ご査収 意味。 【例文あり】もう間違えない!「ご査収」の正しい意味と使い方

「ご査収の上よろしくお取り計らい」の使い方や意味・例文

ご査収 意味

ご査収くださいの意味と読み方 「ご査収ください。 」 ビジネス用語として定着している言葉です。 会話よりもメールで使われることが多く、 添付ファイルがいっしょにあることも多いです。 意味を知らずに使うと危険なので、正確に知っておきましょう。 <ご査収の読み方> これは、 「 ごさしゅう」 と読みます。 <ご査収くださいの意味とは> これは、 「よく確認して受け取ってください」 という意味です。 メールや書類などに資料を添付し、「ご査収ください」とする使い方が多いです。 「確認の上、受け取ってください。 」という意味になります。 具体的に言えば、「ちゃんと中身を見て、問題ないことを確認してから正式に受け取ってね!」です。 そうでも書かないと、何も見ず受け取られて、後から文句や指摘が出ます。 絶対に確認してほしい場合に使う言葉なので、 確認が必要ないときには使ってはいけません。 「よく考えてください」という意味で使うのは間違いです。 漢字の意味を解説します。 「査」は「調べる」という意味の漢字です。 本来は「バラ科のボケ属」の木を表わす漢字。 それが「いかだ」や「調べる」という意味でも使われたもので、由来は不明。 トゲだらけの木なので、「よく見て扱う」という意味で使われたのかもしれない。 「収」は「おさめる」という意味の漢字。 字源は「縄を巻きつけて締める」という意味の漢字。 全てを束ねて収める意味となります。 二つを合わせると、 「よく調べておさめる」という意味になる。 受け取ったということは、責任持って合格としたという意味でもある。 あとから文句を言うのは筋違い。 そのための「ご査収ください」なので、気を付けよう。 <ご査収の使い方> ・資料を送付いたしましたので、ご査収願います。 ・ご査収の上、ご返事ください。 ・このような内容でよろしいでしょうか?ご査収願います。 以上、ご査収くださいの意味でした。 通じなかったり勘違いされるといろいろ面倒なので、 「合否を連絡して」などと具合的な言葉で言い換えるのが無難ではあります。 -- 前: 次:.

次の

間違いも多い「ご査証のほど」の使い方と例文・「ご査収」との違い

ご査収 意味

「ご査収ください」の意味 「ご査収ください」の「査収」とは、「金銭や物品、書類の内容などをよく調べて受け取る」という意味です。 「査」は訓読みで【しらべる】と読み、「査収=調べて(しらべて)収める」に「ご」をつけて丁寧に表現した言葉です。 丁寧な言葉で「よく確認してから受け取ってくださいね」とうながす言葉ですが、「ください」は「くれ」を丁寧に表現した命令形であるため、目上の人に使用するのは避けた方が無難です。 上司や取引先に対する「ご査収ください」の使い方 丁寧に確認をうながす表現として使える「ご査収ください」ですが、命令形の口調が相手に不快感を与える恐れのある言葉。 ここからは 上司や取引先に対して失礼にあたらない「ご査収ください」の使い方を確認していきましょう。 「ご査収ください」の類語 「ご査収ください」の類語には、内容の確認や受け取りを伝える意味の言葉が当てはまります。 例えば「確認」や「検収」も「査収」の言い換え表現としてビジネスシーンで使用できます。 「ご査収ください」の類語を使用した例文をチェックしていきましょう。 ご確認ください 「確認」はなにかしらをチェックする際に使われますが、「ご査収ください」の言い換え表現として使用する場合、意味合いが少し異なります。 「ご査収ください」は内容に誤りがないかよく調べてから受け取るのに対し、 「ご確認ください」は内容が重要ではないものにも用いられている言葉です。 内容が正確か確認が必要な書類には「ご査収ください」。 受け渡しの際に便宜的に使用されるのが「ご確認ください」。 重要度が高い内容の場合は「ご査収ください」を使用し、それ以外の便利な言葉として「ご確認ください」を使い分けるのが適切です。 ご検収ください 「検収」とは、 届いた品物の数や種類、品質・動作確認を点検・検査して受け取る際に使用する言葉です。 「検収」は動作確認などを必要とするシステム開発などでも用いられているビジネス用語です。 主に数字やファイルを確認する「ご査収」に対して、「ご検収」では「物品や商品の品質確認」の際に使用されます。 「点検=確認」の意味では間違ってはいませんが、確認する対象が「査収」と「検収」では大きく異なることを覚えておきましょう。 「ご査収ください」の関連語 ビジネスシーンで使われる機会が多い「ご査収ください」は、ネット上の思わぬところでも使用されています。 本来の意味とは少し違う使われ方がされている 「ご査収ください」にスポットを当ててみました。

次の

「ご査収」の意味と正しい使い方は?「ご確認」との違いや類語も

ご査収 意味

金額や文言など、相手のチェックが必要な書類を送るときに使います。 【「ご査収」NG例(1)】 ・弊社の新商品のカタログをお送りします。 よかったらご査収くださいね。 この場合「お時間のあるときにご確認いただけますと幸いです」「ご笑納ください」などと言うのがよい。 【「ご査収」NG例(2)】 ・(「ご査収ください」の返信で)私が確かに査収いたしました。 【例文】 ・企画書をお送りいたしましたので、 ご確認ください。 メールや書類などの書き言葉で使われています。 【例文】 ・資料を ご高覧いただければ幸いです。 (3)「お目通し」 資料や本に目を通してもらうこと、一通り見ることを意味します。 会議に使う資料などを送ったときに使います。 【例文】 ・会議資料を送付いたしましたので、事前に お目通しのほどお願い申し上げます。 (4)「ご検収」 納品された成果物に対して使われています。 数があっているか、破れているものがないかなど、確かめたうえで受け取ることを意味します。 【例文】 ・ご注文の品を納品いたします。 間違いがないか ご検収ください。 (5)「ご笑納」 相手から頼まれたわけではないけれども、おまけや好意によって贈り物をするときに使います。 【例文】 ・お礼の品です。 どうぞ ご笑納ください。

次の