水曜 7 時 日テレ。 日テレ春改編では若年層意識 水曜午後7時にお笑い番組&日曜午前を改革

日本テレビ水曜7時枠連続ドラマ

水曜 7 時 日テレ

日本テレビは6日、今年4月期の番組改編を発表した。 水曜午後7時の「衝撃のアノ人に会ってみた」の後番組として、15年から不定期放送されてきたお笑い番組「有吉の壁」を、有吉弘行(45)佐藤栞里(29)がMCを務め、レギュラー番組としてスタートさせる。 また、みのもんた(75)が番組から勇退した「秘密のケンミンSHOW」は、爆笑問題の田中裕二(55)が新MCに就任し、同枠の木曜午後9時で「秘密のケンミンSHOW極(きわみ)」としてリニューアルする。 日曜午前に、「潜在コア層」と呼ばれる在宅している若年層をターゲットにして、改編が行われた。 日曜午前7時30分の情報番組「シューイチ」と、嵐の二宮和也(36)がMCを務める日曜午前10時25分からの「ニノさん」がそれぞれ30分拡大。 田中宏史編成部長は「地上波タイムテーブルの『新化』と『深化』と、テレビを『オフからオン』にして頂ける、積極視聴コンテンツの編成をテーマに改編を決定いたしました」と今回の改編のコンセプトを話し、「大きな点としましては、水曜の19時枠で、定期的に特番で放送してまいりました『有吉の壁』を編成いたします。 親子でテレビを見て頂く事に加え、配信でも楽しんで頂ける内容を考えております。 是非よろしくお願い致します」とコメントを発表した。 改編率は全日帯(午前6時~深夜0時)が5・8%、ゴールデン帯(午後7時~10時)が9・2%、プライム帯(午後7時~11時)が15・8%。 当初、この日に東京・汐留の日本テレビで会見が行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止となった。

次の

東野幸治司会のバラエティ「1周回って知らない話」が日テレ水曜夜7時の顔に! : TVステーション

水曜 7 時 日テレ

日本テレビは6日、新型コロナ余波のため、東京・汐留の同局で行う予定だった4月期の番組発表会見を中止。 改編の詳細を書面で発表した。 2019年まで6年連続で年間視聴率三冠王を獲得。 改編率は全日(午前6時~午前0時)5・8%、ゴールデン(午後7時~10時)15・8%、プライム(午後7時~11時)9・2%と小規模なものとなった。 ポイントの一つとして掲げられたのが、「日曜午前の改革」。 午前7時半から9時55分の1部、9時55分から10時25分までの2部(関東ローカル)の形にリニューアルして放送する。 「嵐」二宮和也(36)がMC務めるバラエティー「ニノさん」も4月5日から毎週日曜午前10時25分から11時25分の60分番組に枠を拡大。 現在、同枠で放送中のトーク番組「誰だって波瀾爆笑」(日曜・前9時5…… 日本テレビは、4月期の番組改編説明会を新型コロナウイルス感染拡大の影響で取りやめ、資料配布にて改編発表を行った。 大きな目玉となるのが毎週水曜午後7時から有吉弘行がMCを務めるお笑い番組『有吉の壁』をレギュラー化。 日曜日には、現在放送中の情報バラエティー『シューイチ』と『ニノさん』を枠を拡大させる。 【写真】霜降り&EXITらで『第7キングダム』がスタート 同局はこの春からは地上波タイムテーブルの『新化と深化』とテレビ離れの進む若者に向け生活者を『オフからオン』にさせる積極的視聴コンテンツを編成していく方針を明らかに。 お笑い好きな若年層の積極視聴を狙っていく。 そして日曜午前は在宅している若年層を意識して、好調な2番組の放送時間を拡大して、勝負。 中山秀征、片瀬那奈、 中丸雄一( KAT-TUN)を中心に、日曜朝で高い家族視聴を誇る『シューイチ』は、午前7時30分から9時55分までを1部、9時55分から10時25分までを2部・関東ローカルとし…… 日本テレビは6日、4月期の番組改編を資料で配布し、日曜朝の改革を発表。 中山秀征、片瀬那奈がMCを務め、 中丸雄一がコメンテーターとして出演する現在放送中の情報番組『シューイチ』を4月5日から放送枠を30分拡大し、午前7時30分から9時55分の1部、9時55分から10時25分までの2部(関東ローカル)で放送する。 【写真】約26センチ、ばっさりと髪の毛を切った片瀬那奈 さらに、人気グループ・嵐の二宮和也がMCを務める日本テレビ系バラエティー『ニノさん』も同日より毎週日曜午前10時25分から11時25分の60分番組に枠拡大。 これに伴い、現在同枠で放送中の『誰だって波瀾爆笑』(毎週日曜 前9:55~11:25)は、2008年10月のスタートから11年半の歴史に幕を下ろす。 今年4月で放送10年目を迎える『シューイチ』では、節目の年に放送時間の拡大が決定。 午前9時20分頃からはニュース、ショービズ、スポーツの3ジャンルから、その日の旬なネタを数本ずつ放送する「旬イチ」、9時35分頃からは「究極の選択」をテーマに2者択一のスタジオ生プレゼン対決を行う「シューwhich」、拡大枠の9時55分からは現在9時過ぎから放送している「シューイチプレミアム」を移動し、グルメや旅、アミューズメントなど、気になる最新情報満載のロケ企画を放送する。 2013年…… KAT-TUNの 亀梨和也が主演の年末スペシャルドラマ「手紙」(テレビ東京)が12月19日、放送された。 東野圭吾氏が原作を手がけたこの「手紙」はこれまでも映画や舞台、ミュージカル化されている。 あらすじは「犯罪加害者の弟という運命を背負いながらも懸命に生きる主人公・武島直貴が、自分の家族を持つまでの軌跡を、劇中で交わされる兄弟の手紙を通して、丁寧に描きます」(テレビ東京公式サイトより)というもの。 亀梨はこの役を演じるにあたり、アイドルのキラキラした部分を封印し、アイドルオーラを消し犯罪者の弟と言う役柄に徹したという。 本サイトでも既報だが、亀梨はラジオで「今回、テレ東さんのドラマに参加させてもらった。 いつもはアイドルなのでシャンプー後はトリートメントをしたりしているが、この役のときはシャンプーだけで終わらせ、何か足りてない自分でいたい」と話していた。 放送後、ファンたちはSNSで「よかった~、泣いたよ。 いつもならオーラ全開でどんなところでも『 KAT-TUN 亀梨和也』ってわかるのに、ドラマだと雑踏に紛れるとわからなかったよ」などと、役柄になりきっている亀梨への賞賛の声が続出した。 さらに、 KAT-TUNやジャニーズに詳しくない人からまでも「映画版もよかったけど、亀梨くんの主演もよかった」「涙が止まらない」「主演の子はジャニーズの子なの…….

次の

水曜21時: 「一期一会」テレビ大好きブログ

水曜 7 時 日テレ

MCには東野幸治、アシスタントには川田裕美が決定し、収録を終えた東野らがホットなコメントを届けた。 新番組への思いを聞かれた東野は、「ありがとうございます!ただただ、頑張ります!」とアツく意気込みを。 レギュラー化を聞いた際には、「一番最初の特番に出演させていただいた時は、VTRを見て、なんて失礼なVTRや!何ちゅうスタッフや!2度とやるか! 笑。 と思ったんですが、自分の意思とは反して周りの評判が良かったようで、あれよあれよとレギュラー化に。 今後、番組の内容に関してはスタッフに一切口出ししないことを心に決めました 笑 」と驚いたことを、笑いを交えて明かした。 一方、「1周回って~」がフリーになってから初めてのゴールデンのレギュラー番組となる川田は、「レギュラーになると聞いた時には、ゲストに対してかなり失礼な質問をしてしまう番組ですし、うれしいと同時に大丈夫?とも思いました 笑。 毎回ヒヤヒヤしながら楽しんでいます」とにっこり。 また、スタジオに来てほしいゲストについて聞かれると、「ビートたけしさん。 今どきの視聴者の皆さんは、映画監督としてのたけしさんのイメージが強いかもしれませんが、ツービートを結成された時はまだ私も生まれていませんでしたので、下積み時代のお話も聞いてみたいです。 今だから言える話もたくさんありそうですし」と。 すると東野が、「顔を覚えてもらいたいだけでしょ。 上昇志向がすごい 笑 」とすかさずツッコみ、「そんなことないですよ! 笑 」と川田もタジタジに。 既に息ぴったりの様子で周囲を沸かせていた。 また、今どきの芸能人代表としてレギュラーを掴んだ岡田結実は、「レギュラー出演をさせていただくと知った時は、正直どうしよう。 面白いこと言えるかな?と思いました 笑。 でも、今の若者が思っている芸能界の疑問などを代表して、笑いを取れるように頑張ります! 新番組ということでどんな感じになるのか全く想像がつかなくて不安や緊張でいっぱいですが、精一杯高校生の岡田結実なりの疑問をたくさんぶつけて楽しみたいです」とフレッシュに意気込んでいた。

次の