メリー クリスマス ショー。 メリークリスマスショー・1986

マペットのメリー・クリスマス

メリー クリスマス ショー

【スポンサーリンク】 メリー・クリスマス・ショーが話題に ネットでメリー・クリスマス・ショーの 映像が流れると話題になっています。 超うれしい。 どこ切り取っても豪華すぎるあれのどの部分が流れるんだろ。 ALFEEさんも出演してたけど、映るかなぁ? — ふるる@秋の乱 金沢 完売御礼 fururu70 伝説のメリークリスマスショーの裏話が聞けるのなら我慢してやんない事もない。 — takeshi KIMURA papi4man 32年前の番組なので、 興奮しているのは40代以上の人が多いでしょうね。 私もオンエアを見ていましたが、 2年しか放送されていないというのは 知りませんでした。 あの頃、毎年放送していたような気がしています。 メリー・クリスマス・ショーの番組内容 「メリー・クリスマス・ショー」は 1986年と1987年の12月24日に放送された 音楽番組です。 サザンオールスターズの桑田佳祐さんが中心となり 錚々たるミュージシャンが集まった豪華な番組でした。 この番組のために作られた 「Kissin' Christmas クリスマスだからじゃない 」は 作詞が松任谷由実、作曲が桑田佳祐、編曲がKUWATA BANDで 当時はCD化されませんでしたが、 2012年に発売された桑田佳祐さんのベストアルバムに 収録されたそうです。 知りませんでした。 司会は明石家さんまさんで、 主な出演者は、桑田佳祐さんがいたKUWATA BANDや 松任谷由実さん、泉谷しげるさん、アン・ルイスさんなどです。 桑田佳祐さんはサザンオールスターズではなく KUWATA BANDだった時代ですね。 当時、人気があったミュージシャンは ほとんど出演していたと思います。 スタジオで出演した人の他に、 VTRでの出演もあり、 とても豪華なキャスティングでした。 クリスマスイブだったので、 遊びに行く約束をキャンセルして 家で観ていた記憶があります。 ビデオに録画して保存したはずですが、 どこかにあるかな? よく考えたら、ビデオデッキを捨ててしまったので ビデオテープが見つかっても再生できませんね。 メリー・クリスマス・ショーの無料動画は? Youtubeなどを検索すると メリー・クリスマス・ショーの動画が 公開されているようです。 番組を録画して残していた人がいるのでしょうね。 ビデオやDVDは発売されていないようなので 個人で保管していた映像が投稿されているようです。 テレビ局には当時のVTRが保存されているはずなので 今回の秘蔵映像公開となるのでしょうけど、 動画サイト等で配信すれば視聴したい人が喜ぶでしょうね。 ただ、出演者から許可をとるのは大変だと思います。 すでに連絡のとれない人とかたくさんいそうな感じがします。 32年も経つと、芸能界も大きく様変わりしますね。 その中で今でも人気がある、明石家さんまさんや 桑田佳祐さんはとても偉大だと感じます。

次の

ジェーン・スー 伝説の番組『メリー・クリスマス・ショー』を語る

メリー クリスマス ショー

「メリー」ってどういう意味? メリークリスマスの「メリー」、綴りは 「Merry」。 「陽気な」「愉快な」「笑い楽しむ」などの意味があります。 つまり「メリークリスマス!」というのは、「楽しいクリスマスを!」というお祝いの言葉になるわけです。 実際正確な英文にすると、 「I wish you a merry Christmas!」となり、この直訳は「私はあなたに楽しいクリスマスを祈ります!」という文章になります。 他にもメリーを使う文章としては、• a merry voice:陽気な声• a merry person:愉快な人• Fortune comes to a merry home:笑う門には福来たる などがあります。 なぜメリーなの?ハッピーじゃだめなの? もちろんハッピーでもいいんです! 日本語でも「楽しい」という意味を「幸せ」や「愉快」などと言い換えたりしますよね? 「happy Christmas! 」でもきちんと、言った相手へクリスマスのお祝いをした意味の言葉になります。 happyを使用する際は、「Happy Holidays! 」という言い回しが多いようです。 欧米のクリスマスは新年の挨拶とも重なることがあるので、その際は 「Merry Christmas and a Happy New Year! 」と言います。 他にも、「素敵なクリスマスと新年になりますように」という意味で、 「Wishing you all a very Merry Christmas and Happy New Year」 などとも言います。 日本では「メリー」はクリスマス、「ハッピー」は新年の挨拶のイメージが強いですが、実際にはそれほど明確にはわかれていないようです。 また、「メリークリスマス」は、キリスト教の色が濃い言葉で、イスラム教徒やヒンズー教徒などは別の言い回しを好むそうです。 ホリデイ中は 「Wishing you a wonderful holiday! 」=「あなたに素晴らしい休日を!」なんて言い方でもお祝いします。 メリークリスマスっていつ、どのタイミングで言うのが正しいの? なんとなく「メリークリスマス」は、24日と25日にしか言ってはいけないと思っていませんか? 自分ではそう思っていなくても、周りがそうしているから合わせている…なんてこともあるかもしれません。 日本では24日のクリスマスイブ、そして25日のクリスマス当日に言う言葉というイメージが強いですよね。 しかし、海外ではクリスマスホリデイ中ならば、基本的にどこでも「メリークリスマス」と声を掛け合っています。 一番長い期間だと、11月20日ごろから1月1日をクリスマスホリデイとしています。 つまり、11月から「メリークリスマス」と言っても全然オッケー! いつまでメリークリスマス? クリスマスホリデイは会社によって違いますが、この一番長い解釈の11月20日から始まるクリスマスホリデイは、ショッピングモールなどが一斉にクリスマスムードになります。 そもそも11月20日ごろはアメリカでのサンクスビギニングにあたり、実際のクリスマス休暇は12月24日ごろから土日を覗く2連休(土日を含む場合は4連休)となるのだそうです。 ヨーロッパだともっとしっかりクリスマス休暇が取れて、クリスマス4週間ぐらい前の待降節 アドベント:Advent から新年まで連続した休暇があり、グリーティングカードもクリスマスカードと年賀状を一緒にしたようなものです。 アメリカは新年がくると同時にクリスマスホリデイは終わりますが、ヨーロッパのカトリックの国だと1月6日の祝日までお休みするようです。 クリスマスツリーも日本と違い、アメリカやヨーロッパでは新年の第1週ころまで展示しているそうで、文化の違いを感じますね。 海外のいろいろなクリスマス クリスマスのイメージは、イブの日眠りにつくと、サンタさんがやってきて枕元にプレゼントを置いてくれる…というものですよね。 そんなサンタさんの発祥の地である「フィンランド」。 なんと、フィンランドのクリスマスは、イブの日の朝にサウナに入るところから始まるのだそうです。 しかもクリスマスツリーを用意するのは24日の朝、プレゼントは24日の夜に開けてしまうのだとか。 それじゃサンタさんの出番がないじゃないか!とお思いですが、実は24日のディナー後、リラックスタイムにサンタクロースは現れます。 煙突からやってくるのではなく、玄関のチャイムを鳴らして! サンタクロースの本場は、ひとあじ違いますね…!! また、ドイツでは11月末からクリスマス本番まで「クリスマスマーケット」が開かれます。 現在では各国で開かれているこのマーケットですが、発祥はドイツだそう。 クリスマスマーケットで是非手に入れたいのが、ドライフルーツやナッツをたくさん入れた「シュトーレン」。 これを薄くスライスして、クリスマス当日まで食べ続けるのがドイツ流。 また、お菓子で作られたドアの飾りなどを見たことはありませんか? あれもドイツのクリスマス菓子で、「レープクーヘン」と言います。 形や材料によって名称は変わります。 マーケットでは、シナモンやオレンジを入れたホットワインである「グリューワイン」を飲みながら買い物を楽しむ人がたくさん。 作り方は簡単なので、寒い冬の時期、ドイツの人の真似をしてグリューワインを飲むのもいいかもしれません。 一年に一度の晴れの日!というイメージのクリスマス。 お祭り的な行事が好きな日本人としては、毎年楽しみたいものですよね。 今年は「メリー」の意味を噛み締めて、言葉をかけた人が楽しいクリスマスを送れるように願いましょう。

次の

ミッキーのベリー・メリー・クリスマス・ パーティー

メリー クリスマス ショー

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 概要 [ ] 吉川晃司がにアイデアを持ちかけ、桑田が中心となり、当時としてはテレビではほとんど見られないミュージシャンが一堂に会して放送されたクリスマス限定の。 またクレジットはされていないが、が番組を作るうえでのアイデアや、楽譜書きなどの協力を行なっている(山下本人は出演していない)。 この番組のために書かれた楽曲「」は、作詞が、作曲が桑田佳祐、編曲がという組み合わせで制作された。 番組の最後に、この曲が出演者全員で歌われた。 同曲は番組内で「レコードにはしない」と宣言されたために、有線放送およびFMラジオ放送用のプロモレコードとして音源化されてはいるものの、レコード化、CD化はされていなかったが、桑田が全編を歌うバージョンが、発売の桑田佳祐のベストアルバム「」に初収録されることになった。 番組内容 [ ] 1986年 [ ]• 放送は19:00 - 20:54だが、当時NNSマストバイ局が未開局で日本テレビとクロスネットしていた・()は、裏番組の『』を30分先行放送するため(本来のネット番組である『』は別の時間帯に時差放送)19:30に飛び乗りしていた。 東京・青山の某所から生放送していた(番組内ではどこから放送しているかに関しては明かされていない)。 後期の作の曲。 出演者全員が1曲をメドレー形式にてつないで歌っている。 KUWATA BAND 2 MERRY X'MAS IN SUMMER 〜 I Saw Mommy Kissing Santa Claus KUWATA BAND、アンルイス、松任谷由実、原由子、中村雅俊、泉谷しげる、鮎川誠、ARB、吉川晃司、トミー・スナイダー (桑田佳祐) () () 「MERRY X'MAS IN SUMMER」の間奏部分に「ジングル・ベル」を演奏、その後「ママがサンタにキッスした」を歌い、その曲中に桑田がスタジオに来たメンバーを紹介していった。 (表記無し) 4 赤鼻のトナカイ 泉谷しげる、チェッカーズ () の日本訳詞バージョンで披露。 泉谷は、ほぼメロディーを無視。 間奏部分では、小倉がラップに挑戦。 河内淳一 6 セッションだッ! 忌野清志郎、桑田佳祐、山下洋輔、今野多久郎 セッションだッ! 桑田佳祐 この番組のオリジナル曲であり、作品化されていない。 桑田と忌野の対決がメイン。 その為二人が、山下が弾いていた1000万円ののにの水をぶっかける、物を投げつける等の暴挙も。 なお、作詞作曲はすべて桑田が担当している。 忌野清志郎、桑田佳祐、山下洋輔、今野多久郎 7 A Horse with No Name KUWATA BAND、THE ALFEE、チェッカーズ のヒット曲を、セットの無い剥き出しのスタジオに1ヶ所に固まっての撮影(詳細は後述)。 他の楽器はKUWATA BANDのメンバーのみ演奏。 KUWATA BAND、THE ALFEE、チェッカーズ 8 長崎は今日も雨だった - Dedicate to BEACH BOYS BEACH FIVE(泉谷しげる、吉川晃司、桑田佳祐、高見沢俊彦、中村雅俊)、松田弘、琢磨仁 (永田貴子、) () とのによるコラボレーション。 リードボーカルは桑田、コーラスは吉川・中村・泉谷・高見沢(兼ギター)、ベースは琢磨、ドラムは松田。 鈴木が「ブラック…」、桜井が「別れても…」のヴォーカルを担当。 KUWATA BANDでの参加だが、桑田は不参加。 風のミリタリールックの衣装にて披露。 (Shi-shonen) コーラスアレンジ: 11 さんまのまんま 明石家さんま、KUWATA BAND さんまのまんま KUWATA BAND・明石家さんま) KUWATA BANDが以前「」()に出演した際に、さんまと共に作り上げた曲を、放送しているスタジオのその場で披露。 桑田とさんまのツインヴォーカル。 後にによって振付が加えられている。 KUWATA BAND 12 I Wish I Was in New Orleans(想い出のニューオリンズ) 石橋凌、小林克也、桑田佳祐 () モノクロ画像。 石橋、小林、桑田のトリプルヴォーカルで、トム・ウェイツの歌い方を意識した歌い方で披露。 バンドの前では、歌や演奏を全く弾いていない男達が、タバコを吸いながらを囲みをしている。 KUWATA BAND ストリングスアレンジ:広瀬裕美子 サックスアレンジ:苫米地義久 13 一緒に暮らそう 松任谷由実 (松任谷由実) ユーミンが、ツアーで一緒のバンドと共に、スタジオから曲を披露。 14 Help! ビートルズの曲をテンポを上げ、ロックテイストを強くしたアレンジとなっている。 映像出演は、氷室と吉川のみ。 を意識した妖艶な演出となっている。 前の曲ではリード部分が無かった、ストーンズ好きの鮎川のリードギターが聴ける。 (表記無し) 16 第九交響曲 - ROLL OVER BEETHOVEN 忌野清志郎 () 日本ではクリスマス時期恒例となっている第九を、忌野がコーラス隊をバックに披露。 「」()のタイトルはあるが、チャック・ベリーの曲は使用されていない。 KUWATA BAND 1987年 [ ] 単発特別番組枠『』枠で放送。 前回同様、出演者全員が1曲をメドレー形式にてつないで歌っている。 KUWATA BAND 2 MERRY X'MAS IN SUMMER 〜 Happy Xmas War Is Over KUWATA BAND、アンルイス、吉川晃司、鈴木雅之、、小林克也、松任谷由実、中村雅俊、CHAR、DEKAPAN、泉谷しげる (桑田佳祐) () 「MERRY X'MAS IN SUMMER」からジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」をメドレー歌い、ハッピー・クリスマスの曲中に桑田がスタジオに来たメンバーを紹介していった。 (表記無し) 4 スクランブル四重合唱 前田亘輝、坂崎幸之助、鈴木聖美、鈴木雅之 ジングルベル(ジェームズ・ピアポント) (、キース・リード、) (詞、曲共に作者不明) (レノン=マッカートニー) (、、)? 、ビートルズ、と日本のによる四重合唱。 「青い影」を前田、「竹田の」を坂崎、「レット…」を聖美、「好きに…」を雅之が担当、それぞれ1番を順番に歌い終わった後に、間奏にクリスマスソングを挟み、4人同時に歌うという手法が取られた。 アレンジは、小林武史。 5 セッションだッ! DEATH MATCH 忌野清志郎、桑田佳祐、泉谷しげる、山下洋輔、今野多久郎、古舘伊知郎 セッションだッ! 桑田佳祐 前年度に引き続き、桑田と忌野の対決。 を使用し、今度は泉谷が乱入。 古舘が実況を勤めた。 また、山下が弾いていたピアノは、前年以上に惨憺たる姿に。 古館からは「予定調和の大乱闘」と言われた。 また、泉谷が振り回した竹刀が桑田の股間に当たったが、収録中は痛みに耐えながら歌唱をし、収録が終わると桑田は楽屋で「が奥に入っちゃった。 泉谷さんひどいよ」などと述べ、泉谷も「ごめん、大丈夫? 」と桑田を心配して楽屋を訪れたことが音楽ライターの大畑幸子によって語られた。 イントロや曲中に、の「愛のためいき」が織り込まれている。 NOBORUとは、当時総理大臣だったのこと。 泉谷と渡辺のさわやかな歌唱の間に、竹下の少年時代から政治家になるまでの生い立ちの写真や「」の記者会見の模様を交えた。 歌詞は男女の愛情表現や故郷への思いと、へのないしはのともとれる内容となっている。 ストーンズをCHARが担当しているが、全ての楽器演奏、コーラスまでCHAR一人で行なった。 途中CHARとがヴォーカルを変えるシーンもある。 なお、は最後に出るだけで、歌唱は無し。 河内淳一 11 きよしこの夜 吉川晃司、明石家さんま ( 吉川とさんまによる、教会をメインとしたホモセクシャルの演出。 小林武史 12 TAKE FIVE 桜井賢、坂崎幸之助、、、新田一郎、桑田佳祐、河内淳一 () のジャズナンバーに、桑田がジャズサックスプレイヤー五十嵐明要の協力のもと作詞をし、6人でにて披露。 途中バックバンドが演奏に加わるアレンジが施されている。 桑田佳祐が作詞を担当しているが、本人が「風の歌詞を付けた」と語る通り、歌詞の内容はかなり卑猥。 八木正生 13 恋人がサンタクロース 松任谷由実、高中正義 (松任谷由実) 前年に引き続き、ツアーメンバーを従えての歌唱。 2番が終了した後、高中が登場。 中島睦 14 WONDERFUL TONIGHT 石橋凌、小林克也、桑田佳祐、青山未央 () 前年に引き続き、3人の歌を全く聞いていない場所での歌唱だが、この時は劇場。 尚、本物のストリップ嬢の青山未央が出演し、観客と3人の目の前で演技した。 原田末秋 15 第九交響曲 - ROLL OVER BEETHOVEN 忌野清志郎 交響曲第9番(ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン) この時はのセットをバックに歌っているが、サンタクロースが出てきたり、とをしていたり、果てには「桑田おぼえてろー! 」「チャンネル変えろー! すぐに消せー! 」等の発言まで出た。 また曲のエンディングには、各楽曲で撮影されたメンバー同士による乾杯のシーンが放送された。 KUWATA BAND その他 [ ]• 企画を言い出したのは。 呑みの席で桑田に「たくさんミュージシャンを集められるのは桑田さんしかいない」「今の音楽シーンがつまらないのは、ある意味あなた方にも責任があるんじゃないの? 」と挑発し、桑田が「ガキのくせにこのボケ! 」と返してケンカになったが、朝まで話し込んで「よっしゃ考えてみる」という桑田の話で始まったもの。 当初は2人を中心に運営したが、吉川はや若いバンドに声をかけた程度で働かないのでほぼ桑田がやったという。 この番組の制作会社であるフルハウステレビプロデュース(現:)はこの番組の制作費が嵩んで、倒産寸前となった。 1986年には、松任谷由実・アンルイス・原由子の唄う「年下の男の子」のアレンジをが行っている。 1986年の「名前の無い馬」はスタジオの一角で演奏した映像が使用されたが、本来は正式に組まれたセットで演奏する予定だったがどうも映像がしっくりと来なかった 桑田佳祐はこれについて「事故で」と説明している ことから、止むを得ず薄暗いスタジオの片隅に全員が集まって演奏したところ、映像として殊の外良いものとなった為、このテイクが放映されることとなった。 1987年には、桑田のプロデュースをしていたが「スクランブル四重合唱」「二人のFour Seasons」「愛のさざ波」「きよしこの夜」でアレンジャーとして参加している。 1987年の「TAKE FIVE」で、THE ALFEEのの名前が何故か「KEN SAKURAI」と誤って表記されている(本来は「MASARU SAKURAI」が正しい)。 また、1987年放送回のスポンサーはメイン提供であるのほか、・などの通常時間枠である「木曜スペシャル」と同じスポンサーだった。 スタッフ [ ] 1986年 [ ]• 企画:桑田佳祐、菊池仁志• 演出:• 構成:長谷川勝士、、浜田悠、、日野原幼記、• タイトルデザイン:• 音楽プロデューサー:KUWATA BAND• チーフプロデューサー:菊池仁志()• 製作著作:日本テレビ 1987年 [ ]• 企画:アミューズ、電通• 構成:長谷川勝士、まちやま広美、、浜田悠、日野原幼紀• タイトルデザイン:太田和彦• 音楽プロデューサー:今野多久郎• 演出協力:• 制作協力:アミューズ、フルハウステレビプロデュース、、電通• 総合演出:菅原正豊(フルハウステレビプロデュース)• 制作:遠藤克彦(日本テレビ)、(日本テレビ)• 製作著作:日本テレビ 関連項目 [ ]• - 2003年から2008年まで放送された日本テレビの特別番組。 アーティストのコラボレーションを行うなど、当番組と似た番組コンセプトを持つ。 また、明石家さんまが2003年・2004年で司会を務めたり、テーマソング提供(出演はしていない)としてが参加している。 脚注 [ ].

次の