野ブタをプロデュースネタバレ犯人。 野ブタ。をプロデュース 9話ネタバレあらすじ 信子に最大の試練が!

野ブタ。をプロデュース 8話 のあらすじ ねたばれ 真犯人の正体は?

野ブタをプロデュースネタバレ犯人

スポンサードリンク 特別編として再放送の【野ブタをプロデュース】は、いじめられっ子の転校生・信子(堀北真希)を、修二(KAT-TUN亀梨和也)と彰(山下智久)が人気者「野ブタ」にプロデュースする物語。 つまり高校のイジメが描かれるドラマですが、イジメの真犯人・黒幕はなかなか正体ネタバレしません。 そこで【野ブタをプロデュース】のイジメの真犯人・黒幕が誰なのか?ちょっと怖いですが正体やイジメの理由も含めてネタバレしたいと思います。 信子(堀北真希)はめちゃめちゃ暗い性格で日本人形が唯一の友達。 小学校時代は体操服の名前コタニを「ダニ」と書き換えられたのが一番つらい思い出。 「何も変えることなんかできない」「母親は再婚して新しい父親に馴染めなくて、でもお父さんと呼んでみたら君のお父さんじゃないと拒否された」と後ろ向きですが、修二と彰は「学校一の人気者にしてやる」と最初は嫌がる信子をプロデュースしていき・・・。 ドラマ【野ブタ。 をプロデュース】いじめの犯人と内容 野ブタを最初にいじめる犯人は、バンドーこと坂東梢(水田芙美子)と3人(沼田真弓(高瀬友規奈)・野村明美(奈津子)・橋本麗子(斉藤友以乃))です。 野ブタ。 しかし一方で、犯人不明のいじめが発生します。 ・スポンサードリンク ドラマ【野ブタ。 いったん先生から私服登校が許され、まり子おすすめの私服コーデで野ブタも「可愛い」と評判になったものの、ほかの生徒たちの反対にあい、ブスと書かれた制服で登校することになった野ブタ。 そこで修二の奇策でピンチをチャンスに変えたときの画像がこちらです。 このシーンいいよなぁ 制服に落書きされた野ブタ 修二と彰は犯人の糾弾じゃなく、自分達も同じ境遇になることで野ブタが一人ぼっちにならないようにした。 賛否両論あるかもしれないけど、真っ先に野ブタを助ける手段を取ったところが本当に好き。 — ダッフル ミッドガル帰り DoubleT2236 彰は「キザ」は修二「バカ」とズボンに自ら落書き。 するとなぜか制服に落書きするのが流行って、野ブタは救われたのでした。 1人に押し付けられた野ブタを修二と彰が助けて、授業中も放課後も3人で頑張ってお化け屋敷を作り上げて文化祭を迎えます。 ところが当日、一生懸命作ったお化け屋敷が何者かに破壊されてました。 バンドーたちは「こんな面倒くさいことしない」と否定し、犯人不明。 修二は助っ人(20年前の生徒の生霊)を入れてなんとか修理してお化け屋敷を開催できました。 犯人不明。 告白を強要されることになった野ブタ。 修二は告白を断ったら野ブタに水をかけなければいけないルールです。 すると当日、野ブタは告白相手をバンドー変えて告白。 まさかのOKでした。 ところが何者かによって野ブタグッズが黄色ペンキまみれにされ、犯人不明。 「私の好きなもの」と題してビデオテープを編集しますが、何者かによって破壊され2度と再生できなくなります。 犯人不明。 ・スポンサードリンク・ ドラマ【野ブタ。 をプロデュース】いじめ真犯人・黒幕ネタバレ 執拗に野ブタを追い詰めるいじめをした真犯人・黒幕は、蒼井かすみ(女優の柊瑠美さん)です。 バンドーたちを裏で操っていたわけではないので黒幕ではないのですが。 ハクが入野自由さんなのは有名すぎるお話ですしこれもご存知の方は多いでしょうが主人公の千尋役は野ブタ。 で野ブタをいじめてた蒼井さんなんですよね。 そしてニャンちゅうのお姉さん。 植木誠は老人の嘔吐物ぬぐった野ブタの手を汚いと罵ったのでデートは失敗に終わってます。 そのときの老人は自分の祖父だと言って、蒼井は野ブタにお礼を言って最初の友達になりました。 だたこれは嘘で野ブタに近づくための口実。 そんなこととは知らない修二と彰は野ブタに友達ができて喜びました。 野ブタも蒼井をどんどん信頼していきます。 蒼井は自分が真犯人・黒幕だと認めます。 そして修二が野ブタを抱きしめてる写真をバラして3人の仲を壊すと脅し、プロデュースに加わります。 蒼井は野ブタを半ば強引にプロデュースしていきます。 そんなある日、野ブタは偶然、蒼井の机に置いてあったポーチに「黄色いペンキ」がついてるのを発見し、制服の落書きやキーホルダーのペンキの犯人が蒼井だと悟ります。 ドラマ【野ブタ。 をプロデュース】真犯人・黒幕の目的ネタバレ 蒼井がイジメをした理由は、 「嫌いだから」 「うっとおしいから」 「3人で仲良し嘘くさいから」 だから野ブタに親切にして一番効果的なところで叩きおろして絶望のどん底に落とすもりでした。 怖い・・・ ドラマ【野ブタ。 をプロデュース】イジメの結末ネタバレ ショックを受けた登校拒否に。 突撃飯は代わりに蒼井がやりますが、「小谷じゃないと笑えない」と評判はよくないです。 修二がクラスのみんなに頭をさげて本気でお願いし、みんなが野ブタ復活を待ってる様子を撮影してビデオテープにまとめて野ブタに届けました。 翌日、野ブタは学校に来て復活。 拍手喝采で迎えられますが、蒼井もわざとらしい笑顔で迎えます。 蒼井から「屋上へきて」と手紙をもらい野ブタが向かいます。 修二と彰も駆けつけます。 蒼井「怒ってる?許してくれないなら飛び降りる」 野ブタ「許せない。 でも飛び降りないで」 蒼井「許してほしくなんかない。 覚えててほしい。 嫌な思い出でもいいから私がいたこと」 そう言って蒼井は飛び降りました。 そこで3人は目が覚めました。 夢だったんです。 急いで学校に行くと、蒼井は放課後の教室にいて3人と同じ夢を見てました。 4人で屋上へ行き、地面を見下ろすと人型が残っていました。 野ブタ「生きてて本当によかった」 蒼井「仲間に入れてもらったけど思ったより面白くなかった。 もう解放してあげる」 そう言い残して蒼井は去っていきました。

次の

野ブタ。をプロデュース 7話ネタバレあらすじ 寂しい人間と気づく修二

野ブタをプロデュースネタバレ犯人

亀梨和也さん、 山下智久さんダブル主演のドラマ「 野ブタ。 をプロデュース」 放送当時はKAT-TUNでデビューする前の亀梨さん、NEWSのメンバーだった山下さんが出演とのことで人気のドラマでした。 役名の「修二と彰」でリリースした曲も大ヒット。 2020年に再結成をして新曲リリースも話題になりました。 2020年4月に特別編集したものが放送されました。 第8話のあらすじ 母の伸子から電話で「 友達は何人いる?」と聞かれた修二は、「2人」と答える。 浩二から彰と信子のことかとからかわれる。 しかし学校では信子が修二を避けるようになっていた。 逃げ回る信子に修二は、仕方なく教室で声をかけて屋上に呼び出した。 信子は修二を抱きしめてしまったことを「失礼なことをした」と気にしていた。 だが修二は「励ましてくれたんだろう」と言うと、信子はホッとした様子に。 プロデュースを再開すると修二は信子に告げる。 修二は商店街で揉めている男女の仲裁をした。 だが勘違いされ修二が悪いと思われ、交番に連れて行かれてしまった。 何を言っても信じてもらえなかった。 目撃者がいたので釈放されたが、信じてもらえないことは怖いと実感する。 放送部の企画で信子が、 昼の放送を任されることになる。 修二の案で 昼食中に突撃する企画に決定。 人の お弁当を食べては「まずい」というのがウケて定番になる。 修二は帰宅途中、不良少年たちのケンカを目にした。 関わるとまた面倒なことになる、と立ち去る。 だが同じクラスの 谷口が暴力を振るわれており、それに修二は気づいていなかった。 修二は昼食のとき、 まり子と弁当を食べると友人たちに嘘をついて教室を出ていく。 別れたとは知られたくないためだった。 1人で弁当を食べていたまり子。 そこへ彰が修二の居場所を聞きに来る。 修二のぶんの弁当も用意していたまり子は、彰にそれを渡した。 彰が喜んで食べていると、 信子の突撃放送のチームが来てしまった。 まり子と彰が弁当を食べている姿が全校に放送される。 修二の嘘がバレてしまった。 谷口が大ケガをして遅刻してくる。 他校の生徒にいきなり襲われたという。 トイレで修二が谷口を気遣うと、谷口は知ってて見ぬふりをしたんだろうと詰め寄る。 気づかなかったとは信じてもらえない。 それから修二は クラスで孤立するようになる。 彰と信子はなんとかしようと声をかけるが、修二のほうが「俺に近づかないほうがいい」と突き放す。 公園で鳩に向かって石を投げていた修二。 何者かが写真を撮っていることに気づく。 追いかけると、それは 蒼井かすみだった。 問い詰めると蒼井は、なぜか信子のプロデュースのことを知っていた。 修二はこれまでの 嫌がらせの犯人は蒼井だとわかる。 蒼井は自分のちからで人を変えるって面白い、と喜ぶ。 翌日、学校で修二は蒼井を呼び出す。 信子に本当のことを言うのはやめてくれ、と説得。 すると蒼井は「まだ言わない。 もっと仲良くなってから言って、 自殺したくなるほど傷ついてほしい」と答えた。 思わず修二は蒼井に掴みかかってしまう。 蒼井が大きな声を出したので彰たちが止めに入る。 「お化け屋敷を壊したのはお前だ」と言われたと泣く蒼井。 信子は蒼井の言うことが本当なのか、修二に確認しに来る。 修二は違うと答えた。 信子は修二と蒼井のどちらを信じるべきか悩んでいた。 キャサリンから「 信じるから本当になる」とアドバイスを受ける。 彰の靴箱に 修二と信子が抱き合う写真が入っていた。 蒼井が入れたものだった。 一平に「 見たくないものをみた」と打ち明けると、ヌカみそに入れておけと壺を渡される。 帰ろうとする修二に信子と彰が駆け寄る。 信子は 信じればどんなことも解決できると励ます。 修二は彰と信子にだけは信じてほしいと思った。 野ブタをプロデュースの動画は? 現時点ではどの 動画配信サービスでも配信されていません。 野ブタ。 をプロデュースを全話見るには、 DVDレンタルしかありません。 TSUTAYA TVなら月額料金だけでDVDのレンタルができます。 しかも郵送だから 店舗に行かずに済むので、借りるのも返すのもラクラク! 配信されている動画も視聴できるサービスです。 第8話の感想 修二の転落です。 まり子とのことは自業自得なところもありますけどね。 見栄を張って恋人同士を装っていたのですから。 まり子だって傷ついてたわけだし。 谷口の件は運が悪い。 修二の性格なら助けたはずが、ちょっと前に面倒なことになったから「やめとこ」と逃げてしまった。 ついに信子の嫌がらせをしていた犯人が判明! 友達ヅラしてた蒼井だったとは! ごめんなさい、まり子かな?って思ってた時もあった(笑) まり子はめちゃくちゃ良い子なのです。 蒼井は信子をとことん傷つけようとしているようです。 信子は修二を信じることを選びました。 その一方で彰も修二と信子が信じられない状況に。 例のあの写真、なぜかヌカみそに入れておく(笑) 普段は見なくて済むからね。 2人に問い詰めず、見てないフリをしている彰がいじらしい。 次回の第9話は蒼井の行動に目が離せません。 信子は本当のことを知ってしまうのか? カテゴリー•

次の

野ブタをプロデュースの犯人・黒幕は誰?【ネタバレ】文化祭のお化け屋敷を壊した理由

野ブタをプロデュースネタバレ犯人

信子に恋心を抱いた彰は信子を独占したいという想いから人気者にプロデュースする作戦を止めたいと申し出る。 修二は彰の申し出に苛立ちを感じながらも受け入れざるを得ない。 そんな中、信子は唯一、出来た友人の蒼井かすみによる誘いで放送部へ入部。 信子と少しでも一緒にいたい彰も又、放送部へ入部することに。 そして、彰は信子への抑えられぬ思いのために、ある、とんでもない行動を取ってしまう・・・。 修二はというと、クラスメイトと適当に遊びながら適当に距離を置くという元の生活に戻るが、日々の生活にぽっかり穴が空いたような空虚感がぬぐえなかった。 さらに、まり子から、自分との関係をはっきりさせてくれ、本当の気持ちを教えてくれ、と問い詰められる・・・。 そんな折、信子が『私の好きなもの』をテーマに映像作品を募集するコンクール作品を撮影することになり、3人が久しぶりに行動をともにすることになるが、そこにまた陰湿ないたずらが発生し・・・。 (公式HPより引用) スポンサーリンク 野ブタをプロデュースの7話のネタバレ 信子は、友達になった蒼井かすみの誘いで放送部に入部しました。 彰も、信子と一緒にいたいということで、同じく放送部に入部しました。 修二はと言うと、信子を人気者にするためのプロデュースを辞めてからは、心にぽっかり穴が空いたような虚しさを感じていました。 嫌われたくないという理由だけで、行きたくもないカラオケに参加するなどしていました。 信子は、放送部員としてランチタイムに流すVTRを撮りに行くことになりました。 しかも、レポーターをするというのです。 彰は、助監督をすることになりました。 信子は、不器用ながらも一生懸命体当たりでレポーターを務めました。 失敗する場面もありましたが、信子のレポーターは好評でした。 修二も楽しそうにレポーターを務める信子を見ていました。 彰は、信子に告白しようとしていました。 その時、修二が放送室にやって来ました。 修二は、この間の信子のレポーターぶりがクラスで好評だったことを伝えました。 修二が手伝ってくれることになりました。 彰も参加するというのです。 久しぶりに3人で集まります。 3人は校内のいろいろな場所に行って、撮影を行います。 それぞれがバラバラになって撮影することになりました。 修二は、まり子のところに撮影に行きました。 まり子は、修二に3年生の石坂が自分のことが好きであることを伝えました。 石坂に修二と付き合っているのかと聞かれましたが、返事に困ってしまったというのです。 まり子は、修二に自分たちは付き合っているのかを尋ねました。 誤魔化そうとする修二に、まり子は付き合っているかどうかを人に言えないのはおかしいと言います。 まり子は、今のままでは苦しいと本心を明かしました。 3人は、自分たちが撮ってきた映像を確認しました。 信子は、修二が撮ってきた映像が気に入りました。 その映像には、クラスメイトや園児など人物しか映っていませんでした。 信子にはそれが新鮮に思えたようです。 そこで、テーマを絞って、その映像を編集することにしました。 信子は、編集時に彰に修二の話をしました。 修二は、周りの人間をものすごく大事にしているので、嘘をついたり、我慢をしているというのです。 そのことが、この映像を見ていてわかると言います。 彰は、信子が修二の話ばかりするので面白くありませんでした。 信子が教室に行っている間に、彰は信子が編集したビデオテープをゴミ箱に捨てようとしました。 その時信子が戻ってきました。 信子は、彰にパンチを食らわせました。 すると、彰は鼻血を流しました。 信子は慌てて人を呼びに行きます。 信子は、帰ろうとしていた修二を連れてきます。 修二が放送室に来ると、彰は倒れていました。 信子が氷を買いに行った後、修二は彰にもう痛くないのでと尋ねます。 彰は 心が痛いというのです。 修二に、信子が編集したビデオテープを捨てようとしたことを明かしました。 彰はかなりへこんでいました。 修二は、このようなことで信子が彰のことを嫌いになるわけがないと励まします。 彰は、自分は最悪だと言います。 帰りに、信子は彰に謝りました。 次の日、放送部で信子の作品が披露されました。 部内での評判はよく、引き続き頑張るように言われました。 その日の夜、放送室に誰かが侵入しました。 信子が編集したビデオテープをハサミで切るなどして見られなくしてしまいました。 ビデオテープのことを知った修二と彰は、屋上に走ってやって来ました。 信子は涙を浮かべて、修二に謝りました。 修二は、どうしてそのように感情をむき出しにできるのかと言いました。 彰は、切羽詰まったらできるというのです。 彰は、修二と2人きりになった時に「 野ブタのこと諦める」と言い出しました。 自分には信子のことを好きになる資格がないというのです。 絶対に女性を泣かせてはダメだと言いました。 そして、3人でいる時の信子が好きであることを伝えました。 修二は、休みの日の学校に彰とやって来ました。 彰は放送室に行って、校内放送で「 野ブタ~好きだ~」と叫びました。 そして、彰は信子への想いを話し始めます。 その後、なぜか歌まで歌い出しました。 教室で、彰の放送を聞いていると、まり子が偶然やって来ました。 修二は、まり子にこの間のことについて話します。 まり子のことを好きだと思ったことはないと伝えました。 人を好きになって、自分をコントロールできなくなることが嫌いだと言います。 しかし、周りには恋人がいると思われたいというのです。 まり子は、修二に今後自分のことを好きになってくれる可能性はあるのかを尋ねます。 修二は、 好きになる可能性はないと答えました。 そして、まり子に謝りました。 修二は、公園で1人で座っていました。 信子は、修二に話しかけます。 修二は、まり子にひどいことを言ってしまったと言います。 まり子からは明日から憎まれるだろうと思っていました。 そして、人に嫌われるのは怖いと本心を明かしました。 信子は、修二をバックハグしました。 「 大丈夫。 誰も嫌いになったりしないから」と言って修二を慰めます。 その後、ゴメンと謝って帰って行きました。 修二は、信子に抱きしめられて初めてわかりました。 自分が寂しい人間であることを。 野ブタをプロデュースの7話の感想 修二も彰もいろいろ悩んでいますね。 彰は、信子のことが好きで堪りませんが、その想いをなかなか伝えられません。 修二に焼き餅を焼いて、信子にひどいことをしてしまいました。 修二は、ついにまり子に本心を明かしましたね。 人から嫌われるのが嫌で、今まで本心を明かさなかったのに。 驚きましたね。 まり子があまりにも可哀想でした。 周りから恋人がいると思われたいという理由だけで、付き合っているフリをされていたということです。 何と言っても、今回は信子のバックハグですね。 これがもっとも驚きました。 信子は修二のことが好きなのでしょうね。 今後ドラマがどのような展開を迎えるのか楽しみです。 来週が待ち遠しいですね。 SNSでの声は次のとおりです。 マジで野ブタをプロデュース。 ドラマとして完璧すぎる— めぐり megrizme 野ブタをプロデュースって、内容結構ダークよね…高校生のときはなんも思わず本も読んでたけど、大人になると考えさせられること多い。 — ぴろた 7H745 野ブタをプロデュース。 再放送。 とても素敵なドラマだった事に驚いている。

次の