おすすめ 絶景。 ベトナムの絶景5選。一度は見ておきたい自然の宝庫|エアトリ

20代のうちに行くべき!自分を変える世界の絶景50選〜日本編〜

おすすめ 絶景

なんと 無料で通れる橋としては、 日本最長( 3,540メートル)なんです。 伊良部大橋は、 天気や干潮・満潮によって、色々な ブルーの表情を見せてくれます。 なので、滞在期間中は毎日のように、橋を渡りに行くことをオススメします。 また、橋越しに見る サンセットも綺麗なので、黄色い矢印がある 宮古サンセットビーチから是非ともみてください。 下地空港がオープンするまでは、車で空港の周りを走ることが出来ました。 今は 通行止めとなっていますが、 手前までは行けるので、入口の手前に駐車して水分を持って歩いて行ってくださいね。 せっかく下地島まで来たなら、黄色い矢印がある新しくなった「 みやこ下地島空港」を散策したり、大自然が作り出した「 通り池」にも立ち寄ってみてください。 その後、道なりに進み、少し坂道を登った右側にある「 JAおきなわAコープ」の 次を 右側に曲がります。 しばらく道なりに走ると、 右側に 入口がありますが、 人が入れるくらいの茂みなので分かりにくいと思います。 でも、運が良ければ、入口付近に レンタカーや 地元の車が止まっていることもあります。 ちなみに、黄色い矢印がある フナウサギバナタまで行ってしまうと行き過ぎですので、Uターンして、今度は、 左側に注意を払ってくださいね。 赤い矢印がある 駐車場がありますが、黄色い矢印がある「 ブルータートル」という人気のカフェレストランにも 駐車場があります。 渡口の浜は、 約800メートル続く弓状のビーチなので、往復すると意外に疲れます。 なので、 ブルータートルの駐車場に車を停めて、しっかりビーチで遊んだ後に、ランチやカフェタイムにするのもオススメです。 イムギャーマリンガーデンは、 遊歩道があるので、絶景を観ながらの散策が出来たり、シュノーケリングスポットとしても人気が高い場所です。 遊び疲れたら、黄色い矢印がある「 カフカ」や「 とぅんからや」というカフェが近くにあるので、是非とも行ってみてくださいね。 個人的には、「 とぅんからや」に何度も訪れていますが、 スムージーやランチメニューも美味しいですし、ハンモックでゆっくりすることも出来ますよ。 ムイガーは、大まかに言うと、 イムギャーマリンガーデンとメガソーラー展望台の間にある絶景スポットです。 イムギャーマリンガーデン方面から行った場合は 右側、メガソーラー展望台方面から行った場合は 左側に、 ムイガーと書かれた 看板が見えます。 その 看板から ムイガー遊水池まで下ってから、 展望台まで階段を登っていくのですが、意外に 急な階段で、想像以上に疲れるので、 水分は持っていってくださいね。 岬の先端にある 平安名埼灯台からは、 絶景の宮古ブルーや力強い波の動きを観ることができます。 また、 星空や サンライズスポットとしても有名なので、是非とも訪れて欲しいです。 もしも、 シュノーケリングがしたい場合は、黄色矢印がある「 吉野海岸」や「 新城海岸」まで、 約10分くらいで行くことができます。 また、黄色い矢印がある「 保良泉ビーチ」も 10分かからないくらいで行けます。 さらに、近くにある「 宮古島海宝館」もオススメなのですが、 世界中の貝の展示や 足湯があります。 この展望台は、 トイレと 簡易休憩所があるだけですが、 入口の左右に赤い力強いシーサーがいます。 個人的には、1年ちょいの宮古島生活の中で、 1番訪れた場所だと思います。 もしも、 宮古島の海岸沿いを外周りで一周するのであれば、 必ず通る絶景スポットなので、是非とも訪れて欲しいです。 個人的には、 池間大橋の周囲に広がる エメラルドグリーンの海は、宮古島にある 伊良部大橋や 来間大橋よりも綺麗だと思います。 池間大橋を渡った先にある 無料駐車場に車を停めて、お土産を見たり、ビーチで遊んだりできます。 また、黄色い矢印がある「 大漁丼家」という 500円で食べられる海鮮丼もオススメです。 さらに、黄色い矢印がある「 ハート岩」という観光スポットやいくつかの シュノーケリングスポットもあるので、是非とも好みに合わせてアレンジしてみてください。 正面には 与那覇前浜ビーチ、左右には 伊良部島や 来間大橋といった素晴らしい絶景が広がります。 黄色い矢印がある 来間大橋展望台も 竜宮城展望台とは違った絶景が広がっていますし、反対側にある 与那覇前浜ビーチでは、 マリンスポーツを体験したりできます。 時間に余裕があれば、 来間島にある「 あおぞらパーラー」などの人気のカフェや雑貨屋さんにも、立ち寄ってみてください。 また、この地図では表示されていないですが、 来間島にある「 長間浜」も 星空やサンセットスポットとして有名なので、是非とも訪れてみてください。 最後に【2020宮古島のおすすめ絶景スポットまとめ】.

次の

ベトナムの絶景5選。一度は見ておきたい自然の宝庫|エアトリ

おすすめ 絶景

なんと 無料で通れる橋としては、 日本最長( 3,540メートル)なんです。 伊良部大橋は、 天気や干潮・満潮によって、色々な ブルーの表情を見せてくれます。 なので、滞在期間中は毎日のように、橋を渡りに行くことをオススメします。 また、橋越しに見る サンセットも綺麗なので、黄色い矢印がある 宮古サンセットビーチから是非ともみてください。 下地空港がオープンするまでは、車で空港の周りを走ることが出来ました。 今は 通行止めとなっていますが、 手前までは行けるので、入口の手前に駐車して水分を持って歩いて行ってくださいね。 せっかく下地島まで来たなら、黄色い矢印がある新しくなった「 みやこ下地島空港」を散策したり、大自然が作り出した「 通り池」にも立ち寄ってみてください。 その後、道なりに進み、少し坂道を登った右側にある「 JAおきなわAコープ」の 次を 右側に曲がります。 しばらく道なりに走ると、 右側に 入口がありますが、 人が入れるくらいの茂みなので分かりにくいと思います。 でも、運が良ければ、入口付近に レンタカーや 地元の車が止まっていることもあります。 ちなみに、黄色い矢印がある フナウサギバナタまで行ってしまうと行き過ぎですので、Uターンして、今度は、 左側に注意を払ってくださいね。 赤い矢印がある 駐車場がありますが、黄色い矢印がある「 ブルータートル」という人気のカフェレストランにも 駐車場があります。 渡口の浜は、 約800メートル続く弓状のビーチなので、往復すると意外に疲れます。 なので、 ブルータートルの駐車場に車を停めて、しっかりビーチで遊んだ後に、ランチやカフェタイムにするのもオススメです。 イムギャーマリンガーデンは、 遊歩道があるので、絶景を観ながらの散策が出来たり、シュノーケリングスポットとしても人気が高い場所です。 遊び疲れたら、黄色い矢印がある「 カフカ」や「 とぅんからや」というカフェが近くにあるので、是非とも行ってみてくださいね。 個人的には、「 とぅんからや」に何度も訪れていますが、 スムージーやランチメニューも美味しいですし、ハンモックでゆっくりすることも出来ますよ。 ムイガーは、大まかに言うと、 イムギャーマリンガーデンとメガソーラー展望台の間にある絶景スポットです。 イムギャーマリンガーデン方面から行った場合は 右側、メガソーラー展望台方面から行った場合は 左側に、 ムイガーと書かれた 看板が見えます。 その 看板から ムイガー遊水池まで下ってから、 展望台まで階段を登っていくのですが、意外に 急な階段で、想像以上に疲れるので、 水分は持っていってくださいね。 岬の先端にある 平安名埼灯台からは、 絶景の宮古ブルーや力強い波の動きを観ることができます。 また、 星空や サンライズスポットとしても有名なので、是非とも訪れて欲しいです。 もしも、 シュノーケリングがしたい場合は、黄色矢印がある「 吉野海岸」や「 新城海岸」まで、 約10分くらいで行くことができます。 また、黄色い矢印がある「 保良泉ビーチ」も 10分かからないくらいで行けます。 さらに、近くにある「 宮古島海宝館」もオススメなのですが、 世界中の貝の展示や 足湯があります。 この展望台は、 トイレと 簡易休憩所があるだけですが、 入口の左右に赤い力強いシーサーがいます。 個人的には、1年ちょいの宮古島生活の中で、 1番訪れた場所だと思います。 もしも、 宮古島の海岸沿いを外周りで一周するのであれば、 必ず通る絶景スポットなので、是非とも訪れて欲しいです。 個人的には、 池間大橋の周囲に広がる エメラルドグリーンの海は、宮古島にある 伊良部大橋や 来間大橋よりも綺麗だと思います。 池間大橋を渡った先にある 無料駐車場に車を停めて、お土産を見たり、ビーチで遊んだりできます。 また、黄色い矢印がある「 大漁丼家」という 500円で食べられる海鮮丼もオススメです。 さらに、黄色い矢印がある「 ハート岩」という観光スポットやいくつかの シュノーケリングスポットもあるので、是非とも好みに合わせてアレンジしてみてください。 正面には 与那覇前浜ビーチ、左右には 伊良部島や 来間大橋といった素晴らしい絶景が広がります。 黄色い矢印がある 来間大橋展望台も 竜宮城展望台とは違った絶景が広がっていますし、反対側にある 与那覇前浜ビーチでは、 マリンスポーツを体験したりできます。 時間に余裕があれば、 来間島にある「 あおぞらパーラー」などの人気のカフェや雑貨屋さんにも、立ち寄ってみてください。 また、この地図では表示されていないですが、 来間島にある「 長間浜」も 星空やサンセットスポットとして有名なので、是非とも訪れてみてください。 最後に【2020宮古島のおすすめ絶景スポットまとめ】.

次の

2020宮古島のおすすめ絶景スポットまとめ!地図と画像で紹介!|笑旅マップ

おすすめ 絶景

「竜神大吊橋」は、茨城県北東部にある「竜神峡」にかかる吊橋。 全長は375mと長く、歩行者専用の吊橋としては日本有数のものです。 橋の上からは見事な渓谷美を臨めます。 とくにおすすめなのは山が錦に染まる秋の景色。 周辺の原生林が赤や黄色に色づき、晴れていれば遠く阿武隈山系の絶景まで堪能できます。 高所ならではの絶景スリルを味わいたい人は、ぜひ橋の中ほどで足をとめてみてください。 そこにはアクリルの透過板が設置されており、遮るものなく遙か下まで見下ろせます。 もっとスリルがほしい人であれば、橋の上からバンジージャンプも可能。 100mの高さから絶景に向かってダイブしてみましょう。 公共交通機関を利用の場合は、常陸太田駅からバスが出ています。 (所要時間45分) 「神磯鳥居」は、茨城県中部に位置する大洗海岸の岩礁に立つ鳥居。 「大洗磯前神社(おあらいいそさきじんじゃ)」の祭神として祀られる2柱がここに降臨したという言い伝えがあります。 海に立つ鳥居が荒波にさらされる様は、厳かで神秘的な雰囲気。 日中は青い海と空、白い波のコントラストが美しく、思わずシャッターを切りたくなる絶景です。 とりわけ鳥居が美しく見えるのは朝や夕暮れ時。 海や空が茜色に染まる頃、鳥居周辺はより一層荘厳な雰囲気となります。 かの徳川光圀公も愛したという絶景は一見の価値ありです。 周辺には「大洗磯前神社」や「大洗海洋博物館」など見どころも多いので、日帰り旅をのんびり楽しむのにぴったりです。 車で訪れる場合は、北関東道「水戸大洗IC」から国道51号線を大洗方面に進み、約20分ほどです。 茨城県北西部・太子町にある温泉です。 先ほどご紹介した袋田の滝からほど近く、温泉街は久慈川支流「滝川」のほとりに広がっています。 温泉周辺は豊かな自然に囲まれており、マイナスイオンたっぷり。 露天風呂にのんびり浸かれば森林浴も楽しめます。 施設によっては渓谷の絶景を臨むことができるところもあり、自然美をのんびり楽しみたい人にぴったりでしょう。 平安時代に発見されたと伝えられる袋田温泉の泉質は、ぬるっとした肌当たりが特徴的な単純温泉。 筋肉痛や筋肉疲労に効くといわれているので、滝観光の帰りなど立ち寄るとよいかもしれませんね。 車で行く場合、常磐自動車道「那珂IC」から国道118号線を経由しておよそ55分です。 「器ギャラリー月カフェ」は、茨城県南東部・鉾田市にある隠れ家カフェ。 鹿島灘が一望できるロケーションと新鮮な海鮮料理が魅力です。 フードメニューは新鮮な魚介を使ったものが多く、とりわけ人気なのが「月スペシャルおまかせ御膳」。 元寿司職人だったご主人がその日のおすすめで握ってくれる、見た目にも美しいお寿司は絶品です。 天気の良い日は海風を感じられるテラス席で頂きましょう。 また、料理以外にも注目したいのが提供される時の器。 これらは、作陶が趣味というご主人が敷地内の窯で手作りされてるそうです。 気に入った器は購入もできるので、ぜひチェックしてみてくださいね。 車で行く場合、北関東自動車道「水戸大洗IC」から国道51号線を経由しておよそ16分です。 「あみプレミアム・アウトレット」は、開放感あふれるおしゃれなショッピングスポット。 アメリカ西海岸をイメージした施設内には、国内外の人気ブランド約160店が軒を連ねています。 ギネスブックにも掲載されている「牛久大仏」から約3kmほどの場所にあるので、観光ついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。 絶景巡りで小腹が空いたら、アウトレット内の豊富なカフェやレストランで一息つくことができます。 ローコレステロール・ローオイル・ローカロリー・ローファットのベーグルやカフェドリンクを楽しめます。 圏央道「阿見東IC」からすぐと好アクセスなので、迷う心配がないのも嬉しいですね。

次の