トム・グラビン。 グレッグ・マダックスの投球。守備も優れた20年連続13勝以上の大投手

トム・グラビン フォーム4画面コマ比較: 投球フォーム コマ比較

トム・グラビン

職業・肩書 元大リーグ選手 国籍 米国 生年月日 1966年3月25日 出生地 マサチューセッツ州コンコード 本名 Glavine,Thomas Michael 受賞 ・ヤング賞〔1991年・1998年〕 経歴 1984年MLBドラフト2巡目指名でブレーブスに入団。 この時、NHLのキングスからもドラフト4巡目指名を受けた。 2000年8月対アストロズ戦で大リーグ史上96人目となる通算200勝を達成。 同年21勝で5度目のナリーグ最多勝。 2002年までに14年連続、通算では18回の2ケタ勝利を記録した。 2003年FAでに移籍。 2007年8月対カブス戦で史上5人目の300勝を達成。 2008年ブレーブスに復帰し、2009年はマイナーでリハビリ登板を重ねていたが、同年6月電撃解雇される。 2010年2月正式に引退表明し、合わせてブレーブスのフロント入りを発表。 ブレーブス時代の背番号47は永久欠番。 140キロ前後の速球、オーソドックスな左上手のフォーム、制球力と緩急に優れた技巧派左腕で、1990年代のブレーブスの黄金期を支え、メジャー22年間のうち17年間をブレーブスで過ごした。 通算成績は、22年682試合登板、305勝203敗0セーブ、2607奪三振、防御率3. 通算682試合登板は全て先発だった。 弟のマイクも1年だけメッツに在籍し、2003年にチームメイトとなった。 2014年米国殿堂入り。 出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」 現代外国人名録2016について.

次の

トム・グラビンのWSなどハイライト。通算305勝左腕で奥さんが美人

トム・グラビン

333 238 50. 1 55 5 33 4 3 20 1 1 34 31 5. 54 1. 75 34 34 1 0 0 7 17 0 --. 292 844 195. 1 201 12 63 7 8 84 2 2 111 99 4. 56 1. 35 29 29 6 4 2 14 8 0 --. 636 766 186. 0 172 20 40 3 2 90 2 0 88 76 3. 68 1. 14 33 33 1 0 0 10 12 0 --. 455 929 214. 1 232 18 78 10 1 129 8 1 111 102 4. 28 1. 45 34 34 9 1 4 20 11 0 --. 645 989 246. 2 201 17 69 6 2 192 10 2 83 70 2. 55 1. 09 33 33 7 5 1 20 8 0 --. 714 919 225. 0 197 6 70 7 2 129 5 0 81 69 2. 76 1. 19 36 36 4 2 3 22 6 0 --. 786 1014 239. 1 236 16 90 7 2 120 4 0 91 85 3. 20 1. 36 25 25 2 0 0 13 9 0 --. 591 731 165. 1 173 10 70 10 1 140 8 1 76 73 3. 97 1. 47 29 29 3 1 0 16 7 0 --. 696 822 198. 2 182 9 66 0 5 127 3 0 76 68 3. 08 1. 25 36 36 1 0 0 15 10 0 --. 600 994 235. 1 222 14 85 7 0 181 4 0 91 78 2. 98 1. 30 33 33 5 2 1 14 7 0 --. 667 970 240. 0 197 20 79 9 4 152 3 0 86 79 2. 96 1. 15 33 33 4 3 0 20 6 0 --. 769 934 229. 1 202 13 74 2 2 157 3 0 67 63 2. 47 1. 20 35 35 2 0 1 14 11 0 0. 560 1023 234. 0 259 18 83 14 4 138 2 0 115 107 4. 12 1. 46 35 35 4 2 1 21 9 0 0. 700 992 241. 0 222 24 65 6 4 152 0 0 101 91 3. 40 1. 19 35 35 1 1 0 16 7 0 0. 696 929 219. 1 213 24 97 10 2 116 2 0 92 87 3. 57 1. 41 36 36 2 1 1 18 11 0 0. 621 936 224. 2 210 21 78 8 8 127 2 0 85 74 2. 96 1. 28 32 32 0 0 0 9 14 0 0. 391 791 183. 1 205 21 66 7 2 82 2 0 94 92 4. 52 1. 48 33 33 1 1 0 11 14 0 0. 440 904 212. 1 204 20 70 10 0 109 0 0 94 85 3. 60 1. 29 33 33 2 1 0 13 13 0 0. 500 901 211. 1 227 12 61 5 3 105 1 0 88 83 3. 53 1. 36 32 32 0 0 0 15 7 0 0. 682 842 198. 0 202 22 62 7 6 131 1 0 94 84 3. 82 1. 33 34 34 1 1 0 13 8 0 0. 619 855 200. 1 219 23 64 2 4 89 2 0 102 99 4. 45 1. 41 ATL 13 13 0 0 0 2 4 0 0. 333 281 63. 1 67 11 37 4 1 37 0 0 40 39 5. 54 1. 64 通算:22年 682 682 56 25 14 305 203 0 0. 600 18604 4413. 1 4298 356 1500 145 66 2607 65 7 1900 1734 3. 54 1. 2008年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 獲得タイトル・表彰・記録• 2回:1991年、1998年• 5回:1991年 - 1993年、1998年、2000年• MVP 1回:1995年• 選出 10回:1991年 - 1993年、1996年 - 1998年、2000年、2002年、2004年、2006年• BaseballLibrary. com. 2008年9月19日閲覧。 2008年4月19日閲覧。 2008年1月12日閲覧. Baseball-Reference. com. 2008年9月19日閲覧。 2008年4月19日閲覧。 2008年4月19日閲覧。 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2005』廣済堂出版、2005年、266頁。。 澤田敏典 「MLB30球団最新レポート&全選手個人成績 ニューヨーク・メッツ/NYM 来季の300勝達成に視界良好」『』2006年11月号、、2006年、 15509-11、80頁。 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』廣済堂出版、2008年、281頁。。 Bowman, Mark 2007年11月19日. The Official Site of The Atlanta Braves. 2009年3月20日閲覧。 Cooper, Jon 2007年11月19日. The Official Site of The Atlanta Braves. 2009年3月20日閲覧。

次の

ジョン・スモルツ

トム・グラビン

通算355勝を記録した90年代最高の投手 グレッグ・マダックス。 こちらはマダックスのハイライトと言える76球での完投勝利。 17年連続15勝以上、20年連続二ケタ勝利(全て13勝以上)という長期に安定して活躍した大投手です。 これだけ安定した成績を残した投手は歴史的にもマダックスしかいないですし、もう2度と出てこないかもしれませんね。 全盛期はブレーブス黄金期の中心メンバーとして活躍。 トム・グラビン、ジョン・スモルツと球史に残る三本柱を形成しました。 こちらはグラビン、ボビー・コックス監督と始球式。 しかしマダックスは体調管理とかしっかりとしてそうなイメージがあるので、引退後の太った姿は寂しいですね・・・。 スポンサードリンク グレッグ・マダックスのハイライト 86年にカブスでデビューしたマダックス。 同年のMLB初勝利は完投で記録しているようです。 88年22歳のシーズンで18勝をあげるなどブレイクを果たしています。 89年の完投勝利。 92年の完投勝利。 96年のWS第2戦、ヤンキースを相手に8回無失点。 98年のCS第5戦でセーブを記録。 レギュラーシーズンを通じてもキャリア唯一のセーブとなっています。 05年に通算3000奪三振を達成。 通算3371奪三振を記録しています。 04年に通算300勝。 08年に通算350勝。 こちらが通算355勝。 引退シーズンもローテを守り8勝13敗防御率4. さすがに衰えは隠せませんが、それでも194イニングを投げています。 グレッグ・マダックスの守備 マダックスと言えば史上最多のゴールドグラブ賞を18度の名手です。 こちらはフェイントでサードランナーをアウトにしました。 足で止めてアウトに。 オールスター戦でライナーをナイスキャッチ。 ダブルプレーにしています。 こちらはマウンド後方でナイスキャッチ。 難しい送球も上手くアウトにしました! こちらはダイビングキャッチ。 これだけのプレーを引退シーズンにやるわけですからねー。 同年も当然のようにゴールドグラブ賞を受賞しています。 牽制やクイックも上手そうなイメージがあるけど、走者に気を払わないことで有名なマダックスです。 盗塁をされても気にしない投手は多いらしいですが、彼もその代表例みたいですね。 スポンサードリンク グレッグ・マダックスの打撃 なんとなく打撃も良さそうなイメージのあるマダックスですが。 特別打撃が良いわけではなさそうですね。 こちらは カート・シリングから二塁打。 当時のMLBを代表する投手 ケビン・ブラウンからホームラン。 99年のホームラン。 こちらはタッチを避けてホームイン。 お父さんはポーカー・ディーラーということで、マダックスはカードゲームも上手いらしいです。 そしてそれが打者の洞察力に活きていたとも言われています。 相手の弱点を突く投球術に加えて「マダックス・ストライク」と言われる、際どいボールをストライクとコールしてもらう技術も持ち合わせていました。 剛速球がなくとも活躍した史上最高の投手の1人ですね!.

次の