ころなか いみ。 世界中でバズっている「quarantine」! コロナウイルスについて英語で話そう(井津川倫子): J

ころなか いみ

KNNポール神田です。 突然ですが、ウェブの媒体で、『コロナ禍』という文字をよく見かけるようになりました。 『コロナ化する昨今…』とか、テレビニュースなどをよく聞く今日この頃…。 なので、『コロナか』と読む。 老眼でスマートフォンでガン見しても、『禍』も『鍋』も『渦』すべて一緒に見えてしまうから面倒だ。 テレビで聞いていた『コロナ化する社会』は『コロナ禍する社会』と言っていたのか…。 別に『コロナ化する社会』でも意味が通じるので、まったくよいのだが…。 むしろ、読めない文字は、打てないということの方が問題だ。 読めないと検索もできない。 しかし、まちがった言葉のという便利な世の中だ。 そう、まずは、まちがった読みかたで、なんでも検索してみよう! コロナ鍋『コロナなべ』というと、コロナビールで煮込んだ鍋をイメージできるが、検索すると、しっかりと『コロナ禍』が説明されて驚く。 それだけ読めない人が多いことの証でもある。 しかし、読み方がわかったけれども、書けるかというと、実はとっても書きにくい…。 『わざわい』で変換すると、『災い』が登場し、いくつか候補を探すと『禍』が登場する。 しかし、何度も、『コロナわざわい』を打ち込み『コロナ禍』を表記するのはとても大変だ。 そう、プログラマー的な発想で考えると、2回以上、面倒くさいことはプログラムを組んでしまえと発想するのだ! まずは、そんな時のための『単語登録』だ。 PCでの単語登録は知っているが、スマートフォンでの便利な単語登録が意外に知られていない…。 この『コロナ禍』を『ころなか』で登録するには、まずは、『コロナわざわい』を打ち込み、それを選択する…。 すると…ほら~! 『ユーザ辞書』で登録 出典 筆者 こんなところに『ユーザ辞書』が隠れていました…。 ここでは知られないはずだ。 そして、『よみ』を『ころなか』にすれば… よみ を打ち込みます 出典 筆者 次回から『ころなか』で『コロナ禍』が候補として現れます。 これであなたの残りの人生は余裕ができるはずだ! 問題は、アルファベットの辞書登録…だ。 そう、アルファベットや数字だけでは、『ユーザー辞書』では登録できない。 しかし、これはとても簡単なクリア方法がある。 とても簡単で、一番最後の語尾に『あ』などの日本語をいれて登録するのだ。 登録した単語で、 『ユーザー辞書』変換してから、カーソルがある最後の文末の『あ』だけを削除すればよいのだ。 長いURLも最後に『あ』を入れて辞書登録 あとで削除すればよい 出典 筆者 自分のブログやYouTubeアドレスなどもいちいちコピーペーストするのではなく、単語登録に『あ』を挿入しておくと、スマートフォンなどでもすぐに変換できて便利になる。 これで、自分のマイナンバーなども最後に『あ』を入れればすぐにでてくるようになる。 たった一回の『ユーザー辞書』の登録で人生の大幅な時間短縮につながる…。 一番の問題は、その時間短縮した効果を何に使うかだが…。 KNNポール神田です。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の

「コロナ禍」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

ころなか いみ

コロナ禍(ころなか)の意味と使い方 なかなか普段は禍という言葉は使用しませんね。 だからコロナ鍋(なべ)?のような間違いのようなこともでてきてしまうんでしょうね。 コロナ禍の意味 「 禍」とは訓読みで 「わざわい」と読みます。 そのことから直訳してみると 新型コロナウイスルの災い・災害 ということになりますね。 新聞やマスコミでは「 コロナショック」という言葉が使われていましたが、政治家や一部のマスコミで日本語名での総称として 「コロナショック」の代わりに「コロナ禍」を使用し始めたのが始まりです。 それを一般の人がTwitterなどで拡散する時に読みが分からなく当て字で禍を鍋と見誤って間違えて打ってしまったのでしょう。 コロナ禍の言葉の使い方 使い方としては、 カタカナで表記。 中国の発音を元にした読み方。 意味がわからない場合が多い。 熟語で使用)例えば、美人(ビジン)の美(ビ)など 訓読みで使われる熟語としては、 「戦禍(センカ)」や 「禍福(カフク)」などは漢字変換でも出てきます。 戦禍(センカ)戦争によるわざわい・被害• 禍福(カフク)ざわいとしあわせ• 禍根(カコン)災いの起こる大本・原因• 輪禍(リンカ)車などの交通災害による災難• 大禍(タイカ)大きな災いのこと• 水禍(スイカ)洪水など水による災害• 災禍(サイカ)天災や事故によって受けるわざわい• 奇禍(キカ)思いもよらない災難• 惨禍(サンカ)悲惨な災難• 筆禍(ヒッカ)自分が書いことが原因で災難をこうむること• 舌禍(ゼッカ)自分が発した言葉が元で生じる災い。 禍の訓読み(くんよみ) 読み方としては2つ• わざわい• 日本語の意味を含んだ読み方。 意味がわかる。 漢字の後に「ひらがな」が続く 「送り仮名」で多く使われる。 例えば、美しい(うつくしい) 使用される例としては• 禍を招いた( わざわいをまねいた)不幸な出来事を自らがよびこんだこと• 禍々しいできごと( まがまがしいできごと)不吉でおぞましいさま のように使用されますが、あまり一般的ではないですね。 同じ読み方として使われる単語としては「 災いを招いた。 」で使われる「災害」の「災」ですね。 コロナ鍋の間違いの原因は現代人の文化の変化 現代人は 鉛筆やシャーペンで文章を書くという文化が無くなってしまいました。 文章は書く漢字は、いまやスマホやパソコンで漢字変換という作業に成り代わってしまいました。 ノートに文を書いていた時代には書く字や漢字をよく見て観察して書いていたものです。 しかし、現代で は見た目でスマホやパソコンで簡単に変換してしまうので 「禍」を「鍋」と勘違いして漢字変換して意味も分からずにTwitterなどで拡散していまい。 そして、その間違いを指摘されたのが話題になっていたのですね。 中には「禍」を「渦」(うず)と勘違いして 「コロナ渦」(ころなうず)と変換していた人もいたようです。 「コロナ禍」は 必ず収束(しゅうそく)して終息(しゅうそく)します。 信じて頑張ってみんなで拡散防止に努めていきましょう。

次の

「コロナ禍」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

ころなか いみ

読み方:か 別名:禍 (COVID-19)が招いた・的なのこと。 ・・な、・不安・などをした。 はにのでてされ、から急速ににをし、春現在まさにながもている。 ので、の者数は約に上っている。 数はすでに35を上回っているという。 のアナドル()がこれをている。 (:) だけでなくにもがもている。 、、をの市においてがされており、のためにの(主に)をする「」()のが取られたも。 やはができておらず立ち行かなくなっている。 もの自由がされ、不満と不安を募らせているがになりつつある。 ではがを買うためににをなし、ではやのが、ではがしをするまで生じている。 末のでは、この禍にいつが差すのか。 をたりになったりせず、「は夫」のようなや「は」のようなを自らいさめ、冷静に的に事のをことが。 読み方:か コロナ禍とは、コロナ禍の意味 禍とは、(COVID-19)によるのこと。 禍の「」は、にでされ、にした「」(SARS-CoV-2)を指す。 「禍」は、、といった意味をもち、、、のようにを表す用いられる語である。 コロナ禍における世界各国の対策 禍における、にした人はで約で、国別ではがで最も、(51. 5)、(40. 6)と続く。 者は人にのぼる。 () では、禍のにを講じている。 や、などでは、()によってをすることでのを図っている。 、やでは、をせずにのによるを図っている。 のでは、のはできるが、者によるを招くをている。 では、のをによるをするというで禍のを図っている。 コロナ禍における主な出来事• でによるがてされる。 内初の者がされる。 内初のがされる。 WHOがによるをする。 が7をにをする(まで)。 におけるの者数が人にる(からまでの)。 をにする。 におけるの者数が人にる(からまでの)。 のを(まで)。 県についてをする。 、、についてをする。 、、、、についてをする。

次の