歌詞が薄っぺらいアーティスト。 多くの人が共感する歌詞には2種類ある?

リンダ リンダ THE BLUE HEARTS 歌詞情報

歌詞が薄っぺらいアーティスト

最近「あからさまに10代~20代前半を狙った!! 」みたいな曲が増えてる?? と、素人目から感じています。 押し付けずに、でもあー、そうだよね、と人知れず素直になれます。 【Cocco】 ワザと残酷な言葉を選んでいるような歌詞ではないのに、 とても綺麗なのに恐いというか。 考え抜かれたというよりは感性なのでしょうか。 歌が上手いとか、曲がかっこいいとか、それよりも私は歌詞にいつも注目です。 【My Little Lover】 歌詞が深いと言うか、選ぶ言葉にドキッとします。 り・ぼんとか、アイデンティティーとか。 ちょうどいいところにちょうどいい言葉が当てはまっていて、 あぁ、凄く考えて考えて書いてるなぁ…といつも感じます。 でも計算高くは聞こえない。 小林武史が抜けてからは、むしろ歌詞で勝負してるようにも思えます。 【中島みゆき】 言わずもがな、ですかね。

次の

西野カナの歌詞は薄っぺらい!?マツコ・デラックスが痛烈批判!?

歌詞が薄っぺらいアーティスト

9年連続となる紅白歌合戦出場を決めた「恋愛ソングのカリスマ」 西野カナさん。 女子中高生に絶大な人気を誇る彼女ですが、「 歌詞が薄っぺらい」との意見も多いです。 また、 マツコ・デラックスさんが西野カナさんを批判したことが話題になっています。 今回は西野カナさんの歌詞は薄っぺらいのか、また、マツコ・デラックスさんの意見について書いていきます。 西野カナの歌詞は薄っぺらい!? さて、西野カナさんが書く歌詞は薄っぺらいのでしょうか? まず西野カナさんは ほぼ全ての楽曲の作詞を自身で行っています。 「恋愛ソングのカリスマ」の異名の通り、シングルとして出される主な楽曲は 恋愛系が非常に多いです。 そのため「好き」「LOVE」「会いたい」など 似たような単語が頻出する傾向にあります。 また、「 同じ言葉の繰り返し」が多いのも彼女の作詞の特徴です。 有名な「会いたくて 会いたくて 震える」はまさにそれです 笑。 この傾向のため、「ボキャブラリーが無い」「同じことばっかり言ってる」とされ、「 歌詞が薄っぺらい」と言われてしまうのではないでしょうか。 西野カナの歌詞をマツコ・デラックスが痛烈批判!? 西野カナさんの歌詞を マツコ・デラックスさんが批判したと話題になりました。 内容はこちら 『ありがとう、君がいてくれて、本当よかったよ・・・』 なんて詞をどう解釈しろというのよ。 どこに心の機微があるの? 「ありがとう」ということを自分なりの言葉に代えて表現することこそが、作詞活動じゃないの? あのボキャブラリーでよく歌詞なんか書こうと思ったものね。 あんな三歳児でもわかるようなフレーズじゃないと、 今の若い子たちは共感できないの?そんなに想像力がなくなっているの? あの稚拙な歌詞を見せられて、「小学生の読書感想文じゃないんだぞ」ってツッコミすらできないの? 等身大の思いというのは、いつの世にもあったけど、自分のことを世代の代表として選ばれたアーティストとして自負しているなら、カッコつけようとかプライドがあるはず。 でも、それが西野カナには微塵も感じられないのよ。 彼女だけが問題じゃない。 こんな薄っぺらい歌詞を、何の疑いもなく支持してしまっている 女子高生たちの精神構造もわからないのよ。 与えられたものを、何も考えずにそのまま受け入れているだけ。 だから、あんな詞に対して「そうだよね。 わかるぅ。 友達と会えてよかったよね」ってなるのね。 引用元: 要するに「 西野カナの歌詞は薄っぺらい」と批判しています。 この意見に同調する人も多いですが、主に西野カナさんのファンからは「何様」「自分が歌詞を書いてみろ」といった批判もあります。 ただこの意見は西野カナさん本人というよりも 歌詞にOKを出す音楽業界と歌詞に何の疑問を持たない世の中を批判しているという点に注意が必要です。 最近あたし西野カナってすげえなと思う。 血液型の歌とか、血液型の説明そのまま書いてるだけの歌詞なのよ。 あの発想ないよね。 多分自分が知らないものに対する拒否反応ってあるじゃない。 それ超えたのよねジジイになって。 素直にすごいねって言うようになってきた。 でももうちょっと抗おうかな(笑) 引用元: 西野カナ 『A型のうた』MV Short Ver. 「 西野カナは凄い」と以前の意見を翻して 西野カナさんを認める発言をしました。 マツコ・デラックスさんも 年齢を重ねたことによって意見が変わったようです。 大人になってから良さがわかるものって珍しくありませんからね。 それは中年以降も同じということでしょう。 まとめ 個人的には西野カナさんの歌詞が「薄っぺらい」か「薄っぺらくない」かと聞かれたら「薄っぺらい」と答えます。 しかし それが悪いわけではありません。 西野カナさんのファンは中高生~20代前半の女性が圧倒的に多く、 ストレートに言い換えないで歌っているからこそ彼女たちが支持しているという理由もあるからです。 そもそも西野カナさんが支持されるのは 声質や歌唱力、ファッションリーダーとしての側面もあるので歌詞だけを批判するのもお門違いでしょう。 好みは人それぞれです。 嫌いなものにわざわざ「嫌い」とか言う必要もないと思います。

次の

リンダ リンダ THE BLUE HEARTS 歌詞情報

歌詞が薄っぺらいアーティスト

最近「あからさまに10代~20代前半を狙った!! 」みたいな曲が増えてる?? と、素人目から感じています。 押し付けずに、でもあー、そうだよね、と人知れず素直になれます。 【Cocco】 ワザと残酷な言葉を選んでいるような歌詞ではないのに、 とても綺麗なのに恐いというか。 考え抜かれたというよりは感性なのでしょうか。 歌が上手いとか、曲がかっこいいとか、それよりも私は歌詞にいつも注目です。 【My Little Lover】 歌詞が深いと言うか、選ぶ言葉にドキッとします。 り・ぼんとか、アイデンティティーとか。 ちょうどいいところにちょうどいい言葉が当てはまっていて、 あぁ、凄く考えて考えて書いてるなぁ…といつも感じます。 でも計算高くは聞こえない。 小林武史が抜けてからは、むしろ歌詞で勝負してるようにも思えます。 【中島みゆき】 言わずもがな、ですかね。

次の