スタッフサービス 無期雇用派遣。 ミラエール(無期雇用派遣)ってどう?評判・口コミ・賞与・選考について徹底解説

【派遣会社】スタッフサービスってどう?派遣社員の口コミ・評判

スタッフサービス 無期雇用派遣

スタッフサービスは2007年からリクルートの傘下に入り、求人数では業界トップを誇る派遣会社です。 「オー人事net」「スタッフサービス・エンジニアリング」「エンジニアガイド」「スタッフサービス・メディカル」「働くナビ」と5つの専門分野に特化しており、求職者を専門のグループ会社でサポートでできるようになっています。 スタッフサービスについて知る 会社名(正式名称) 株式会社スタッフサービス 公式HP 無期雇用派遣 設立 昭和58年3月 優良派遣事業者 認定 本社所在地 東京都千代田区神田練塀町85 JEBL秋葉原スクエア 拠点数 171拠点(国内) 主な職種 事務職、技術職、ITエンジニア、製造業務、介護・医療事務 求人数 常時40,000件以上 スタッフサービスの特徴• 圧倒的な求人数• 登録から就業まで最短2日• 事務未経験者を対象とした無期雇用派遣「ミラエール」• ITエンジニアに力を入れている 業界トップの求人数を誇るスタッフサービスは、派遣登録から就業まで最短2日とスピーディな対応で有名です。 2007年にリクルート傘下になったことでさらに求人数を広げ、現在では常時40,000件を越え、数だけで見ればNo. 1と評価できます。 中でも ITエンジニアの派遣に力を入れており、他の派遣会社より時給を高く設定しています。 幅広い職種から派遣社員をサポートするために、「スタッフサービス」「エンジニアリング」「ITソリューション」「メディカル」「テクノ・サービス」と専門の事業部やグループ会社を分けています。 2014年4月から開始した新サービスである常用型派遣「ミラエール」では約2年半で2500名以上の方が事務職で採用されています。 またミラエールで採用された方の半分以上が職種未経験の方ばかりです。 スタッフサービスに登録する際の注意点• 質の悪い求人もある• 就業後のミスマッチが多い• エンジニア系の仕事は契約が不安定• 口コミの評判が悪い 登録者数が多いことから、スタッフへの対応が疎かになりつつあります。 また営業担当が抱えているスタッフが多すぎるのか、「派遣社員へのフォローが足りていない」と悪い口コミも目立ちます。 大手派遣会社を対象にした「派遣スタッフ満足度調査」では、「口コミ率」「再就業率」という派遣会社を評価する上で非常に重要な2つの項目で 最下位という致命的な結果に終わりました。 他の派遣会社からも「どの派遣先にもスタッフサービスの派遣スタッフあり」と、 同業者からの評判が悪い派遣会社として知られ、まさに孤軍奮闘という印象です。 ただそれは圧倒的な取引企業数を誇っているため、悪い噂が回りやすいということも言え、リクルートの傘下に入ってからは徐々に悪い口コミも減ってきています。 ミスマッチが多いという点を逆手に取れば、社内選考が緩くスキルが足りなくても通してしまことがあるということです。 どんなに悪い口コミがあろうと、派遣会社の中でもすぐ仕事が見つかる(見つかってしまう)ことは事実です。 とりあえず仕事を探している方にとって求人数が多いに越したことはありませんが、「自分の身は自分で守る」ということを忘れてはいけません。 スタッフサービスに登録した方の声・口コミ.

次の

無期雇用派遣とは

スタッフサービス 無期雇用派遣

平成25年(2013年)に改正された『労働契約法』において「無期労働契約への転換」というルールが定められ、平成30年(2018年)4月より、無期雇用派遣という働き方が生まれることになりました。 「無期雇用派遣」は正社員や普通の派遣とどう違うのか?また、どのような方が対象になるのか?派遣社員として働く方が理解しておきたいポイントを、社会保険労務士が分かりやすく解説します。 「無期雇用派遣」とは? 派遣社員は有期雇用(期間の定めがある労働契約)で働くものとばかり思っていたので、正社員でもないのに無期雇用というのは、ちょっと不思議な感じがする...... という人も多いかもしれません。 中には、「無期雇用派遣」は正社員になって派遣の仕事をすることと思われる方がいるかもしれませんが、実はそうではありません。 それでは「無期雇用派遣」と正社員には、どんな違いがあるのでしょうか。 また、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。 「無期雇用派遣」とは何か 平成25年4月1日の労働契約法の改正に伴い、同一の使用者との間で、有期労働契約(期間の定めのある労働契約)が通算5年を超えて反復更新された場合、労働者からの申込みにより、無期労働契約(期間の定めのない労働契約)に転換できるようになりました。 その際、労働者は申し込みをするだけでよく、使用者はこれを断ることができません。 つまり、 同じ派遣元との契約が複数回更新され、平成25年4月1日以降に開始した契約期間が通算5年を超過した場合、派遣社員が希望すれば、期間の定めのない労働契約に転換することができます。 こうして、 期間の定めのない契約へ転換した派遣のことを「 無期雇用派遣」といいます。 登録型派遣との違い 派遣には、「登録型派遣」と「常用型派遣」の2つの派遣形態があります。 派遣を希望する労働者があらかじめ派遣元に登録しておき、派遣の都度、派遣元と有期雇用契約を結び、派遣期間が終了したら、労働契約も終了するのが「登録型派遣」です。 一方、派遣される労働者が当初から社員として派遣元に雇用され、派遣先で就業するのが「常用型派遣」です(図1参照)。 図1 この「常用型派遣」の中に新たに「無期雇用派遣」が生まれることになりました。 「無期雇用派遣」は正社員として雇用されるわけではありませんが、 無期転換後は派遣元と無期雇用契約を結んでいるという点では、「常用型派遣」となります。 正社員との違い 「無期雇用派遣」と正社員が同じなのは、 期間の定めがないという点です。 ただし、 賞与や各種の手当等、その他の労働条件は、それぞれの雇用形態によって異なりますので確認しましょう。 例えば、派遣社員就業規則には、以下のように規定していることがほとんどです(無期雇用派遣社員の労働条件)。 残念ですが、「無期雇用派遣」への転換のみをもって「正社員」となるわけではありません。 「無期雇用派遣」のメリット 「無期雇用派遣」として働く最大のメリットは、 派遣元が雇用を保証してくれる点です。 「登録型派遣」のように、派遣先の就業が終了した途端に収入やキャリアが途絶えてしまうという不安はなくなり、収入面でもキャリア面でも安心して働くことができるようになります。 【メリット1】雇用を保証してもらえる 今の派遣先の仕事が終了しても、派遣元が雇用を保証してくれるので、次の仕事が決まるまでの不安がなくなります。 【メリット2】 就業が途絶えず、長期的に働くことができるのでキャリアが磨ける 常に働く機会を提供してもらえるので、長期的な視点でキャリアを磨くことができます。 【メリット3】年齢を重ねても、次の派遣先を探す手間や不安が解消される 多くの場合、年齢とともに新しい仕事へのチャレンジに不安が増しますが、「無期雇用派遣」の場合は派遣元が経験やスキルを考慮した仕事を探してくれるので、年齢を重ねる不安が解消されます。 【メリット4】 派遣期間制限の3年を超えても、同一業務で働ける 改正派遣法(平成27年9月30日)では、同一組織で働ける期間は3年間の制限がありますが、「無期雇用派遣」に転換した場合は例外として期間の制限なく働き続けることができます。 「無期雇用派遣」のデメリット 一方、「無期雇用派遣」として働く際には、デメリットもあります。 雇用の安定とひきかえに、新たに課される義務もありますので、どちらの働き方がより自分にあっているか、考えてみましょう。 【デメリット1】切れ目なく働き続ける必要があるので、自由がなくなる 派遣ならではの自由さはなくなります。 「無期雇用派遣」は、派遣で働きながら、長期の旅行や趣味を楽しむことを目的にしている方には向かない働き方かもしれません。 【デメリット2】派遣先変更の可能性がある 雇用を保証してもらえる代わりに、自分で働く先を選ぶことが難しくなります。 また、一定期間で様々な会社に派遣される可能性があり、新しい環境や業務にすぐに馴染む努力をしなければなりません。 無期雇用派遣の対象者とは? 「無期雇用派遣」は、派遣元との有期労働契約が複数回更新されて通算5年を超過する方が対象となります。 条件の詳細と、対象になった場合どのような選択肢があるのかをご説明します。 無期雇用派遣に転換する条件 無期雇用契約への転換を申し込む権利(「無期転換申込権」といいます) が発生した契約期間中に、申し込みをすれば、その時点で無期雇用契約が成立します。 無期転換申込権は、次の3要件がそろったときに発生します。 同一の派遣元との間で2以上の雇用契約があり、それを通算した期間が5年を超えていること。 契約更新が1回以上行われていること。 通算5年を超えて契約をしてきた派遣元との間で、現在も有期雇用契約を結んでいること。 つまり、現在の派遣元での雇用契約が複数回更新されており、その期間を通算して5年を超えていれば、派遣社員の申し込みにより、次の雇用契約から無期雇用派遣に切り替わります。 無期転換を申し込む権利は労働者の権利で、申し込みを実際にするかどうかは本人の意思で決めることができます。 実際には、平成30年(2018年)4月以降から無期転換申込権が発生する方がでてきますので、自分が対象となるかどうかについて詳しくは、各派遣会社へ問い合わせをしてみてください。 ・関連コンテンツ: 対象になったら、自分の意思で働き方を選択しよう 無期雇用の対象となれば、その時点で、今まで通りの派遣就業か、「無期雇用派遣」かを選択できます。 ただし、「無期雇用派遣」を選択するのであれば、今までのような「派遣社員」としての意識は少し転換する必要がありそうです。 同じ派遣元で有期雇用契約を継続している限り、いつでも「無期雇用派遣」のチャンスはありますので、自分らしい働き方とはどういうものなのか、よく考えた上で選択することが大切です。 安定か、地位か、時間か、キャリアか、ワークライフバランスか?自分の中の優先順位と将来のキャリアを考えて、自分に合った働き方を選択してみましょう。 【選択肢1】「無期雇用派遣」に転換する 「無期雇用派遣」に転換すれば、それ以降、派遣元の業務命令に従い働くことになります。 【選択肢2】無期雇用派遣は拒否し、登録型派遣で継続して働く 登録型の有期雇用派遣のまま働き続けたい場合は、無期転換を申し込まないという選択肢があります。 一度「申し込まない」としたものの後から考えが変わった、という場合にも、その後契約が更新されれば、そこで申込みすることが可能です。 【選択肢3】正社員として転職する キャリアを考えるうえで「いずれ正社員として働きたい」という意志がある人は、「無期雇用派遣」ではなく、登録型派遣のまま、転職活動や紹介予定派遣を通じて、自分が望む正社員になるチャンスを残しておくことも選択肢のひとつです。 書類選考や面接等、当然、無期雇用派遣よりも採用ハードルは高くなりますが、自分が納得した上で正社員になれることを考えれば、長い目でみたときのメリットはそのぶん大きくなると言えるでしょう。 【選択肢4】在宅、フリーランス、アルバイトなど、派遣以外の働き方を選ぶ 働き方は絶えず多様化しています。 自分の得意分野や能力を活かして自由な場所・時間で働ける、在宅勤務やフリーランスなど、正社員・派遣社員以外の選択肢も視野に入れましょう。 「無期雇用派遣」がどういうものなのか、メリットもデメリットも色々とご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?本当に重要なことは、皆さん一人ひとりが幸せになることです。 自分が幸せになるには何が必要なのか、自分の夢や目標は?あらためて考えてみる、良い機会かもしれません。 今回ご紹介した内容を踏まえて、自分にとって最適な、納得できる働き方を選んでください。 ライタープロフィール 関根 光 社会保険労務士(スポット社労士くん社会保険労務士法人) 顧問料の0円の「スポット社労士くん」を全国展開。 社労士のかたわらマネーセミナー「100ten. school」を主宰し、毎年500人以上の派遣スタッフにマネー教育を提供する。

次の

【派遣会社】スタッフサービスってどう?派遣社員の口コミ・評判

スタッフサービス 無期雇用派遣

スポンサーリンク 「無期雇用派遣」て何? どうやったらなれるの?条件は?具体的なメリット・デメリットは?? 2018年問題と関係あるって本当??? 当サイトにもそんなご質問をよくいただくため、改めて「無期雇用派遣」について説明していきたいと思います。 ただ「無期雇用派遣」の場合、その名の通り 「無期」と付くように、期間の定めがなくなります。 つまり、 「派遣法の3年間」や 「労働契約法の5年間」といった縛りを受けなくなるため、 安定して働き先を担保でき、収入も安定的に入ります。 スポンサーリンク どうやったら「無期雇用派遣」になれるの? 通常の「登録型派遣」であれば、派遣会社の登録会に行き、キャリアカウンセラーなどと面談の後、簡単なスキルチェックを受講することで派遣登録が完了します。 しかし、「無期雇用派遣」の場合は 「登録」ではなく、基本的に 「採用・選考」があります。 書類選考から面接まで設けられているため、 学歴や職歴に資格など本来派遣では禁止されている選考を受けるという点が大きく異なります。 また派遣先企業も年齢が若めの方を求める事のほうがケースとしては多いため、残念ながら、派遣元会社も無期化をするのは 基本30代程度までとなってしまうことが多いようです。 「無期雇用派遣」の雇用形態とは図に表すと以下の流れになります。 通常は派遣会社へ登録してお仕事が始まる際に「有期契約」という期間に定めのある契約を派遣元会社と結んで、派遣先会社で働きます。 それが、 「有期契約」ではなくなり、「無期契約」に変わるわけです。 「無期契約」=「正社員」とは異なります。 派遣会社の契約社員として雇われ「有期」ではなくその派遣先で「無期」的に働いていく(派遣法などに縛られない)スタイルです。 つまるところ、派遣会社に契約社員として雇われて派遣先会社にいくようなイメージです。 「無期雇用派遣」のメリット 「無期雇用派遣」のメリット面は大きくわけると以下の5つの点となります。 今のところ各社の料金形態を調べるとおおよそ 20~22万円ほどがの月給のようです。 もちろん英語や専門性の高い事務などスキルによっては料金面は変わってはきます。 本来であると派遣先企業が決まっていて、そこで働くことによってお給与をいただくところですが、無期雇用派遣であると、 紹介先がなく働けていない場合でも月給制のためお給与が発生してきます。 この安定性が最大のメリットとも言えるでしょう。 ただ、無期雇用派遣だと正社員と同様レベルのサービスとなります。 内容は主に映画やレジャー・ホテル・フィットネスクラブ・レンタカーなどの割引と大きく変わらないですが、 割引料がさらに高くなります。 派遣社員であるということは常にスキル面が求められますし、無期雇用派遣となればなおさらです。 こちらにおいても福利厚生と同様に社員価格や無料で受けられるなどの特典があります。 通常では、正社員として入ることが難しい大手の企業や外資系企業などの一流企業への派遣も可能性として増えるため、そういった企業での就業のチャンスとなり、優秀な方と一緒に働ける機会も得られる可能性があるでしょう。 しかし、 無期雇用覇権を選ぶということはその自由を失うということにもなり得ます。 派遣会社も出来るだけスタッフの方の希望に合わせた就業先や就業形態に近い会社を案内してくれるでしょうが、条件によってはそうはいきません。 勤務地も都内であればいいですが、基本的には全国区か関東地域の選択となるため、 関東地域だとしても 都内以外の埼玉、神奈川などになっていくこともあり得るでしょう。 行くと決まった派遣先には半年の場合もあれば、3年や5年の場合もあるわけです。 通常の派遣であれば、 環境や人が少し嫌だという理由で、初回満了終了なども出来ますが、そうはいかなくなってきますので注意が必要です。 辞める事は不可能ではないですが、まずそのリスクを理解しましょう。 長く働いていく可能性もある会社であるのに、そういった条件面の向上がないとモチベーションをキープするのは難しいですよね。 上がらない理由は、一つの企業で長く勤めていく可能性が高いからです。 「安定」という言葉と繋がりますが、 同時に派遣先と業務が変わらない限りあまり上がっていくことは想定できないはずです。 あくまで派遣法の3年などの期間に定めがない派遣の就業形態となります。 派遣先において直接雇用にしてもらえることがあれば状況も違いますが、 今のところ無期雇用派から直接雇用に変わった実績はほとんどありません。 それもそのはずです。 派遣先企業にとっても評価が高い人だとしても今の条件で、ずっと来てくれる無期の派遣スタッフをあえて高額な紹介手数料や給与を出して雇うかと言えば、そんな非効率的なことはしないわけです。 自社の方ではないため、あまり強く言えなかったり強要出来ないことが多くあります。 何かあれば派遣会社が出てきてしまうからです。 ただ無期雇用派遣となれば、まず派遣会社も同じ会社の人間という認識になります。 そのため派遣会社も簡単に何でも相談に乗ってくれなかったり、扱いやすい存在となってしまいます。 そのため派遣先の企業環境によっては我慢しなければならないことも多々増えていくでしょう。 逆に言えばこういった 適正や我慢強さも採用の際に見られていく観点となるかと思います。 2018年問題による「無期雇用派遣」は内容が異なる? 採用・選考を受けずに、「無期雇用派遣」になるもう一つの方法あります。 それは2018年問題の一つである「労働契約法5年」に該当することです。 これは有期契約が5年以上続いている場合において、 雇用者が直接雇用を希望すれば雇用元はそれを拒否することは出来ないという2013年4月に施工された法律です。 これは派遣であれば、2013年4月以降に同じ派遣元から5年間継続して就業している場合は同じく、直接雇用してもらえる権利がもらえるということです。 しかし、この場合は採用・選考を伴わないで入れるため、 年齢も関係なく50代の方でも直接雇用化されます。 そのため派遣会社も上記で述べていたようなメリット面をつけずに無期雇用派遣に切り替える可能性があります。 どういうことかと言うと、 雇用の安定は保つものの交通費や月給制にせずにそのままの条件で長く、同じ派遣元で就業出来るだけのものという可能性があるということです。 現にそういった大手派遣会社が出ているということを聞いています。 そうなるとほとんどメリットがないですよね。 基本的には、元派遣営業マンからすれば、今後は無期雇用派遣に頼るよりは直接雇用となれる正社員のお仕事をご自分で探していくか、割り切って通常の派遣として3年間就業先を変えながら働かれる方が良いのではないかと思います。 現在、話題になっている 「無期雇用派遣」とは正社員と派遣社員のメリットを半分ずつ持っていると同時にデメリットも半分ずつ持ってしまっている雇用形態です。 慎重に選んでいくべきでしょう。 現在、インターネット社会がより進んできたことで、在宅ワークやダブルワークなど多様な働き方がどんどん増えてきています。 無期雇用派遣もその中の一環でしょう。 ライフワークバランス、年収、環境、安定など、ご自分の中の「希望」が何なのかを今一度見つめ直していくことから始めてはいかがでしょうか。

次の