大阪なおみ デモ。 大阪なおみ「日本住んででも静かでつまらんなあ、海外みたいに略奪デモ起きんかなあ、せや!」

大阪なおみ「日本住んででも静かでつまらんなあ、海外みたいに略奪デモ起きんかなあ、せや!」

大阪なおみ デモ

大坂なおみTwitter プロテニス選手の大坂なおみが、人種差別抗議デモをめぐってSNSでキレキレの発信をし続けている。 今週末に大阪で行われる「BLACK LIVES MATTER」デモへの参加を呼びかけ、「政治にスポーツを持ち込むな」というクソリプやトランプ支持者のイチャモンにも敢然と反論している。 ミネソタ州ミネアポリスでアフリカ系男性ジョージ・フロイトさんが警察官に殺害された事件に端を発し、全米各地で広がる黒人差別への抗議デモ。 多くのアーティストやスポーツ選手らもSNSで差別への抗議と、運動への連帯の声をあげているが、大坂なおみ選手もそのひとりだ。 )〉とツイートしたことや、6月2日の「Blackout Tuesday」に真っ黒の画面を投稿したことなどは、すでに日本の報道でも報じられているが、それだけではない。 たとえば6月1日には、抗議中の男性が、警察から撃たれる催涙ガス弾を片っ端からテニスラケットで打ち返す動画に、〈OK、許す!(Undestood. )〉というコメントをつけ拡散。 抗議デモへの連帯と警察の暴挙への怒りを、ユーモアも交えて端的に表現してみせた。 Let me know)〉と返し、大坂選手自身の抗議デモ参加もうかがわせた。 また、K-POPファンたちが、白人至上主義者たちの差別投稿に対し、BTSやBLACKPINKの画像や動画で埋め尽くしたムーブメントにも、「いいね!」した。 ジョージ・フロイドさんが警察に殺害されて以降、大坂選手はずっとこの問題について発信し続けている。 この間の大坂選手のツイートは、彼女の知性とセンスを感じさせるユーモアを交えながらも、その言葉には強い怒りと切実さがハッキリと込められている。 しかも、大坂選手は差別そのものに怒っているのはもちろん、差別に対していまもまだ多くの人が沈黙していること、さらに多くの人が大坂選手に沈黙を強いてくることにも、違和感を表明している。 たとえば、恋人と報じられたこともあるラッパー・YBNコーディの〈もはや沈黙は裏切りだ(there comes a time when silence is betryal)〉という投稿をリツイート(5月29日)。 さらに普段黒人カルチャーに親しんでいるはずの人たちが、差別に対して沈黙していることに、こんなふうに皮肉たっぷりに疑問を呈した。 )〉(5月30日) あるいは、6月3日投稿した画像には、こんな言葉が記されていた。 〈もしあなたが、先週何も発言しなかったのだとするなら、なぜなのか自分自身に問いかけてください。 もしあなたが、正義のために立ち上がることに自分のプラットフォームを使うことに居心地悪さを感じるなら、なぜなのか自分自身に問いかけてください。

次の

デモ呼び掛けの大坂なおみ、ネットの批判に反論で称賛も疑問の声? タイミングに指摘も

大阪なおみ デモ

net ジャップって品性でも韓国人以下になっちゃったね 韓国系モデルの投稿炎上、「BLM運動にうんざり」「アジア系が黒人のために立ち上がるのはばかげたこと」 米中西部ミネソタ州ミネアポリス近郊で黒人男性が白人警官から首を圧迫され死亡した事件をきっかけに、 米国で人種差別抗議運動「Black Lives Matter(黒人の命は大切だ)」が加熱している。 そうした中、韓国系米国人モデルのNicky Parkがこのほど、インスタグラムのストーリーに、「BLM運動に うんざりしている」「アジア系が黒人のために立ち上がるのはばかげたこと」などと投稿し、批判を浴びているという。 アジア系米国人向けのニュースサイトNextsharkの2日付報道や中国紙・環球時報(電子版)の4日付 報道によると、Nicky Parkは、新型コロナウイルスのパンデミックの中でアフリカ系米国人がアジア系 米国人をいかに虐待してきたかを強調した上で、 「すべての人の命が重要であり、他の人種よりも優れている人種はいない」などと主張した。 これに対し、「あなたのモデルとしてのキャリアはこれで終わりだ」などと批判が殺到。 韓国系コメディアンの David Soも、Nicky Parkを「昔からの人種差別主義者」と非難し、謝罪を促しているという。 recordchina. kissgoddess. imgur. imgur. imgur. imgur. jpg.

次の

デモ呼び掛けの大坂なおみ、ネットの批判に反論で称賛も疑問の声? タイミングに指摘も

大阪なおみ デモ

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 女子テニスで4大大会2度優勝の大坂(おおさか)なおみ選手(日清食品)が米ミネソタ州で起きた白人警官による黒人男性暴行死事件を受け、人種差別などに対する抗議を支持することに「私は声を上げる。 ムーブメント(抗議活動)の価値を信じているし、私の立場を使って変化を促したい」と理由を語った。 ロイター通信が10日に伝えた。 電子メールで取材に応じたという。 ジョージ・フロイドさんが亡くなったことによる抗議デモは「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事だ)」の標語を掲げて全米に広がる。 会員制交流サイト(SNS)を通じ、賛意を示してきた大坂選手は「フロイドさんに対する殺害行為や米国の状況が自分に大きな影響を与えた。 沈黙は決して答えではない」と述べた。 ミネアポリスを歩き、ロサンゼルスでも抗議に参加したという。 スポーツに専念するように言われることもあるというが「変化を求めて呼び掛け続ける。 次の世代のためにより良い未来を求める」と宣言した。 22歳の大坂選手はハイチ出身の父、レオナルド・フランソワさんと日本人の母、環(たまき)さんの間に生まれ、3歳から米国で暮らしている。 (共同).

次の