清水 桜ヶ丘 病院。 清水・桜ヶ丘病院移転 規模縮小案が浮上

桜ケ丘病院、清水庁舎移転を正式表明 JCHO「10年かからない」 静岡

清水 桜ヶ丘 病院

任意入院とは・・・? 患者様本人が「入院します」と同意をした場合です。 入院した日付・名前・生年月日を自筆で記入し、印鑑を押して頂きます。 医師は、書面による入院の意思の確認を取らなければなりません。 任意入院の場合、 ご本人の印鑑が必要です。 また、ご本人の申し出があれば、退院が可能です。 医療保護入院とは・・・? 患者様本人は入院を拒んでいる(または意思確認が取れない)けれど,精神保健指定医が入院は必要と診断した場合に医療保護入院に対する同意を取って入院させるケースです。 医療保護入院の場合は、 同意者になる方の印鑑が必要です。 *同意者とは「家族等のうち、いずれかの者」の同意があれば医療保護入院は可能です。 その他ご質問があれば相談員にお尋ねください。 入院手続き 必要なもの ・各種健康保険証 毎月、月初めに健康保険証の確認が必要となりますので、事務窓口にご提示をお願いします。 入院中に保険証が変更になった場合は速やかにお申し出ください。 ・その他お持ちの認定証、受給者証 減額認定証がある場合は食事代が減額されますので事務窓口へ提出して下さい。 提出されない場合は減額されません。 ・印鑑 ・診療情報提供書 記入していただくもの ・任意入院同意書 ・預り金管理業務等に関する約定書 ・ご本人とご家族の住所、氏名連絡先 (*精神保健福祉法に基づく入院手続きについては入院形態に応じた手続きが必要です。 手続きについては当院ケースワーカーがご案内します。 ) 持参していただくもの 持参用品等 洗面器、タオル、バスタオル、プラスチックコップ、歯ブラシ、歯磨き粉、洗顔フォーム、ヘアーブラシ、 シャンプー、リンス、電気カミソリ、化粧水、普段着、下着、スリッパ、運動靴、ティシュペーパーなど *ただし入院される病棟により異なるので、詳しくは看護師よりご案内致します。 *院内で購入可能なものも有ります、看護師におたずねください。 *病衣は有料で1日75円です。 *おむつは実費負担にて当院指定品を使用することをご了承願います。 持ち込み出来ないもの 高価な宝石・貴金属類、刃物、ライター、ビン類などの危険物 入院生活について 入院されてからは治療と共に社会復帰にむけての援助が始まります。 薬での治療と作業療法(工作、書道、カラオケ、園芸)等を行いながら、院内行事及び地域行事に参加しながら入院生活を送っていただいております。 ・お小遣い お小遣いは入院時事務に預けていただき、病院管理となります。 面会などでも患者様にお金を渡さないようにお願いいたします。 ・洗濯 コインランドリーにてご自分で洗濯、又はクリーニング業者に委託も出来ます。 ・理容、美容 月に一回程度、理容師・美容師が当院に出張します。 ・買い物 院外のお店で外出しての買い物になります。 週に一回、院内購買にて買うことも出来ます。 ・通信 電話、手紙等、基本的に自由です。 *上記の事は患者様に状況により異なります。 入院病棟にて詳しくご案内します。 ご面会について 午前10時から午後4時までです。 患者様の状態や医師の判断で面会が出来ない場合もあります。 他科受診について 身体合併症などで他の専門医の受診が必要になった時は、必ず前もって看護師へお申し出ください。 受診日にはご家族の同伴をお願いします。 禁止事項 ・無断での外出・外泊。 (外出・外泊は届出が必要です。 ) ・病院内へのお酒の持ち込み、飲酒。 ・入院期間中の車の駐車 ・宗教の勧誘 入院費のお支払いについて 医療費は毎月末に締め、翌月10日頃に請求書を発行致しますので、月内に事務窓口又は銀行振込でお支払いください。 そのほか、日用品、おやつ、たばこ、電話代などで月平均15,000円程度使われています。 小遣いは病院管理になるため、管理料として一ヶ月2,050円頂いております。 | | | | | | 北海道釧路市にある精神科の医療法人清水桜が丘病院です。 患者様が安心して療養できるよう、安全で快適な環境を提供し、 様々な年代の方々の心の問題に取り組みます。

次の

桜ヶ丘病院

清水 桜ヶ丘 病院

静岡市役所清水庁舎と絡んだ移転問題が焦点の桜ケ丘病院(同市清水区)の内野直樹院長(69)が5日、静岡新聞社の取材に応じ、移転候補地として清水庁舎第3駐車場が適地との認識を示し、最短で2022年春の開院を目指す意向を明らかにした。 実現すれば、当初計画していた清水庁舎跡地への移転より3年早い開院となる。 市は新型コロナウイルスの影響を理由に清水庁舎の移転を凍結し、同病院の新たな移転先として清水庁舎周辺の駐車場を提示していた。 内野院長は今月中にも移転計画について市と合意し、年内に設計、着工まで進めた上で、2年ほどで新病院を建設する構想を明らかにした。 清水庁舎北東にある第3駐車場は約2500平方メートル。 現病院の8500平方メートル、移転予定地だった清水庁舎と第1駐車場を合わせた7700平方メートルより手狭になるが、内野院長は「十分な広さ。 規模にこだわるのではなく、大病院に負けない診療科をいくつか作らないとこれぐらいの規模の病院は生き残れない」と強調した。 現病院のベッド数は199床。 内野院長は過去10年で平均して入院患者が120人を超えたことはないとし、新病院のベッド数は100~120床ほどで検討していくとした。 また、静岡市東部全体の地域医療を考えた上での新病院建設が望ましいとし、市立清水病院を核として清水区内の病院を経営統合する私案を市に提示していることも明らかにした。 内野院長は静岡高、北里大医学部を経て産婦人科医になり、独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)東京蒲田医療センター院長、JCHO理事などを歴任。 4月から桜ケ丘病院院長兼JCHO理事長特任補佐を務めている。 ただ、有力候補地の清水庁舎第3駐車場は津波浸水想定区域内。 地元住民を中心に反発の声が上がりそうだ。 内野直樹院長は庁舎周辺の津波浸水深は1~2メートルとし、1階部分を柱だけのピロティ構造にすれば防災面はクリアできるとした。 今月3日に清水庁舎の移転の是非を問う住民投票の実施を求めて清水区分の署名を提出した市民団体が集めた署名数は市全体で約5万5千筆。 団体には、庁舎移転より、桜ケ丘病院の移転に反対するメンバーも多い。 庁舎跡地に移転が決まった際には川勝平太知事も反発しており、今後の動向に注目が集まる。 静岡新聞社.

次の

桜ヶ丘病院(静岡市清水区)の口コミ・評判1件【MEDIRE】

清水 桜ヶ丘 病院

老朽化による建て替えが検討されている桜ケ丘病院(静岡市清水区)の移転問題で、病院を運営する「地域医療機能推進機構」(JCHO)は7日、移転先を静岡市役所清水庁舎とする方針を正式に表明した。 静岡市役所で田辺信宏市長とともに会見したJCHOの尾身茂理事長は、移転完了まで「10年はかからない」との見通しを示した。 同市は清水庁舎の機能をJR清水駅東口に移す計画で、新しい清水庁舎を最短6年で完成させ、その跡地にJCHOが新病院を建設する。 同市が地元住民向けに行った計8回のタウンミーティングが3日に終了したことを受け、最終結論を出したという。 移転先となる清水庁舎は中心市街地にあり利便性は高いものの津波浸水リスクがあるとして地元住民や川勝平太知事らが移転への反対を表明していた。 この点についてJCHO側は、「1階部分を津波で建物が大きな圧力を受けない構造とした上で電気室や空調機械室を上層階に設置したり、敷地全体をかさ上げするなどの方法で対応できる」と説明。 尾身理事長は「災害については日本の技術の粋を集めて対応する」と強調した。 移転先をめぐってJCHOは同市に候補地を選定するよう要請。 同市は現在地近くの高台にある清水桜が丘公園と清水庁舎を候補地に挙げた上で、清水庁舎を優先候補とする考えをJCHOに伝えていた。 コメントの中で知事は「静岡市長によるタウンミーティングが住民コンセンサスを得る機会になるものと期待していたが、同病院の移転に反対する参加者が多数いる中で、市長は当初から移転を見直す考えがないと明言するなど、住民のコンセンサスが得られたとは思えない」と批判した。

次の