 駅伝 2020 男子

以下のアイコンをクリックしてください。 全員がいま出せる力をすべて出し切りました! 多くの応援、本当にありがとうございました! ・全体の成績は以下のHPをご覧ください。 1日目はコースの試走中心、2日目の今日はコカコーラウェストパークにて調整練習を行いました。 体調不良者もなく無事当日を迎えられそうです! ・「チームやまぐち」オーダーは以下の通りです。 (1/21現在) 1区 田村 友佑(岩国工業高) 2区 田村 友伸(玖珂中) 3区 田村 和希(青山学院大) 4区 中村 優吾(西京高) 5区 稲田 光希(豊浦高) 6区 菖蒲 敦司(浅江中) 7区 末次 慶太(明治大) 応援よろしくお願いします! 全チームのオーダーは以下のHPに掲載されています。 「チームやまぐち」オーダーは以下の通りです。 (1/14現在) 1区 竹本香奈子(ダイハツ ふるさと) 2区 森廣彩音(西京高) 3区 棟近光(浅江中) 4区 藤田友里恵(天満屋 ふるさと) 5区 石尾木乃美(西京高) 6区 金盛萌恵(西京高) 7区 西永菜津(西京高) 8区 市原沙南(国府中) 9区 新井沙紀枝(大阪学院大) 応援よろしくお願いします! 全チームのオーダーは以下のHPに掲載されています。 西京極陸上競技場は雪舞う厳しいコンディションでしたが、それぞれ選手は体調に合わせて、ジョグや刺激など、順調に練習をこなしました。 旗手をつとめたのは藤田友里恵さん(天満屋)です。 雪舞う寒いコンディションでしたが、無事に終了しました。 体調不良者もなく無事1日目を終えました。 天候も回復し、順調に練習をこなすことができました。 あいにくの天気で風も強く、ペース取りに苦労している様子でしたが、体調不良者もなく順調に練習をこなすことができました。 (2日目) <男子> ・早朝20分フリーjog ・午前 高校生はセミナーパークで12kmクロスカントリー走。 (1日目) <男子> 午後から、高校生は10000mペース走、中学生は8000mペース走を行いました。 <女子> 午前中はjog中心。 下記のURLをクリックしてください。 ボタン類は使用権フリー・ホームページ素材集を使用しております。 それ以外のすべての写真、文章等の著作権は都道府県対抗駅伝「チームやまぐち」にあります。

次の

都道府県駅伝男子エントリー選手一覧/21日号砲

都 道府県 駅伝 2020 男子

全国男子駅伝2020の順位予想・優勝予想 優勝予想 優勝回数 優勝回数で見た場合、 長野県が最有力候補です! 都道府県 優勝回数 長野 7 兵庫 5 福岡 3 愛知 2 埼玉 2 京都 1 広島 1 鹿児島 1 栃木 1 福島 1 過去の優勝した都道府県 第24回大会は福島県が初優勝でした!東洋大学の相澤晃くんと明治大学の阿部弘輝くんがエース区間を快走しての優勝です。 順位 都道府県 タイム 1 福島県 2:19:43 2 群馬県 2:20:18 3 長野県 2:20:22 4 広島県 2:20:38 5 長崎県 2:20:56 6 鹿児島県 2:21:22 7 愛知県 2:21:26 8 福岡県 2:21:28 9 和歌山県 2:21:29 10 神奈川県 2:21:31 11 熊本県 2:21:37 12 宮城県 2:21:44 13 京都府 2:21:45 14 千葉県 2:21:47 15 大阪府 2:21:49 16 兵庫県 2:21:53 17 埼玉県 2:22:23 18 東京都 2:22:24 19 岩手県 2:22:25 20 岡山県 2:22:29 21 茨城県 2:22:31 22 静岡県 2:22:39 23 佐賀県 2:23:00 24 山口県 2:23:14 25 栃木県 2:23:24 26 岐阜県 2:23:30 27 新潟県 2:23:43 28 宮崎県 2:23:50 29 秋田県 2:24:04 30 富山県 2:24:06 31 山形県 2:24:09 32 福井県 2:24:14 33 滋賀県 2:24:19 34 大分県 2:24:36 35 三重県 2:24:37 36 石川県 2:25:22 37 徳島県 2:25:24 38 鳥取県 2:25:30 39 北海道 2:25:32 40 島根県 2:25:48 41 青森県 2:25:53 42 奈良県 2:26:17 43 愛媛県 2:26:41 44 香川県 2:27:49 45 沖縄県 2:28:23 46 山梨県 2:28:32 47 高知県 2:29:05 全国男子駅伝2020の優勝の可能性は? 今年も福島県が優勝候補! もし去年と同じチーム編成の場合ですが、 福島県は強いです!! なんと言っても、箱根駅伝2区で区間賞&区間新を獲得した 東洋大学・相澤晃くんが参戦です。 最後のアンカーで埼玉県のHondaの設楽悠太選手、愛知県の服部勇馬選手、MGC・箱根駅伝で活躍した選手が出てくれば、結果は読めなくなります。 また、福島の躍進はやはり学法石川の存在が大! 相澤選手の出身校でもあり、長距離界の中心校になっている東洋大学の酒井監督がかつて監督を務めていたことでも知られています。 今回出場予想されている高校生選手も学法石川が多く、層の厚さに期待しています。 今回学法石川からは4人がエントリー予想されており、全国高校駅伝でも区間上位の選手が名を連ねているので注目したいです。 全国高校駅伝から宮城県が優勝候補! 全国高校駅伝の結果を見ると、宮城県、岡山県、長野県、熊本県、福島県が強いです!強い高校がある都道府県は、ふるさと選手や大学生も強い選手が多いので優勝が期待できます。 順位 記録 チーム名 優勝 2:01:32 仙台育英 2 2:01:35 倉敷 3 2:02:28 佐久長聖 4 2:02:39 九州学院 5 2:02:43 学法石川 長野県も高校生パワーで優勝候補!! 駅伝県である長野県の優勝候補の可能性大! 高校駅伝の有力校・佐久長聖のメンバーの多くがラインナップされており、若い力でチーム全体を引っ張ってく。 佐久長聖高校は昨年末の男子第70回全国高校駅伝競走大会でも 3位入賞で結果を残しており、その中心メンバーがそのまま出走することが予定されているのも優勝への大きな要因の一つとなるだろう。 全国女子駅伝では高校生と中学生の頑張りで京都が優勝!長野県も高校生の頑張り次第で優勝の可能性がぐっとUPする!! また、長野県は過去の優勝県の中でも数多くの成績を残していることもあり、今大会でも期待ができる。 小さなアップダウンの続くコースでは地元の山岳で練習を重ねる選手たちにも有利に働くのこと間違いなし!当日の走りを期待。 愛知県は豊川高校が優勝のカギ! 優勝のポイント区間・高校生区間に 豊川高校勢3人を配置する予定なので、 実力を発揮すれば勝つ可能性は大きいでしょう。 総合力では、ランキングで1位の「愛知」が優勝予想。 埼玉県は設楽悠太選手が優勝のカギ!! 7区の大学生・社会人枠で接戦にあんると思われる中、アンカーに 設楽悠太選手 Honda のエースが挽回する可能性あり。 2018年の東京マラソンで16年ぶりに日本記録を更新し1億円をゲット、そこから大迫傑(ナイキ)選手がさらにその記録を破る2時間5分台を出し同級生のライバルに負けまいとMGCで果敢な飛び出しで結果としては惨敗! その悔しさとオリンピックの3枠目を狙っているので今回も周囲の想像を超えるような走りをしそうなので期待しています。 ニューイヤー駅伝でも好走し好調を維持。 また、同じチームに所属している 小山直城選手 Honda もニューイヤー駅伝で1区3位と大健闘し勢いに乗っています。 ほかの区間でも高校生は 白鳥哲汰くん、唐澤拓海くんと実力者を揃え、中学生区間でも全1500m,3000mの2冠を達成した将来が楽しみな 小山翔也くんがいますので出だしからトップ集団をキープ! アンカーの設楽まで上位でキープ出来れば最後は彼が1位でゴールテープを切ってくれると思います。

次の

全国都道府県対抗男子駅伝途中経過&結果速報!順位や区間賞タイムは?

都 道府県 駅伝 2020 男子

当サイトでは、天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝の見逃し動画情報や、途中経過や結果速報、順位や区間賞をリアルタイムで配信していきます。 1月20日に12時15分から、天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝大会が開催されます。 上記記事で紹介した大澤駿君も、山形県の補欠として控えていますので、走るかもしれません。 天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝は、広島で行われる各都道府県対抗の駅伝です。 各チームは、中学生や高校生、大学生、実業団のスター選手で構成されていて、箱根駅伝などで現役大活躍中の選手から、将来の長距離界をになう期待の若手ホープまで、さまざまな選手が出場します。 本ページでは天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝の結果速報や、順位、区間賞などを、生中継と同じ速さでリアルタイムで配信していきます。 天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝の順位は?途中経過&結果速報 以下が入賞した都道府県順位TOP8です。 順位 都道府県 最終ランナー 1 福島県 相澤晃 2 群馬県 牧良輔 3 長野県 中谷雄飛 4 広島県 藤川拓也 5 長崎県 山下一貴 6 鹿児島県 市田宏 7 愛知県 服部勇馬 8 福岡県 木村慎 14:50頃、福島県が初優勝! 事前の予想ランクングでは、福島県が1位となっています。 福島県代表の明治大学3年阿部弘輝君は、天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝大会出場の一般、学生の10000m参加部門で全参加者トップの記録を持っていて、優勝候補の一役を担うことになりそうです。 順天堂大学3年野田一輝君は、第4位予想の山口県のメンバーであり、アンカーで走ることが予想されています。 1位予想の福島県代表のアンカー予想の東洋大相澤君より10000mで40秒ほど低い記録ですが、その差を何とか乗り切り、TOP3と予想されているチームを抜き去り、一番にテープを切ることができるかが注目されます。 沖縄県が最下位予想となっておりますが、アンカー予想の濱崎達規さん(南城市役所)を中心に事前予想を塗り替えられるかが注目されますね。 スポンサーリンク 天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝の区間賞速報 以下が各区の区間賞です。 区 選手 都道府県 タイム 1 菖蒲敦司 山口県 20:32 2 滝澤愛弥 栃木県 08:36 3 塩尻和也 群馬県 23:55 4 横田俊吾 福島県 14:14 5 佐藤一世 千葉県 24:29 6 堀口花道 群馬県 08:35 7 相澤昇 福島県 37:14 第3区予想奏者が最もハイレベルな選手が並んでいます。 そのなかでも福島県代表の明治大学3年阿部弘輝君がわずかに10000mの記録がトップになっていて、区間賞が期待されます。 住友電工の田村和希さんも僅差の記録を持っていますので可能性があります。 アンカーの第7区もレベルが高そうです。 中国電力の藤川卓也さんや、コニカミノルタの蜂須賀源さんが頭書の記録を持っています。 天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝の見逃し動画情報は? 天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝の見逃し動画情報を、見逃してしまった、という方は、無料で合法的に視聴する方法があります。 天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝は、NHKオンデマンドで1月21日以降に公開されます。 天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝の動画は有料(216円)ですが、U-NEXTのポイントを使うことでお金をかけずに見ることができます。 まず、上記画像リンクをクリックし、U-NEXTに登録します。 登録の仕方は 下記ページを参照してください。 また、無料で済ませたい方は31日以内に退会の必要があるので、その方法も以下ページで解説しています。 その後、U-NEXTにログインします。 トップページが開いたら右上の虫めがめマークをクリックします。 下のほうにある、「テレビ局」をクリックします。 「NHKオンデマンド」をクリックします。 1月21日になると、一覧の中に天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝の動画が表示されます。 無料登録で付与されたポイントを利用して動画を再生してください。 なお、U-NEXTは、登録後31日を超えれば自動で料金が引き落とされますので、無料で済ませたい方はそれまでに大会の手続きが必要です。

次の