なか卯 おすすめ。 なか卯のおすすめメニュー特集!お得なセットやおすすめの食べ方も紹介!

なか卯のお持ち帰りメニュー | お知らせ | 丼ぶりと京風うどんのなか卯

なか卯 おすすめ

美味しい丼ものと京うどんのお店であるなか卯は、豊富なメニューを手頃な値段、そして美味しさで人気のファストフード店です。 ファストフード系の丼は牛丼が殆どで、なかなかそれ以外の料理を頂く事が難しく、例え該当するお店が有っても正直味の方で満足出来るレベルでは無い場合が殆どです。 そんな中何を食べても水準以上のクオリティを誇り、必ずや満足させてくれるのがなか卯です。 取扱うメニューも豊富で、例え毎日通ったとしても飽きる事が無いほどの品数を取り揃えています。 そんななか卯の中でも特に絶品なのが今回紹介する親子丼です。 ファストフード店の親子丼だからと、侮っていたら驚きの余りひっくり返ってしまうであろうなか卯の親子丼。 親子丼ならではの出汁の効いた甘じょっぱい味付けと、濃厚な卵の味わいは比喩表現では無く本当にクセに成る程のインパクトを持っています。 今回はそんななか卯の親子丼についてまとめてみました。 気になる値段やカロリーからおすすめのセット情報まで、なか卯の親子丼について徹底調査致します。 なか卯の創業は意外と古く、1966年に遡ります。 創業当時の会社名は 玉堀建物株式会社という名称で、その名称からもお分かりの通り飲食業とは全く無関係の会社として設立された様です。 それがどの様な紆余曲折が有ったのかは定かではありませんが、1969年に社名を株式会社なか卯に変更しています。 そして同年10月に大阪府茨木市に 手作りうどん店なか卯茨木店をオープン。 これが記念すべきなか卯の第一店舗目と成りましたが、この店名からも分かる様になか卯は最初うどん屋さんだったのです。 その後牛丼店をオープンさせたなか卯は多店舗展開を果たして行くものの、BSE問題に巻き込まれていきます。 経営形態も当初の自社経営からやがて大手商社である双日の子会社となり、現在はすき家をはじめとした多数の飲食店チェーンを経営するゼンショーホールディングスの子会社と成っております。

次の

なか卯のカロリーは低い?ダイエット中におすすめのメニューを紹介! │ Healmethy Press

なか卯 おすすめ

全マシニキは今日も全マシィィィッ! 全マシニキです! ラーメン大好きな私ですが、最近は 「なか卯」にハマっています。 ランチでヘビロテしています。 お陰でエンゲル係数がバク上げ中です。 今回は私がよく利用するお店のメニュー紹介です! なか卯 丼とうどんをメインとした外食チェーン店です。 すき家などを運営するゼンショー系列のお店です。 全国に約500店舗も展開しています。 なか卯の何がいいってメニューが豊富なので飽きないんですよね。 そしてどのメニューも安定の美味さです。 今回はなか卯のメニュー紹介をします。 店内は食券制となっています。 親子丼並 小うどんはいから 630円 まずはなか卯のメインである親子丼とうどんです。 お好みでうどん、味噌汁、サラダなどを一緒にどうぞ。 セットメニューがお得です。 親子丼単品だと490円です。 親子丼の卵はトロトロで鶏肉もたっぷり入っています。 鶏モモなのでジューシーです。 ダシがしっかり効いているので濃い目の味付けです。 専門店にも負けず劣らずの味だと思います。 私の中で親子丼ってわりと軽食の扱いなのですが、肉たっぷりでなかなか食べごたえのある親子丼です。 うどんは小うどんなので量は少なめです。 白ダシで薄口なので、かなりサッパリしています。 麺はコシがあって食べごたえがあるので小うどんでちょうど良かったですね。 和風牛丼並 350円 次は和風牛丼です。 糸こんにゃくとネギが入っていて甘めの味付けなのですき焼きっぽく仕上がっています。 生卵や温玉をトッピングして食べるとさらに美味しいですよ。 サラダ豚汁セットは+250円です。 栄養バランスを考えるとサラダは付けておきたいですね。 サーモンいくら丼並 790円 なか卯は肉だけじゃなく魚も食べられるのが良いですよね。 こちらも人気です。 写真は唐揚げ味噌汁セットで+180円です。 サーモンはそこそこ脂が乗っていて、ご飯が進みます。 いくらはしっかり味付けされていて大粒です。 錦糸卵は甘めの味付けです。 これがまた結構美味いです。 サーモンいくら丼は半分が錦糸卵でカサ増しされていますが、この値段を考えると妥当でしょう。 唐揚げは小ぶりのサイズが3つと、 「もうちょっと食べたい」という方に最適です。 単品でも100円なのでリーズナブルです。 衣はサクサクで薄めの味付け、ほんのり生姜が効いたあっさりした唐揚げです。 うな重 790円 写真の豚汁は別途で180円です。 うな重が食べたくなったらなか卯に来ることが多いです。 いつでも手軽にうな重を食べられるのは嬉しいですね。 私は大食いですので1食じゃ少し物足りないですが、普通の人なら十分でしょう。 後半は写真上のあられを入れてお茶漬けにして食べるのも美味しいです。 プレミアムカツカレー大盛 950円 私はつい最近まで知らなかったのですが、カレーまで販売しています。 ガッツリ行きたい時はこちらですね。 今回はカツカレーにしましたが、カツなしのプレミアムビーフカレーだと並盛りで690円です。 このカレーがなかなか侮れないんです・・・。 ゴロッとした角切りの牛肉たっぷりです。 これが口の中でホロホロに崩れます。 カレーもタマネギのコクを感じてメチャクチャ美味いです。 辛さや香辛料はかなり控えめで、誰でも食べやすいと思います。 ファミレスやチェーン店の普通のカレーじゃないんです。 専門店でもないのにこのレベルのカレーを出してくるなんて、初めて食べた時はビビりましたね! 尚、カツは普通ですw ちなみにプレミアムカレーうどんもやってます。 こちらもオススメです。 カツ丼 590円 なか卯はカツ丼も美味しいです。 カツカレー同様、カツは普通なんですが、卵が美味しいんです。 しかし単品だと物足りない恐れがありますので、サラダや味噌汁のサイドメニューも一緒に頼むといいでしょう。 卓上調味料 旨だし醤油 京風山椒 香りとうがらし 紅生姜 どれも美味しいですが、私はなか卯の紅生姜が好きです。 いつもたっぷり頂いております。 持ち帰りもオススメです! 仕事帰りに持ち帰って家でのんびり食べることもあります。 なか卯の持ち帰りって非常に優秀なんですよね。 このようにご飯と具材が別なんです。 なので、家に帰ったらご飯が汁を吸ってベチャベチャというのがありません(あれはあれで好きな人もいるでしょうが) 私はこれが嬉しくて、よく持ち帰りします。 感想 このように、なか卯は非常にメニューが多いので、サラリーマンのランチには重宝します。 毎日ラーメン食べてたら大変なことになりますからねw うどんも専門店に負けず劣らずの種類がありますので、いつも何を食べるか迷ってしまいます。 牛丼屋、カツ丼屋などなど、チェーンの丼もの屋はたくさんありますが、なか卯は一番バランスが取れたお店だと思います。 もちろん持ち帰りもできます。 ぜひ外食のレパートリーになか卯を入れてみてはいかがでしょうか? ではでは!今日はここまで! ごちそうさまでした! こちらもどうぞ! allmashit.

次の

なか卯に行ったらこれ!人気メニューランキングとおすすめメニュー!

なか卯 おすすめ

美味しい丼ものと京うどんのお店であるなか卯は、豊富なメニューを手頃な値段、そして美味しさで人気のファストフード店です。 ファストフード系の丼は牛丼が殆どで、なかなかそれ以外の料理を頂く事が難しく、例え該当するお店が有っても正直味の方で満足出来るレベルでは無い場合が殆どです。 そんな中何を食べても水準以上のクオリティを誇り、必ずや満足させてくれるのがなか卯です。 取扱うメニューも豊富で、例え毎日通ったとしても飽きる事が無いほどの品数を取り揃えています。 そんななか卯の中でも特に絶品なのが今回紹介する親子丼です。 ファストフード店の親子丼だからと、侮っていたら驚きの余りひっくり返ってしまうであろうなか卯の親子丼。 親子丼ならではの出汁の効いた甘じょっぱい味付けと、濃厚な卵の味わいは比喩表現では無く本当にクセに成る程のインパクトを持っています。 今回はそんななか卯の親子丼についてまとめてみました。 気になる値段やカロリーからおすすめのセット情報まで、なか卯の親子丼について徹底調査致します。 なか卯の創業は意外と古く、1966年に遡ります。 創業当時の会社名は 玉堀建物株式会社という名称で、その名称からもお分かりの通り飲食業とは全く無関係の会社として設立された様です。 それがどの様な紆余曲折が有ったのかは定かではありませんが、1969年に社名を株式会社なか卯に変更しています。 そして同年10月に大阪府茨木市に 手作りうどん店なか卯茨木店をオープン。 これが記念すべきなか卯の第一店舗目と成りましたが、この店名からも分かる様になか卯は最初うどん屋さんだったのです。 その後牛丼店をオープンさせたなか卯は多店舗展開を果たして行くものの、BSE問題に巻き込まれていきます。 経営形態も当初の自社経営からやがて大手商社である双日の子会社となり、現在はすき家をはじめとした多数の飲食店チェーンを経営するゼンショーホールディングスの子会社と成っております。

次の