ジャンバラヤ 作り方。 ジャンバラヤのレシピ・作り方

炊飯器に入れるだけのアメリカ料理 「簡単ジャンバラヤ」

ジャンバラヤ 作り方

ジャンバラヤとは、アメリカ料理のひとつで、簡単にいうと 「スパイシーな炊き込みご飯」です。 スペイン料理のパエリアがアレンジされたものといわれており、 パエリアが基本的に 魚介類を使うのに対して、 ジャンバラヤは 肉を使います。 鶏肉やソーセージ、唐辛子やハーブをミックスした辛みのあるスパイスを使うのが特徴。 まさに夏にぴったりなメニューです。 スパイスは、私は手軽な市販の チリパウダーを使っています。 チリパウダーは赤唐辛子をベースに、パプリカ、オレガノ、クミン、ガーリック、シナモンなどがミックスされたスパイス。 もし購入されるなら注意していただきたいのは、チリパウダーと似ていて間違いやすいものに「チリペッパー」というスパイスがあるということ。 チリペッパーのほうは 赤唐辛子のみを原料としていて、 辛みをつける目的のスパイスです。 間違えてこちらをチリパウダーと同じ分量で使ってしまうと、辛くて食べられない…ということになりかねませんのでご注意を。 また、私は鶏肉を1枚そのままお米の上にのせて炊飯しています。 炊き上がったら鶏肉を切ってご飯に添えれば、ワンプレートご飯として見た目がよくなるんじゃないかと思っています。 よく夏のお弁当にこのメニューを使っていたので、お弁当の見栄えとしては切った鶏肉をのせてあるほうが映えるんですよね。 具材を切りさえすれば、あとは 炊飯器におまかせ。 ピーマンは1~2cm角の角切りにする。 2、炊飯器に洗って浸水させたお米とトマトジュースを入れ、2合のメモリの少し下まで水 分量外 を入れる。 <A>の調味料を加えて混ぜたら、 1 をのせる。

次の

BBQで食べたい“ゴハン”メニュー、ルイジアナ風ジャンバラヤを作ろう!

ジャンバラヤ 作り方

アメリカ南部のお米料理、ジャンバラヤ。 ソーセージや鶏肉、海老などの入ったスパイシーな炊き込みご飯で、アメリカのどこのスーパーでもジャンバラヤミックスのような箱入りの調味料が売っているくらい、みんなに親しまれている家庭料理です。 お米大好き日本人の私にとって、スパイスや味付けは違っても、お米料理のジャンバラヤはやっぱり食べやすく、学生の時からジャンバラヤキットを買ってよく作っていました。 スパイス大好きなうちの夫の好物でもあるので、うちの食卓には結構頻繁に登場します。 年に何度か夫が作る数少ない料理のレパートリーの一つでもあるのですが、私がミックスを使わずに一から手作りするようになってから、何故か全然作ってくれなくなり、最近では私の担当になってしまっています。 ジャンバラヤミックスの調味料も決して悪くないですが、やっぱり野菜をきっちり炒めて自分で作ると風味が良く、スパイスも好みに配合できるところがいいです。 材料さえ揃えば、一つの鍋で簡単に作れる料理です。 日本でジャンバラヤというと、結構ピラフっぽいものが出てきたりもしますが、こっちではもう少しドロっとしたものが多いような気もします。 我が家でも、トマトたっぷりで汁気が多く、どちらかというとリゾットに近い食感のものが好きなので、このレシピもそんな感じになっています。 水分は好みで調整してみてください。 スパイス類も、ここではクレオール風の配合になっていますが、これもお好みで調整可能です。 ジャンバラヤも各家庭で味付けや作り方が違うという家庭料理ですので、自分の配合を見つけるのも楽しいものです。 カイアンペッパー(粉末赤唐辛子)は結構辛いですので、お子様や辛いのが苦手な方が食べられる場合、ごく少量かなしで後で追加するくらいの方がいいと思います。 オリーブ油 またはサラダ油 小さじ2• 玉ねぎ 1個 (粗みじん切り)• ピーマン 大1個(日本サイズのピーマンなら3個ほど)(粗みじん切り)• セロリ 1本 (粗みじん切り)• にんにく 2かけ (みじん切り)• スモークソーセージ 350g(輪切りにする)• 鶏肉 皮なしもも肉かむね肉 200g(一口大に切る)• 米 2合• チキンブロス(またはブイヨン) 3カップ(720ml)• トマト缶 (ダイスまたはホールを潰す) 28oz 794g 1缶• ベイリーフ 1枚• 塩 小さじ1• パプリカ(粉末) 大さじ1• 海老 250g (殻を取り背開き)• パセリ(飾り用) 適宜.

次の

おいしいジャンバラヤ

ジャンバラヤ 作り方

アメリカ南部のお米料理、ジャンバラヤ。 ソーセージや鶏肉、海老などの入ったスパイシーな炊き込みご飯で、アメリカのどこのスーパーでもジャンバラヤミックスのような箱入りの調味料が売っているくらい、みんなに親しまれている家庭料理です。 お米大好き日本人の私にとって、スパイスや味付けは違っても、お米料理のジャンバラヤはやっぱり食べやすく、学生の時からジャンバラヤキットを買ってよく作っていました。 スパイス大好きなうちの夫の好物でもあるので、うちの食卓には結構頻繁に登場します。 年に何度か夫が作る数少ない料理のレパートリーの一つでもあるのですが、私がミックスを使わずに一から手作りするようになってから、何故か全然作ってくれなくなり、最近では私の担当になってしまっています。 ジャンバラヤミックスの調味料も決して悪くないですが、やっぱり野菜をきっちり炒めて自分で作ると風味が良く、スパイスも好みに配合できるところがいいです。 材料さえ揃えば、一つの鍋で簡単に作れる料理です。 日本でジャンバラヤというと、結構ピラフっぽいものが出てきたりもしますが、こっちではもう少しドロっとしたものが多いような気もします。 我が家でも、トマトたっぷりで汁気が多く、どちらかというとリゾットに近い食感のものが好きなので、このレシピもそんな感じになっています。 水分は好みで調整してみてください。 スパイス類も、ここではクレオール風の配合になっていますが、これもお好みで調整可能です。 ジャンバラヤも各家庭で味付けや作り方が違うという家庭料理ですので、自分の配合を見つけるのも楽しいものです。 カイアンペッパー(粉末赤唐辛子)は結構辛いですので、お子様や辛いのが苦手な方が食べられる場合、ごく少量かなしで後で追加するくらいの方がいいと思います。 オリーブ油 またはサラダ油 小さじ2• 玉ねぎ 1個 (粗みじん切り)• ピーマン 大1個(日本サイズのピーマンなら3個ほど)(粗みじん切り)• セロリ 1本 (粗みじん切り)• にんにく 2かけ (みじん切り)• スモークソーセージ 350g(輪切りにする)• 鶏肉 皮なしもも肉かむね肉 200g(一口大に切る)• 米 2合• チキンブロス(またはブイヨン) 3カップ(720ml)• トマト缶 (ダイスまたはホールを潰す) 28oz 794g 1缶• ベイリーフ 1枚• 塩 小さじ1• パプリカ(粉末) 大さじ1• 海老 250g (殻を取り背開き)• パセリ(飾り用) 適宜.

次の