ワンピース 942。 【ワンピース】アニメ無料動画の最新話までの全話フル視聴まとめ一覧【ONE PIECE】

ワンピースネタバレ942話展開予想|康イエ様が語る!?大相撲の佳境に入るか!?

ワンピース 942

どうやら、トノヤスの正体は白舞大名の霜月康イエだったのだ。 そして、小紫の葬式と重なりワノ国の国民全員が、その動向を見守っていた。 そんな中、康イエが口を開く…!! 実は、丑三つ小僧ではなかったと言うのだ。 単に、 国民の注目を集めるためのウソだったと。 つまり、康イエは ワザと捕まって、自分が丑三つ小僧だと言うことで、注目を集めて何かを伝えたかったのだ。 「聞こえてるかオロチ!!貴様は広大にあった森や草木も川も郷も欲深きドロで汚していくだけの、ただの害虫だ!!」 そして、判じ絵は光月家の無念を想い作ったイタズラだったと言う。 これは、康イエが独断で話してるウソだ。 なぜ、そんなウソを康イエはついてるのか?? そのまま、康イエの語りは続く。 要約するとこうだ。 おでんが死んでオロチは各大名に「自分に仕えるか?戦うか?」を選べと迫った。 大名たちは戦ったが、カイドウにコテンパンにやられた• 一命を取り留めた康イエはえびす町に身を隠した• オロチの臆病さは想像以上でただの流行りの「判じ絵」を持つものを投獄している つまり、判じ絵はイタズラだったというウソをつくことで、オロチがいかに滑稽な将軍かというのを国民に露呈して怒りを買おうとしたのだ。

次の

ワンピース942話ネタバレ!トの康がオロチの処刑で死亡!ゾロ日和涙か|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

ワンピース 942

スポンサーリンク 康イエ最後の演説 尾田栄一郎「ワンピース」942話より引用 えびす町の民衆は、張り付けにされているのが元大名の康イエだと知ると「殺しちゃダメだ」と言って必死で止めに入ります。 この場面で、どれだけ康イエが民衆に慕われていたかが分かりますね。 そして張り付けにされた高見から都の絶景を見下ろす康イエは、民衆とオロチに向かって最後の言葉を届けようとします。 これだけ素晴らしい都を築いたのはオロチの手柄ではなく、光月おでんと民衆が頑張ったからだと言い、敢えてオロチにケンカを売るような発言をするのです。 尾田栄一郎「ワンピース」942話より引用 オロチに対して「花の都を欲深きドロで汚していくだけの害虫」だと罵って挑発します。 反乱軍の同志の証である判じ絵の札も、自分が作ったイタズラだと言って煙に巻きますがこれも真意はどこにあるのでしょうか。 20年前におでんが死に、残った4人の大名はオロチに仕えるか戦うか選択を迫られましたが、おでんに恩がある彼等は迷わず刀を手に取りました。 しかし怪物カイドウの前に成す術なく、彼等は散ってしまいます。 康イエも同様にやられて、何とか一命を取り止めましたが、そのままえびす町に隠れ住んだと言っていました。 判じ絵もただの流行り模様だと言ってオロチを臆病者扱いし、捕らえられた同志達を解放させようとしているようでした。 そして遂にオロチが牢屋敷に到着します。 スポンサーリンク 康イエの処刑、そして『 SMILE 』の弊害 尾田栄一郎「ワンピース」942話より引用 民衆の前で愚弄されたオロチは、怒りにうち震えていました。 銃を手に持ちながら対面した康イエに対して「一言あるか!」と言いますが、康イエはここでオロチの心の内を一句詠みます。 「器の小さき男には、一生食えぬ『おでん』に候」 句を詠み終わると「ワハハハ」と大笑いしていましたが、命を振り絞って詠んだこの句は、未来に向けてのメッセージでもありました。 康イエは判じ絵で捕らえられた同志達に新たな集合地を提示し、一度この作戦を白紙に戻すように促します、 康イエの真意は、20年間取れなかったカイドウの首を取る為に、自らの命を懸けて皆の心を一つにしようとしていたのです! 目に涙を溜めながら笑顔で歌う康イエは、おトコちゃんの声が届いたと同時に大量の銃弾を浴びてしまいます! 尾田栄一郎「ワンピース」942話より引用 エースの時を思い出してしまいそうな悲しいシーンですが、民衆は悲鳴と共に何故か大爆笑していました。 人が死んで笑っている民衆にキレるゾロでしたが、小紫がそれを止めました。 えびす町の人々は、カイドウとオロチが持ち込んだ人工悪魔の実である『SMILE』のせいで、笑顔以外の表情が出来なくなってしまったんだと説明します。 スポンサーリンク 『ワンピース』ネタバレ 942-943 話のまとめ 久々に悲しい話になった今回ですが、まさかここでトノヤスさん事、康イエが死んでしまうとは思いませんでした。 反乱を企てていた同志達が捕らえられてしまった時点で、この先どうなってしまうのかと思っていましたが、再び皆の気持ちを一つにする為に康イエ自ら命を投げ出すとは…… 尾田栄一郎「ワンピース」942話より引用 そして悲しいのに泣けない憎きSMILEの弊害。 桃太郎の話のように、モモの助とルフィが鬼ヶ島にいるカイドウを鬼に見立てて退治に向かうという構図がようやく出来上がったようにも思えます。 康イエの死を持って、皆の怒りはオロチとカイドウに向けられる事になりましたが、後はカイドウを倒せる戦力が果たしてルフィ達に備わっているのかという事になりますね。 ルフィが早く、ヒョウ爺から新しい覇気の使い方をマスターする事が今は一番重要なのかも知れません。 次週は作者都合の為にお休みなってしまいますが、今後の展開を期待して皆で次回を待ちましょう!!.

次の

ワンピースのネタバレ最新942話&感想!衝撃の康イエ、えびす町の人達とは

ワンピース 942

スポンサーリンク ワンピース942話までのあらすじ トの康の正体は、元白舞大名の康イエだということが判明! しかし康イエはすでに囚われの身で、処刑真近の磔の状態になっていた…! 現場へ駆けつけようと急ぐゾロ・おトコ・ヒヨリの一行! 果たして彼らは間に合うのか…!? 処刑寸前の絶対絶命のピンチの中、康イエは始終笑っている… ワンピース942話「「白舞の大名」霜月康イエ」のネタバレ 康イエとおでん 処刑真近の絶対絶命の中! 康イエは、オデンとの過去に思いを巡らせます。 康イエが生まれたのは 白舞という場所。 そこで康イエは屈強なワノ国最強の侍達を束ねる大名でした。 そのころの康イエは、現在の解れたニヤけ顔とはうってかわり、まさに侍!武将!といった表情です。 そして、そんな康イエの元へ入り浸るようになっていたのが、あの おでんでした。 おでんは将軍の息子ですが、世継ぎには興味がない様子で、 「いつまでここに入り浸っておるのだ」と彼を咎める康イエに対して、 おでん「みんな言ってるぞ、光月スキヤキの亡き後はおでんにあらず!! 康イエ将軍だって!! 」 と笑いながら話す始末です。 若きおでんには海に出たいという思いがあるだけなのでした。 デマ 場面は変わって処刑場。 オロチの部下が康イエがどういう犯罪を犯したのかを民衆に説明しています。 処刑台を警護しているのがドレークとホーキンスたちです。 康イエの罪とは、ワノ国の人々に対してオロチの支配に屈せずに行動するように煽り導いた反逆罪であり、それにより今回処刑されるとのことでした。 康イエは自分のことを丑三つ小僧だとふかして捕まりました。 しかし康イエは今わの際でそれを否定します。 ここで捕まるために、皆をかく乱するためにデマカセをふいたのだと。 処刑場に押し寄せる民衆 場所は変わり、花の都、入り口。 えびす町の大勢の人々が首都へ入ろうとしています。 康イエがまだ死んでいない、そして彼はなぜか喜んでいるということを知り、康イエに再び会おうと試みているのです。 康イエの口上 康イエは血まみれの磔のまま、民衆へ大声で話し始めます。 康イエ「まず詫びたいことの一つ目!」 わしは、光月家がいなくなったことを受け入れることができなかった。 だから花の都で噂を広めたのだ…もうすぐ光月家が帰ってくると! しかしそれは大きな嘘、皆に詫びなければならないのだ…。 ここでオロチが籠にのって登場します。 康イエを睨み付けるオロチ。 それを見返すように康イエもまたオロチをじっと見て、口上を続けます。 康イエ「ここで再びお前を悩ませている呪文を言ってやろう!」 貴様のような小心者は、永久におでん将軍の域に達しない」 この言葉が引き金となり、処刑は実行されてしまいます! 処刑の瞬間も、康イエの表情は 「笑顔」です。 康イエ「子供らの目を塞げ!! 光月に使えた最後の大名が!! 」 いやさ えびす町のお調子者が!! あの世へ参るぞ!!! 歌ってゆこうか!!! かけつけたゾロたち。 しかし康イエはもう… その直後! おトコ達が処刑場へ到着!えびす町の人々が泣き笑いしているのを目にします。 それを止めたいゾロですが、制止してきたのはヒヨリでした。 涙と鼻水を垂らしたぐしゃぐしゃの顔でゾロの胸に突っ伏し、 「カイドウとオロチが持ち込んだSMILEという果実のせいで感情を奪われたため、えびす町の民衆は悲しくても笑うことしかできなくなっている」 と涙ながらに説明するのでした…。 今回はここまでて終了となりました…。 「ワンピース」次号は休載になります。 しかし彼は処刑の間、始終笑っていました。 かつてローグタウンで処刑された海賊王ロジャーも、死に際まで笑っていましたよね。 あわや処刑されそうになったルフィもまたそうでした。 英雄というものは、そういうものなのかもしれません。 そういえば霜月という名でピンと来たのですが、そういえばゾロが生まれ育った故郷は「シモツキ村」ですよね。

次の